markusspiske / Pixabay

そもそもエントリーシート(ES)や履歴書などの訂正は、書き直すのが鉄則です。ビジネスマナーの常識であり、訂正がマイナスに作用することも可能性としてはあるからです。まずは、その点を踏まえておきましょう。しかしながら、時と場合によっては、エントリーシート(ES)や履歴書を訂正することもあるでしょう。ここでは、訂正の仕方についてご紹介いたします。

1.エントリーシート(ES)や履歴書を訂正する場合とはどのようなとき?

annekarakash / Pixabay

書き直しが鉄則とはいえ、やむを得ない事情で、エントリーシート(ES)や履歴書を訂正する場合もあります。では、どのようなケースが該当するのでしょうか?何でもかんでも訂正印で対処するほど、訂正印は万能ではありません。その点は注意してください。

①書き直す時間がない場合と対処法

やむを得ない事情で書き直す時間がない場合は仕方がありません。出さないよりは出した方がいいのは言うまでもありません。期限は守らなければなりません。そのためには、できれば、準備は余裕を持ってエントリーシート(ES)や履歴書の作成を開始しましょう。

②エントリーシート(ES)や履歴書の替えがない場合と対処法

エントリーシート(ES)や履歴書をパソコンなどからダウンロードするのではなく、企業から直接受け取るケースもあります。再度、入手するのが困難な場合で訂正が発生した場合です。その場合は、事前にコピーをしておくことを忘れてはいけません。エントリーシート(ES)や履歴書の替えが無いわけですから、コピーしておくことが重要です。

2.エントリーシート(ES)や履歴書の訂正方法

繰り返しになりますが、基本的には書き直しが鉄則です。しかしながら、訂正しなければどうしようもない場合は、訂正印で対処しましょう。エントリーシート(ES)や履歴書の間違いを訂正する方法は下記の手順になります。

①間違った箇所に二重線を引く(フリーハンドはNG・定規使用)

訂正箇所:ボーリング部 ⇒ 訂正箇所:ボウリング部

②二重線を引いた場所に訂正印を押す(中央に訂正印・シャチハタは不可)

訂正箇所:ボーリング部 ⇒ 訂正箇所ボウリング部

③その上に、書き直しの文字を書く               

訂正箇所:ボーリング部 ⇒ 訂正箇所:ボウリング部

 私はボーリング部に所属しています。部活では、主将を務めて・・・・・・

3.エントリーシート(ES)や履歴書の訂正は何箇所まで?

3844328 / Pixabay

基本的に、エントリーシート(ES)や履歴書の訂正が発生したら、書き直しますが、ケースにはよっては、訂正印で対処できなくもありません。しかしながら、ものごとには限度や許容範囲があります。企業によりますが、常識的に考えて、何箇所も訂正するのは見た目がよくありません。いくらエントリーシート(ES)や履歴書の内容が良くても、誤字脱字だらけ、訂正だらけでは、アピールにはありません。

あなたが企業側だったとしたら、どのような感情を抱くでしょうか?「いいかげんな学生だな」「うちのエントリーシート(ES)は適当に書いたんだろう」そう思うのが自然です。せいぜい、エントリーシート(ES)や履歴書の訂正は一箇所、ないし二箇所までです。

サイトによっては、三箇所までや絶対不可と記載されていますが、ルールはありません。受け手次第だからです。鉄則は、書き直す。マイナスにならないからです。銀行や役所の書類でも訂正印を押すことは少なくありません。ただし、就活は選考がかかっていますから、極力マイナス要素は排除しておきたいところでもあります。

 

4.エントリーシート(ES)や履歴書の訂正にあとで気づいた場合

よくあることですが、エントリーシート(ES)や履歴書を急いで作成したあとに、読み返すと訂正が見つかります。そのときは気が付かなかったけれど、冷静に確認してみると訂正が見つかってしまった。その場合はどうすればよいのでしょうか?方法は大きく二つあります。

職種にもよりますが、一箇所の訂正印だけで、落とす企業の方が少ないのではないかと思います。ミスはない方がいいでしょうが、人物評価が高ければ、企業に必要と見なされれば選考は進みます。なぜならば、エントリーシート(ES)や履歴書の訂正は、注意すれば防げるからです。

一方、人間性や学生時代にどう過ごしたかは、一朝一夕では変えられません。ときには、細かいことに惑わされない気持ちも必要なときもあります。

 

①面接の際に伝える

面接の際に、口頭でお詫びと訂正をしましょう。仮にマイナス評価になったとしても、面接で挽回すればいいのです。人間誰でもミスはします。もちろん、ミスはないに越したことははありません。ただし、それを引きずるよりも、面接官に誠実に伝えて、ミスを訂正することで、前に進みましょう。

 

②メールや電話で伝える

ミスが気になってしょうがない、という学生もいると思います。その場合は、連絡するのも一つです。気になってしまい、他の選考にも影響が出るくらいなら事前に解消しておきましょう。案外、杞憂に終わることもありますが、自分にとっての悪玉の目は早めに摘み取っておきましょう。また、住所や電話番号などの致命的なミスは、連絡時の不都合にもなり、あなたに不利益を及ぼしかねませんので、速やかに連絡しましょう。

 

5.エントリーシート(ES)や履歴書の訂正の注意点

markusspiske / Pixabay

エントリーシート(ES)や履歴書の訂正の注意点もあります。ミスは傷口が浅いうちに、自ら対処することが望ましいでしょう。傷口が広がって、処置のしようがないことにならないように注意してください。また、そもそも訂正が発生しないようなエントリーシート(ES)や履歴書の作成を目指すことも忘れてはいけません。

 

①言い訳がましい

ミスは認めることが大切です。言い訳がましい問答は無用です。新卒で入社してくるのに、明らかに自分のミスで言い訳をするのは悪い印象しか残りません。新卒だからこそ、素直に訂正をして謝罪することは肝心です。

 

②事前にミスを防ぐ

エントリーシート(ES)や履歴書のストックを多めに持って置けば、書き直しができます。さらに時間的余裕を持つことです。確認も怠らないことも重要であり、自分だけではなく第三者にも見てもらうとよいでしょう。最後に下書きをしてから、清書すれば間違いなくミスは減ります。

 

エントリーシート(ES)の訂正印は使用してもOK?

人間は注意してもミスをしてしまいます。エントリーシート(ES)や履歴書は書き直すことを推奨しますが、ここでは訂正の仕方についてご紹介しました。訂正印が決定打にはならない企業もあれば、マナーを厳しくみる企業なら致命傷にもなります。しかしながら、それがどの企業で、どの人かはわかりません。あくまでも、エントリーシート(ES)や履歴書の訂正は最終手段を考えておくことが懸命です。

疑心暗鬼になるくらいなら、訂正ではなく書き直した方がベターでしょう。選考に進めば問題はありませんが、落ちた場合が問題なのです、人間は何かと理由を求めます。基本的に選考に落ちた理由は教えてくれません。仮に、面接の内容が悪くも、「エントリーシート(ES)や履歴書の間違えが原因だ」と考えたくなるのは心情なのです。

エントリーシート(ES)も履歴書も企業に提出ラブレターです。心をこめて、慎重に下記進めましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事