就活のブラウスの選び方のコツ10選!ブラウスの注意点やマナーも紹介!

就活に欠かせないアイテムの1つが、ブラウスです。

ブラウスと言ってもその形は意外と種類が多く、どのようなブラウスが就活に適しているのか分からないと悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか?

そんな就活に適したブラウスを幅広く解説していきます。

就活のブラウスは面接担当者に与える印象を左右する

就活において、面接などの内容や就活生の態度が採点基準になるのはもちろんのこと、就活生の身だしなみにおいても、大いに判断材料となります。

その中でも就活生が必ず着ているものの1つで、判断材料の1つにもなるのが就活用のブラウスです。

就活のブラウスは企業説明会やセミナーではもちろんのこと、主に面接で面接官からの印象を左右する場合がある重要なポイントともなるアイテムの1つです。

そんな重要なアイテムの1つである就活のブラウスを、様々な角度から解説していきます。

就活に最適なブラウスを購入するために覚えておきたいコツ10選

実際に就活をする中でどのようなブラウスを着て就活に臨めばいいのか、就活用のブラウスを購入する際のコツについて、以下の10個のポイントをピックアップしてご紹介します。

・コツ1: カラーは白を選ぶ
・コツ2: 柄は無地のものが基本
・コツ3: 形状安定のノンアイロンブラウスを選ぶ
・コツ4: ジャケットを着たときに袖が見えないようにする
・コツ5: レギュラーカラーもしくはスキッパーカラーのものを選ぶ
・コツ6: リクルートスーツと合っているかを確認する
・コツ7: 試着してデザインや着心地を確認する
・コツ8: 両脇に少し余裕がある程度のものを選ぶ
・コツ9: 首周りが窮屈にならないかを確認する
・コツ10: ボタンダウンのものを避ける

コツ1: カラーは白を選ぶ

ビジネス用のスーツに合わせるブラウスには、柄や色など様々な種類があります。

ですが、就活に適したブラウスの色は、白色です。

白色の就活用のブラウスは、就活生のフレッシュさを演出してくれると同時に、清楚さや清潔さなどの爽やかな印象を与えてくれます。

ですので、就活でブラウスを着る際には、白色を選ぶようにしましょう。

コツ2: 柄は無地のものが基本

先程も少し触れたように、ビジネス用のブラウスには様々な柄や色がありますが、就活生の場合には柄の無い無地の白色のブラウスを選ぶようにしましょう。

目立たない柄だからいいだろうと思っていても、企業側の目からしてみれば目立っていると判断されてしまう場合もありますので、注意が必要です。

コツ3: 形状安定のノンアイロンブラウスを選ぶ

就活生が着るブラウスを含め、近年ではビジネス用に使えるノンアイロンブラウスというものも存在しています。

このノンアイロンブラウスがどのようなものかというと、その言葉の通りアイロン要らずのブラウスのことです。

就活の場合はその期間も長く、例え洗い替えで就活用のブラウスを用意しておいたとしても、その都度アイロンを就活用のブラウスにあてることは、とても手間がかかります。

そんなアイロンをかける手間をなくしてくれるのが、このノンアイロンブラウスです。

ノンアイロンブラウスは、シワも寄りにくくなっていますので、洗濯をしたらそのまままた着ることもできますので、就活の予定が詰まっている場合には、このノンアイロンブラウスがおすすめです。

コツ4: ジャケットを着たときに袖が見えないようにする

就活のブラウスを購入する際のポイントの1つとして挙げられるのが、就活スーツのジャケットを着た際に袖が見えないような袖の長さのブラウスを購入することです。

就活生自身ではいまいち分からないという場合には、スーツのオーダーメイドをしてもらい、スーツのジャケットとブラウスの袖の長さを調整するというのもおすすめです。

間違っても自分の見た目だけで、ブラウスの袖の長さなどを判断しないようにしましょう。

コツ5: レギュラーカラーもしくはスキッパーカラーのものを選ぶ

就活のブラウスを購入する際のポイントの1つとして挙げられるのが、レギュラーカラーかスキッパーカラーのタイプの就活ブラウスを選ぶことです。

ちなみにレギュラーカラーとスキッパーカラーがどのようなものかというと、レギュラーカラーは首元に第1ボタンがある一般的に就活やビジネスに用いられるタイプのブラウスを指します。

スキッパーカラーは、第1ボタンがなく、そこまでブラウスの襟部分がかかっているブラウスのことを指します。

首元がすっきりした印象になるのが特徴的です。

この2つのブラウスで迷っている就活生は、より確実なレギュラーカラーを選ぶことをおすすめします。

コツ6: リクルートスーツと合っているかを確認する

就活のブラウスを購入する際のポイントの1つとして挙げられるのが、リクルートスーツと合っているかどうかです。

就活のブラウス選びはもちろん大切ですが、上に合わせる就活用のスーツと合わなければ意味がありません。

先に就活用のブラウスを購入していた場合には、就活スーツを購入する店にブラウスを持って行き、その場でアドバイスをもらいながら就活スーツを選ぶのもいいでしょう。

コツ7: 試着してデザインや着心地を確認する

就活含めブラウスは実際に試着してみるまで、就活生の着心地は分かりません。

ですので、就活ブラウスを購入する際には、1度その店でブラウスを試着して就活生がブラウスを着た感じのデザインや着心地をしっかりと確かめるようにしましょう。

特にユニクロやしまむらには試着室がありますので、そこで就活用のブラウスを購入しようと思っている就活生は、ぜひ試着室の鏡の前でしっかりとブラウスの着心地や見栄えなどを確認しておきましょう。

コツ8: 両脇に少し余裕がある程度のものを選ぶ

就活のブラウスを購入する際のポイントの1つとして挙げられるのが、ブラウスの両脇に少し余裕がある程度のものを選ぶことです。

ブラウスは就活用含め、あまり伸縮性がありません。

そのため、あまりにぴっちりとしたブラウスを選んでしまうと腕を伸ばした際などに体に自由が利かない場合がありますので注意が必要です。

ですので、目安としては就活用のブラウスを試着した際に両脇に少し余裕が出るものを選ぶようにしましょう。

コツ9: 首周りが窮屈にならないかを確認する

就活の際には、ブラウスの第1ボタンまで閉めておく必要がありますが、就活ブラウスを購入する際には、首回りが窮屈になっていないかを確認することも大切です。

特に元々首回りが太い就活生は、試着する際にレギュラーカラーで第1ボタンをした状態で窮屈にならないか確認をしてみましょう。

その際に窮屈だと感じる就活生は、スキッパーカラーのものを選んで試着してみるのもおすすめです。

コツ10: ボタンダウンのものを避ける

就活のブラウスを購入する際のポイントの1つとして挙げられるのが、ボタンダウンタイプのブラウスを避けることです。

ボタンダウンブラウスがどのようなブラウスかというと、襟の部分にボタンが付いているもので、その襟部分のボタンでネクタイをしなくても着こなせるタイプのブラウスです。

このボタンダウンタイプのブラウスは、簡単にブラウスを着こなせることはできますが、見た目にもカジュアル感が出てしまい、就活用のブラウスとしては不向きです。

ですので、ボタンダウンタイプのブラウスは、就活用のブラウスとしては選ばないようにしましょう。

就活用ブラウスを選ぶ時に覚えておきたい注意点やマナー4選

ここからは、就活のブラウス選びにおいて、就活生なら覚えておきたい注意点やマナーを、以下の4つをピックアップしてご紹介します。

・注意点1: インナーが見えるものは不適切
・注意点2: カットソーは就活に不向き
・注意点3: サイズが合っていないと印象が悪くなる
・注意点4: Vゾーンが広すぎるものは就活に不向き

注意点1: インナーが見えるものは不適切

ブラウスの中には、インナーが見えてしまうほど生地が薄いブラウスも存在しています。

そのようなブラウスは、当たり前ながら就活用のブラウスとしては不向きですので、白色のブラウスでも購入の際に手を実際に差し込んで、透け感などを確認して透けすぎていないかどうかを確かめましょう。

また実際に試着して透け感をチェックすることで、どれぐらい透けるかも分かるのでおすすめです。

注意点2: カットソーは就活に不向き

まるでTシャツのフォーマル版とも言えるような服がカットソーですが、これを就活用のブラウスの代用として切るのは不向きです。

パンツスーツなどに合わせるとスタイリッシュに見えますが、就活におけるカットソーの印象は、企業によってはラフに見えたり、カジュアルにしか判断してもらえない可能性もありますので注意が必要です。

就活をして内定した先で制服がカットソーであることには何の問題もありませんが、少なくとも就活中に就活用のブラウスの代用としてカットソーを着るのは避けましょう

注意点3: サイズが合っていないと印象が悪くなる

就活用のブラウスとして注意が必要なポイントの1つとして挙げられるのが、サイズが合っていないと小さすぎても大きすぎても印象が悪くなりがちだということです。

就活用含め、ブラウスは小さすぎるとボタンの部分などが左右に引っ張られてパツパツになって見苦しい印象になってしまったり、大きすぎるとダボっとしてしまいだらしない格好に見えてしまいます。

就活用のブラウスと一括りにしても、作っているメーカーや形などで若干ずつサイズが異なる場合がありますので、その場でブラウスを着用してみて、小さすぎないか、大きすぎないか、そして動きやすさなども併せてしっかりと確認することが大切です。

注意点4: Vゾーンが広すぎるものは就活に不向き

就活用のブラウスとして注意が必要なポイントの1つとして挙げられるのが、Vゾーンが広すぎるものは就活に不向きだということです。

ブラウスの中には就活用に使用するものも含め、いくらかVゾーンができるタイプのブラウスも存在しています。

少しのVゾーンであれば問題ありませんが、Vゾーンが広すぎて露出が過ぎてしまうタイプのブラウスは、就活用のブラウスとしては不向きですので避けるようにしましょう。

Vゾーンが広すぎるものを着ていると、企業や業界によっては印象が悪いこともありますので、これも実際に店の試着室で着てみて、Vゾーンの広さに関しても確認しておくことをおすすめします。

就活用ブラウスを購入するのにおすすめの場所

ここからは、就活用のブラウスを購入するのにおすすめの場所を、以下の3つをピックアップしてご紹介します。

・スーツ専門店
・GUやユニクロなどの衣料品店
・オンラインストア

スーツ専門店

就活用のブラウスを購入する際に、1番最適な場所がスーツ専門店です。

ユニクロやGU、そしてしまむらといったお手頃価格で買える店とは異なり値段こそ少々張りますが、その場で着心地を確認できたり就活用のブラウスをより的確に選ぶことができるので、どこで就活用のブラウスを購入しようか迷っている就活生はぜひおすすめです。

その際に一緒に就活用のスーツも購入すれば、トータルで間違いのないものを選ぶことができます。

また就活のスーツやブラウスで分からないことがあれば、お店のスタッフなどに聞いてアドバイスをしてもらうのもいいでしょう。

ブラウスは就活中は常に使うものですので、1枚だけでなく洗い替え用に2〜3枚購入しておくと安心です。

GUやユニクロなどの衣料品店

就活用のブラウスが購入できる場所の1つとして挙げられるのが、GUやユニクロ、しまむらといった衣料品店です。

特に今例として挙げた店舗は、スーツやブラウスを割とお手頃価格で購入することができますので、洗い替え用に就活用のスーツやブラウスを手軽に複数購入できることが特徴的です。

またその場で試着して確認できますので、就活用のスーツやブラウスとして適切かどうかを自分の目でも確かめることができます。

就活生1人ではそれが就活用のスーツやブラウスとして最適かどうか分からない場合には、家族に同行してもらい試着後のスーツやブラウスの感じを見てもらうといいでしょう。

オンラインストア

就活用のブラウスが購入できる場所の1つとして挙げられるのが、オンラインストアです。

ユニクロやGU、しまむらといった衣料品店やスーツ専門店が、就活生が住んでいる場所の近くになく買いに行くのが難しい場合には、こうしたオンラインストアで購入するのもおすすめです。

その際にはサイズはもちろんのこと、色や透け感など、商品ページの商品説明をしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。

安いからと複数就活用のブラウスを購入した後で、思ったものと異なるというのがオンラインストアでの買い物のデメリットでもありますので、もしオンラインストアで購入する際には、しっかりと就活用のブラウスの仕様を確認してから購入することをおすすめします。

就活時のブラウスは重要なアイテムなので就活向けのものを選ぼう

就活におけるブラウスは、就活生が思っている以上に身だしなみの中で重要視されているアイテムでもあります。

ですのでブラウスだからスーツのジャケットであまり見えないだろうなどと軽い考えはせず、就活向きのブラウスをしっかりと選ぶことが大切です。

そして身だしなみにおいても、企業側に好印象を与えるように努めましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事