就活で初めて封筒を書くけど書き方がわからない!失敗しないコツと必須道具を紹介!

就活の時に使う封筒の書き方について解説をしていきますので就活の時に使う封筒の書き方がよくわからないという人は参考にしてみてください。

封筒の書き方で好印象を得よう

就活をしている人が志望する会社に履歴書を封筒に入れて時、普段は手紙を書くことがないので正しい封筒の書き方がどういったものなのかわからなくて戸惑ってしまうというケースは多いと思います。

ここでは就活で初めて履歴書を送る封筒を書く人でも失敗することがないよう封筒の書き方をしっかりと解説していきますので、これから就活で履歴書を送るために封筒を書く予定があるという人は是非読んでみてください。

また就活のための履歴書を送る封筒の書き方だけでなく封筒自体の選び方や封筒を書くためのペンの選び方等についても解説していきますので、履歴書を送る封筒の書き方について総合的な知識を身に着けたいという人は読んでみることをおすすめします。

特に履歴書を送るための封筒の選び方に関しては間違えてしまうと履歴書を志望する会社の採用担当者の人に読んでもらう以前に好感度が下がってしまうということも起こり得ますので、あらかじめしっかりと確認しておくことを強くおすすめします。

封筒の書き方のポイント

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方には封筒自体の選び方や封筒に字を書くためのペンの選び方など様々な注意点がありますが、そういった注意点の中でも特に気をつけてもらいたい3つのポイントについて詳しく解説をしていきます。

就活で志望する会社に履歴書を送る際、封筒の表面と裏面の両方を書かなければなりませんが、封筒の表面の書き方の重要なポイントと封筒の裏面の書き方の重要なポイントをそれぞれ解説していきますのでこれから履歴書を送るための封筒を書く予定があるという人はあらかじめ読んでおいてください。

また履歴書を送る封筒の書き方の中でも特に重要なポイントである字をどれくらいの大きさで書けばいいのかということについても解説していきますので、履歴書を送る封筒に書く字はどの箇所をどれくらいの大きさで書けばいいのかよくわからないという人や履歴書を送る封筒を書いたことはあるけど正しい大きさで字を書けていたかどうか不安だという人は是非参考にしてみるとよいでしょう。

封筒の表面を書く方法

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方でまずしっかりと把握しておかなければいけないのが、就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の表面をどのように書けばいいのかということです。

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒において封筒の表面とは志望する会社の採用担当者の人に一番最初に見られるところであり、ここでなんらかの間違いを犯してしまうと封筒を開ける前から悪い印象を持たれてしまい、その後の就活が上手くいかなくなってしまうことも十分に考えられます。

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方の具体的な書き方ですが、まず表面の住所は市区町村等から書かずちゃんと都道府県から書きましょう。

ここを省略してしまうと志望する会社の採用担当者の人にきちんとした手順を踏まないだらしない性格であるという印象を与えてしまいます。

またそれと同様に住所の『丁目』や『番地』なども省略することなくしっかりと書きましょう。

履歴書の送り先となる会社の社名は(株)とせずにきちんと『株式会社』と書き、また送り先の部署や採用担当者の人の名前は封筒の中央に書くのが正しい書き方です。

そして特に重要なのが封筒の左側に書く『応募書類在中』の文言です。

これは送り先となる会社の人が封筒の中になんの書類が入っているのか一目でわかるようにするための配慮ですので、赤いペンを使って不自然にならない程度に大きな文字ではっきりと読みやすい字で書くようにしてください。

封筒の裏面を書く方法

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方で表面の書き方と同様に重要になってくるのが、就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の裏面をどのように書けばいいのかということです。

封筒の裏面は表面ほど目立つというわけではありませんが、それでも就活のマナーに厳しい会社の場合封筒の裏面の書き方においてもなんらかのミスがないかどうかしっかりとチェックされますので、丁寧にしっかりと書くようにしましょう。

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の裏面の書き方で特に注意しておいた方がいいポイントとしては封筒の裏面を書く時と同様に住所の都道府県や『番地』、『丁目』といった通常であれば省略してしまっているものを省略せずにきちんと書くということが挙げられます。

また忘れてしまいがちなポイントとして封筒の裏面の左上に履歴書を志望する会社に郵送する日付をしっかりと記入しておくというものがありますので、封筒の裏面を書き終えてチェックをする際は絶対に見落とさないようにしましょう。

全てのチェックを終えて封筒に封をする際ですが、テープを使って封をすることは剥がれやすいという点からNGとなっています。

封筒に封をする際はのりをしっかりとつけ、また封をした後は封をした箇所に〆と書く〆印か封をした箇所に印鑑を押す割印のどちらかを行ってください。

〆印と割印に関してはどちらを使ってもマナーとしては正しいので、自分に合ったものを行うようにしましょう。

字の大きさに注意

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方で志望する会社の採用担当者の人の印象を大きく左右してしまう可能性があるのが封筒に書かれている字の大きさです。

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の字の大きさをどのように変えていけばよいのかについてですが、まず封筒の表面に関しては相手先の名前を一番大きく書くようにしてください。

相手先の名前が封筒の中央に収まっているのがもっともバランスがよく見えますので、会社名や部署名、担当者の人の名前など書かなければいけないもの全体の長さを把握した上でできるだけバランスよく書くようにするとよいでしょう。

また封筒の裏面に書く差出人欄の字の大きさについてですが、これは封筒の表面に書く相手先の住所よりもやや小さい字で書くことを心がけてください。

封筒の裏面の差出人欄の字があまりにも大きいと悪い意味で目立ってしまう可能性が高いので、もしも大きく書きすぎてしまった場合は別の封筒に改めて書くことをおすすめします。

封筒の選び方のポイント

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の選び方において気をつけてもらいたい具体的なポイントについて詳しく解説をしていきますので、これから就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒を買う予定があるという人は是非参考にしてみてください。

まず第一に封筒の色についてですが、これに関しては絶対的に白をおすすめします。

一般的にビジネス用の封筒というと茶色の封筒というイメージがありますが、茶色の封筒よりも清潔感のある白い封筒の方が会社の採用担当者の人の印象はよくなります。

また茶色の封筒で履歴書を送った場合、その他の書類と混ざってしまう危険性が出てきますので、そういったケースを裂けるためにも履歴書を送る際の封筒は白いものを使うようにしてください。

また封筒の種類は大きく分けて和封筒と洋封筒がありますが、就活で使用する封筒はほぼ全てが和封筒であり、洋封筒が使用されるケースというのはまずありません。

就活で洋封筒を使用するデメリットはあってもメリットはまずないと考えられますので、就活の際は必ず和封筒を使用しましょう。

封筒のサイズの選び方

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方の中でも基本かつ重要になってくるのが封筒のサイズの選び方です。

履歴書を送る時の封筒の書き方を知らない人の場合、小さめの封筒に履歴書を折って入れてしまうことがありますが、就活のマナー上これは正しいとは言えません。

確かに小さめの封筒が付属している履歴書も販売されてはいますが、折り目がついている書類と折り目がついていない書類では見栄えがいいのはもちろん後者です。

そのため就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒のサイズの選び方ですが、履歴書をゆったりと入れることができるA4サイズのものを選ぶのがベストです。

また封筒に履歴書を入れる際はそのまま入れてしまうと急な雨や封筒に水をこぼしてしまうといったアクシデントによって中の履歴書が駄目になってしまう可能性がありますので、履歴書をクリアファイルに入れた上で封筒に入れるとそういったアクシデントを避けられるだけでなく、志望する会社の採用担当者の人の印象もよくなります。

封筒の書き方が解らない就活生も多い

最近はテレワークを導入する企業も増えており、仕事で封筒を書く機会というのは減る一方となっています。

だからといって封筒を書く際のマナーをおろそかにするというのは社会人としてあってはならないことです。

特に就活の場においては社会人として必要な基本的なマナーをしっかりと守れるかどうかが極めて重要になってきますので、当然履歴書を送る際の封筒の書き方もマナーに則った正しいものである必要があります。

就活生の中には就活で初めて正式な封筒の書き方を勉強することになったので中々上手く書くことができないという人も多くいますので、もし可能であれば日頃からきちんとした手紙を書く習慣をつけておくと就活の時でもきちんとした封筒を書くことができ、就活をスムーズに進めることができるのでおすすめです。

封筒の書き方でリードしよう

就活において重要になってくるのが他の志望者といかにして差をつけるかということです。

就活の際、会社の採用担当者の人は志望者の一挙手一投足を厳しい目でチェックしていますので、ちょっとしたマナーのミスによって不合格になる、また逆に些細なマナーでも正しく実行できたことによって合格するといったことが自然と起こってきます。

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方というのは慣れている人の方が少なく、つまり他の人と差をつけやすい分野であるということです。

たかが封筒の書き方と思う人もいるかと思いますが、封筒の色やサイズ、送付先の住所の書き方や字の大きさのバランス、封の方法や中に入れる書類の順番に至るまで数多くのマナーがあり、それらを完璧にこなすというのは決して簡単なことではありません。

逆に言えばそれらを完璧にこなすことができれば他の志望者と比べて一歩有利になったということですので、就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方を勉強する時間をしっかりと取り、納得が行くまで練習を繰り返すことをおすすめします。

封筒を書く時のマナー

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方で守らなければいけないマナーについて総合的にまとめた内容を詳しく紹介していきますので、封筒の書き方についておさらいをしたいという人はしっかりと確認しておくことをおすすめします。

また就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方だけでなく履歴書を実際に受け取る側である人事担当者のリアルな意見や添え状の書き方のマナーについても詳しく解説していきますので目を通しておくとよいでしょう。

特に人事担当者の意見に関してはここでよいとされていることを行い、NGとされていることを行わないことで志望する会社への就職が大きく近づくと言えますので、きちんと読んだ上でそれらを実践できるよう徹底して練習を行ってください。

受け取る人が気持ちよく受け取れるように書こう

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方のマナーが何を目的としているかについてですが、言ってしまえば志望する会社の採用担当者の人に気持ちよく受け取ってもらえることに集約されます。

その目的を達成するために重要なのは封筒の書き方のマナーをしっかりと覚えて実践することももちろんですが、同時に受け取る側の立場になってどういった履歴書であれば気持ちよく受け取ることができるのかを考えることも同じくらい重要になってきます。

自分が受け取る側の立場であればこういった履歴書は気持ちよく受け取れる、また気持ちよく受け取れる履歴書はどうすれば書けるのか、といったことを考えられるようになれば自然と志望する会社の採用担当者の人によい印象を持ってもらえる履歴書や封筒が書けるようになるでしょう。

またどれだけしっかりとマナーが守れていたとしても自分自身の内面が伴っていなければ就活は困難なものになりますので、自分の能力や人格等もしっかりと磨くことを心がけてください。

人事担当者の声

会社で実際に採用を担当している人事担当者のリアルな意見について調査し、まとめましたので人事担当者は履歴書のどういったところをチェックしているのか知りたいという人は是非参考にしてみるとよいでしょう。

履歴書やそれを送るための封筒の書き方についての人事担当者の意見で特に多かったのが、字が汚いことは明確なマイナスポイントになるという意見です。

パソコンやスマホを使ったやり取りが著しく増大している現代であっても、まだまだ自分で文字を書かなければいけない機会というのは存在します。

そんな時に上手な字を自然に書くことができればそれだけで好印象を持ってもらえることは間違いありません。

もちろん字を書くのがどうしても苦手という人もいますので、そういった人は時間をかけて可能な限り丁寧な字を書くことを心がければその熱意は確実に人事担当者に伝わることでしょう。

添え状の書き方

履歴書を書く際の添え状の書き方は就活をしている人にとって非常に気になってくる問題だと思います。

添え状とは送付状ともいい、誰がどんな書類をどのような目的で送ったのかということを端的に示すための書類になります。

添え状の書き方において守らなければならないポイントは7つあり、送付した年月日を添え状の右上に記載すること、宛先を書くこと、書類を作成した人間の氏名と連絡先を記載すること、頭語と時候の挨拶を書くこと、文章を結語で終わらせること、同封した書類の種類と枚数を記載すること、文章の最後を『以上』で終わらせること、となっています。

添え状は履歴書を志望する会社に送る際に必ず必要なものではないとされているのですが、もちろんあった方が採用担当者の人の印象はよくなりますので、就活の際は添え状の書き方をしっかりと勉強して必ず添え状を履歴書につけるようにしましょう。

封筒を書くためのペンはどのように選べばよい?

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒の書き方で封筒の選び方と同様に重要になってくるのが就活のマナーに則った封筒を書くためにはどういったペンを選べばいいのかということです。

封筒を書くためのペンはどんな種類のものを選べばいいのかについてやペンの太さはどのくらいのものを選べばいいのか、また封筒を書く際に選んではいけないペンの実例についても詳しく解説していきますので、履歴書を送る時の封筒を書くペン選びで絶対に失敗したくないという人は是非参考にしてみてください。

ペンというとごく日常的な道具なだけについその辺にあるもので書いてしまえばいいとなりがちですが、就活は人生を左右する極めて重大なイベントである以上、履歴書の封筒を書くペンの選択もまた慎重に行うことを強くおすすめします。

黒の油性サインペンを使おう

就活で志望する会社に履歴書を送る時の封筒を書く際に選ぶべきなのは黒の油性サインペンです。

まず色についてですが、当然ながら黒以外の色で履歴書を送る封筒を書くのはNGです。

ただ例外として封筒の表面に書く『履歴書在中』の文字に関しては黒ではなく赤のペンで書くことが正しいマナーとされていますので、間違えないように注意する必要があります。

次に油性サインペンである理由ですが、これは水に濡れてインクが滲んでしまうことを防ぐためです。

封筒は配達中に雨で濡れてしまうという可能性も十分ありますので、そういった時にインクが滲んで読めなくなってしまわないよう必ず油性のサインペンを使うようにしましょう。

また黒の油性サインペンはどのくらいの太さのものを使えばいいのかについてですが、これに関しては明確な決まりはないもののあまり太いものだと読み辛くなってしまう場合がありますので中か細、あるいは0.5から0.7ミリ程度の太さのものを選んでおくのが無難です。

最後に履歴書を送る封筒を書く際に使うべきではないペンについてですが、まずボールペンは文字が細くなりすぎてしまうためよくありません。

逆にマジックでは文字が太くなりすぎてしまいますし、筆ペンは丁寧な印象はあるものの履歴書の封筒を書くのに用いるのは一般的ではありません。

珍しいケースですが万年筆を普段使っているという人の場合、万年筆のインクは水性のため履歴書の封筒を書くのには向いていないと言えます。

会社に提出する封筒で他の就活生にリードしよう

就活において履歴書を送る封筒とは志望する会社の採用担当者の人にまず最初に見られるものであり、その後の就活を左右しかねない非常に大事な要素です。

封筒の書き方というと大したことがないように思えますが、完璧に実践できる人というのは実のところ多くありませんので、正しい封筒の書き方をしっかりと身に着けることができれば就活において間違いなく有利になることでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事