就活のグループワークを勝ち抜く6つの対策!人事の評価視点や例テーマも紹介!

就活の代表的な選考方法の一つがグループワークです。グループワークは自分一人で対策をすることが難しく、あらかじめ正しい立ち回り方を知っていないと場の空気を壊してしまい、高い評価を得ることができずにそのまま不合格になってしまう、といったことも十分あり得ます。

この記事では就活のグループワークを勝ち抜くための対策や人事の人がどういった視点で就活生を評価しているのかについても詳しく解説していきますので、グループワークに自信がないという人は是非目を通してみることをおすすめします。

就活のグループワークで勝つ抜くためには対策が必要?

就活におけるグループワークは個人としての能力を試される選考方法とは異なり、集団の中での立ち振る舞いやコミュニケーション能力を試される選考方法であり、あらかじめ対策をしておかないと高い評価を得ることは難しいと言えます。

またグループワークは自分だけで対策を行うことが難しいため、可能であればグループワークの対策が行えるような就活イベントに積極的に参加して、経験を積むことを強くおすすめします。

グループワークとは?苦手意識を就活生は多い?

就活で一般的となっているグループワークについて詳しく解説をしていきます。

そもそも就活で課されるグループワークとは何かという初歩的な説明や、グループワークとディスカッションは具体的にどのような違いがあるのか、といったことも解説していきますので、就活をしていてグループワークとディスカッションという言葉をよく聞くけど、それらの違いについて改めて確認しておきたいという人は、この解説を読んで理解を深めてみることをおすすめします。

グループワークとは

グループワークは一般的に他の就活生と数人のグループを作ってある特定の議題について議論したり、指定された条件に沿った成果物を作るといった選考方法となっています。

グループワークは会社で働く時に同僚と上手くコミュニケーションを取りながら仕事を進めることができるか、という能力を試すためのものであり、合否にも大きく影響してくる重要なものとなっています。

グループワークとグループディスカッションの違い

グループワークとディスカッションの具体的な違いについて詳しく解説していきます。

実のところグループワークとディスカッションには厳密な違いというものは存在しないのですが、グループワークの場合議論した内容を最終的に代表の一人が発表する、といった形式のものが多く、ディスカッションは発表することはせずに議論の内容自体で選考するといった形式が多いようです。

グループワーク就活を勝ち抜く対策6選

グループワークを勝ち抜いていくための対策6選について詳しく解説していきます。

グループワークを勝ち抜いていくための対策には、事前準備をする、最初に発言することを意識する、テーマ確認・時間・役割分担をしっかりとする、他のメンバーの意見を拾う、反対の意見も出す、テーマを意識しながら意見をまとめるといったものがあり、これらの対策がしっかりとできていなければ高い評価を得ることは難しいと言えるでしょう。

  • 事前準備
  • 最初に発言することを意識する
  • テーマ確認・時間・役割分担をしっかりとする
  • 他のメンバーの意見を拾う
  • 反対の意見も出す
  • テーマを意識しながら意見をまとめる

事前準備

グループワークを勝ち抜いていくための対策の一つは事前準備をすることです。

グループワークに限らず、就活を勝ち抜くためにはあらゆる選考において事前準備をしておくことは欠かせませんが、グループワークの場合特に準備をしっかりしておかないと本番になって全くいいところを見せられずに終了してしまう、ということも考えられますので、あらかじめグループワークの一連の流れを頭に入れた上で準備を進めていくことをおすすめします。

最初に発言することを意識する

グループワークを勝ち抜いていくための対策の一つは、最初に発言することを意識することです。

グループワークにおいて最初の発言こそがもっとも注目される瞬間であり、そこで的外れなことを言ってしまうと挽回するのはかなり難しくなってきてしまいますので、グループワークに挑む際は最初に発言する内容を頭の中できちんと組み立ててから発言するようにしてください。

テーマ確認・時間・役割分担をしっかりとする

グループワークを勝ち抜いていくための対策の一つは、テーマ確認・時間・役割分担をしっかりとすることです。

グループワークは発言の内容だけでなく議論や成果物の制作をいかに円滑に進められたかも評価の対象になりますので、基本となるテーマ確認・時間・役割分担を積極的に行うことで採用担当の人からの評価も高くなっていきます。

他のメンバーの意見を拾う

グループワークを勝ち抜いていくための対策の一つは、他のメンバーの意見を拾うことです。

グループワークに慣れていない人の場合、他の就活生よりもいかに目立つかを重要視してしまうことが多いですが、グループワークで求められるのは議論や成果物の制作を滞りなく進められるかどうかですので、他のメンバーの意見は積極的に広い、絶対に遮るようなことをしないでください。

反対の意見も出す

グループワークを勝ち抜いていくための対策の一つは、反対の意見も出すことです。

グループワークで他の人の意見に同意するだけの人は自分の意見を持っていない風見鶏のような人として、高く評価されることはありませんので、たとえ少数派になってしまうとしても反対の意見を積極的に出していくことはアピールに繋がります。

テーマを意識しながら意見をまとめる

グループワークを勝ち抜いていくための対策の一つは、テーマを意識しながら意見をまとめることです。

グループワークにおいて時間内に意見をまとめられるかどうかは非常に重要なポイントであり、それができないと参加者全員の評価が下がってしまいますので、常にテーマを意識して残された時間の中で最善の結論に至れるよう、議論や成果物の制作を進めていくようにしましょう。

グループワークの就活生に対する人事の評価視点4ポイント

グループワークにおける人事から見た就活生に対する4つの評価のポイントについて詳しく解説していきます。

グループワークにおける人事から見た就活生に対する評価のポイントには思考力、対人力、答えまでの過程、身だしなみといったものがあり、これらのポイントを意識してグループワークに臨めるかどうかで内定をもらえる可能性が大きく変化しますので気をつけてください。

  • 思考力
  • 対人力
  • 答えまでの過程
  • 身だしなみ

思考力

グループワークにおける人事から見た就活生に対する評価のポイントの一つは、思考力です。

グループワークで課される課題はどれだけ視野が広く奥の深い思考ができるかを試すものであり、学生時代から思考力を意識していない場合、高い評価を得ることは難しいと言えるでしょう。

対人力

グループワークにおける人事から見た就活生に対する評価のポイントの一つは、対人力です。

社会に出て仕事をする上で対人力は必須の能力であり、グループワークという選考方法はその対人力を見るために打ってつけであると言えます。

対人力に自信がないという人はグループワーク対策のためにも他の就活生と交流できる就活イベントに積極的に参加するなどして、対人力を高めておくことを強くおすすめします。

答えまでの過程

グループワークにおける人事から見た就活生に対する評価のポイントの一つは、答えまでの過程です。

グループワークでは優れた結論を出すことも重要ですが、答えを出すまでにどのような過程を経るかも同じくらい重要です。

結論を出すことにこだわりすぎてコミュニケーションを十分に取れないと、グループワークでは高い評価になりませんので気をつけてください。

身だしなみ

グループワークにおける人事から見た就活生に対する評価のポイントの一つは、身だしなみです。

グループワークは人と円滑なコミュニケーションを取れるかどうかを見るためのものであり、そのためには身だしなみを整えるのは最低限のマナーと言えます。

グループワークに挑む際は、身だしなみを徹底的に整えることを忘れないようにしてください。

就活のグループワークを失敗しないための注意点3つ

就活のグループワークで失敗しないための3つの注意点について詳しく解説していきます。

就活のグループワークで失敗しないための注意点には、他人の意見を尊重する、時間をしっかりと確認をする、立ち振る舞いを意識するというものがあり、これらの注意点を意識しておけば内定の獲得に大きく近づくことになるでしょう。

  • 他人の意見を尊重する
  • 時間をしっかりと確認をする
  • 立ち振る舞いを意識する

他人の意見を尊重する

就活のグループワークで失敗しないための注意点の一つは、他人の意見を尊重することです。

グループワークで目立ちたいがために他人の意見を一方的に否定することは絶対にやってはいけないことの一つであり、それをしてしまった時点でグループワークにおける人事担当者の人からの評価は大きく下がってしまいますので、くれぐれも気をつけるようにしてください。

時間をしっかりと確認をする

就活のグループワークで失敗しないための注意点の一つは、時間をしっかりと確認をすることです。

グループワークで重要なのは決められた時間の中で最善の意見や成果を出すことであり、たとえ素晴らしい意見や成果を出せたとしても時間が守れなければその時点で評価は下がってしまいますので、グループワークの残り時間は意識しすぎるくらいでちょうどいいと言えるでしょう。

立ち振る舞いを意識する

就活のグループワークで失敗しないための注意点の一つは、立ち振る舞いを意識することです。

グループワークにおける優れた立ち振る舞いとは優れた意見を出しつつも人の意見を邪魔することなく、議論や成果物の制作をスムーズに進行していく役割を果たすことであり、このような立ち振る舞いは場数を踏まなければ身に着きませんので、グループワークの対策を行える就活イベントなどに参加して練習を重ねておくようにしてください。

グループワークの就活で出されやすいスタイル別テーマ例

就活におけるグループワークで出されやすい4つのスタイル別テーマ例について、詳しく解説していきます。

今回解説するスタイル別テーマ例には、「課題解決型」のテーマ例、「選択肢型」のテーマ例、「討論型」のテーマ例、「自由発想型」のテーマ例といったものがあり、これらのテーマ例をについてしっかりと把握し、対策を行っておけばグループワークで戸惑うことなく振る舞うことが可能になるでしょう。

  • 「課題解決型」のテーマ例
  • 「選択肢型」のテーマ例
  • 「討論型」のテーマ例
  • 「自由発想型」のテーマ例

「課題解決型」のテーマ例

就活におけるグループワークで出されやすいスタイル別テーマ例の一つは、「課題解決型」のテーマ例です。

グループワークの「課題解決型」のテーマ例には社員の満足度を上げるためにはどうすればいいか、といった問題をどのように解決していくかを見るためのものがあり、このテーマの場合独創的なアイデアを発言することで、採用担当者の人にアピールすることが可能になります。

「選択肢型」のテーマ例

就活におけるグループワークで出されやすいスタイル別テーマ例の一つは、「選択肢型」のテーマ例です。

グループワークの「選択肢型」のテーマ例には、無人島に持っていくとしたらナイフとライターのどちらが役に立つか、といったいかに納得できる理由を用意できるかを見るためのものがあり、このテーマの場合理由をわかりやすく伝えるための工夫を行うことで高い評価を得ることができます。

「討論型」のテーマ例

就活におけるグループワークで出されやすいスタイル別テーマ例の一つは、「討論型」のテーマ例です。

グループワークの「討論型」のテーマ例には、大学へ行った方がいいか、それとも行かない方かいいかといった白熱した話し合いを促すためのものがあり、このテーマの場合過激になりがちな自分の主張を抑えつつ、議論を建設的に進めていく役割を果たすことでアピールができます。

「自由発想型」のテーマ例

就活におけるグループワークで出されやすいスタイル別テーマ例の一つは、「自由発想型」のテーマ例です。

グループワークの「自由発想型」のテーマ例には、会社の存在価値とはどのようなものか、といったメンバー全員が納得できる結論をいかにして出すかを見るためのものがあり、このテーマの場合何故この結論に至ったのかを詳しく説明することで、高い評価を得ることができるでしょう。

就活生は再確認しておきたいグループワークの流れ

就活生の人に再確認しておいてもらいたいグループワークの4つの流れについて詳しく解説していきます。

就活生の人に再確認しておいてもらいたいグループワークの流れには、チームメンバーのチェック・自己紹介、役割分担・時間・テーマの確認、ディスカッション、まとめる・発表といったものがあり、その時々で有効な立ち回り方がありますので研究を怠らないようにしてください。

  • チームメンバーのチェック・自己紹介
  • 役割分担・時間・テーマの確認
  • ディスカッション
  • まとめる・発表

チームメンバーのチェック・自己紹介

就活生の人に再確認しておいてもらいたいグループワークの最初の流れは、チームメンバーのチェック・自己紹介です。

グループワークにおいてチームメンバーがどういった人達がいるかをしっかりと把握しておくことは必須事項ですので、短い時間でチームメンバーの特徴を頭に入れる練習をあらかじめしておくことをおすすめします。

役割分担・時間・テーマの確認

就活生の人に再確認しておいてもらいたいグループワークの二番目の流れは、役割分担・時間・テーマの確認です。

グループワークでは採用担当者の人にアピールできる役割を果たせるかが非常に重要になってきますので、他の人と衝突をしない範囲で積極的に重要な役割に立候補するようにしてください。

ディスカッション

就活生の人に再確認しておいてもらいたいグループワークの三番目の流れは、ディスカッションです。

ディスカッションはグループワークにおける本番であり、ここでの立ち回りが選考結果に大きく影響してきますので、採用担当者の人へのアピールとチームメンバーへの配慮をバランスよく行うことを心がけるとよいでしょう。

まとめる・発表

就活生の人に再確認しておいてもらいたいグループワークの最後の流れは、まとめる・発表です。

グループワークの最後に結論を発表する役割は採用担当者の人からもっとも注目を集めるため、アピールをするには極めて有効だと言えますので、積極的にこの役割に挑戦していくことをおすすめします。

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い5つの理由

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い5つの理由について詳しく解説していきます。

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い理由には、正解がわからない、評価視点がわからない、意見・内容がまとまらない、人見知り、緊張と不安といったものがあり、逆に言えばこれらにきちんと対処できればグループワークに対応できると言えます。

  • 正解がわからない
  • 評価視点がわからない
  • 意見・内容がまとまらない
  • 人見知り
  • 緊張と不安

正解がわからない

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い理由の一つは、正解がわからないことです。

グループワークは正解が決まっているテストではないため、決められた答えを導き出す課題だけでなく、まだ見つかっていない答えを発見する課題に慣れておく必要があります。

評価視点がわからない

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い理由の一つは、評価視点がわからないことです。

グループワークでどのような立ち振る舞いをすれば評価されるかわからない場合、どうしても不安になってしまいますが、これに関しては何回もグループワークを経験することで評価される立ち回りを体得することができるでしょう。

意見・内容がまとまらない

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い理由の一つは、意見・内容がまとまらないことです。

グループワークに慣れていないと時間内に意見や内容がまとまらないという事態はよく起こりますが、これは時間内に意見や内容をまとめる練習を繰り返し行い、グループワーク用の時間感覚を身に着けることで解決することが可能だと言えるでしょう。

人見知り

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い理由の一つは、人見知りであることです。

グループワークは全く知らない人達といきなり協力して課題を行う必要があるため、人見知りの人にはハードルが高いと言えますが、むしろグループワークを人見知りを直す機会と捉えるような前向きの姿勢が就活には求められます。

緊張と不安

グループワークに苦手意識を持つ就活生が多い理由の一つは、緊張と不安があることです。

グループワークは就活の課題の中でも特殊なため、どうしても緊張や不安がつきまといますが、それを克服することも社会人になるためには必要なことですので、社会に出るための訓練だと思って克服を目指してみてください。

就活でグループワークを勝ち抜くには積極性と協調性が鍵

就活でグループワークを勝ち抜くためには自分をアピールする積極性とチームメンバーをサポートする協調性の両方が必要ですので、練習を繰り返してこの二つをしっかりと発揮できるようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事