就活の証明写真の背景は何色が良い?色の3つの選び方と避けるべき色も紹介!

就活の証明写真は、選考のときに大きく影響する大事な要素です。身だしなみ以外にも、背景の色にも気をつけなくてはならないポイントがあります。就活写真の背景の色は何を選ぶべきなのか、紹介します。

就活の証明写真のマナーは選考を左右する

就活の証明写真における背景の色は、面接と同じくらい、マナーに気を遣う必要があります。

証明写真は、基本的に三カ月以内の新しいものを使う、写真が剥がれても誰の物かわかるように裏側には名前を書く、加工はしすぎない、などのマナーがあります。

顔つきも、緊張してこわばった怖い顔などではなく、少しだけ愛想よく微笑むくらいの笑顔が理想的など、表情一つ一つまで細かな注意点があります。

背景に関しても、無地を選ぶ、派手な背景の色は選ばない、などのマナーがあります。

とくに、背景に私物が写り込んでいたり、屋外だったり、無地でも壁紙らしい凹凸がわかる背景だったり、スナップショットと思われる写真はマナー違反です。

プロのカメラマンに撮ってもらうのが理想ですが、せめて証明写真機を使い、「背景は無地」を徹底しましょう。

就活の証明写真の背景色は何色が良いか

証明写真の背景は、機械による撮影機でもプロのカメラマンに依頼する方法でも、色を選べるところがほとんどです。

無難なのは、清潔感のある白、爽やかな印象のブルー、落ちついたイメージを与える薄いグレーです。

他に、ピンクやグリーンなどの明るい色の背景や、グラデーション背景を選ぶこともできます。

しかし、証明写真の背景で個性を強調しすぎると、悪い印象として残る場合の方が多いので、無難なカラーを選択しましょう。

背景の色以外にも言えることですが、就活の証明写真では、基本的には派手さや印象強さよりナチュラルさが大切になります。

白・グレー・ブルーの背景が一般的ではありますが、業種によってはピンクやブラウンなどの珍しいカラーも選択肢に入ります。

スーツや自身の顔立ちの印象、狙っている業界に合わせ、メイクや髪型を変えるように写真の背景の色も柔軟に変えていきましょう。

就活の証明写真の各背景色の特徴

証明写真は、白背景、青背景、グレー背景の三つの中から選ぶのがおすすめです。
背景の色によって顔つきも変わって見えるほど、与えられる印象はがらりと変わります。

白・青。グレーのそれぞれの色が持つ特徴を、メリットとデメリットの両方の視点から解説していきます。

  • 白背景の特徴
  • 青背景の特徴
  • グレー背景の特徴

白背景の特徴

白は、一番シンプルで無難な背景です。

プレーンな背景なので、写真に写る人物がハッキリと目立ちます。

ただし白はシンプルゆえに、明るさの調整やプロのカメラマンの撮影技術が必要になる色になります。

人物がくっきりと浮き上がりすぎて不自然な印象になることもある、難しい色でもあります。

肌の色が白い人や、白い服装のときなどは、逆にぼやけた印象になることもあります。

自然な仕上がりの白い背景の証明写真を目指す場合は、機械ではなくプロに依頼する方が良いでしょう。

青背景の特徴

青背景の証明写真は、爽やかで清潔感のある印象になります。

青のグラデーションは証明写真でも多く使われる背景でもあるので、適度に個性を出しつつもマナー違反になる心配もありません。

ただし、ひとくちに青色と言っても、自分の肌の色によって似合うブルーは違います。

肌が黄味よりか青みよりかによっては、爽やかどころか正反対の暗くて老けた印象になることもあります。

証明写真の背景として選ばれる青色は、薄い水色が多いです。

薄い水色が自分の肌に合わない場合は、使用を控えましょう。

グレー背景の特徴

グレー背景は、とても落ち着いた印象になります。

真っ白な背景だとどうしても浮く、爽やかな青だと似合わない、という人には試す価値ありの背景色です。

注意点としては、濃いグレーだと写真全体の印象が暗くなってしまいます。

グレーを背景の色に選ぶ場合は、薄いグレーを選びましょう。

就活の証明写真の背景の3つの選び方

就活の証明写真の背景は、白色、青色、グレーの三つによって、与えられる印象がまったく違います。

自分に合う背景の色は、どうやって選べばいいのかを紹介します。

  • 選び方1:フレッシュな印象にするなら白を選ぶ
  • 選び方2:爽やかな印象を目指すなら青を選ぶ
  • 選び方3:落ち着いた印象にするならグレーを選ぶ

選び方1:フレッシュな印象にするなら白を選ぶ

白い背景は、証明写真の定番の色味です。

白い背景にしておけばマナー違反になることはないという、安心感の強い色でもあります。

清潔感のある色なので、フレッシュな印象になります。

上手に撮れば、光の反射で顔色が良く見える効果もあります。

就活の証明写真の背景で迷ったら、とりあえず白にしておきましょう。

ただし、肌の色が白い人は、光すぎて顔の印象がぼやけてしまうこともあるので、注意が必要な色味です。

選び方2:爽やかな印象を目指すなら青を選ぶ

青い背景は、白よりも人物がハッキリと写って見えるので、顔の印象を強く残したい人におすすめの色です。

背景全体を青色で統一すると、青が似合わない人は顔色が悪くなってしまうので、グラデーション背景を利用するなど工夫をこらしましょう。

また、証明写真は面接と同じように、採用担当者と就活生が視線を交わして見つめ合うものです。

背景の色に気を取られて肝心の顔に注目されない、という事態にならないよう、青色は派手な原色や濃い色ではなく、薄めのブルーを選びましょう。

選び方3:落ち着いた印象にするならグレーを選ぶ

グレーの背景は、落ち着いた印象になります。

白いシャツを着用して証明写真を撮る際にもおすすめです。

グレーの背景なら、白いシャツに白い背景だとあまりに光りすぎて浮いてしまう、ということもなくなります。

就活の証明写真で避けるべき色は派手な色や暗い色

就活の証明写真では、赤色などの派手な色は避けましょう。

また、柄物なども就活の場ではマナー違反になる場合もあり、非常識な人だと捉えられてしまう危険があります。

質素で味気ないと感じても、無地の背景を選ぶようにしましょう。

就活での証明写真では、映えや個性の強調はひとまず二の次です。

礼節を第一に、自分の志望する業界には、どのようにアピールするのが効果的かを考えましょう。

また、黒くなってしまうような濃いグレーや青などの暗い色も控えましょう。

グレーや青を背景の色として選びたい場合は、薄めに抑えましょう。

ブルーやグレーにして顔の印象がぼやけてしまうときは、無理に色味のある背景を選んで個性を出そうとはせず、白い背景で勝負しましょう。

就活の証明写真でグラデーションは使っても良いか

就活での証明写真にグラデーションを使うのはOKです。

グレーや青の単色の背景よりも、グラデーションにした方が好印象に見えやすい場合もあります。

グレーやブルーのグラデーションなら、個性を出しつつもマナー違反にならないので、白い背景がどうしても似合わない人や、少し個性的な印象を与えたい場合は、選択肢に加えてみましょう。

就活の証明写真はなりたい印象から背景色を選ぼう

証明写真の背景は、白は無難ながらもフレッシュな印象に、ブルーはマナー違反にならず爽やかな印象に、グレーは落ち着いた大人っぽい印象になります。

それぞれの色が持つ特徴をふまえて、自分の顔立ちや与えたい印象、狙う業界に合わせて背景の色を変えていきましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事