就活の面接は土日にある?その会社は大丈夫?特徴や理由とバイトと両立する方法も紹介!

就活の面接は平日に行うのが一般的ですが、中には土日に就活の面接がある企業も存在します。就活の面接が土日にあるとブラック企業なのではないか、と心配になってしまう就活生の人もいるかと思いますが、面接を土日に行うからといって必ずしもその企業がブラック企業なわけではありません。

今回は企業が土日に面接を行う理由や、土日のバイトと面接を両立する方法について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

就活の面接は平日に行われるのが一般的

就活の面接は多くの場合、土日ではなく平日に行われます。

これは一般的な企業が業務を行っているのは平日だからであり、土日に就活の面接が行われるというのは特殊なケースであると言えます。

就活の面接が平日ではなく土日に行われる場合、いくつかの理由が考えられますが、企業側の仕方ない事情であることが大半です。

土日に面接を行うということはもしかしたらブラック企業なのではないか、と考えてしまう人もいるかと思いますが、安易に決めつけることはせずにまずはその企業の情報をしっかりと収集することをおすすめします。

就活の面接は土日にあるのか

就活の面接についてまだよく知らない人の場合、平日ではなく土日に面接を行うというのは実際あることなのか、と思ってしまうでしょう。

これに関しては平日ではなく、土日に面接を行うケースは間違いなく存在すると言えます。

平日ではなく土日に面接が行われる場合、どうしてもプライベートの予定やアルバイトなどと被ってしまい、スケジュールの調整が難しくなってしまいますので、就活生からすれば土日の面接はあまり歓迎できるものではありません。

土日に就活の面接がある企業は大丈夫なのか

平日ではなく土日に面接を行う、と言われた場合まず真っ先に気になるのが、この企業は本当はブラック企業なのではないか、ということです。

結論から言いますと、土日に面接を行うということだけでブラック企業かどうかを判断することは不可能です。

企業側のどうしようもない事情で平日ではなく土日に面接を行うことは、特殊ではありますが確かに存在するケースですので、土日に面接を行うこととブラック企業であることを結び付けるのは間違いだと言えるでしょう。

土日に就活の面接がある企業の3つの特徴

土日に就活の面接がある企業の3つの特徴について詳しく解説していきます。

土日に就活の面接がある企業の特徴には、平日が定休日のサービス業種企業である、企業の人員が少ない中小企業である、学生の予定を優先する企業であるといったものがあり、これらの特徴に当てはまる企業の場合、平日ではなく土日に面接を行うことも十分に考えられます。

逆にこういった要素がどこにもないと思われるにもかかわらず、何故か平日ではなく土日に面接を行うような企業は何かしら問題がある可能性もありますので、そういった企業の就職試験を受けることになった時は、現役社員の勤務実態などの情報収集をしっかりと行ってみることをおすすめします。

  • 土日に面接がある企業の特徴1:平日が定休日のサービス業種企業
  • 土日に面接がある企業の特徴2:企業の人員が少ない中小企業
  • 土日に面接がある企業の特徴3:学生の予定を優先する企業

土日に面接がある企業の特徴1:平日が定休日のサービス業種企業

土日に就活の面接がある企業の特徴の一つは、平日が定休日のサービス業種企業であることです。

サービス業の場合、むしろ土日の方が社員が多く出社しているということも多く、結果的に定休日のある平日ではなく土日に面接を行う、というケースもよく見られます。

サービス業界に就職を希望している人は平日ではなく土日に面接を行う、と聞いても社員を容赦なく働かせるブラック企業を受けてしまったのではないか、と慌てたりせずにこの業界なら自然なことだ、というくらいの気持ちで土日の面接に臨むとよいでしょう。

土日に面接がある企業の特徴2:企業の人員が少ない中小企業

土日に就活の面接がある企業の特徴の一つは、企業の人員が少ない中小企業であることです。

中小企業の場合大企業と違って平日は仕事をして土日は休む、といった厳密なスケジュールが存在しないことが多く、そのため土日に面接を行うというケースもそう珍しいものではありません。

志望先が中小企業であるとあらかじめわかっている場合、土日に面接が行われる可能性をあらかじめ想定しておき、面接が行われそうな期間は土日の予定を最小限にしておくことで対応氏がしやすくなるでしょう。

土日に面接がある企業の特徴3:学生の予定を優先する企業

土日に就活の面接がある企業の特徴の一つは、学生の予定を優先する企業であることです。

就活生の事情をしっかりと考慮してくれる企業の場合、平日に面接を行うのが都合が悪いのであれば土日に面接を行う、といった対応を取ってくれる場合もあります。

こういった事情で土日に面接を行ってくれる企業の場合、ブラック企業とは正反対の非常に優良な企業であると言えますので、一層対策に力を入れて内定獲得を目指すことを強くおすすめします。

土日に就活の面接をする企業側の3つの理由

土日に就活の面接をする企業側の3つの理由について詳しく解説していきます。

土日に就活の面接をする企業側の理由には、採用担当者が揃うのが土日だから、平日は忙しく時間が取れないから、特定の学生を積極的に採用したいからといったものがあり、こういった事情が背景にあることをあらかじめ知っておくことで、土日ではなく平日に面接が行われることへの抵抗感を減らすことができます。

反面明らかにこういった事情がなさそうであるにもかかわらず土日に面接を行うような企業は、警戒を強めた方がいいと言えるでしょう。

  • 土日に面接をする企業側の理由1:採用担当者が揃うのが土日だから
  • 土日に面接をする企業側の理由2:平日は忙しく時間が取れないから
  • 土日に面接をする企業側の理由3:特定の学生を積極的に採用したいから

土日に面接をする企業側の理由1:採用担当者が揃うのが土日だから

土日に就活の面接をする企業側の理由の一つは、採用担当者が揃うのが土日だからというものです。

業務量が多く社員が常に忙しく働いている企業の場合、平日は採用担当者がどうしても揃うことができず、仕方なく土日に面接を行うというケースも存在します。

こういったケースの場合その企業がブラック企業であるかどうかは判断できませんが、就職してからの生活が非常にハードなものになることは予想できますので、入社を希望するのであれば相応の覚悟をしておく必要があります。

土日に面接をする企業側の理由2:平日は忙しく時間が取れないから

土日に就活の面接をする企業側の理由の一つは、平日は忙しく時間が取れないからというものです。

平日は通常の業務をこなすのに手一杯で採用活動に割ける時間がない、という企業の場合平日ではなく土日に面接を行うこともよく見られます。

ただこういった企業は入社してからブラックかそれに近いレベルの過酷な業務を強いられるケースも多いため、土日の面接で採用担当者の人が余裕のない様子であった場合、本当にこの企業に入社してやっていけるのかどうか、改めて考え直してみることをおすすめします。

土日に面接をする企業側の理由3:特定の学生を積極的に採用したいから

土日に就活の面接をする企業側の理由の一つは、特定の学生を積極的に採用したいからというものです。

企業によっては特に見込みのある学生を積極的に獲得した場合、その学生の都合に合わせて平日ではなく土日に面接を行うといった、いわゆる特別待遇を行うこともあります。

もしも企業側がそのような対応をしてくれるのであれば非常に高く評価されていることの表れですので、是非積極的に内定を獲得しに行ってみるとよいでしょう。

土日の就活でブラック企業かどうかを判断する基準

土日の就活でブラック企業かどうかを判断する2つの基準について詳しく解説していきます。

土日の就活でブラック企業かどうかを判断する基準には、土日が休日なのに土日に面接をする、平日でも土日でも遅い時間に面接をするといったものがあり、これらの基準を満たしている企業はブラック企業である可能性が一気に高くなりますので、警戒が必要だと言えます。

今はネットを使って実際に働いている社員の評価を調べることもできますので、もしブラック企業ではないかという疑いを持った時は積極的にその企業の評価を調べていくことで自分の身を守ることができます。

  • 基準1:土日が休日なのに土日に面接をする
  • 基準2:平日でも土日でも遅い時間に面接をする

基準1:土日が休日なのに土日に面接をする

土日の就活でブラック企業かどうかを判断する基準の一つは、土日が休日なのに土日に面接をすることです。

休日であるはずの土日に面接を行うということは、平日の業務が過酷すぎて採用活動に回す時間がないケースや、休日に業務を行うことが常態化しているケースなどが考えられます。

どちらのケースであっても企業として健全である、とは言い難く、このような企業を志望してしまった場合はもっと健全な企業に志望先を切り替えてみることをおすすめします。

基準2:平日でも土日でも遅い時間に面接をする

土日の就活でブラック企業かどうかを判断する基準の一つは、平日でも土日でも遅い時間に面接をすることです。

遅い時間に面接をするということは社員や就活生の負担を考えていないということであり、そういった企業に入社してしまうと体や心の負担を考えない非常に過酷な働き方を強制される可能性が高くなりますので、警戒心を強めておいた方がよいでしょう。

土日の就活とバイトを両立する方法とは

土日の就活とバイトを両立する3つの方法について詳しく解説していきます。

土日の就活とバイトを両立する方法には、バイトに入る時間帯を調整する、就活中はバイト時間を減らす、就活に理解のあるバイト先で働くといったものがあり、これらの方法を頭に入れた上でしっかりと実践することができれば、たとえ土日に就職試験や面接が行われることになったとしてもスムーズに対応することが可能になります。
またそれでも問題が起きてしまった際は、採用担当者の人に一秒でも早く連絡をすることを常に心がけてください。

  • 就活とバイトを両立する方法1:バイトに入る時間帯を調整する
  • 就活とバイトを両立する方法2:就活中はバイト時間を減らす
  • 就活とバイトを両立する方法3:就活に理解のあるバイト先で働く

就活とバイトを両立する方法1:バイトに入る時間帯を調整する

土日の就活とバイトを両立する方法の一つは、バイトに入る時間帯を調整することです。

土日に限らず就活の面接はそれほど遅い時間に行われることはありませんので、就活期間中はバイトに入る時間帯をできるだけ遅めの時間にしておくことによって、就活の時間帯と被ってしまうリスクを最小限にすることができます。

就活とバイトを両立する方法2:就活中はバイト時間を減らす

土日の就活とバイトを両立する方法の一つは、就活中はバイト時間を減らすことです。

就活中は肉体と精神にかなりの負荷がかかり、そのため無理にバイトと就活をまとめてやろうとすると思わぬ怪我をしてしまったり、あるいは病気になってしまう危険性もあります。

急に土日に面接が入ってしまった、というような緊急事態に無理なく対応するためにも、就活中のバイトのシフトはむしろ少なすぎるのではないかと感じる程度にするとよいでしょう。

就活とバイトを両立する方法3:就活に理解のあるバイト先で働く

土日の就活とバイトを両立する方法の一つは、就活に理解のあるバイト先で働くことです。

就活に理解のあるバイト先で働いていれば、就活なので休みたいと希望した際に快く対応してもらうことができるでしょう。

またもしそういった希望を出した際に嫌な顔をされるのであれば、バイト先を変更することも検討してみてください。

就活とバイトを両立するために大事なこと

就活とバイトを両立するためにはとにかく余裕を持つことが大事です。

余裕なく毎日動き回っていると段々と体や心に負荷が溜まっていき、思わぬところでそれが爆発して大きな問題に繋がるということも考えられますので、あまり根を詰めすぎることなく、たまには遊びに出かけるなどして積極的にリフレッシュすることを心がけてください。

就活の面接が土日にある企業も バイトを調整しながら両立しよう

就活の面接が土日にある企業を志望した場合、始めは驚くかもしれませんが土日に採用活動を行う企業だからといって必ず問題があるわけではありませんので、その企業がどういった事情で土日に面接を行うのかを考えた上で、バイトと土日の就活の両立を目指してみてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事