就活でネイルはダメ?好印象のネイルや隠し方、NGな業界も紹介!

就活でネイルをするのが駄目な理由やネイルに関する豆知識について解説していきますので、就活中もネイルがしたいと思っている人は読んでみてください。

就活ではネイルも意外と見られてる

ネイルは今や女性のおしゃれとして完全に定着していますが、就活の際にネイルをすることは一般的にあまりいい印象を持たれません

ここでは就活の時にネイルをしてはいけない理由や就活の時にお気に入りのネイルを隠す方法、また就活でネイルが絶対NGな業界の情報についても詳しく解説をしていきますので、

ネイルを楽しみつつ就活もしっかりと頑張っていきたいと考えている人は是非読んでみることをおすすめします。

どうして?就活でネイルがダメな理由

就活の時にネイルをしてはいけない理由の中から代表的な2つの理由をピックアップして詳しく解説をしていきます。

普段からネイルを楽しんでいて就活の時もネイルをしたままでいたいという人も多いと思いますが、これから解説する2つの理由の内容を知ってもらえば納得できると思います。

就活でネイルができないことがどうしても納得いかないという人は、何故就活の時にネイルをしてはいけないのかという理由についてしっかりと理解した上で行ってみるとよいでしょう。

  • ビジネスシーンに相応しくない
  • 常識がないと判断されることもある

ビジネスシーンに相応しくない

就活の時にネイルをしてはいけない理由の一つはビジネスシーンに相応しくないとみなされるからです。

一般的にネイルというのは女性の指先を華やかにするものであり、アクセサリーと同じ扱いになってしまいます。

ビジネスシーンにおいては基本的に華美なものを身に着けるのは厳禁ですので、結果として就活の時もネイルをするのは多くの場合でNGとなっています。

ネイルが好きな人の場合納得が行かないかもしれませんが、やはり就活の場ではビジネスの場に相応しいと判断される人間になることが求められますので、ネイルをしないで就活を行うのが無難だと言えます。

常識がないと判断されることもある

もしも就活の時にネイルをしたままだと常識がないと判断されてしまう可能性もあります。

就活における常識の範囲は曖昧なところも多く、中々線引きをするのが難しいのですが、他の人と比べて目立ってしまいそうなことは極力避けるというのが基本になってきます。

ネイルは確かにファッションとして一般的になってはいますが、まだまだビジネスの場において認められているとは言い難いので、就活の時もネイルは可能限りしないようにしてください。

就活で好印象を与えるネイルとは?

就活の時にネイルをするのは基本的にNGですが、では就活の時に評価が高くなる指先とはどういうものかについて詳しく解説をしていきますので、面接の時に採用担当の人から好印象を持ってもらえる指先にしたいと思っている人は目を通してみることをおすすめします。

就活の時に評価が高くなる指先には具体的に3つのポイントがあり、それらを守ることによって面接の際の印象は確実に高くなりますので、面接で中々結果が出せないという人も是非読んでおくとよいでしょう。

  • 短く切りそろえられている
  • ツヤのある健康的な指先
  • 形はナチュラルなラウンドカット

短く切りそろえられている

就活の時に評価が高くなる指先のポイントの一つは爪が短く切りそろえられていることです。

長く伸ばしたままの爪は見た瞬間に悪い印象を受けますし、また人の肌に触れた時に傷をつけてしまう可能性もあります。

また長く伸ばしたままの爪は汚れがたまりやすくなるなど衛生的に考えてもよくありませんので、メリットはほぼないと言えます。

就活に限らず日頃から爪を短く切りそろえる習慣をつけておくことで自然と清潔感が出て面接の時の印象もよくなるでしょう。

ツヤのある健康的な指先

就活の時に評価が高くなる指先のポイントの一つは指先をツヤのある健康的な状態に保っておくことです。

これはネイルをするということではなく、爪を切った後に爪やすりで磨いたり、爪の表面を爪磨きで磨くといったケアを行うことを指します。

また爪のケアだけを行うのではなくネイルサロンに行って爪と肌の接点のところを処理してもらえばより魅力的な指先になりますので、就活の時に採用担当の人に少しでも好印象を持ってもらいたいと思っている人は是非実践してみてください。

形はナチュラルなラウンドカット

就活の時に評価が高くなる指先のポイントの一つは爪の形をナチュラルなラウンドカットにすることです。

爪の形にこだわりのある人の場合、爪が極端に尖っていたり、また角張っていたりするケースもあるかと思いますが、そういった特殊な形をした爪だとどうしても他の人と比べて目立ってしまいます。

就活においては他の人よりも目立ってしまうことはマイナスに働くことも多いので、就活の時は爪の形をできるだけ自然なものにしておくことで好印象に繋がりやすくなります。

就活でお気に入りのネイルを隠す方法

就活の時にどうしてもお気に入りのネイルをしたいという人のために就活の時に使えるネイルを隠すテクニックについて詳しく解説していきますので、ネイルをしないで生活するなんて考えられないと思っている人は是非目を通してみることをおすすめします。

ここではカモフラネイル、ネイルシール、ネイルコンシーラー、ネイルチップの4つのテクニックを解説していきますので、それらの4つのテクニックの中から予算や手間も含めて自分に合うものを選択するとよいでしょう。

  • カモフラネイル
  • ネイルシール
  • ネイルコンシーラー
  • ネイルチップ

カモフラネイル

カモフラネイルは名前の通りネイルを自然な爪にカモフラージュするために作られたアイテムです。

カモフラネイルをネイルの上から塗ることによって派手な色のネイルであっても自然な色合いの爪にすることができ、ネイルをしたまま問題なく就活を行うことができます。

またカモフラネイルを剥がす場合ですが、お湯を使ってふやかして剥がすかまたはアルコールを使って剥がすことができますので、肌が弱いという人はお湯を使ってふやかして剥がす方法を選ぶとよいでしょう。

ネイルシール

ネイルシールは名前の通りネイルに貼るシールであり、この場合はネイルの上から貼ることによって自然な爪に見せかけるシールのことを指します。

ネイルシールは使い方もネイルの上から貼るだけと簡単で、また剥がすことですぐに元のネイルに戻せるので非常に手軽だと言えます。

ただ欠点としてシールである以上硬いものにあたると傷がついてしまったり、場合によっては破れてしまう可能性もあります。

また最悪の場合は完全に剥がれてしまって下のネイルが剥き出しになるということもあり得ますので、ネイルシールを貼っている時はそういったことがないよう注意する必要があります。

ネイルコンシーラー

ネイルコンシーラーはカモフラネイルと同様にネイルを通常の爪のように見せるためのアイテムです。

使い方もカモフラネイルと同じでネイルの上から塗るだけですが、ネイルコンシーラーの場合通常の爪に塗ることで爪自体を美しく見せることもできます。

ネイルを隠して就活をしたいという人はもちろん、爪をより美しくすることでいい印象を持たれたいという人にもおすすめのアイテムですので、就活をする際はあらかじめネイルコンシーラーを準備しておくことをおすすめします。

ネイルチップ

ネイルチップとはいわゆるつけ爪のことで、ネイルの上から自然な爪に見えるネイルチップをつけることでネイルを隠してしまおうという大胆な方法になります。

ネイルチップはネイルシールと比べると丈夫なため傷ついたり剥がれてしまう危険性は減るのですが、ネイルチップ自体の色をしっかり選ばないと明らかにつけ爪をつけているとわかってしまいますので、就活でネイルチップを使うのであればあらかじめ色をテストした上で使うようにしてください。

就活でネイル完全NGな業界もチェック!

就活の際にネイルが完全NGとなる5つの業界について詳しく解説していきますので、もしこれらの業界に就職することを目指して頑張っているという人は読んでおくことをおすすめします。

ネイルが完全NGとなる業界は医療業界、接客業界、飲食業界、金融業界、公務員の5つとなっており、これらの業界が何故ネイルを完全NGとしているかについて理解しておくことで業界に対する理解が深まり、就活においても有利になってくると考えられますので是非目を通してみてください。

  • 医療業界
  • 接客業界
  • 飲食業界
  • 金融業界
  • 公務員

医療業界

就活をする際にネイルが完全NGとなっている業界の一つが医療業界です。

医療業界において何よりも大事になってくるのが衛生面ですので、爪に直接塗料を塗るネイルが就活において受け入れられないことはごく当たり前のことだと言えます。

またネイルが患者さんに接触することでアレルギーなどの患者さんにとってよくない症状を引き起こしてしまうという可能性もありますので、医療業界で働くことを目指して就活をするのであれば就活の際は絶対にネイルはしないよう注意してください。

接客業界

就活をする際にネイルが完全NGとなっている業界の一つが接客業界です。

接客業界においてお客様からいい印象を持ってもらえるかどうかはもっとも重要な要素の一つとなっていますので、お客様にほんの少しでも不快感を与える可能性のあるものは徹底的に排除しなければなりません。

ネイルは世間にある程度受け入れられているとはいえ、お客様によっては不快に思われる場合もありますので、接客業界を志望するのであればネイルをしたまま就活をするのはやめましょう。

飲食業界

就活をする際にネイルが完全NGとなっている業界の一つが飲食業界です。

飲食業界においては清潔感が何よりも重要になってきますので、身だしなみに関しては徹底的に整えなければいけませんし、少しでも不衛生だと感じられる点があれば即マイナスの印象を持たれてしまいます。

またネイルをした状態で調理をしてしまった場合ネイルの塗料が料理に入ってしまうということも考えられますので、飲食業界での就活の際にネイルが受け入れられることはまずないと言えます。

金融業界

就活をする際にネイルが完全NGとなっている業界の一つが金融業界です。

金融業界はお客様から信用を得ることで業務が成立していると言っても過言ではありませんので、お客様に自分が信用できることを示す服装をすることが第一となってきます。

もちろんネイルをしているからといってそれがそのまま信用できないことに繋がるという訳ではありませんが、やはり一般的な傾向として派手な格好をしている人よりも落ち着いた格好をしている人の方が信用はされやすい傾向にありますので金融業界を目指しているのであれば就活の時はネイルを控えるようにしてください。

公務員

就活をする際にネイルが完全NGとなっている業界の一つが公務員です。

公務員の就活の場合一般の企業よりも更に目立たず、落ち着いた服装や態度が要求されますので、ネイルをしたまま就活をした場合採用担当の人の印象は確実にマイナスの印象になってしまうでしょう。

ネイルを隠すためのテクニックを使って就活をすることもできますがそれも絶対ではありませんので、ネイルをしていることがばれてしまうリスクを背負ってまで隠すことのメリットはないと言えます。

ネイルに関する豆知識

就活におけるネイルの3つの豆知識について詳しく解説していきますので、就活でネイルをする時の使える知識が知りたいという人は読んでみるとよいでしょう。

就活におけるネイルは基本的にNGとなっていますが、それも会社の社風や業界の雰囲気によって左右されるものです。

きちんと状況を見極めれば就活でネイルをすることが可能になるケースもありますので、絶対にネイルをしたまま就活がしたいのであればここで解説する豆知識を頭に入れた上で就活をしてみてください。

入社後ネイルがOKな業界もある

就活におけるネイルの豆知識の一つは就活後にネイルがOKになる業界もあるということです。

例えばネイルにも関連がある美容業界やアパレル業界といった業界であれば就活が終わってしまえばネイルをしたまま出勤しても大丈夫という会社も多く存在します。

もしどうしてもネイルをしたまま仕事がしたいのであればそういった業界を目指してネイルをしないで就活し、就活が終わったら晴れてネイルをしたまま仕事をするといったプランを立てることも検討してみてください。

就活でネイルをするならピンクやベージュがおすすめ

就活におけるネイルの豆知識の一つは就活でネイルをするならピンクやベージュといった落ち着いた色がおすすめということです。

ピンクやベージュのネイルはそもそも本来の爪の色に近く、そういった色であれば業界によっては採用担当の人の印象が悪くなることもないでしょう。

ただし色の選択を間違えて少しでも派手な色のネイルにしてしまうと途端にマイナスの印象を与えてしまう危険性がはね上がりますので、就活でネイルをする時は落ち着いた色を選ぶことを忘れないようにしてください。

就活では派手なネイルは当然NG!ささくれ・手荒れも要注意

就活におけるネイルの豆知識の一つは派手なネイルがNGなのは当然としてささくれや手荒れにも注意が必要だということです。

就活において手というのは案外見られるポイントであり、手にささくれや手荒れがあったりすると健康管理のできない人だとみなされ、マイナスの評価を受けることになってしまいます。

派手なネイルにしないのはもちろんですが、食生活に気をつけたり手の保湿をしっかりと行うことで常に健康的な手を保つように心がけてください。

就活で印象アップさせるネイルケアの方法

 

就活で採用担当の人の印象をアップさせるネイルケアの方法を4つ紹介していきますので、どうやったら美しい爪を手に入れられるのか知りたいという人は是非目を通してみてください。

印象をアップさせるネイルケアの方法として爪磨きで表面を磨く、ネイルオイルで自分の爪をケアする、ハンドクリームで手全体の保湿を行う、手のムダ毛処理を行うという4つの方法がありますが、これらを全て行えば手の美しさにおいて間違いなく他の志望者に差をつけることができるでしょう。

  • 爪磨きで表面を磨く
  • ネイルオイルで自爪をケアする
  • ハンドクリームで手全体を保湿する
  • 手のムダ毛処理も忘れずに

爪磨きで表面を磨く

就活で採用担当の人の印象をアップさせるネイルケアの方法の一つは爪磨きで表面を磨くことです。

爪磨きで自分の爪の表面を磨くことでネイルとはまた違った本来持っている爪の美しさを最大限に引き出すことができます。

自然な美しさの爪というのは採用担当の人からも間違いなく好印象ですし、マイナスのイメージを持たれることはまずないと言えますので、就活の時に面接でいい印象を持たれたいのであればまずは爪磨きで自分の爪を磨き上げてみることをおすすめします。

ネイルオイルで自爪をケアする

就活で採用担当の人の印象をアップさせるネイルケアの方法の一つはネイルオイルで自分の爪をケアすることです。

爪は肌と同じで乾燥することによって傷んでしまいますので、ネイルオイルを塗ってケアをすることで潤いのある美しい状態を保つことができます。

健康的な外見を保つというのは社会人に必要不可欠な能力の一つですので、それを示すためにも積極的にネイルオイルを使って自分の爪の状態を維持するようにしましょう。

ハンドクリームで手全体を保湿する

就活で採用担当の人の印象をアップさせるネイルケアの方法の一つはハンドクリームを使って手全体を保湿することです。

爪を美しく健康的な状態に保つのはもちろん重要ですが、だからといって手そのもののケアを怠っていいという訳ではありません。

手が荒れていたりささくれがあったりすると健康状態を維持する能力に欠けるとみなされ、採用担当の人からマイナスの評価をつけられてしまう可能性がありますので特に寒い時期の就活の際はハンドクリームをしっかりと塗って美しい手をキープするようにしてください。

手のムダ毛処理も忘れずに

就活で採用担当の人の印象をアップさせるネイルケアの方法の一つは手のムダ毛処理をしっかりと行うことです。

これは直接ネイルケアとは関係ありませんが、やはり手にムダ毛が生えているとどうしても見た目の印象が悪くなってしまいます。

ムダ毛は毎日伸びるものなので小まめに処理するのも大変だとは思いますが、就活が人生を左右するイベントである以上少しでも高い評価を得るために手のムダ毛の処理はしっかりと行うことをおすすめします。

就活のネイル事情は業界によって異なる

就活におけるネイル事情は志望する企業はもちろん業界によっても大きく左右されます。

最近は私服での就活を認める会社も増えてきており、就活の自由度が増すに従ってネイルをしたままで就活をすることを認める会社も増えてくると考えられます。

とはいえまだまだ就活においてネイルは認められているとは言い難い状況ですので、就活の時にネイルをするのであればできるだけ目立たない色のものを選ぶか、あるいはネイルを隠すためのアイテムを使った方が安全だと言えるでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事