ネクタイ

高学歴の人は就活に成功する確率が高いと考えている人も多いのではないでしょうか。

実際に日本は学歴社会でもあるため、学歴は重視されやすく、高学歴であるほど就活が成功しやすいです。

しかし高学歴だからこそ就活が必ずしも成功するというわけではありません。

失敗して負け組になる人もいるので、失敗・負け組にならないための就活の方法を就活HacKでは解説しています。

高学歴でも就活に失敗することはある

高学歴は一つの武器・ステータスとなることは確かな事実ではありますが、高学歴の人でも就活に失敗する人は多いです。

特に高学歴の人は自分のステータスを把握・自己分析ができている人が多いため、他の人と比べて自己評価が高い場合が多い傾向にあります。

しかし高学歴が就活に失敗した場合はかなり落ち込んでしまいやすく、周りからも負け組だと判断されてしまいがちです。

就活に失敗して負け組になってしまうのにも原因があるので、失敗してしまう原因や対策方法・就活に役立つおすすめ就活エージェントをご紹介します。

高学歴でも就活に失敗する3つの原因

  • 高学歴を理由に就活対策をしていない
  • 高卒者は離職率が高いと判断されるため
  • 求人の応募条件に当てはまらないため

まずは高学歴の人でも就活に失敗する原因を3つ解説していきます。

高学歴の就活では成功確率が高いものの、失敗しやすいポイント・原因も把握していないと負け組になってしまう可能性が高いです。

就活に失敗して負け組にならないためにも3つの失敗しやすいポイントはチェックしておきましょう。

原因1:高学歴を理由に就活対策をしていない

全ての高学歴の人が就活対策をしないというわけではありませんが、就活を甘くみて対策を行わずに挑むという人はたくさんいます。

いくら高学歴であっても、職種によっては学歴以外の違うポイントを求めている場合があるため、誤認して面接をしてしまうとすんなり失敗する場合も多いです。

さらに高学歴の場合は企業側としてもより注目して面接などをチェックするため、下手な発言・行動をしてしまうとマイナスになりやすいです。

高学歴だからこそ就活が必ず成功するというわけではないので、失敗しないためにも就活対策をしっかりとしておくようにしましょう。

原因2:面接でのアピール方法が良くない

実際に高学歴の就活生に見られやすい傾向なのですが、面接でのアピール方法が悪いという人は多いです。

面接はかなり重要で、高学歴の就活生で面接で落とされて負け組になったという人も少なくありません。

高学歴は社会に出た時の一つの武器・ステータスになりますが、この武器に頼りすぎて鼻に掛けた話し方を行ってくる人もいます。

いくら高学歴の就活生であっても、社会・企業に馴染めなさそうな人は企業側も採用したいと考えないため、落とされやすいです。

単純にアピールが苦手な人もいますが、しっかりと就活対策を行うと解決できる話でもあるので、高学歴であっても面接のアピール方法もしっかりと考えるようにしてください。

原因3:就活偏差値の高い企業ばかり応募している

さらに高学歴の就活生で就活に失敗する原因として「就活偏差値の高い企業ばかりに応募」をして失敗・負け組になったという人も多いです。

就活偏差値が高い企業は優良大手企業の場合がほとんどですが、当然さらに高学歴の人や高スキル持ちの人が応募します。

ステータスだけにこだわりすぎて就活偏差値が高い企業しか応募せず、そのまま就活が成功せずに卒業してしまい、就活に失敗してニートになったという人も少なくありません。

競争率が高いところは自分よりさらにスペックが高い就活生と競争する場合がほとんどなので、よほどの自信がないかぎりは満遍なく多くの企業に応募するのがおすすめです。

高学歴で就活に成功するための4つの対策法

  • アピールできる実績を作る
  • メンターの意見を就活に活かす
  • 就活エージェントのサポートを利用する
  • 高学歴を過信せず就活対策をする

次は高学歴の就活生が就活を成功させるための4つの対策方法について解説していきます。

何度も挙げているように高学歴だから就活に必ず成功するというわけではありません。

失敗する人と失敗しない人では成功させるための対策方法を知っているかどうかで分かれるといっても過言ではありません。

自分の希望する職種・業界に就職する・就活を失敗させないためにもさまざまな点を意識して行動をすることが重要です。

就活を失敗したくない人・成功させたいと考えている高学歴の就活生は必見です。

対策法1:アピールできる実績を作る

まず就活を失敗させたいためにも下準備が重要になります。

というのも、高学歴という一つの武器で面接に挑むのもいいですが、一つの武器よりも複数の武器で挑む方が就活の成功率が高まります。

複数の武器を作るためにもまず自己分析を行い「他の人に負けないアピールポイント・実績」を作るようにしましょう

言葉でいうことはもちろん簡単ですが、他の人に負けないポイントや実績を作ることはかなり大変です。

客観的に自分自身を判断する必要があるため、まずは自己分析から行って面接時に活かせる実績を作るのがおすすめです。

対策法2:メンターの意見を就活に活かす

自分の身近な存在の仕事をしているメンターの意見を就活に活かすようにしてください。

メンターはできれば就活してから1歳から3歳上の先輩ではなく、3歳以上離れているメンターの意見を参考にするのが好ましいです。

3歳以上離れているメンターであれば社会・企業の立ち回りの仕方や企業がどのような人材をチェックしているのかなどを教えてくれる可能性が高いといえます。

自分の周りの就活に活かせるようなメンターがいない場合はプロに任せるかSNS・ネットなどで相談してみるようにしてください。

対策法3:就活エージェントのサポートを利用する

高学歴の就活生は自分の力だけで探そうとする人も多いのですが、就活エージェントを利用するのもおすすめです。

就活エージェントはプロが一緒になって就活をしてくれるため、より自分に合った案件を見つけることができやすいといっても過言ではありません。

さらに就活エージェントの多くは面談をしてくれるため、自分のアピールポイントや弱点を客観的に判断して見つけてくれます。

就活エージェントを利用すると恥ずかしいと考える人もいますが、素直に就活エージェントの利用や努力をせずに就活に失敗する方が恥ずかしいと周りから見られやすいです。

就活エージェントは自分では気づけなかったポイントも指摘してくれるため、高学歴の就活生にもおすすめです。

対策法4:高学歴を過信せず就活対策をする

就活を成功させるためにも「高学歴」であることを過信しすぎないようにしましょう。

高学歴の人で就活に失敗する人は過信しすぎてしまっている人がほとんどです。

高学歴はステータスにはなるものの、過信をして就活対策をしないと企業側に見透かされて落とされる場合も多いです。

就活偏差値が高ければ高いほどやはり応募してくる量も多いため、人事採用担当者の目利きがしっかりとしています。

高学歴という点にあぐらをかいていることが見抜かれてしまうため、失敗して負け組にならないためにも就活対策はしっかりとしましょう。

就活における高学歴のメリット

  • インターンシップの面接に通りやすい
  • 書類選考で足切りされにくい
  • リクルーター面接の機会に恵まれる

次は就活における高学歴の3つのメリットについて解説していきます。

高学歴だからといって就活対策をしないと失敗・負け組になってしまいますが、高学歴ならではの魅力もやはり存在します。

どのような点が就活に活かせるのか3つのメリットをぜひチェックしてみてください。

メリット1:インターンシップの面接に通りやすい

インターンシップは特定の職の経験を積むために労働の体験ができる期間を指しますが、インターンシップの面接に通りやすいです。

やはり就活でも人気の企業・職業はインターンシップ希望率も高く、インターンシップがしたくても面接に落ちるという人も多いです。

しかし高学歴の場合はインターンシップも優遇してもらいやすく、面接も通りやすいため、より良い経験を身に着けることができます。

メリット2:書類選考で足切りされにくい

常に人材を募集している企業ではありえないことではありますが、大手企業など応募数が多い企業では書類選考で足切りをするところもあります。

やはり人気がある企業は応募数が多いため全ての書類に目を通すことはほぼ不可能です。

そのため企業にとって優良に感じる人を学歴などから判断して足切りされることも多いです。

高学歴だとこのような足切りをされることがないため、しっかりと書類選考をしてもらいやすいといえます。

メリット3:リクルーター面接の機会に恵まれる

さらに大きなメリットとして挙げられるのが「リクルーター面接の機会に恵まれる」です。

リクルーターも良い人を採用したいと考えるため、より自身の企業にあった就活生を探します。

高学歴であればリクルーターが大学に来ていることも多く、面接の機会を得ることも多いです。

もちろん必ず面接の機会をもらえるというわけではありませんが、リクルーターの人と遭遇した場合は面接ができる場合や話を聞いて情報収集をできる可能性が高いです。

チャンスを掴むことができる可能性も高い失敗する可能性は下がります。

この点からも高学歴の就活生は転職成功率が高いといわれています。

高学歴の就活に役立つ就活エージェント3選

会社名 求人数
キャリアチケット 非公開
Offer Box 非公開(登録企業は7,060社以上)
unistyle 非公開(登録企業は900社以上)

次は高学歴の就活生が負け組にならないためにもぜひ利用していただきたい就活エージェントを3つご紹介します。

どの就活エージェントも優良案件を取り扱っている上に手厚いサポートをしてくれます。

さらに就活エージェントによっては就活に失敗しやすいポイントを教えてくれるコラムがある場所もあります。

就活を成功させたいと考えている人・失敗したくない人は就活エージェントも必見です。

就活エージェント:キャリアチケット

キャリアチケットは高学歴の就活生が利用していることが多い就活エージェントです。

求人数は非公開になっているためどのくらい求人数があるのかはっきりとした数字はわかりませんが、他の就活エージェントと見比べた感じても量は少ないです。

しかしキャリアチケットは案件の量よりも質を重視しており、優良企業などをチェックすることができます

就活エージェント:キャリアチケットの特徴

求人の数 非公開
求人の質 良し
求人の量 少ない
サポート力 あり(セミナーやカウンセリング)
提案力 あり(フィードバックあり)
得意分野 あり

キャリアチケットは求人の量が少ないものの質がいいため多くの人から人気があります。

さらにセミナーやカウンセリングもしっかりと行っているため、悩みや不安を抱えやすい就活生に寄り添ってくれる形でサポートしてくれます。

就活のプロに相談しながら就職先を探せる点でも好評です。

失敗しそうと悩んでいる状態ほど失敗する可能性が高いので、不安や悩みがある人はまず不安・悩み解消からするのがおすすめです。

就活エージェント:キャリアチケットの口コミ

キャリアチケットは自分に合った情報収集や就職先案件を見つけることができることから、時間効率が良くてコスパに優れていると好評です。

時間配分が上手くいかずに就活に失敗したという人も多いので、このような時間効率においての失敗を防げます。

さらにしっかりとした手厚いサポートを受けることができるのに無料という点も就活生には嬉しい点といえます。

就活エージェント:Offer Box

Offer Box(オファーボックス)も高学歴の就活生が利用していることが多い就活エージェントです。

特にOffer Boxは高学歴の就活生にうってつけといっても過言でなく、企業側が学生の情報をみてオファーを送ってくれます

そのため学歴や自分の実績に自信がある人はどんどん企業側からオファーが来るようなシステムになっています。

就活エージェント:Offer Boxの特徴

求人の数 非公開
求人の質 良い
求人の量 多い(登録企業は7,060社以上)
サポート力 あり(セミナーやイベントに参加できる)
提案力 あり(自己分析ツールあり)
得意分野 なし(バランスがいい)

Offer Boxでもセミナーやイベントを受けることができますが、自己分析ツールがあるため、自己PRを考えるときにも役立ちます

得意分野はバランスがいいためこれといった突出している分野はありません。

7,060社以上が登録しているため、他分野の企業から誘いを受けることもできます。

さまざまな業種から話を聞きたいと考えている人にもおすすめです。

就活エージェント:Offer Boxの口コミ

Offer Boxでは企業側からのオファーが来るため、書類選考を飛ばしていきなり面談を行うことも多いです。

そのため、他の人よりも一歩リードした状態で就活を行うことができます。

情報収集を疎かにして就活に失敗している人も多いので、情報収集をたくさんして失敗しないように行動したい人にも人気があります。

利用料金も完全無料なので、高学歴の就活生にはイチ推しです。

就活エージェント:unistyle

就活生の中でもエントリーシートの作成が苦手な人や不安解消をしながら進みたい人におすすめなのが「unistyle(ユニスタイル)」です。

大手企業にエントリーしたい人やメンターがいないような人におすすめで、すでに内定している人のエントリーシートを実際に見て参考にすることもできます

さらに就活に関するコラムなどをチェックすることができるため、就活に関する情報収集をしたい人にもおすすめです。

就活エージェント:unistyleの特徴

求人の数 非公開
求人の質 良い
求人の量 やや多い(900社以上登録)
サポート力 あり(自己分析ツールやエントリーシートチェック可能)
提案力 あり(採用直結イベントや、企業の説明会)
得意分野 あり(IT系・食品系・外資系)

unistyleも求人の質がいいことでも絶賛されています。

IT系や食品、電機・精密系などを多く取り扱っていますが、外資系も多いため実力で登りつめたい人にもおすすめです。

さらに採用に直結するイベントの案内もある上に、企業の説明会もあるため情報収集目的で登録する人もたくさんいます。

就活に関するテクニック・コラムもチェックできるため、就活に悩んでいる人にも人気です。

就活エージェント:unistyleの口コミ

エントリーシートはとても重要ですが、unistyleは成功者のエントリーシートを10,000件以上あるためかなり参考になると好評です。

就活を成功させるためのプロセスを学ぶことができ、少しでも周りの人よりもリードした状態で書類選考や面接に挑むことができます。

エントリーシートが上手に書けずに失敗したという例も多いため、失敗しないエントリーシートを書きたい人におすすめです。

就活における高学歴の基準は

就活における高学歴の基準について調べる人も多いです。

わかりやすく高学歴の人をまとめると「国立大学、MARCHG、関関同立」の人が高学歴の人に該当します。

大学生の偏差値上位10%が高学歴に該当すると考えるとわかりやすいです。

高学歴でも失敗しないよう就活対策が必要

高学歴の人でも就活を失敗して負け組になることはあります。

失敗する人と失敗しない人では対策の有無で大きく異なります。

就活対策はかなり重要で、しっかりと成功させたい場合は就活を成功させるコツと就活エージェントを上手に利用するのがおすすめです。

周りの人よりも一歩リードした状態で就活を行うためにも就活対策はしっかりと行いましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事