就活の写真をデータ化する4つの方法!サイズや焼き増しについても解説!

現代の就活では証明写真を印刷するだけでなく、データ化して活用することは当たり前になっています。

機械に不慣れな人の場合、就活の証明写真をどうデータ化していいかわからないというケースもあると思いますので、この記事では就活の証明写真をデータ化する4つの方法について詳しく解説していきます。

証明写真のデータのサイズや証明写真を焼き増しする方法についても解説していきますので、就活の証明写真をデータ化する方法を詳しく知りたいという人は目を通してみてください。

就活の写真をデータ化する方法ってあるの?

就活の証明写真をデータ化する方法について詳しく解説していきます。

今は就活の証明写真を撮影する時もデジタルカメラが使用されるのが一般的ですので、証明写真のデータ化はそれほど難しいことではないと言えます。

ただし正しい方法や手順を知らないまま実行してしまうと失敗してしまったり、非常に低品質なものになってしまう可能性もありますので注意してください。

就活で写真をデータ化する方法4つ・具体的な手順も知ろう

就活の証明写真をデータ化する4つの方法について詳しく解説していきます。

就活の証明写真をデータ化する方法には、アプリを使う、証明写真機で印刷する、写真館を活用する、コンビニの機械で印刷するといったものがあり、自分の手持ちのスマホの性能や近所に写真館があるかどうかなど、どの方法が一番利用しやすいかを基準として選択してみるとよいでしょう。

  • 就活写真をデータ化する方法①アプリを使う
  • 就活写真をデータ化する方法②証明写真機で印刷
  • 就活写真をデータ化する方法③写真館を活用する
  • 就活写真をデータ化する方法④コンビニの機械で印刷

就活写真をデータ化する方法①アプリを使う

就活の証明写真をデータ化する方法の一つは、アプリを使うことです。

今はスマホのカメラも格段に進歩しており、スマホで撮影した写真をアプリを使ってデータ化することで就活用の証明写真として利用することも可能です。

ただいくら進歩したとはいえやはりスマホのカメラでは高性能なデジタルカメラには勝てませんので、できる限り写真館などで証明写真を撮影してもらうことをおすすめします。

就活写真をデータ化する方法②証明写真機で印刷

就活の証明写真をデータ化する方法の一つは、証明写真機で印刷することです。

今の証明写真機には撮影した証明写真を印刷すると同時にデータ化してくれる機能が搭載されているものがあるため、そういった証明写真機を利用すれば紙の証明写真と証明写真のデータが同時に手に入ります。

急に証明写真が必要になった場合や、証明写真を写真館で撮るだけのお金がない、といった場合には有効だと言えます。

就活写真をデータ化する方法③写真館を活用する

就活の証明写真をデータ化する方法の一つは、写真館を活用することです。

今は写真館で就活用の証明写真を撮影すると、紙の証明写真を印刷してくれるだけでなくデータ化して渡してくれるサービスもあります。

ただ証明写真のデータ化がオプションに設定されていて料金が別途かかってしまうケースもありますので、利用する際はデータ化が含まれた料金かどうか確認しておくとよいでしょう。

就活写真をデータ化する方法④コンビニの機械で印刷

就活の証明写真をデータ化する方法の一つは、コンビニの機械で印刷することです。

コンビニの機械で紙の証明写真をスキャンすることで、データ化することが可能になります。

コンビニは店舗数が非常に多く利用しやすいため、手持ちの紙の証明写真を気軽にデータ化したいという時には便利です。

就活の写真を秒でデータ化する際の「適切なサイズ」や「形式」とは?

就活の証明写真をデータ化する時の適切なサイズや形式について詳しく解説していきます。

就活の証明写真をデータ化する時の適切なサイズや形式は、どういった履歴書に使うかやWEB上の就職活動で使用する時などで変わってきますので、そういったケースごとの相応しいサイズや形式をあらかじめ知っておけば、問題が起こる可能性を限りなく減らすことができるでしょう。

  • 履歴書に適切なサイズは40×30mm
  • 50×70mmや40×50mmサイズが規定の女子大も
  • px(ピクセル)で単位のサイズなら551×413px
  • 志望企業のマイページに登録する際の形式はjpgまたはpng

履歴書に適切なサイズは40×30mm

就活の証明写真をデータ化する際、履歴書に適切なサイズは40×30mmです。

就活の履歴書の証明写真のサイズはほぼ全て40×30mmですので、データ化した証明写真を印刷する時は基本的にこのサイズになるよう印刷すれば汎用性も高く、使用できないというケースは少ないでしょう。

50×70mmや40×50mmサイズが規定の女子大も

就活の証明写真をデータ化する際、50×70mmや40×50mmサイズが規定となっている女子大もあります。

そういった女子大の履歴書を使用する場合、つい一般的な履歴書用の証明写真を用意してしまうことが起こり得ますので、自分の履歴書が指定する証明写真のサイズはしっかりと把握することを心がけてください。

px(ピクセル)で単位のサイズなら551×413px

就活の証明写真をデータ化する際、px(ピクセル)で単位のサイズなら551×413pxが基本となっています。

このpx(ピクセル)のサイズはWEB上での就活で証明写真のデータを取り扱う際の一般的なものですので、WEB上での就活で証明写真のデータの提出を求められた時は指示がなければこのサイズに設定するようにしましょう。

志望企業のマイページに登録する際の形式はjpgまたはpng

就活の証明写真をデータ化する際、志望企業のマイページに登録する際の形式はjpgまたはpngが基本です。

jpgとpngは画像の保存形式の中では一般的なものであり、これ以外の形式で保存してしまうと採用担当者の人が証明写真のデータを開くことができない、というケースが起きる可能性がありますので、指示がない限りはjpgかpngで提出するようにしてください。

就活の写真をデータ化・「焼き増し」は2つの方法がある

データ化した就活の証明写真を焼き増しする方法について詳しく解説していきます。

データ化した就活の証明写真を焼き増しする方法には大きく分けて2つの方法がありますので、どちらがよりメリットが大きいかをきちんと検討した上で選択するようにしましょう。

「就活の写真データの焼き増し方法」その①

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法その1について、詳しく解説していきます。

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法には、写真館に焼き増しを頼む、コンビニで焼き増しする、自宅や大学のプリンターで焼き増しするといったものがありますので、必要な証明写真を一番効率よく手に入れられる方法はどれか、ということを基準として選んでみるとよいでしょう。
また証明写真は品質も重要ですので、金銭面だけを重視することは極力避けてください。

①写真館に焼き増しを頼む方法と料金

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法の一つは、写真館に焼き増しを頼むことです。

この方法のメリットとして、写真館で撮ってもらったクオリティの高い証明写真をもう一度手に入れることができる点が挙げられます。

②コンビニで焼き増しする方法と料金

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法の一つは、コンビニで焼き増しをすることです。

この方法のメリットとして、コンビニは店舗数が非常に多いため利用しやすく、焼き増しの料金も安く抑えられるといった点が挙げられます。

③自宅や大学のプリンターで焼き増しする方法と料金

自宅や大学のプリンターで焼き増しをする時の注意点について詳しく解説していきます。

自宅や大学のプリンターで焼き増しをする場合、どうしてもサイズや形式の間違いが発生しがちですので、焼き増しの際は細心の注意を払って作業を行うようにしてください。
また大学のプリンターを利用する時は、くれぐれも大学の関係者に迷惑をかけないようにしましょう。

自分で焼き増しする際の注意点

自宅や大学のプリンターで焼き増しをする時の注意点について詳しく解説していきます。

自宅や大学のプリンターで焼き増しをする場合、どうしてもサイズや形式の間違いが発生しがちですので、焼き増しの際は細心の注意を払うようにしてください。

「就活の写真データの焼き増し方法」その②

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法その2について、詳しく解説していきます。

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法には、写真館で再度撮影する、スキャナーと画像加工ソフトを使って焼き増しするといったものがありますので、自分がどれだけ証明写真のクオリティにこだわるのかを考えて選択することをおすすめします。
特に写真館で再度撮影する場合、お店によっては高額な費用がかかってしまいますので就活にかけられるお金のこともしっかりと考えるようにしてください。

①写真館で再度撮影する

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法の一つは、写真館で再度撮影することです。

この方法のメリットとして、更にクオリティの高い証明写真を手に入れられる可能性があるといった点が挙げられます。

②スキャナーと画像加工ソフトを使って焼き増しする

就活の証明写真のデータを焼き増しする方法の一つは、スキャナーと画像加工ソフトを使って焼き増しすることです。

この方法のメリットとして、写真の気に入らないところを納得がいくまで修正できるといった点が挙げられます。

自分で焼き増しする際の注意点

スキャナーと画像加工ソフトを使って自分で焼き増しする時の注意点について詳しく解説していきます。

この方法の場合、写真の修整をしすぎて別人のようになってしまわないよう気をつけなければなりません。

就活の写真をデータ化する人がおさえておきたい6つのポイント

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたい6つのポイントについて、詳しく解説していきます。

これらのポイントをおさえておかないと、思わぬトラブルに見舞われる可能性がありますので注意してください。

①就活用の「写真撮影」や「写真選び」は重要

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたいポイントの一つは、写真撮影や写真選びが重要であることです。

写真館で高品質な写真を撮ってもらったとしても、更にその中から最高の一枚を選ぶように心がけましょう。

②志望業界によって「表情」を分けて写真撮影する

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたいポイントの一つは、志望業界によって表情を分けることです。

業界に合った表情を使い分けるためにも、各業界でどんな就活生が評価が高いのかを調査しておくことは極めて重要です。

③就活で必要な写真は20枚以上

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたいポイントの一つは、就活で必要な写真の枚数は20枚以上であることです。

自分はすぐに内定がもらえるだろうから写真は少なくてもいいだろう、といった甘い考えを持つことのないようにしてください。

④就活で写真撮影をする時期は2月中旬まで

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたいポイントの一つは、就活の証明写真を撮るのは3年生の2月中旬までだということです。

就活の書類選考は一般的に3年生の3月から始まると言われていますので、遅くとも3年生の2月中旬までに撮影を終えておく必要があります。

⑤就活の写真撮影での画像修正はほどほどに

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたいポイントの一つは、就活の証明写真の修整は程々にすることです。

あまり修正をしすぎてしまうと最悪本人とは似ても似つかない写真になってしまいますので、くれぐれも気をつけましょう。

⑥就活用の証明写真は「現物」と「撮影データ」と両方持っておく

就活の証明写真をデータ化する人がおさえておきたいポイントの一つは、証明写真の現物とデータの両方を持っておくことです。

どんな形式でもすぐに証明写真を提出できるよう、現物とデータの両方を手元に置いておくようにしてください。

就活の写真データ化は4つの身近な方法でできる 

就活の証明写真のデータ化というとハードルが高いように聞こえるかもしれませんが、実際は身近な方法で十分行えます。

とはいえ品質の高い証明写真のデータを手に入れる方法は限られてきますので、予算や時間の許す範囲で高品質な証明写真のデータを手に入れられる方法を選ぶことをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事