【就活】会社に電話をかけて失礼じゃない時間帯は?NG時間とマナーも紹介!

就活で会社に電話をかけてもいい時間帯は何時頃なのか解説しますので、就活をしていてどの時間帯に会社に電話をかければいいか知りたい人は参考にしてください。

【就活】会社に電話をかけて失礼じゃない時間帯は?NG時間とマナーも紹介!

就活をしていると志望する会社に電話をかける機会は多いと思いますが、どの時間帯に電話をかければいいのかわからず不安になることもあるかと思います。

ここでは就活で志望している会社に電話をかける際の電話をかけてもいい時間帯と電話をかけてはいけない時間帯について詳しく解説をしていきますので、就活における電話のマナーについてしっかりとした知識を身に着けたいという人は参考にしてみることをおすすめします。

就活で会社に電話をかけていい時間帯

就活で会社に電話をかけてもいい3つの時間帯について詳しく解説をしていきます。

会社に電話をかけてもいい時間帯には10:00~12:00、14:00~16:00、企業から指定された時間帯の3つの時間帯があり、これらの時間帯のどれかに電話をすれば問題ありません。

またこれらの時間帯が何故電話をかけてもいい時間帯なのかについても解説していきますので就活をするのであれば是非目を通してみてください。

  • 10:00~12:00
  • 14:00~16:00
  • 企業から指定された時間帯

10:00~12:00

就活で会社に電話をかけてもいい時間帯の一つは10:00~12:00です。

この時間帯に電話をかけてもいい理由としては既に社員の出社が終わって業務が始まっており、またお昼の休憩に入る時間でもないことが挙げられます。

とはいえ会社によってはお昼の休憩を早めに取る場合もありますので、電話が長くなりそうな要件の場合は12時近くに電話をするのは避けた方が無難だと言えます。

14:00~16:00

就活で会社に電話をかけてもいい時間帯の一つは14:00~16:00です。

この時間帯に電話をかけてもいい理由としてはお昼の休憩が終わって午後の業務が始まっており、また退社の時間まで余裕があることが挙げられます。

この時間帯であれば電話をして問題になることはほぼないと考えられますので、急ぎの要件でないのであればなるべくこの時間帯に電話をするようにしてください。

企業から指定された時間帯

就活で会社に電話をかけてもいい時間帯の一つは企業から指定された時間帯です。

この時間帯に電話をするのであればトラブルになる可能性はまずないと言ってよく、会社に電話をするのにもっとも安全な時間帯だと言えます。

ただ気をつけなければいけないのは企業から指定された時間帯を間違えて電話してしまうと一気に相手の印象が悪くなってしまいますので、電話をするように指定された時間帯は絶対に間違えないようにしてください。

就活で会社に電話をかけてはいけない時間帯

就活で会社に電話をかけてはいけない4つの時間帯について詳しく解説をしていきます。

会社に電話をかけてはいけない時間帯には9:00以前、9:00~10:00、12:00~13:00、16:00以降の4つの時間帯があり、これらの時間帯のどれかに電話をしてしまうと印象が悪くなってしまいますので絶対に電話をしないようにしてください。

またこれらの時間帯が何故電話をかけてはいけない時間帯なのかについても解説していきますので知識と知っておけば就活において役に立つでしょう。

  • 9:00以前
  • 9:00~10:00
  • 12:00~13:00
  • 16:00以降

9:00以前

就活で会社に電話をかけてはいけない時間帯の一つは9:00以前です。

この時間帯に電話をかけてはいけない理由としてはほとんどの会社がまだ業務を開始しておらず、電話の対応ができる人がいないことが挙げられます。

たとえ9:00以前に業務を開始していることがわかっていたとしてもこの時間帯に電話をかけるのは基本的にNGですので、会社からとにかく朝早くに電話をしてほしいといった指示がない場合は電話をしないようにしてください。

9:00~10:00

就活で会社に電話をかけてはいけない時間帯の一つは9:00~10:00です。

この時間帯に電話をかけてはいけない理由としてはまだ社員が出社してきたばかりで業務が始まっておらず、場合によっては朝礼などの最中であることが挙げられます。

会社によっては電話の対応をしてくれる場合もあると思いますが間違いなく印象はよくありませんので、この時間帯に電話をすることは避けてください。

12:00~13:00

就活で会社に電話をかけてはいけない時間帯の一つは12:00~13:00です。

この時間帯に電話をかけてはいけない理由としては多くの会社の場合お昼休憩の時間であり、電話に出てもらえる可能性が低いことが挙げられます。

この時間帯であっても電話番として残っている社員に対応してもらえる場合もありますが、マナーがいいとは言えませんのでこの時間帯に電話をするのは避けた方が安全です。

16:00以降

就活で会社に電話をかけてはいけない時間帯の一つは16:00以降です。

この時間帯に電話をかけてはいけない理由としては退社の時間が近づいており、業務を終了するための作業に入っていることが挙げられます。

この時間帯に電話をかけてしまうと退社の時間が遅くなってしまい、電話に出てくれた社員の気分を害してしまう可能性がありますのでこの時間帯に電話をすることは控えましょう。

もしもしはNG!時間と合わせて知りたい就活の電話のかけ方

就活で会社に電話をかける際に守らなければならない6つのポイントについて詳しく解説していきます。

就活で電話をかける場合は電話の前に筆記用具・メモを用意する、最初に挨拶・名乗りをする、用件を伝えて取次依頼をする、時間を確認する、日時や電話番号などは復唱する、相手が電話を切ったら切るといった細かなマナーを守らなければいけませんので、電話をかける時間帯を確認するだけでなくこれらのマナーについてしっかりと確認をした上で会社に電話をかけるようにしてください。

  • 電話の前に筆記用具・メモを用意する
  • 最初に挨拶・名乗りをする
  • 用件を伝えて取次依頼をする
  • 間を確認する
  • 日時や電話番号などは復唱する
  • 相手が電話を切ったら切る

電話の前に筆記用具・メモを用意する

就活で会社に電話をかける際に守らなければならないポイントの一つは電話の前に筆記用具・メモを用意することです。

電話の際にメモや筆記用具を用意していないともし電話の内容を忘れてしまった場合再度電話をしなければならず、自分だけでなく相手の時間も奪うことになってしまいます。

就活で会社に電話をかける時はメモと筆記用具を必ず準備すると共に電話をかける時間帯についても気をつけるようにしてください。

最初に挨拶・名乗りをする

就活で会社に電話をかける際に守らなければならないポイントの一つは最初に挨拶・名乗りをすることです。

就活で会社にかける電話は家族や友人への電話とは全く異なるものですので、「もしもし」などの言葉は絶対に使わないようにしましょう。

また緊張していると自分の名前を名乗ることを忘れてしまう場合もありますので、電話した際の名乗り忘れにはくれぐれも注意してください。

用件を伝えて取次依頼をする

就活で会社に電話をかける際に守らなければならないポイントの一つは用件を伝えて取次依頼をすることです。

就活で会社に電話をかける場合、採用担当の人が電話に出てくれるとは限りません。

そのため電話に出てくれた社員にきちんと要件を伝えて取次依頼をすることが重要になってきます。

また迷惑にならないよう電話をかける時間帯についてもあらかじめ気にしておくとよいでしょう。

時間を確認する

就活で会社に電話をかける際に守らなければならないポイントの一つは時間を確認することです。

これは電話をかけて迷惑にならない時間帯を選ぶだけではなく、会社から電話をするように指定された時間をしっかりと守ることも含まれます。

社会に出て仕事をする上で時間を守ることは基本中の基本ですので、たとえ電話であってもおろそかにはしないようにしてください。

日時や電話番号などは復唱する

就活で会社に電話をかける際に守らなければならないポイントの一つは日時や電話番号などは復唱することです。

電話でのやり取りの場合、どうしても聞いた内容が実は間違っていたという事態が起こってきますので、日時や電話番号などの重要な情報は復唱することを心がけてください。

またそれによって電話での対応がしっかりしているという印象を相手に与えられますので、就活において有利になると言えます。

相手が電話を切ったら切る

就活で会社に電話をかける際に守らなければならないポイントの一つは相手が電話を切ったら切ることです。

就活に限らず電話をかける時のマナーにおいて立場が下の人間が後から切ることは基本になってきますので、これができていないとマナーが身に着いていない人間だとみなされてしまいます。

それに加えて電話をする時間帯についても意識することを忘れないようにしてください。

時間以外も!就活生の電話のマナー

時間以外で気にしなければならない就活生の電話のマナーを3つ紹介していきますので、これから就活で会社に電話をする予定があるという人は読んでみることをおすすめします。

就活における代表的な電話のマナーには聞き取りやすいハキハキとした口調で話す、静かなところに移動する、折り返しは当日中に行うといったものがあり、これらを守ることができれば採用担当の人から間違いなく好印象を持ってもらえます。

  • 聞き取りやすいハキハキとした口調
  • 静かなところに移動する
  • 折り返しは当日中に

聞き取りやすいハキハキとした口調

時間以外で気にしなければならない就活生の電話のマナーの一つは聞き取りやすいハキハキとした口調で話すことです。

暗く聞き取り辛い口調で話してしまうと話の内容が伝わり辛いだけでなくコミュニケーション能力の低い人であるという評価を受けてしまいますので、可能な限り明るい口調で話すようにしてください。

静かなところに移動する

時間以外で気にしなければならない就活生の電話のマナーの一つは静かなところに移動することです。

騒音の多い場所で電話をすると会話の内容が上手く聞き取れずトラブルに発展することも考えられますので、就活で電話をする時はできるだけ静かなところに移動してから電話をするようにしましょう。

折り返しは当日中に

時間以外で気にしなければならない就活生の電話のマナーの一つは折り返しは当日中に行うことです。

どんな仕事であっても対応が素早ければ素早いほど評価は上がるものですので、なんらかの事情で会社からの電話に出られなかった場合は必ず当日中に折り返すようにしてください。

時間帯を気にせず使える!就活で知っておきたい電話以外の連絡方法

就活で時間帯を気にせずに使える電話以外の2つの連絡方法について詳しく紹介していますので、もしも電話以外の方法で連絡を取らなければならなくなった場合はどうすればいいか知りたいという人は読んでみることをおすすめします。

就活で使える電話以外の連絡方法には手紙やメールなどがあり、電話にはないメリットも存在しますので知っておくことで就活を有利に進めることができるでしょう。

  • 手紙
  • メール

手紙

就活で時間帯を気にせずに使える電話以外の連絡方法の一つは手紙です。

手紙は電話と比べて圧倒的に時間がかかるというデメリットがありますが、同時に電話よりもフォーマルな連絡方法であるというメリットもあります。

面接をしてもらった会社にお礼状を送ることで採用担当の人の好感度を上げるといったことも可能ですので、是非試してみてください。

メール

就活で時間帯を気にせずに使える電話以外の連絡方法の一つはメールです。

メールは時間もかからず、また送った内容が記録されるというメリットがありますが、電話と比べた場合カジュアルな連絡方法になってしまいますので使用する場面をしっかりと考える必要があります。

就活では電話をかける時間帯も配慮する

就活はありとあらゆる行動にマナーが求められる場ですので、電話をする時も相手の会社の迷惑にならないよう心を配る必要があります。

電話をかける時間帯一つで就活の結果が左右されることもありますので注意を怠らないようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事