就活が辛い!実際の内定者に辛い就活の乗り越え方を聞いてみた!

就活が辛い、やめてしまいたいと感じる学生は多いでしょう。

しかし、辛いからといって簡単にやめられるものでもありません。

今回の記事では、就活が辛い理由や対処法とともに、同じく就活で苦しんでいる人の声を調査しました。

Contents

就活が辛くなったら!

就活が辛いと感じたら、皆さんはどうしていますか?

就活は今まで体験したことがないエントリーシートの作成やSPI試験、面接など緊張する場面が多くあります。

それらを経て、内定が取れずに選考から落ちてしまったら「辛い」と感じるのは当たり前のことでしょう。

しかし、辛いという気持ちをそのままにしておいても希望の企業に入社することはできません。

今回は、就活が辛いと感じたときにできる対処法と、そもそもなぜ辛いと感じるのかという具体的な理由について調査しました。

就活が「辛い」と感じたときにやってみること7

就活が辛いと感じる時は、心身にストレス負荷がかかっています。

再び前向きな気持ちで就活に取り組むにはストレス解消が重要な鍵です。

就活のストレスを無くす方法を7つ紹介するので、自分に合った方法を試してみましょう。

音楽を聴いてみよう

就活が辛いと感じた時には、自分が好きなアーティストの音楽を聴いて気分転換してみましょう。

ストレスが溜まると交感神経と副交感神経のバランスが崩れて自律神経が乱れ、体調不良や神経衰弱が起こりやすくなるとされています。

音楽には興奮状態をもたらす交感神経の活発化を抑える効果があるのです。

どんな曲でも効果が期待できますが夜ゆっくりと過ごしたい時はスローテンポな曲、就活に出かける前に気合を入れたい時はアップテンポな曲というように聴き分けるとさらに効果が高まるでしょう。

就活をしていて辛いと感じたら自分が好きなジャンルやアーティストの曲を聴いて、気持ちをリフレッシュさせましょう。

カラオケに行ってみよう

就活が辛いなら、カラオケで思い切り歌ってストレスを吹き飛ばしましょう。

「思い切り歌うとスッキリする」というのは気分的な問題だと思われていますが実は科学的根拠があります。

鶴見大学で行われた研究によると、カラオケを歌うとストレスを感じると分泌されるコレチゾールというホルモンの分泌量が抑制されるという結果が確認されました。

これは歌うことで唾液量の分泌が増えることと、顔周りの表情筋が動くことで起こる現象です。

もちろん、声を思い切り出すことでリフレッシュできるというのもカラオケの効果の一つです。

友達の前で歌うのは恥ずかしいという人でも一人カラオケ専門店があるので、好きな曲をたっぷり歌ってすっきりしましょう。

スポーツをしてみよう

就活が辛いという気持ちを無くすにはスポーツも効果的です。

人は身体を動かして心肺機能を活性化させると、脳内でエンドルフィンと呼ばれるホルモンを分泌します。

このホルモンは幸福感や満足感を高める効果があり、幸せホルモンと呼ばれる存在です。

スポーツは身体をリフレッシュさせるだけではなく、人を幸せな気分にさせてくれる行為なのです。

読書をしてみよう

就活が辛いと感じたら、読書をして今とは全く違う世界観に没入してみましょう。

読む本は小説でもビジネス書籍でもなんでもかまいません。

ただ、就活に関係するものは「就活をしなければ」という気持ちを余計に高めてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

おすすめなのは読んでいる間その世界観に集中できる長編小説です。

自分が就活しているという気持ちを忘れて物語に夢中になれば、心のリフレッシュができます。

週に一冊は就活に関係ない小説を読む、といった息抜きの時間を作ればそれを目指して就活に取り組めるので辛いという気持ちも感じにくくなるでしょう。

旅行に行ってみよう

就活が辛いという気持ちになったら、一度現実から離れて非日常を味わうのも効果的です。

非日常を味わえる一番簡単な方法はやはり旅行に行くことでしょう。

旅行先で今までに感じたことのない体験や出会いを知れば、思い悩んでいたことが解決する糸口が見つかるでしょう。

旅先での経験が就活での自己アピールに活かせる場合もあります。

遠くに行く時間や資金がないという人は、日帰りのショートトリップでも十分です。

今まで気になっていても足を運ぶ機会が無かった場所に思い切って出かけてみましょう。

ランニングをしてみよう

就活が辛い時にはランニングを習慣づけましょう。

人の脳は同じ動作を繰り返すリズム運動を行うとセロトニンというホルモンを分泌します。

セロトニンにはやる気を高めたり、前向きな気持ちを生み出したりする効果があります。

ランニングは同じ動作で走る、一定のリズムで呼吸をするなどたくさんのリズム運動が一気にできるスポーツです。

就活のストレスでネガティブになって辛いという感情が湧き上がっている時こそ、セロトニン効果で気持ちを盛り立てましょう。

外を走る時間がないという人はマシンジムのトレッドミルを使う、踏み台昇降をするなどの運動もおすすめです。

家族に不安を打ち明けてみよう

就活が辛いと感じている時は、その不安な気持ちを自分だけで抱え込まないようにしましょう。

誰にも相談せずに鬱々と思い悩んでいると、精神がどんどんすり減らされてうつ病のような症状が生まれる恐れがあります。

辛いと口に出すだけでも抱え込んだストレスは軽減するので、信頼できる家族に話を聞いてもらいましょう。

人生の先輩である両親や別の人生を歩く兄弟姉妹に自分の気持ちを打ち明け、その人なりの答えをもらえばまた違った気持ちで就活と向き合えるでしょう。

就活が「辛い」と感じる理由4

どんな人でも就活をしていれば「辛い」と感じる瞬間はあります。

その瞬間が積み重なると就活に対して悪いイメージを持ってしまうのですが、では、具体的にどんな時に辛いと思いがちなのでしょうか。

多くの就活生が「就活って辛いな」と思うりゅうは主に4つあります。

自分がその場面に直面した時に、自分だけが辛いわけではないと気持ちを強く持てるように事前にチェックしておきましょう。

選考になかなか受からないとき

就活が辛いと感じる1つ目の理由は「選考に落ち続けた時」です。

就活ではいくつもの企業に応募し、書類選考や面接をこなしていきます。

しかし、企業から内定を貰える就活生はごく一部で、受からなかった就活生は「選考に落ちる」という辛さを味わうことになります。

就活に限らず、自分が求めている対象から選んでもらえなかった瞬間というのはとても辛いものです。

それが短期間で何度も続ければ「自分は不必要な人間なのではないか」という気持ちが芽生え、辛いと感じるのは当然でしょう。

周りの就活生と比べてしまうとき

就活で辛いと感じる2つ目の理由は「周囲と自分を比べてしまう」からです。

同じ時期に就活を始めた仲間の中には、すぐに希望の企業から内定をもらったり、いくつもの企業から内定をもらったりする人も現れます。

選考に落ちている時にそんな話を聞くと、周囲と自分を比べてしまい、焦りや不安、劣等感で「辛い」と思ってしまう時もあるでしょう。

人は人、自分は自分、という気持ちで就活に臨めればいいのですが、人の心はそう簡単に切り替えられないものです。

就活のスケジュールが埋まっていて忙しい時

就活が辛いと感じる3つ目の理由は「多忙なスケジュール」です。

就活中は説明会に出席したり、面接会場に出向いたりと何かと予定が入りやすいものです。

地方在住者の場合、会場に行くまでに長距離移動が発生することも多くその分を計算に入れてスケジュールを組み立てなければなりません。

タイトなスケジュールは肉体に疲労を蓄積するだけではなく、スケジュールに漏れやミスが無いかという不安で心も疲弊させます。

そういう状況が続くと心身共に疲れ果て、就活自体が辛いものだと思うようになってしまうのです。

なかなか内定にたどり着かないとき

就活で辛いと感じる4つ目の理由は「なかなか内定にたどり着けない」からです。

就活のゴールは企業からの内定、そしてその企業への入社です。

内定をもらって入社を決めるまでは、選考に落ち続けても、周囲の人と比べて辛くても、毎日が忙しくても就活を辞めることはできません。

だからこそ、内定が決まらずゴールにたどり着けない日々が続くと「いつまでこの苦しさが続くのだろう」というネガティブな感情が生まれ、就活そのものに対して辛いと感じてしまうのです。

就活が「辛い」と感じてしまう人と「辛くない」と感じる人

まず、前提として就活というのはけして楽なものではありません。

応募から内定までにはたくさんのハードルが待ち受けていて、時には弱音を吐きたくなる時もあるでしょう。

しかし、就活生の中には「就活は辛い」と思いながら就活をする人と、「大変だけど辛くはない、むしろ楽しい」と思える人2通りが存在します。

なぜ同じように就活をしているのに捉え方に違いが生まれるのでしょうか?

就活が辛いと感じる人と楽しいと感じる人の違い

就活に対して辛いと感じる人と、辛くないと感じる人の違いはずばり「就活の仕組み・ルールを知っているか」です。

例えば野球観戦をする時、全くルールを知らない状態で観戦するのと、ある程度ルールを学んでから観戦するのでは圧倒的に後者の方が試合観戦を楽しめるでしょう。

就活にもこれと同じことが言えるのです。

就活を辛いと感じている人の多くは、就活のルールを間違って認識しています。

そして、 その間違ったルールに則って内定を目指しているから上手くいかず、「ルール通りにやったのになぜ?」という疑問や焦りを抱き、辛さを感じてしまうのです。

就活の「辛さ」の原因

では、具体的に就活の「辛さ」とはなんなのでしょうか。

まず、就活のゴールである内定には絶対的な正解というものが存在しません。

能力値が低い就活生が持ち前の明るさで企業の目に留まることもあります。

スキルや学力が高くてもそれをアピールする力が無ければ選考に落ち続けてしまう場合もあるでしょう。

しかし、就活が辛いと感じている就活生の多くは「学力が高い」「優秀である」「正しい受け答えができる」といった絶対的な正解を信じてそれを守ろうとしています。

その結果、絶対的な正解を貫いた自分ではなく、明らかに正解を出していない他の就活生が内定を取得していることに矛盾を感じ、その結果が理解できず「辛い」という気持ちに繋がってしまうのです。

就活は受験勉強とは違う

就活に辛さを感じている就活生の多くは、就活を受験勉強と同様に捉えています。

確かに、受験を受けて学校に合格するのと、書類選考や面接で企業から内定をもらうというのは良く似た仕組みになっています。

しかし、受験勉強では「テストの回答」「点数」という絶対的な正解があるのに対し、就活では「こうすれば絶対に内定が取れる」という答えは存在しません

就活が辛いと感じてしまう人は、まず就活に対する考え方を変えることから始めましょう。

就活は受験勉強とは違います。

自分が思っても見ないところに正解があることも、時期によって正解が流動的に変化することもあるのです。

そうして就活における自分なりの正解を見つけられれば、就活が辛い、苦しいと感じることも無くなるでしょう。

就活が「辛い」と感じたときに意識すること

とはいえ、やはり就活で思うような結果が出ないと「辛い」と思ってしまうでしょう。

そんな時に自分の意識を変えるポイントをお伝えします。

以下のポイントを自身の状況と照らし合わせて、改善できる所は改善していけば新しい考え方や意識の向け方に繋がっていくでしょう。

しっかりと基礎を固めよう

内定が取れず選考に落ち続けてしまっている時には、今一度自分が築き上げた基礎を見直してはどうでしょうか。

自分では完璧だと思っていても、就活を進めるにつれて不足してしまっている可能性もあります。

就活で最も大事なのは、自分自身を支え自信に繋げる「3つの土台」です。

土台がしっかりしていれば就活に対する意識も強くなり、「辛い」と思う気持ちも無くなるでしょう。

思考能力を高めよう

就活が辛いという気持ちを無くす1つ目の土台は「思考能力を高めること」です。

生活のほとんどを就活に費やす日々が続くと、どうしても視野が狭くなり、余裕がなくなっていきます。

そんな状況を打破するには、思考能力を高めることがカギとなります。

沢山の本や新聞記事、良質なネットニュースなどを読むことで自分の中に知識を蓄積すれば、一つの面からしか見えてなかった事柄も様々な方向から見て判断できるようになります。

そうして知識が深まれば深まるほど、「就活は辛い」という意識以外の就活に対する考え方が生まれるでしょう。

コミュニケーション能力を高めよう

就活が辛いという気持ちを無くす2つ目の土台は「コミュニケーション能力」です。

就活中は様々な企業の採用担当者やOB、同じ就活仲間との関わり合いが生まれます。

そこで活躍するのがコミュニケーション能力です。

人と話し、共感し、親近感を覚えてもらう、そういう能力が高ければ高いほど「この人は他の就活生とは違う特別な人材だ」と認識される確率が高まるのです。

また、コミュニケーション能力は社会に出て働き始めてからも重宝するスキルなので、自分のコミュニケーション能力に自身が無い人やひとみしりだと感じている人は特に積極的に訓練していきましょう。

協調力を高めよう

就活が辛いという気持ちを無くす3つ目の土台は「協調力」です。

就活は受験勉強とは異なり、時には同じ就活生同士で協力してクリアしなければならない課題も課せられます。

集団面接やグループワーク、グループディスカッションなどがその最たる例です。

1人で就活を戦い抜こうという気持ちしか持っていないと、こういった集団選考に直面した時に冷静な判断や正しい行動がとれなくなります。

今まで部活や習い事でチームワークを体験していない人は、今からでもバイトやインターンなどを体験し「集団の中で協調力を高めなければ目標が達成できない」という状況に飛び込んでみましょう。

就活で仲間を得よう

就活の辛い気持ちを無くすには、仲間を作ることも効果的です。

違う企業の内定を目指していたとしても、就活という同じステージに立つ人々と交流し親交を深めれば、モチベーションの向上に繋がるからです。

また、同じ大変さを同時期に味わった仲間には、就活が終わっても長く付き合える深い絆が生まれます。

かけがえのない親友を見つけられる時期だと考えれば、就活が辛いという気持ちも薄れるのではないでしょうか。

就活が辛いと感じた口コミ

就活が辛いと感じている就活生はとても沢山存在します。

今回はTwitterを調査し、就活に対して辛いと感じている人々の口コミをまとめました。

どんなところに辛さを感じているのかを知って、対処法を考えましょう。

やはり、就活が辛いと感じている人の口コミには「自信の無さ」や「他者との比較」が多く見られました。

就活をしていると、書類選考で落ちてしまったり、面接まで行って選考に通らなかったりと自信を奪われる出来事が起こります。

そういった状況が続くと、自分の能力や人間性に対する自信が無くなり「就活を続けているのが辛い」という気持ちに陥ってしまうのでしょう。

そんな状況になると、他の就活生が極めて優れていて、楽々と就活を成功させているようにみえてしまいます。

けれど、一見簡単に就活をクリアしていそうな人でも、けして努力していないわけではありません。

「自分も頑張っている、そして周りの就活生も頑張っている」という自己肯定感・他社肯定感を忘れずに就活と向き合ってください。

就活が「辛い」と感じたら就活を振り返ってみよう

就活を辛いと感じた時には、一度立ち止まって今まで行ってきた自分の就活について分析し直してみましょう。

特に、選考に連続して落ちてしまって「辛い」と思っている人は、自己分析し直すことでなぜ選考落ちしてしまうのかが見えてきます。

それに適切な対策を取れば、次の選考では今までよりもいい結果を残せるでしょう。

面接対策は十分ですか?

就活中に「書類選考は通っても、面接で落ちてしまって辛い」という状況に陥った時には、自分の面接対策が十分かを見直しましょう。

入室や着席、自己紹介などの基本的なビジネスマナーはもちろん、実際に面接に行っているときの格好を鏡で見て、TPOに沿っていない箇所が無いかをチェックするのも大切です。

また、面接での受け答えで大きな要素となる「志望動機」や「自己アピール」についても、もう一度練り直して、より強く自分自身を企業に売り込めるような内容に作り変えてください。

今まで落ちてきた選考を思い返して、面接官の反応が良かったところを掘り下げ、反応が薄かったところを削るとより面接向きの内容が作り出せます。

エントリーシートはしっかり書けていますか?

就活で「書類選考の時点で落ちてしまって辛い」という状況が続いている場合は、エントリーシートの内容を再考しましょう。

エントリーシートは企業側が期待できる人材や熱意がある人材を振り分けるために使う最初の採用方法です。

いわば、書類上の面接のようなものなのです。

エントリーシートに書いている内容が的外れではないか、企業が求めていることを的確に伝えられているかをよく読み直して、改善できる点はどんどん書き換えていきましょう。

すでに内定を獲得した仲間のエントリーシートを見せてもらい、構成の参考にするのもおすすめです。

自己分析はしっかりとできていますか?

就活で「書類選考や面接をいくつこなしても最終的に選ばれず辛い」という状況の場合は、自己分析ができていない可能性があります。

自己分析は自分がやりたいことや自分の適性を見極めるために就活では欠かせないものです。

しかし、自分を客観視して自己分析するというのは難しいことで、ましてや就活で初めて自己分析をしたという就活生なら不十分なまま就活に突入してしまっている場合もあるでしょう。

就活で選考に落ちてしまうのは、自己分析不足で適材適所の企業を見逃している可能性があります。

一度、自己分析ツールや友人からの他社分析をし直して、自己分析のさらなる深堀をしてみましょう。

SPI対策はしっかりできていますか?

就活で「SPI試験で落ちてしまって辛い」という場合はSPI対策をよりたくさん行いましょう。

SPI試験とは、性格を判断する適性テストと、簡単な学力を検査する能力テストの2つからできています。

この試験の結果は選考通過に大きな影響を与えるため、事前に参考書や問題集を使って対策しておかなければいつまでもSPI試験から先に進めないという状況に陥ってしまうでしょう。

本屋などに多くの参考書が販売されているので、とにかく勉強量を重ねて自信を持って挑めるようにしましょう。

就活が「辛い」と感じたブログ4

最後に、就活が「辛い」という気持ちを記事にしているブログを4つ紹介します。

実際に就活生が書いた記事だからこそ、その時の辛い気持ちやそれに対する対策など、リアルな感情を追体験できるブログばかりです。

これから就活を本格的にスタートする人も、今就活が辛いと感じている人も、ブログを読んで「仲間がいるのだ」という気持ちを味わってください。

126社落ち就活生のブログ

126社落ち就活生のブログ」は2014年卒業予定だった京葉太さんが、就活で感じた思いや体験を綴ったブログです。

京葉太さんは201212月の就活解禁から20139月までになんと、126社もの企業に応募し、選考から落ちてしまっています。

本人は自己紹介で「堂々といえることではない」と語っていますが、膨大な数の企業から内定をもらえなかった就活生の声や思いというのはとても貴重なものです。

今、就活で連続して選考に落ちて辛いと感じている人なら、共感したり学びを得られる記事が見つかるでしょう。

就活がつらい・やめたいと感じた時【納得のいく就職活動へ】

「就活がつらい・やめたいと感じた時【納得のいく就職活動へ】」は読者モデルやミスターコンにも出場した経験があるKantaさんが、就活の辛さやについてや、納得のいく就活を行うためにはどうしたらいいのかを綴ったブログです。

Kantaさんご本人は大学院を休学し就活に集中した結果、多くの大手企業からの内定を獲得した経歴があり、就活成功者からの具体的なアドバイスを得られるでしょう。

就活生に対する支援や就活についての自費出版本など、辛い就活を乗り越える学生へのサポートも積極的に行っています。

東大生ですが就活が辛いです。なつめ

「東大生ですが就活が辛いです。なつめ」は東大生のなつめさんが難航した就活の体験談を語っているブログです。

アイドルを目指し100以上のオーデションを受けたというなつめさんならではの独自の目線で語る就活体験談は文章の上手さも相まってすらすらと読めてしまうでしょう。

東大生と聞くと、成績優秀で内定先には困らないというイメージを持つ人もいますがなつめさんのブログを読めばそんな先入観も覆ります。

「どんなに優秀な人でも就活を辛いと感じる」という事実を知ると人と比べて辛いと感じることも減るのではないでしょうか。

ねぎの既卒就活日記

「ねぎの既卒就活日記」は既卒で就活を行っていたねぎさんが就活から内定獲得、入社までを綴ったブログです。

なかなかリアルでは聞きにくいハローワークや人材派遣会社への登録体験談や、実際に面接で体験した衝撃の出来事など、実際に既卒就活をした人にしか語れない様々な記事が楽しめます。

途中途中で既卒就活とは関係ない日常の記事があるのも、等身大の女性の既卒就活体験を追体験している気分が強くなり「自分も頑張ろう」と思えるようなブログです。

就活は辛い時もあります!少し休憩してから乗り越えましょう!

就活を続けていれば誰でも辛いと思う瞬間があるでしょう。

どうしても辛くて立ち止まってしまいそうなときは、無理して就活を続けてはいけません。

心と体が疲弊しきってしまう前に一度立ち止まって、ストレス解消やリフレッシュの時間を作ってください。

そして、気持ちを新たに就活を再スタートすれば辛い気持ちが薄れて、また前向きな気持ちで就活を進められるでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事