エントリーシート(ES)の項目にある自己紹介、就活生の皆さんは完結に書く書き方があることを知っていますか?

自己紹介は皆さんの第一印象を決めるとても大切な項目です。エントリーシート(ES)を書く上で対策は必須だと言えるでしょう。しかし、自己紹介といっても普段学校でしているような自己紹介の仕方ではいけません。エントリーシート(ES)の自己紹介にはコツがあるからです。ではどんなコツを掴めば面接官に好印象を持ってもらえる自己紹介ができるのでしょうか。

今回は、エントリーシート(ES)に自己紹介を書く際のポイントを一挙にまとめてご紹介します。簡単に内定をゲットできるよう、ぜひ参考にしてみてください。

エントリーシートの自己紹介は評価に影響する?

エントリーシート(ES)の自己紹介を考える際に、就活生の皆さんが気になっていることの一つが「評価に影響するかどうか」ということだと思います。

単刀直入に言えば、エントリーシート(ES)の自己紹介は評価にものすごい影響を与えます。自己紹介の評価に対する影響力は、選考通過できるか否かに直結するほどです。ではどうして、そんなにも自己紹介が選考評価に影響を与えるのでしょうか。以下で詳しくみていきましょう。

1第一印象を決めるから

まず挙げられる理由が、「あなたの第一印象を決めるから」ということです。

エントリーシート(ES)は、採用担当者があなたのことを知るキッカケとなるものです。採用担当者は提出されたエントリーシート(ES)から、あなたの人柄や性格、どんなことに熱心に取り組む人なのかを理解しようとします。その際に最も大きな指標になるのが「自己紹介」なのです。後述しますが、エントリーシート(ES)にはあなたの強みが伝わるエピソードを盛り込みます。

このエントリーシート(ES)の自己紹介に書いたエピソードこそが、面接官にあなたという人物を印象付けるのです。ここで他の就活生と差別化できたインパクトの強い第一印象を与えることができれば選考通過につながりますし、逆にインパクトの薄い第一印象であれば選考通過は難しくなります。ですから、自己紹介はあなたの第一印象を与える意味で選考評価に影響を与えるのです。

2論理的思考を試されているから

次に評価に影響を与える理由が、「論理的思考能力を持ち合わせた人間か」をみられているからです。

これは自己紹介だけでなく、エントリーシート(ES)の項目全般(ガクチカ、志望動機、自己PRなど)に言えることですが、面接官はあなたのエントリーシート(ES)に書かれた文章がどれほど論理性のあるものかを評価しています。こちらも詳しくは後述しますが、エントリーシート(ES)の自己紹介は「まとめ→詳細→結論」という流れで構成できていないといけません。

もし、この順序で文章構成ができていないと、「論理的思考に欠けている」と判断され、それだけで選考通過は難しくなります。というのも、社会人になるとこの論理的思考が重要になってくるためです。企業内でのプレゼンテーションなどが良い例です。

ですから、自己紹介はその内容から面接官が論理的思考能力を判断するため、選考評価に影響を与えるといえます。

エントリーシートの自己紹介の書き方

さて、上記までで自己紹介の重要性については理解してもらえたと思います。ここからは、本題であるエントリーシート(ES)における自己紹介の書き方について詳しくご紹介していきます。繰り返しになりますが、自己紹介は、面接官にとって最も大切な判断材料の一つです。気を抜かずに対策をしていきましょう。

自己紹介で書くべきこと

まずはエントリーシート(ES)の自己紹介で必ず書かなければならないことについてご紹介していきます。自己紹介で書かなければならない項目は以下の5つです。

  1. 大学名・学部・学科
  2. 氏名
  3. 大学で学んできたこと(専門分野について)
  4. 自己PRに繋がるような強みとそのエピソード
  5. 入社に向けての意気込み

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①&②大学名・学部・学科、氏名

まずは、大学名・学部・学科ですが、これは当たり前ですよね。自己紹介をする際には自分がどこに所属しているものなのかを述べることは常識中の常識です。これを飛ばしていきなり大学で学んできたことを話されても、聞いている側としては拍子抜けしてしまいます。必ずどこに所属しているものなのかを名乗りましょう。氏名についても同様です。

③大学で学んできたこと(専門分野について)

次に大学で学んできたことです。こちらは所属している学部や、ゼミナールで勉強してきたことについて軽く触れるようにしましょう。具体例としては以下の通りです。

例文

「経済学部で金融について学んできました」

「所属するゼミナールでは統計学を用いたデータ分析を行ってきました」

なお、ここで書いた「大学で学んできたこと」については面接の際に深掘りされる可能性もあります。専門分野について、何を聞かれても答えられるよう、しっかりと対策をしておく必要があります。

こちらの記事の例文も参考にして、自分の学業アピールポイントを明確化しましょう。

④自己PRに繋がるような強みとそのエピソード

自己紹介では、自己PRに繋がる自身の強みとそれに付随するエピソードも書く必要があります。加えて、自己紹介で書く強みと自己PRで話す強みは、一貫性を持たせると良いでしょう。具体的にはどういうことか、例を踏まえて詳しくご紹介します。

自己紹介での強みとエピソード
大学時代に苦手だった英語に力を入れて取り組んできた→苦手なものに積極的に取り組める
自己PRでの強みとエピソード
アルバイトの塾講師で学生の気持ちがわかる→相手の気持ちに寄り添うことができる
自己紹介と自己PRの繋がりは?
苦手だった英語を克服した→だからこそ学生の気持ちがわかる

上記の例文では自己紹介と自己PRが一貫性のあるものになっています。

自己紹介では英語を克服したことについて述べており、「苦手なものにも積極的に取り組めること」が強みとなっています。対して、自己PRでは塾講師の経験を通じて「相手の気持ちに寄り添うことができること」が強みになっています。一見、繋がりがないようにも思えますが、実は強力な繋がりがあるのです。それは、「英語の克服をした経験があるからこそ、学生のわからない気持ちがわかる」ということです。

このように、自己紹介と自己PRには一貫性を持たせることが大切ですエントリーシート(ES)を書く際には自己紹介と自己PRを見比べて、強みに一貫性はあるかを確認するようにしましょう。

併せてこちらの記事で自己PRの作成方法についても学んでおくと良いでしょう。

⑤入社に向けての意気込み

最後は入社に向けての意気込みで自己紹介を締めましょう。

入社後はどういった形で企業に貢献できるかを簡単に説明します。その際、前述した強みに関連付けた入社後のイメージを伝えられると良いでしょう。上記の例を元に意気込みを書くとすれば、以下のようになります。

例文
私は苦手なものにも積極的に取り組める人間です。貴社で失敗した際や成績に伸び悩んだ際に、その逆境を逆手にとって努力を続けることができますと考えています。

文章構成はPREPを意識する

エントリーシート(ES)の自己紹介を書く際のもう一つのコツはPREPです。PREPとは、文章構成の方法のことで、以下のものの略です。

  • Point・・・まとめ
  • Reason・・・理由
  • Example・・・エピソード
  • Point・・・結論

例えば、自己紹介に強みを書く際には、次のような流れで話します。

自分の強み→その強みを裏付けるエピソードや根拠→その強みを企業でどう活かせるかといった結論

このPREPについては以下の記事で詳しくご紹介していますので、こちらを参考にすると良いでしょう。

まとめ

今回はエントリーシート(ES)の自己紹介の書き方についてご紹介してきました。いかがだったでしょうか。こちらの記事を参考にしていたければ、よりクオリティの高い、面接官から高評価をもらえるようなエントリーシート(ES)の自己紹介を作成することができると思います。

しかし、エントリーシート(ES)に書く自己紹介も大切ですが、それ以上に大切なのは面接時の自己紹介の伝え方です。いくらエントリーシート(ES)に書いた自己紹介の内容が素晴らしくても、面接時の自己紹介にこけてしまっては元も子もありません。ですから、面接時の自己紹介の対策も必至です。以下の記事で面接での自己紹介を上手に伝える方法についてご紹介しています。こちらも併せて参考にしてみてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事