「OB訪問ってよく聞くけどあんまり詳しくわかってない!」

そう考えている就活生の方は実は少なくありません。確かにOB訪問の言葉の意味はなんとなく想像できますが、詳しい内容はあまり分かりませんよね。

そこで今回の記事ではOB訪問の意味やメリット・デメリット、OB訪問を始める時期などについて詳しく解説をしていきます。この記事を読めば、OB訪問についてしっかりと理解をすることができますよ。

就活でよく聞くOB訪問とは何か

OB訪問とは、その名前からも想像できる通り大学のサークルやゼミ、もしくは選考などが同じといったような繋がりのあるOBやOGに勤めている企業についての情報を聞きにいくという就活イベントの1つのことです。

OB訪問は就活において必須のものではありませんが、企業の内情を知るためには非常に有用性の高いものです一方で「なんとなくみんながやっているものだから私もやろうかな」といったような意識でOB訪問をしても意味はありません。

今回の記事で紹介するOB訪問についての知識を元にしながらしっかりとOB訪問の目的を自分なりに絞っていきましょう。

就活でOB訪問を行うとどんなメリット・デメリットがある?

次にOB訪問を就活で行う上でのメリット・デメリットについて見ていきます。

OB訪問を就活で行うメリットとは

OB訪問を就活で行うメリットには以下のような点があります。

  1. 企業や業界の内情を詳しく教えてもらうことができる
  2. OBからのアドバイスでクオリティの高い自己分析ができる
  3. OB訪問によって選考が有利になる可能性がある

それではOB訪問のメリットについて1つずつ見ていきましょう。

OBからその企業や業界の内情を詳しく教えてもらうことができる

1つ目のOB訪問のメリットは、「OBからその企業や業界の内情を詳しく教えてもらうことができる」ということです。

上記でOB訪問は企業の内情を知るためには非常に有用性の高いものであるということを述べました。企業の内情を詳しく知ることによって、

  • 今、企業がどのような人材を求めているのか
  • どのような方向性で事業を進めているのか
  • 実際に勤務環境はどのようなものなのか
  • OBが新入社員の時代にはどのような生活を送っていたのか
  • その企業で勤めた際のキャリアパスはどのようなものになるのか

    などについて詳しく知ることができます。それらの情報は企業のオフィシャルホームページや採用関係資料、企業説明会やインターネットの口コミなどではなかなか知ることができない貴重な情報なのです。それらの貴重な情報をOB訪問によって獲得することができます。また同じく業界の動向などについても詳しく知ることができます。

    OB訪問を通してその企業を受けるかどうかについて考えることができるだけではなく、その業界内にある企業全体の状況についても把握することができるというのがOB訪問のメリットです。

    OBからのアドバイスでクオリティの高い自己分析ができる

    2つ目のOB訪問のメリットは、「OBからのアドバイスでクオリティの高い自己分析ができる」ということです。

    OB訪問ではその企業の内情を教えてもらうことだけではなくて、就活を通しての悩み事の相談であったり、実際にその企業・業界に合っているのか、就活ではどのように立ち回ればいいのかなどの就活に関する悩み全般について就活経験者であるOB訪問の際に相談することができるというメリットがあります。

    OBからのアドバイスを活かすことでより自己分析を深めることができますし、それを就活時のエントリーシートに活かすこともできるのです。そのような点から、もしその企業を結果として受けないとしてもOB訪問は就活生にとってとても有益な就活イベントであると言えます。

    上記した通り、自己分析は就活において必要不可欠です。「自己分析ってなんだ?」と思った方はぜひ以下の記事も併せて参考にしてみてください。

    OB訪問によって選考が有利になる可能性がある

    3つ目のOB訪問のメリットは、「OB訪問によって選考が有利になる可能性がある」ということです。

    これはあくまで「可能性」の話になりますが、選考の際にOB訪問をしていたという経験は、「OB訪問をするだけその企業・業界に興味があった」ということのアピールになるということです。

    また実際にOB訪問をしているかどうかで就活生の評価が変わるということもあります。全ての就活先企業にOB訪問を行う必要はありませんが、志望順位の高い企業に関してはOB訪問をしておいて損はありません。

    OB訪問を就活で行うデメリットとは

    OB訪問を就活で行うデメリットには以下のような点があります。

    1. OB訪問の印象が悪いと、選考での評価を落とすかも
    2. OB訪問の目的を絞らないとやる意味はない

    それでは以上2点について詳しく見ていきましょう。

    OB訪問での印象が悪ければそれが選考での評価を落とす可能性がある

    1つ目のOB訪問のデメリットは、「OB訪問での印象が悪ければそれが選考での評価を落とす可能性がある」ということです。

    OB訪問では以前から知っていた先輩に訪問をするという場合ももちろんあります。しかし、OB訪問はあくまで就活先の企業の社員と就活生という立場でOB訪問に臨みましょう。

    多くの企業ではOB訪問を行った際の就活生の印象について、OB訪問を担当した社員からヒアリングやメモの提出を義務付け、就活生データの管理を行っています。そのため印象が悪い就活生に関しては、過去の関係があったとしてもそのまま悪い印象を会社に伝えられてしまいます

    そうなれば「この就活生はOB訪問ではきちんとした態度を取ることができなかったのか」と悪い評価をされる可能性もあります。そのような悪い評価をされないためにも「就活イベント」と捉えてけじめをつけてOB訪問に臨むようにしましょう。

    OB訪問の目的を絞らないとやる意味はない

    2つ目のOB訪問のデメリットは、「OB訪問の目的を絞らないとやる意味はない」ということです。

    最初にも書きましたが、例年「OB訪問はみんなやっているものだから」、「毎年やっているものだからとりあえずやっておこう」という就活生が多いのです。しかしそれではほとんどOB訪問で得られるメリットはありません。むしろ忙しい就活時期の中で目的を絞らずに行うOB訪問は社員にとっても就活生にとっても時間の浪費です。

    その企業・業界で勤める社員にどのようなことを聞きたいかなど、あらかじめ聞くべき質問を定めておき、無駄のないOB訪問にするように心がけましょう。どんな質問を用意すればいいのか迷っている学生は、以下の記事を参考にしてみてください。

    就活のOB訪問を始める時期とは

    次に就活のOB訪問を始める時期について解説をしていきます。一般的にはOB訪問を行う時期は3~4月だと言われています。実際にOB訪問の数が最も膨らむのがその時期です。

    では、その時期のOB訪問のアポイントメントを取ればいいのでしょうか。それは間違いです。最も忙しい時期には人気企業ではなくても他の就活生のアポイントメントが殺到して、OB訪問が行えないという場合があるからです。そのためOB訪問の狙い目は2~3月です。この時期であれば人気企業でも比較的にOB訪問のアポイントメントが取りやすいからです。

    できるだけ早い時期からOB訪問を始めることで、いくつかのメリットがあります。1つは先ほども述べた通り、アポイントメントが取りやすいということです。そしてもう1つは、早い時期からOB訪問を始めることで忙しい就活時期に入る前から自己分析をかなり進めることができるということです。

    初めはやり方が分からないこともあるはずですが、手探りで構わないのでOB訪問のアポイントメントをとってたくさんの社会人と会うということをおすすめします。

    まとめ

    今回の記事ではOB訪問の意味やメリット・デメリット、OB訪問を始める時期や注意点などについて詳しく解説をしていきました。

    OB訪問はしっかりと目的を定めればメリットがたくさんあります。就活を有利に立ち回る術としてOB訪問をどんどん行っていきましょう。

    就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

    就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

    全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

    就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事