就活の学歴フィルターについて!フィルターがない企業や打ち破る方法!

就活をしていると誰もが耳にするのが学歴フィルターの存在です。学歴フィルターとは採用活動を行う企業が一定の学歴以下の就活生をふるい落とすことであり、明言こそされていませんが存在することは確実視されています。

自分の学歴に自信がない人にとって学歴フィルターは絶対的な壁のように思えてしまうかもしれませんが、今回の記事では学歴フィルターがない企業や学歴フィルターを打ち破る方法について詳しく解説していきますので、気になる人は是非読んでみてください。

Contents

高学歴の就活生は就活に有利なのか

学歴フィルターの実在がほぼ確実と考えられているように、基本的に就活は高学歴の就活生が有利とされています。

もちろん高学歴だからといってどんな企業でも入社できる、というわけではありませんが、就活において高学歴の就活生と競い合うためには堂々とアピールすることができる武器が必要となってくるでしょう。

就活の学歴フィルターとは

就活における学歴フィルターについて詳しく解説していきます。

学歴フィルターは特定の大学の学生を対象として、企業の応募者をあらかじめふるいにかけることであり、主に学歴が高いと世間から思われる大学の学生が対象となります。

学歴フィルターは企業の説明会の時点で既に存在しているという情報もあり、就活生にとっては選考を受けることすらできない可能性があるという点で、極めて大きな問題であると言えます。

学歴フィルターの対象となる学校の基準は

就活における学歴フィルターのラインについて詳しく解説していきます。

就活における学歴フィルターのラインには「MARCH」「関関同立」大学のライン、「日東駒専」や「産近甲龍」大学のラインといったものがあり、一般的にこれらのライン以下の大学の就活生は選考の対象とならないケースが多いと考えられています。

  • 「MARCH」「関関同立」大学のライン
  • 「日東駒専」や「産近甲龍」大学のライン

「MARCH」「関関同立」大学のライン

就活における学歴フィルターのラインの一つは「MARCH」「関関同立」大学のラインです。

「MARCH」「関関同立」大学のラインはいわゆる難関私立大学のラインであり、このライン以上の大学の就活生は高学歴と見なされ、ほとんどの企業の選考に参加することが可能となります。

また大手企業や外資系企業などでは更に上の学歴フィルターのラインがある、という噂もありますが真偽のほどははっきりしていません。

「日東駒専」や「産近甲龍」大学のライン

就活における学歴フィルターのラインの一つは「日東駒専」や「産近甲龍」大学のラインです。

「日東駒専」や「産近甲龍」大学のラインはいわゆる中堅私立大学のラインであり、このライン以下の大学の就活生は選考に参加できない、といった企業は比較的多く見られます。

また人気企業の場合、このラインの就活生は選考に参加できないというケースも存在します。

就活に学歴フィルターが設けられている理由

就活に学歴フィルターが設けられている3つの理由について、詳しく解説していきます。

就活に学歴フィルターが設けられている理由には、就活の選考時間を減らすため、就活の採用コストを減らすため、一定の学歴を採用基準とするためといったものがあり、基本的に企業側の負担を減らすことを目的としたものとなっています。

  • 理由1:就活の選考時間を減らすため
  • 理由2:就活の採用コストを減らすため
  • 理由3:一定の学歴を採用基準とするため

理由1:就活の選考時間を減らすため

就活に学歴フィルターが設けられている理由の一つは、就活の選考時間を減らすためです。

応募してきた就活生全てを選考していると膨大な時間がかかってしまうため、学歴フィルターを実行して就活生の人数を減らしておくことで選考時間の短縮が図れます。

理由2:就活の採用コストを減らすため

就活に学歴フィルターが設けられている理由の一つは、就活の採用コストを減らすためです。

採用活動には非常に高いコストがかかるため、企業側からすれば一円でもコストを減らしたい、と考えるのは自然なことだと言えます。

学歴フィルターを設ければ採用試験を実施する人数が減らせるため、採用コストの削減に繋がります。

理由3:一定の学歴を採用基準とするため

就活に学歴フィルターが設けられている理由の一つは、一定の学歴を採用基準とするためです。

企業側からすればできるだけ優秀な就活生を採用したいと思うのは当然であり、採用試験以前に就活生を選抜する方法として学歴フィルターを設けているケースが考えられます。

学歴フィルターがない就活企業一覧

学歴フィルターがない可能性が高い企業を年収別で紹介していきます。

年収1,000万円以上の企業、年収800万円以上の企業、年収700万円以上の企業、年収600万円以上の企業、年収500万円以上の企業という5つのカテゴリーに分けて紹介していきますので、将来の自分のキャリアプランを考える時の参考にしてみることをおすすめします。

  • 年収1,000万円以上の企業
  • 年収800万円以上の企業
  • 年収700万円以上の企業
  • 年収600万円以上の企業
  • 年収500万円以上の企業

年収1000万円以上の企業

企業名 年収
キーエンス 2,088万円
ファナック 1,412万円
東京海上日動火災保険 1,392万円
フジテレビジョン 1,344万円
テレビ東京 1,364万円

年収1,000万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業について、詳しく解説していきます。

年収1,000万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業には、キーエンス、ファナック、東京海上日動火災保険、フジテレビジョン、テレビ東京といったものがあり、いずれも有名かつ採用試験の難易度が高いことで知られている企業ばかりとなっています。

年収800万円以上の企業

企業名 年収
鹿島 980万円
日本軽金属 981万円
アサヒビール 996万円
富士ゼロックス 981万円
J F Eグループ 949万円

年収800万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業について、詳しく解説していきます。

年収800万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業には、鹿島、日本軽金属、アサヒビール、富士ゼロックス、J F Eグループといったものがあり、年収が1,000万円に迫る高収入な企業ばかりです。

年収700万円以上の企業

企業名 年収
日東電工 771万円
ホンダ 786万円
あおぞら銀行 786万円
関西電力 791万円
三菱電機 795万円

年収700万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業について、詳しく解説していきます。

年収700万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業には、日東電工、ホンダ、あおぞら銀行、関西電力、三菱電機といったものがあり、電力会社や大手自動車メーカーといった安定性の高い企業が並んでいます。

年収600万円以上の企業

企業名 年収
T0T0 674万円
東武鉄道 693万円
東洋紡 631万円
丸井グループ 677万円
アフラック生命保険 625万円

年収600万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業について、詳しく解説していきます。

年収600万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業にはT0T0、東武鉄道、東洋紡、丸井グループ、アフラック生命保険といったものがあり、それぞれの業界において高い評価を誇る企業ばかりだと言えるでしょう。

年収500万円以上の企業

企業名 年収
帝国ホテル 569万円
クラレ 576万円
神戸製鋼所 553万円
日本出版販売 491万円
新日鉄住金 590万円

年収500万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業について、詳しく解説していきます。

年収500万円以上の学歴フィルターがない可能性が高い企業には、帝国ホテル、クラレ、神戸製鋼所、日本出版販売、新日鉄住金といったものがあり、就活生でなくても名前を知っているような有名企業が中心となっています。

学歴フィルターがない就活企業の特徴

就活フィルターがない可能性が高い就活企業の特徴について詳しく解説していきます。

就活フィルターがない可能性が高い就活企業の特徴としてスカウトサイトを利用している、中途採用ページに学歴の項目がないといったものがあり、もし学歴フィルターを回避して就活を行いたいのであればこれらの特徴に合致する企業を志望することをおすすめします。

  • 特徴1:スカウトサイトを利用している
  • 特徴2:中途採用ページに学歴の項目がない

特徴1:スカウトサイトを利用している

就活フィルターがない可能性が高い就活企業の特徴の一つは、スカウトサイトを利用していることです。

スカウトサイトとは就活生が企業に対してアプローチする一般的な就活のスタイルとは逆に、企業から就活生に対してアプローチする就活サイトのことであり、こういったサイトを利用している企業は就活生の人柄や経歴などを総合的に評価して合否を決めてくれるケースが多いです。

特徴2:中途採用ページに学歴の項目がない

就活フィルターがない可能性が高い就活企業の特徴の一つは、中途採用ページに学歴の項目がないことです。

中途採用ページに学歴の項目がないということは、新卒で採用試験を受けたとしても学歴がそこまで問題にならない可能性が高く、学歴フィルターによってふるい落とされることなく就活が行えるチャンスは十分にあると言えるでしょう。

就活で学歴を打ち破る方法【企業選び編】

就活の企業選びで学歴フィルターを打ち破る3つの方法について詳しく解説していきます。

就活の企業選びで学歴フィルターを打ち破る3つの方法には、スカウトサイトを積極的に利用する、過去の採用実績から応募先を絞る、中小企業やベンチャー企業に応募するといったものがあり、これらの方法を実践することで、学歴だけで就活生を判断しない企業に出会える可能性を一気に引き上げることが可能となります。

  • 方法1:スカウトサイトを積極的に利用する
  • 方法2:過去の採用実績から応募先を絞る
  • 方法3:中小企業やベンチャー企業に応募する

方法1:スカウトサイトを積極的に利用する

就活の企業選びで学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、スカウトサイトを積極的に利用することです。

スカウトサイトとは就活生が企業にアプローチするのではなく、企業が就活生にアプローチをする就活サイトのことであり、そういったサイトを積極的に利用することで学歴に囚われず評価をしてくれる企業と出会う機会を増やすことが可能となります。

方法2:過去の採用実績から応募先を絞る

就活の企業選びで学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、過去の採用実績から応募先を絞ることです。

企業の過去の採用実績を確認すればその企業に学歴フィルターがあるかどうか、またあったとしてどの程度のラインであれば採用されるのかといった情報を得ることができますので、採用される見込みがあるかどうかをあらかじめ知ることができます。

方法3:中小企業やベンチャー企業に応募する

就活の企業選びで学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、中小企業やベンチャー企業に応募することです。

中小企業やベンチャー企業の場合、大企業と比べて学歴フィルターの基準が緩いか、あるいはそもそも学歴フィルター自体が存在しないケースも多いため、自分の学歴に自信がないという人は、中小企業やベンチャー企業を志望することも積極的に検討してみることをおすすめします。

就活で学歴を打ち破る方法【履歴書編】

就活の履歴書で学歴フィルターを打ち破る3つの方法について詳しく解説していきます。

就活の履歴書で学歴フィルターを打ち破る方法には、実績を作り記載する、自己アピール方法を熟考する、筆記試験対策をするといったものがあり、これらの方法を正しく実践できれば高学歴の就活生と戦うことも十分に可能だと言えるでしょう。

  • 方法1:実績を作り記載する
  • 方法2:自己アピール方法を熟考する
  • 方法3:筆記試験対策をする

方法1:実績を作り記載する

就活の履歴書で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、実績を作り記載することです。

就活の履歴書には自己PRを記載できる欄があるため、そこに大学在学中難関の資格を取得したことやコンテストで入賞したといった実績を作って記載できれば、書類選考を通過できる確率は一気に上昇します。

方法2:自己アピール方法を熟考する

就活の履歴書で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、自己アピール方法を熟考することです。

自己アピールに必要なのは徹底的な自己分析ですので、まず就活において自分自身にどんな強みがあるのか、そして自分が本当にやりたいことはなんなのかをしっかりと把握し、その上でわかりやすく採用担当者の人に伝えることができれば、間違いなく印象に残ることができるでしょう。

方法3:筆記試験対策をする

就活の履歴書で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、筆記試験対策をすることです。

いくら学歴フィルターがあったとしても、筆記試験の点数が極めて高ければ高学歴の就活生を押しのけて内定を獲得できるチャンスは十分にありますので、くれぐれも対策を怠らないようにしてください。

就活で学歴を打ち破る方法【面接実践編】

就活の面接で学歴フィルターを打ち破る3つの方法について詳しく解説していきます。

就活の面接で学歴フィルターを打ち破る方法には、面接質問の答えを徹底的に練習する、面接を受け実践経験を積む、面接後に改善点を分析する、改善点を次回の面接に活かすといったものがあり、これらの方法を頭で理解するだけでなくきちんと実行できるかどうかが合否を明確に左右すると言えます。

  • 方法1:面接質問の答えを徹底的に練習する
  • 方法2:面接を受け実践経験を積む
  • 方法3:面接後に改善点を分析する
  • 方法4:改善点を次回の面接に活かす

方法1:面接質問の答えを徹底的に練習する

就活の面接で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、面接質問の答えを徹底的に練習することです。

面接では優れた回答をすることも重要ですが、答える時に言葉に詰まってしまったり、緊張した様子を見せてしまうとそれだけで減点の対象になってしまいますので、繰り返し受け答えを練習して堂々とした態度で面接に臨めるようにしておきましょう。

方法2:面接を受け実践経験を積む

就活の面接で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、面接を受け実践経験を積むことです。

面接の機微というものは実際に面接を受けて経験を積むことでしかわかりませんので、本命の企業を受ける前に複数回面接を経験しておき、緊張を取り除いておくことをおすすめします。

方法3:面接後に改善点を分析する

就活の面接で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、面接後に改善点を分析することです。

ただ闇雲に面接の練習をするよりも、きちんと改善点を分析した上でそこを重点的に練習した方が圧倒的に成長速度は速くなりますので、面接を受けた後はどこを改善すればよりよくなるのかを徹底して分析するようにしてください。

方法4:改善点を次回の面接に活かす

就活の面接で学歴フィルターを打ち破る方法の一つは、改善点を次回の面接に活かすことです。

たとえ面接の改善点をきちんと分析できたとしても、それを次回の面接で活かすことができなければなんの意味もありませんので、一歩ずつでもいいので成長していくことが重要だと言えるでしょう。

就活に役立つ逆求人型のスカウトサイト6選

就活に役立つ逆求人型サイト6選について詳しく解説していきます。

就活に役立つ逆求人型サイトには、Offer Box、キミスカ、Future Finder、ウォンテッドリー、キャリアセレクト、地方のミカタといったものがあり、企業からオファーをもらって就活を有利な状態で進めたいという人は、これらのサイトの中から自分に合ったものを是非探してみてください。

また首都圏で就活をするのか、それとも地方で就活をするのかによって利用すべき逆求人型サイトは変わってきますので、自分の将来の人生設計とも照らし合わせた上で検討してみるとよいでしょう。

サイト名 企業数
Offer Box 約7,000社
キミスカ 約300社
Future Finder 約500社
ウォンテッドリー 約3,5000社
キャリアセレクト 約200社
地方のミカタ 約250社

逆求人型スカウトサイト:Offer Box

就活に役立つ逆求人型サイトの一つは、Offer Boxです。

Offer Boxは2021年卒の就活生が14万人以上登録しているという非常に人気の高い逆求人型サイトであり、企業からのオファーを希望している人はもちろん、特に希望していない人であってもとりあえず登録をしておくことをおすすめします。

Offer Boxの特徴

  • 21年卒就活生登録数が14万人突破
  • 登録企業数7,000社以上

Offer Boxの特徴について詳しく解説していきます。

Offer Boxの特徴として登録されている企業の数が7,000社を超えているため、オファーをしてくれる企業や業界の幅が非常に広いという点が挙げられます。

企業や業界の幅が広がれば広がるほど、自分の未来の可能性も広がっていきますし、自分が就活市場においてどれくらいの価値を持っているのかを確かめるためにも是非登録してみてください。

Offer Boxの基本情報

Offer Boxの基本情報について詳しく解説していきます。

Offer Boxは求人の質、量共に水準以上であり、登録して積極的に利用していくべき逆求人型サイトであると言えます。

学歴フィルターを回避したい人はもちろん、学歴には自信があるという人にもおすすめのサイトだと言えるでしょう。

求人の質 B
求人の量 B
サポート力 C
役立ち度 B
得意分野 自己PR

逆求人型スカウトサイト:キミスカ

就活に役立つ逆求人型サイトの一つは、キミスカです。

キミスカは登録されている企業の数については300社程度と一般的ですが、逆求人型サイトとしては珍しく特定の企業に積極的にアピールする機能が充実していますので、企業からのオファーを待つだけでなく自分からも働きかけていきたいと考えている人には特におすすめのサイトとなっています。

キミスカの特徴

  • エントリーシート不要
  • 優秀な就活コンサルタント

キミスカの特徴について詳しく解説していきます。

キミスカはエントリーシートが不要という特徴があり、学歴フィルターを回避する上で有利に働くと言えます。

また優秀な就活コンサルタントから学歴フィルターを回避するための方法やそれ以外のテクニックについてもしっかりと指導してもらうことができます。

キミスカの基本情報

キミスカの基本情報について詳しく解説していきます。

キミスカは就活コンサルタントによる手厚いサポートが受けられるため、学歴フィルターを回避するための助けになります。

また学歴フィルターが存在しない企業に対し積極的にアプローチすることも可能となっています。

求人の質 B
求人の量 C
サポート力 A
役立ち度 B
得意分野 アピール機能

逆求人型スカウトサイト:Future Finder

就活に役立つ逆求人型サイトの一つは、Future Finderです。

Future Finderは本格的な特性分析が無料で行えるため、学歴フィルターを突破するための自分の強みをお金をかけずに知ることができます。

自分の力で本当に学歴フィルターを突破できるのか不安に思っている人には、特におすすめのサイトだと言えるでしょう。

Future Finderの特徴

  • 無料の本格特性分析
  • 友達と自分の比較も可能

Future Finderの特徴について詳しく解説していきます。

Future FinderはFacebookに登録されている自分の友達と自分を比較する機能があり、学歴フィルターを乗り越えるための自分の長所をより深く追求するために活用できます。

ただあまり友達と自分を比較しすぎてしまうと、自分では学歴フィルターを突破できないのではないか、という不安に取りつかれてしまう恐れもありますので注意してください。

Future Finderの基本情報

Future Finderの基本情報について詳しく解説していきます。

Future Finderは自分自身を分析する機能が充実しているため、学歴フィルターを突破するための武器を探すのに便利です。

また就活生一人一人の特性を重視するというコンセプトから、学歴フィルターのない企業からのアプローチを期待できるサイトであると言えます。

求人の質 B
求人の量 C
サポート力 C
役立ち度 B
得意分野 特性分析

逆求人型スカウトサイト:ウォンテッドリー

就活に役立つ逆求人型サイトの一つは、ウォンテッドリーです。

ウォンテッドリーはビジネスSNSという特殊な形態の逆求人型サイトであり、使い方次第で就活フィルターを突破するための強力な武器となります。

就活フィルターに煩わされずに就活を行いたいという人は是非利用してみてください。

ウォンテッドリーの特徴

  • 多機能なビジネスSNS
  • 企業にエントリーも可能

ウォンテッドリーの特徴について詳しく解説していきます。

ウォンテッドリーは非常に多くの機能を備えたビジネスSNSであり、就活フィルターでふるい落とされることなく企業にアプローチすることも可能です。

ウォンテッドリーを通じて企業の採用担当者の人と直接繋がることができれば、就活フィルターに一々悩まされることもありません。

ウォンテッドリーの基本情報

ウォンテッドリーの基本情報について詳しく解説していきます。

ウォンテッドリーはその性質上登録している企業数が極めて多いため、就活フィルターのない企業と接触できる機会も非常に多いと言えます。

就活フィルターなんてものは時代遅れだ、と考えている人にこそ利用してもらいたい逆求人型サイトとなっています。

求人の質 A
求人の量 A
サポート力 C
役立ち度 A
得意分野 スカウト機能

逆求人型スカウトサイト:キャリアセレクト

就活に役立つ逆求人型サイトの一つは、キャリアセレクトです。

キャリアセレクトは新卒エンジニア学生のための逆求人型サイトであり、スキル次第では十分に学歴フィルターを乗り越えられます。

学歴フィルターを気にしている新卒エンジニア学生のは人はとりあえず登録してみてください。

キャリアセレクトの特徴

  • 新卒エンジニア学生のためのサイト
  • 就活対策が充実

キャリアセレクトについて詳しく解説していきます。

キャリアセレクトは就活対策が充実しており、もちろん学歴フィルター対策もその中に含まれています。

自分の力だけで学歴フィルターに挑むのは不安だという人は是非積極的に利用してみましょう。

キャリアセレクトの基本情報

キャリアセレクトの基本情報について詳しく解説していきます。

キャリアセレクトはエンジニア業界という学歴フィルターを実力で突破しやすい業界に強い逆求人型サイトであり、学歴フィルターのない企業で自分の能力を発揮したいという新卒エンジニア学生に是非活用してもらいたいサイトだと言えます。

求人の質 B
求人の量 C
サポート力 B
役立ち度 B
得意分野 エンジニア業界

逆求人型スカウトサイト:地方のミカタ

就活に役立つ逆求人型サイトの一つは、地方のミカタです。

地方のミカタは地方にある企業に就職を希望している人のための逆求人型サイトであり、地方の好条件な企業や学歴フィルターのない企業からオファーをもらえる可能性があります。

地方で働きたいと考えているけど学歴フィルターのことが不安だという人は、是非登録してみてください。

地方のミカタの特徴

  • 地方就活生のためのサイト
  • 就活カフェや就活シェアハウスを運営

地方のミカタの特徴について詳しく解説していきます。

地方のミカタは就活カフェや就活シェアハウスを運営しており、就活仲間から学歴フィルターを突破するためのコツなどを集めることができます。

実際に学歴フィルターを突破した就活仲間の体験談は他では得難いものとなるでしょう。

地方のミカタの基本情報

地方のミカタの基本情報について詳しく解説していきます。

地方のミカタは地方にある企業と地方で働きたい就活生を結びつけることをコンセプトとしている逆求人型サイトであり、学歴フィルターのない地方の企業からオファーをもらえる可能性は十分にあります。

学歴フィルターが気になって地方での就活に踏み出せない、という人はまず地方のミカタに登録することから始めてみることをおすすめします。

求人の質 B
求人の量 C
サポート力 A
役立ち度 B
得意分野 地方就活

学歴は就活の選考の一部 打ち破るには様々な対策が必要

学歴フィルターは採用活動を行う企業側にはメリットがありますが、就活生にとっては時に非常に高い壁となります。

ですが学歴フィルターは決して絶対的なものではなく、対策次第で十分に突破することが可能ですので、学歴フィルターがあるから人気の企業に就職することは無理だ、と考えている人はどうか挑戦しないまま諦めることのないようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事