「ブライダルの仕事って実際どんな内容のことをするの?」

このようにブライダルの仕事について興味を持ちつつも、その仕事内容についてはあまり知らないという就活生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はブライダルの仕事内容の大まかな情報や、ブライダルの仕事内容の詳細、ブライダルの仕事内容に必要なスキルや、ブライダルの仕事の内容から得られるやりがいなどについて詳しく紹介をしていきます。

ブライダルの仕事内容の概要

ブライダルの仕事内容は結婚をしたいと考えているカップルに対して理想の結婚式をプランニングしたり、結婚式当日に式が最高のものになるようにサポートをするといったことです。

人生に1度きりの特別な結婚式を新郎新婦とともに形作っていくことができる、とてもやりがいのある職業がブライダル業界なんです。

ブライダルの仕事の内容の種類

一概に「ブライダルで働く」といってもその仕事の内容はかなり細かく分けることができます。専門的なスキルを要するものから、新卒で1からスキルを身に付けていかなければならない役割まで様々にあります。こちらではそんなブライダルに勤める際にどのような仕事の内容があるのかについて詳しく見ていきましょう。

大まかなブライダルの仕事は以下の通りです。

  • ブライダルアドバイザー
  • ウェディングプランナー
  • ドレスコーディネーター
  • バンケットスタッフ
  • アテンドスタッフ
  • フラワーコーディネーター
  • ジュエリーショップスタッフ
  • ブライダルフォトグラファー

それでは1つ1つ、ブライダルの仕事内容をご紹介していきましょう。

1ブライダルアドバイザー

ブライダルアドバイザーは、結婚式を挙げたいけれど具体的にどのようなことをすればいいのか分からないカップルに対して、結婚式を挙げることを目的にアドバイスをする役割の仕事です。

多くの人が結婚式を挙げることが初めてであり、結婚式の準備をするにしても何をすればいいのか右も左もわからないというのが新郎新婦の状況です。そんな2人に対して具体的に何をすればいいのかをアドバイスできるのがブライダルアドバイザーです。

2ウェディングプランナー

ウェディングプランナーは、結婚式を挙げたいと考えている新郎新婦とともに長期間にわたる話し合いやヒアリングのもとに結婚式をプランニングしていく役割の仕事です。

具体的には結婚式の流れや、当日の式場の飾り、どのような料理を出すのかについて新郎新婦の予算に合わせてプランニングを行なっていきます。

新郎新婦が当日、最高の結婚式を送ることができるように長期的にサポートをすることができるのがウェディングプランナーです。

3ドレスコーディネーター

ドレスコーディネーターは、新郎新婦が結婚式の当日に着飾るタキシードや和服、もしくはウェディングドレスや和装、また新郎新婦の列席者の衣装などをコーディネートしたり提案したりする役割の仕事です。

特に新婦はウェディングドレスへの憧れがとても強く、自分に1番似合うドレスを着たいと考えているもの。新婦の希望とドレスコーディネーターとしての専門的な知識・観点を生かして結婚式当日に美しい姿で結婚式に参加できるようにするのがドレスコーディネーターの仕事です。

4バンケットスタッフ

バンケットスタッフは、ゲストを案内したり、新郎新婦・列席者に料理を配膳したりすることで結婚式をスムーズに執り行うことができるようにする役割の仕事です。

結婚式はプランや衣装が揃っていても、実際に料理が運ばれたり、ゲストの誘導が行われなければ成立しません。結婚式を縁の下から支えることができる頼もしい存在がバンケットスタッフです。

5アテンドスタッフ

アテンドスタッフは、結婚式や披露宴の中で常に新郎新婦の側に控えて、新郎新婦が困ることのないようにサポートを行う役割の仕事です。

先ほども述べた通り、多くの新郎新婦が人生初めての結婚式となるために当日も分からないことがほとんどです。そのような2人が結婚式・披露宴中に不安にならないように1番近いところでサポートを行うことができるのがアテンドスタッフです。

6フラワーコーディネーター

フラワーコーディネーターは、新婦のブーケなどをはじめとする結婚式で使用される花をコーディネートしたり準備をしたりする役割仕事です。

新郎新婦が希望する結婚式の装飾イメージに合わせて花の種類や色を変えたりして、花を使用して結婚式を美しく飾ることができるのがフラワーコーディネーターです。

7ジュエリーショップスタッフ

ジュエリーショップスタッフは、結婚を控えたカップル達に結婚指輪についてのアドバイスをしたり、どのような結婚指輪がいいのかをカップルのイメージや予算に合わせて提案をしたりする役割の仕事です。

結婚式は1日で終わりますが、結婚指輪は一生涯、新郎新婦の指につけられるもののため、そのような大切な決定に携わることができるやりがいのある仕事がジュエリーショップスタッフです。

8ブライダルフォトグラファー

ブライダルフォトグラファーは、結婚式や披露宴、または前撮りなどの中で、一生残るであろう新郎新婦の写真を撮る役割の仕事です。

これから家族になり様々な写真を撮っていくでしょうが、やはり結婚式の写真は特別なもの。2人が挙式の何十年後に見返しても初心に戻ることができるような素敵な写真を取ることができるのがブライダルフォトグラファーです。

ブライダルの仕事で必要な資質内容を紹介

では次にブライダルの仕事で必要とされる資質について見ていきましょう。

新郎新婦を幸せにしたいという気持ち

ブライダルの仕事で必要な資質の内容の1つ目は「新郎新婦を結婚式や披露宴で幸せにしてあげたいという気持ち」です。

当然のことのようですが、「ブライダルという業界に憧れて就職する」という人には実は欠けていることが多い資質でもあります。輝かしい業界で働きたいという気持ちも大切ですが、何よりも「新郎新婦を幸せにするんだ」という強い意志がブライダル業界で働く上では必須です。

接客スキル

ブライダルの仕事で必要な資質の内容の2つ目は「接客スキル」です。

ブライダルの接客スキルは、レストランや他のお店などとは一線を画する格式高さが求められます。それは結婚式という誰かにとっての一生に一度の大切なライフイベントととなるからです。

言葉遣いや所作などを含めて、接客スキルを極め、新郎新婦や他の参列者が見ても気持ちの良い接客を行うことが必要です。

ブライダルの仕事のやりがいの内容を紹介

最後にブライダルの仕事のやりがいについて紹介をしていきます。

1新郎新婦の1度きりの幸せに立ち会える

ブライダルの仕事のやりがいの内容の1つ目は「生涯一度きりとなる新郎新婦の結婚式に立ち会うことができる」ということです。

ブライダル業界にいることの魅力は何と言っても、人生の中でも最高に幸せな瞬間の中に何度も立ち会うことができるということなのです。人の幸せを素直に喜びに感じられる人にとっては天職と言っても過言ではありません。

2新郎新婦の思い描く結婚式を演出できる

ブライダルの仕事のやりがいの内容の2つ目は「新郎新婦とともに理想の結婚式を形作ることができる」ということです。

新郎新婦がおもいおもいに描く理想の結婚式をプランニングから当日にかけて形作ることができればやりがいはとても大きいものとなります。

素晴らしい結婚式ができれば新郎新婦から感謝をされることは間違いありません。

まとめ

今回はブライダルの仕事内容の大まかな情報や、ブライダルの仕事内容の詳細、ブライダルの仕事内容に必要なスキルや、ブライダルの仕事の内容から得られるやりがいなどについて詳しく紹介をしていきました。

人生で最高に幸せな瞬間に立ち会えるブライダル業界はとてもやりがいのある仕事です。

就活メンターズで推薦で内定をもらう

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事