就活でTOEICが有利な3つの理由!必要スコアの点数や事例なども紹介!

TOEICは社会で通用する英語の能力を測るための試験としてとても有名ですが、就活生の中にはTOEICで高得点を取ったからといって、本当に就活が有利になるのか疑問に思っている人も多いと思います。

確かにTOEICは就活において一般的になりすぎてしまっているところもありますが、それでも就活をするならTOEICは絶対に高得点を目指した方がいいと断言できます。この記事ではTOEICの高得点を取っていると就活で有利になる理由や具体的な事例について紹介していきますので、TOEICが本当に使える資格なのか知りたい就活生は是非読んでみてください。

TOEICで就活が有利になるって本当?

TOEICは就活で役に立つ資格としてよく話題にされる英語の試験ですが、TOEICは高得点を取っているのが当たり前になってしまって、就活で役立つ資格としての価値はそれほどないのではないか、と思う就活生の人もいるかと思います。

ですが実際はTOEICで高得点を取っていることを高く評価する企業や、応募条件の中にTOEICで高得点を取っていることがある企業は多く存在していますし、特に大手の企業や外資系企業にその傾向が強く見られます。

もしも大手の企業や外資系企業への就職を目指しているのであれば、TOEICで高得点を取ることで間違いなく有利になると言えるでしょう。

就活でTOEICが有利な3つの理由

就活をする時にTOEICで高得点を取っていると有利である3つの理由について詳しく解説をしていきます。

就活をする時にTOEICで高得点を取っていると有利な理由には、就活市場ではグローバルな人材が求められている、企業側が他の就活生と比較しやすい、自己アピールにも活用できるといったものがあり、どれも就活においては大きなメリットであると言えます。

もしTOEICを勉強しているけどモチベーションが上がらないという人は、これらのメリットを把握しておくことでやる気を取り戻すことができるでしょう。

  • グローバルな人材が求められている
  • 企業側が他の就活生と比較しやすい
  • 自己アピールにも活用できる

グローバルな人材が求められている

就活をする時にTOEICで高得点を取っていると有利な理由の一つとして、就活市場ではグローバルな人材が求められていることが挙げられます。

今は国内の企業であっても海外の取引先とやり取りをすることは当たり前であり、当然英語を使う機会も非常に多くなっています。

今やビジネスの世界では英語はできて当たり前、といった見方もありますので、TOEICで高得点を取っておくことで海外とのやり取りを行う業務を安心して任せられる人材である、と認識してもらうことができます。

企業側が他の就活生と比較しやすい

就活をする時にTOEICで高得点を取っていると有利な理由の一つとして、企業側が他の就活生と比較しやすいことが挙げられます。

TOEICは得点によって優劣が簡単に比較でき、そのためどちらの就活生がより優れた能力を持っているかを判断する時間と手間を節約できるというメリットがあります。

ただしこのメリットはTOEICで高得点を取っている人にのみ適用されるメリットであり、点数があまり高くない人にとってはデメリットにもなり得ますので注意してください。

自己アピールにも活用できる

就活をする時にTOEICで高得点を取っていると有利な理由の一つとして、自己アピールにも活用できることが挙げられます。

就活のために努力してTOEICで高得点を取った、と履歴書や面接で自己アピールすることで採用担当の人から、目標達成のためにしっかりと努力ができる人という印象を持ってもらうことができます。

とはいえあまりにもTOEICのことをアピールしすぎると、自己主張の強い人だと思われてマイナスの印象になってしまうことも考えられますので、TOEICのことをアピールするのは飽くまでも程々にしておきましょう。

就活に有利なTOEICスコアはどれくらい?

就活で有利になるTOEICスコアの具体的な基準について表にまとめましたので、TOEICのことを就活でアピールするためにはどのくらいの点数を取ればいいのか知りたい、という人は参考にしてみてください。

就活で有利になるTOEICスコアの具体的な基準にはおよそ4つの段階があると言われており、650点以上、700点以上、800点以上、900点以上に区分されています。

もしも海外のクライアントとのやり取りが多い企業への就職を希望しているのであれば、少なくともTOEICスコア800点以上を目標にするようにしてください。

TOEIC点数 レベルに関する記述
650点以上 履歴書に書ける
700点以上 簡単な仕事のやりとりができる
800点以上 高度な仕事のやりとりができる
900点以上 専門書を読む・議論ができる

650点以上で履歴書に書ける

就活で有利になるTOEICスコアで履歴書に書けるレベルなのが、TOEICスコア650点以上です。

これ以下のTOEICスコアを履歴書に書いてしまうとかえってマイナスの印象になってしまいますので、TOEICスコアが650点以上でない人はより高い点数が取れるよう、努力することをおすすめします。

また英語力を重視する業界や企業の場合、TOEICスコアが650点以上であっても特に評価されないケースもありますので、自分が志望している業界や企業が就活生にどのくらいの英語力を要求するのか、しっかりと把握しておくようにしてください。

700点以上で簡単な仕事のやりとりができる

就活で有利になるTOEICスコアで簡単な仕事のやりとりができるレベルが、TOEICスコア700点以上です。

これだけのスコアを取れていれば一般的な企業であれば、十分な英語力があると判断され高評価になるでしょう。

ただし高度な英語力が求められる企業を志望している場合、採用担当の人からすると物足りないスコアとなってしまいますので、もし可能であれば努力を重ねて更なる高得点を目指してみてください。

800点以上で高度な仕事のやりとりができる

就活で有利になるTOEICスコアで高度な仕事のやりとりができるレベルが、TOEICスコア800点以上です。

もし新卒でTOEICスコア800点以上というレベルに達しているのであれば、英語力において力不足だと判断されることはほとんどないと言えます。

履歴書や面接の自己アピールも積極的に行っていいレベルですので、英語力が高いことが高評価に繋がる企業を志望しているのであれば、TOEICスコア800点以上であるということを大いに活用するとよいでしょう。

900点以上で専門書を読む・議論ができる

就活で有利になるTOEICスコアで専門書を読んだり、その内容について議論ができるレベルがTOEICスコア900点以上です。

このレベルになってくると、トップクラスの外資系企業からも十分な英語の能力があると判断されます

TOEICスコア900点以上を取ることは非常に困難ですが、それに見合うだけのリターンはありますので、英語を徹底的に磨き上げて就活における自分の武器にしたい、と考えている就活生は是非TOEICスコア900点以上を目標に頑張ってみてください。

TOEICが就活で有利に働く事例をチェック!

TOEICで高い点数を取ることによって就活で有利に働く事例について詳しく紹介をしていきますので、本当にTOEICは就活で使える資格なのか疑っている就活生は是非目を通してみるとよいでしょう。

ここではTOEICで高い点数を取ることが有利に働く事例、TOEICが有利に働く業界、そして新卒採用で一定のTOEICスコア基準に満たない場合応募することが不可能な企業について具体的なケースを紹介していきます。

特に新卒採用で一定のTOEICスコア基準に満たない場合応募することが不可能な企業については、自分がどれだけ高いTOEICスコアを取れたかによって応募できるかどうかが決まってしまいますので、志望する前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

  • TOEICが有利に働く事例
  • TOEICが有利に働く業界
  • 新卒採用でTOEICスコア基準がある企業

TOEICが有利に働く事例

TOEICで高い点数を取ったことで就活が有利になった具体的な3つの事例について、詳しく解説をしていきます。

TOEICで高い点数を取ったことで就活が有利になった具体的な事例としては、英語ができる人という印象を持ってもらえた、スコア獲得までの過程もアピールにつながった、業界によってはエントリーの時点で強みになるといったものがあり、どれもTOEICで高い点数を目指すモチベーションを高めてくれるものばかりです。

TOEICを頑張って勉強しているけど、本当に就活の役に立ってくれるのか不安だという人は是非読んでみてください。

英語ができる人という印象を持ってもらえた

TOEICで高い点数を取ったことで就活が有利になった具体的な事例の一つとして、英語ができる人という印象を持ってもらえたことが挙げられます。

TOEICは日本国内において高い知名度と権威を持つ英語能力の測定のための試験であり、TOEICで高得点を取っていれば高い英語能力を持っていることが保証されるということになります。

ビジネスの世界において英語ができなくて困ることはあっても、英語ができて困ることはまずありませんので、志望している企業に少しでも高く評価してもらいたいのであれば、是非TOEICで高得点を目指してみてください。

スコア獲得までの過程もアピールにつながった

TOEICで高い点数を取ったことで就活が有利になった具体的な事例の一つとして、スコア獲得までの過程もアピールにつながったことが挙げられます。

TOEICの点数が高いことは確かに素晴らしいことですが、企業側からするとTOEICで高い点数を取るという目標のために継続して努力することができた、という事実はそれ以上に素晴らしいこととして映ります。

TOEICで高い点数をどのようにして取ったのか、という過程を具体的にアピールすることによって、ただTOEICの高い点数をアピールするよりも遥かに高い評価を得ることができるでしょう。

業界によってはエントリーの時点で強みになる

TOEICで高い点数を取ったことで就活が有利になった具体的な事例の一つとして、業界によってはエントリーの時点で強みになることが挙げられます。

就活生に高い英語能力を求める企業は増加の一途であり、エントリーの際に具体的なTOEICの点数の基準が定められていることも珍しくありません。

自分の就職したい企業が定めたTOEICの点数の基準に届いていなかったがために、エントリーを諦めざるを得なかった、ということがないよう自分が目指す業界や企業に就職するにはどのくらいのTOEICの点数が必要なのか、確認を怠らないようにしてください。

TOEICが有利に働く業界

TOEICで高い点数を取ることが有利に働く業界について詳しく解説をしていきますので、自分のTOEICの点数を就活で最大限に活かしたいと考えている就活生は、目を通してみてください。

TOEICで高い点数を取ることが有利に働く業界の例としては商社や外資系企業が挙げられます。

商社の場合、仕事の性質上世界各国を移動するのが当たり前になりますし、外資系企業の場合は働く上で英語の能力を求められるのは当然だと言えます。

また商社や外資系企業以外でも大手メーカーなどの場合、海外の支社に異動になったり出張する、ということも考えられますので、自分の目指す業界が英語の能力を活用できる業界かどうかを日頃から調査しておくとよいでしょう。

新卒採用でTOEICスコア基準がある企業

新卒採用において具体的なTOEICスコアの基準がある4つの企業について詳しく解説をしていきます。

新卒採用において具体的なTOEICスコアの基準がある企業には楽天、アビームコンサルティング、武田製薬、ユニリーバなどがあり、これらの企業に応募するのであれば各企業が定めた具体的なTOEICスコアを超えていなければ著しく不利となってしまいます。

これから解説する4つの企業に就職したいと思っている就活生は、なんとしてでも定められたTOEICスコアの基準をクリアするよう努力してみてください。

楽天

楽天は新卒採用において具体的なTOEICスコアの基準がある企業の一つです。

楽天は大手の企業の中でもグローバル化を積極的に推進しており、既に社内の公用語を英語に設定しているほどです。

楽天の新卒採用時のTOEICスコアの基準は800点以上となっており、就活生に要求する基準としてはかなりのハイレベルとなっています。

もしも将来楽天で働きたいと思っている人は、今から英語の学習に全力で取り組んでおくことをおすすめします。

アビームコンサルティング

アビームコンサルティングは新卒採用において具体的なTOEICスコアの基準がある企業の一つです。

アビームコンサルティングの新卒採用時のTOEICスコアの基準は730点以上となっており、大手のコンサルタント(コンサルティング)企業に相応しい高い基準であると言えます。

アビームコンサルティングに限らず、コンサルタント(コンサルティング)業界では高い英語能力が要求されるのが一般的ですので、コンサルタント(コンサルティング)業界で働くことを考えているのであれば、是非TOEICの勉強に力を入れてみてください。

武田製薬

武田製薬は新卒採用において具体的なTOEICスコアの基準がある企業の一つです。

武田製薬の新卒採用時のTOEICスコアの基準は730点以上となっており、就活の時点で高いレベルの英語力が求められます。

ただし武田製薬の場合、国内の営業や工場での勤務など部門によっては具体的なTOEICスコアの基準がない場合もありますので、自分が就職しようと思っている部門に具体的なTOEICスコアの基準があるかどうかを事前にチェックしておく必要があります。

ユニリーバ

ユニリーバは新卒採用において具体的なTOEICスコアの基準がある企業の一つです。

ユニリーバの新卒採用時のTOEICスコアの基準は720点以上となっており、英語を使って仕事上の最低限のやり取りができる能力が要求されます

逆に考えれば英語の能力が高ければ高いほど評価してもらえる、ということでもありますので、英語の能力に絶対の自信があるという就活生は就職先の候補として検討してみるとよいでしょう。

就職のためにTOEICを受験する際の3つの注意点

就職のためにTOEICを受験する場合、気をつけておかなければならない3つのポイントについて詳しく解説をしていきます。

就職のためにTOEICを受験する際に気をつけておかなければならないポイントとしては、エントリーシートに間に合うように受験する、TOEICが有利に働かない企業もある、650点以下なら書かない方がいいといったものが挙げられます。

これらのポイントが守れていないと就活においてTOEICを活かすことが難しくなってしまいますので、TOEICをできる限り有効活用したいと考えている就活生は、あらかじめ確認しておくようにしてください。

  • エントリーシートに間に合うように受験する
  • TOEICが有利に働かない企業もある
  • 650点以下なら書かない方がいい

エントリーシートに間に合うように受験する

就職のためにTOEICを受験する際に気をつけておかなければならないポイントの一つは、エントリーシートに間に合うように受験することです。

エントリーシートを書く時点でTOEICのスコアがわかっていない場合、もちろんエントリーシートに書くことはできません。

特に自分の本命の企業のエントリーシートに書くのが間に合わない、といったことがないようTOEICは早めに受験することを心がけるようにしましょう。

TOEICが有利に働かない企業もある

就職のためにTOEICを受験する際に気をつけておかなければならないポイントの一つは、TOEICが有利に働かない企業もあることです。

国内での業務が中心の企業の場合、TOEICでどれだけ高いスコアを取っていたとしても、選考においてそこまで有利にならないということも有り得ます。

とはいえTOEICのスコアが重要視されない企業であっても、頑張って勉強したことで高い英語能力を身に着けられた、という事実を評価しない企業はまずないと考えられますので、就活においてTOEICが全くの無駄になってしまうことを心配する必要はありません。

600点以下なら書かない方がいい

就職のためにTOEICを受験する際に気をつけておかなければならないポイントの一つは、TOEICのスコアが650点以下なら書かない方がいいということです。

一般的に履歴書に書くことで採用担当の人にアピールできるTOEICの点数の下限は650点だと言われており、それよりも下の点数を履歴書に書いてしまうと、逆にTOEICの勉強をしっかり行っていなかったとしてマイナスのイメージになってしまいます。

もしも現在のTOEICのスコアが650点に満たない人は、全力で650点以上のスコアを取ることをおすすめします。

TOEICは6種類!就活で使えるのはどれ?

TOEICと聞くと一種類しかないと思っている就活生も多いと思いますが、実はTOEICには複数の種類が存在します。

ここでは各TOEICの特徴や就活における有効性、また試験を受ける時の注意点などについて詳しく解説をしていきます。

これからTOEICの試験を受けることを考えているけど、どのTOEICを受けたら一番就活で有利になるのか知りたい、という就活生は是非目を通してみるとよいでしょう。

TOEICの種類

TOEICの種類にはTOEIC、TOEIC IP、TOEIC Bridge 、TOEIC Speaking & Writing 、TOEIC Speaking 、TOEIC Writingの6つがあり、それぞれ科目や受験料が違うだけでなく、就活における有効性も全く異なっています。

もしも就活においてあまり有効でないTOEICを受験してしまうと、受験料が無駄になってしまうだけでなく、時間も大幅にロスしてしまうことになりますので、どのTOEICが就活に有効なのかあらかじめよく確認するようにしてください。

  • TOEIC IP
  • TOEIC Bdidge 
  • TOEIC Speaking & Writing 
  • TOEIC Speaking 
  • TOEIC Writing 

TOEIC

TOEICはいわゆる一般的なTOEICの試験であり、正式な名称はTOEIC Listening & Reading Testといいます。

受験料は6,000円程度で、名前の通り英語を正確に聞き取る能力と正確に読解する能力がテストされます。

もしも就活でどのTOEICを受験するか迷った場合は、このTOEIC Listening & Reading Testを受験しておけば問題ありません。

TOEIC IP

TOEIC IPは団体受験用のTOEICのテストであり、テストの内容はTOEIC Listening & Reading Testと完全に同一となっています。

また団体受験用ということで受験料は4,000円程度と、個人でTOEIC Listening & Reading Testを受験するよりもお得に受験することができます

もちろんこのテストのスコアは履歴書に書くことができますので、もしTOEIC IPを受験できる機会があれば積極的に受験するようにしましょう。

TOEIC Bridge 

TOEIC BridgeはTOEIC Listening & Reading Testよりも簡単な日常会話レベルの内容が問われるテストです。

受験料は4,000円程度とTOEIC Listening & Reading Testよりも安くなっていますが、問題のレベルが低いために就活では評価の対象とならないことがほとんどですので、就活のためにTOEIC Bridgeを受験することはおすすめできません。

TOEIC Speaking & Writing 

TOEIC Speaking & WritingはTOEIC Listening & Reading Testでは行われていない、英語を使った正しい会話や文章を書く能力があるかどうかをテストするもので、上級者向けのTOEICと言われています。

最近ではTOEIC Listening & Reading Testだけでなく、このTOEIC Speaking & Writingの結果を重視する企業も増えてきているため、もし余裕があれば受験してみることをおすすめします。

TOEIC Speaking 

TOEIC Speakingは英語を使った正しい会話ができるかどうかをテストするものです。

受験料が7,000円ほどと高額にも関わらず、会話の能力と文章を書く能力を同時にテストできるTOEIC Speaking & Writingがあるために、受験する意味はほとんどないと言えます。

TOEIC Speakingを受験しようと考えている人は、今からでもTOEIC Speaking & Writingに変更するようにしてください。

TOEIC Writing 

TOEIC Writingは英語で正しい文章が書けるかどうかをテストするものです。

TOEIC Speakingと同様にTOEIC Speaking & Writingがある以上、TOEIC Writingを受験する意味はほぼありませんので、時間と受験料を無駄にしないためにもTOEIC Writingの受験はしないことを強くおすすめします。

就活で使えるのはTOEIC・IP・Speaking & Writing の3つ

結論から言いますと、就活で使えるTOEICはTOEIC、TOEIC IP、TOEIC Speaking & Writingの3つだけです。

それ以外のTOEICを受験しても役に立つどころか、就活のための貴重なお金と時間を浪費してしまうことになりますので、くれぐれも気をつけるようにしてください。

就活TOEICのための効率的な勉強方法

就活のためにTOEICを勉強する時の効率的な4つの勉強方法を紹介していきます。

就活のためのTOEICの効率的な勉強方法には問題集で形式に慣れる、3時間半集中して取り組めるようにする、リーディング・リスニングは苦手な方を重点的に演習する、あと何点必要なのかを定期的にチェックするといったものがありますので、勉強に割く時間がないという人は是非参考にしてみてください。

  • 問題集で形式に慣れる
  • 3時間半集中して取り組めるようにする
  • リーディング・リスニングは苦手な方を重点的に演習
  • あと何点必要なのかを定期的にチェックする

問題集で形式に慣れる

就活のためのTOEICの効率的な勉強方法の一つは問題集で形式に慣れることです。

今は実際のTOEICの試験問題にそっくりの問題が収録された問題集が販売されていますので、それを使って勉強することで実際の試験でも動揺せずに問題を解くことができます。

3時間半集中して取り組めるようにする

就活のためのTOEICの効率的な勉強方法の一つは3時間半集中して取り組めるようにすることです。

ダラダラと集中せずに長時間勉強しても効率は上がりませんので、3時間半という集中力をキープし続けられる程度のまとまった時間を作って、TOEICの勉強に集中して取り組むことをおすすめします。

リーディング・リスニングは苦手な方を重点的に演習

就活のためのTOEICの効率的な勉強方法の一つは、リーディング・リスニングは苦手な方を重点的に演習することです。

リーディングとリスニングのどちらも高得点を取れるというのが理想ですが、実際はどちらかが苦手という場合がほとんどですので、どちらが苦手なのかを素早く見極めて重点的に対策をするようにしましょう。

あと何点必要なのかを定期的にチェックする

就活のためのTOEICの効率的な勉強方法の一つは、あと何点必要なのかを定期的にチェックすることです。

就活はTOEICの勉強だけをやっていればいいというわけにはいきませんので、自分の志望する企業に対して十分アピールできるレベルに達したかどうかを常に確認する癖をつけるようにしてください。

就活のTOEICは早めの受験がおすすめ

TOEICは就活において非常に有効な資格の一つですが、アピールできるレベルまでスコアを上げるためにはまとまった時間が必要ですので、就活でTOEICを活用したいのであれば早めに受験することをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事