就活浪人のメリットデメリットは?恐ろしい注意点と就職浪人の成功のコツも紹介!

就活浪人をする上でのメリットやデメリットを解説していきますので、就活浪人を検討中の人は参考にしてみることをおすすめします。

就活浪人は内定をもらいにくいって本当?

就活浪人をしてしまうと会社から内定をもらいにくくなってしまうというのは聞いたことがある話だと思います。

ここでは就活浪人をすることによるメリットとデメリット、また就活浪人を成功させて志望する会社の内定を勝ち取るコツ等を詳しく解説していきますので、これから就活浪人をしようかどうか悩んでいるという人は是非参考にしてみてください。

就活浪人のメリット・デメリット

就活浪人をすることによるメリットとデメリットを3つずつ紹介していきますので、就活浪人は本当に有効なのか知りたいという人は目を通してみるとよいでしょう。

就活浪人はメリットも確かにあるのですがデメリットも決して小さいとは言えませんので、もしも就活浪人をするのであれば家族や友人といった周囲の人達にあらかじめきちんと相談をした上で行うことを強くおすすめします。

メリット デメリット
就活に集中できる 応募できない企業がある
精神的な余裕を持って選考に臨める 精神的に辛い
就職した同期から会社の内情を教えてもらえる 面接でツッコまれる

就活浪人のメリット

就活浪人をすることで得られるメリットとしては就活に集中することができる、精神的な余裕を持って就活の選考に臨める、就職した同期から志望する会社の内情を教えてもらえるといったものが挙げられます。

これらの就活浪人をすることによるメリットについて詳しく解説をしていきますので、現在就活が上手くいっておらず就活浪人をしてでも現状を打破したいと考えている人は読んでみてください。

就活に集中できる

就活浪人をすることで得られるメリットの一つは就活に集中できることです。

就活浪人をした場合大学は既に卒業しており、プライベートの時間のほぼ全てを就職活動に費やせる状態のはずですので、就職活動に全てのエネルギーを使うことができます。

就活浪人中に試験や面接の対策を徹底して行うことができるため、内定を得られる可能性は大きく上がると言えるでしょう。

精神的な余裕を持って選考に臨める

就活浪人をすることで得られるメリットの一つは精神的な余裕を持って選考に臨めることです。

就活浪人をすることによって、就職活動における時間的な余裕が持てるのはもちろん、一度就活をした経験を活かせるということが精神的な余裕に繋がってきます。

精神的な余裕は外見に表れますし、それによって採用担当の人の印象もよくなってきますので面接を受ける際に有利になると言えるでしょう。

就職した同期から会社の内情を教えてもらえる

就活浪人をすることで得られるメリットの一つは、就職した同期から会社の内情を教えてもらえることです。

就活をする上で志望する会社の内部の人間から内情を教えてもらえるというのはこの上ないメリットと言えます。

もし就活浪人をするのであれば是非同期と積極的にコンタクトを取り、志望する会社に就職した同期がいればどういった対策を取れば内定がもらえるのかという情報を教えてもらうようにしましょう。

就活浪人のデメリット

就活浪人をすることで発生してしまうデメリットとしては、就活浪人をしてしまうと応募できない企業がある、精神的に辛い、面接で就活浪人のことをツッコまれるといったものが挙げられます。

これらの就活浪人をすることによる代表的なデメリットについて詳しく解説をしていきますので、もしも就活浪人を気軽に考えている人は目を通した上で、本当に就活浪人をするかどうかしっかりと検討するようにしてください。

応募できない企業がある

就活浪人をすることで発生してしまうデメリットの一つは応募できない企業があるということです。

就活浪人をしてしまうと企業によっては新卒と見なされなくなってしまい、新卒枠での採用試験を受けられなくなってしまう場合があります。

志望する企業が就活浪人を新卒と見なさない企業である可能性も十分にありますので、くれぐれも就活浪人をするかどうかの判断は慎重に行うようにしましょう。

精神的に辛い

就活浪人をすることで発生してしまうデメリットの一つは精神的に辛いことです。就活浪人に限らず浪人をするというのはとても辛く、忍耐のいる行為です。

同期が就活に成功して新社会人として懸命に頑張っている中で一人就活浪人をするというのは人によっては、かなりのストレスになると考えられますので、決して安易に就活浪人という選択肢を選ばないようにしてください。

面接でツッコまれる

就活浪人をすることで発生してしまうデメリットの一つは面接でツッコまれることです。

就活浪人をした場合、企業での面接でそのことについてまず間違いなくツッコまれます。

この時しっかりとした回答をすることができればいいのですが、もし少しでも動揺して回答を間違えてしまうと就活浪人をしたにも関わらず成長できていない人だ、ということで一気に印象が悪くなってしまいますのでくれぐれも注意しましょう。

就活浪人をする上で知っておきたい注意点

就活浪人をする上であらかじめ知っておかなければならない4つの注意点について詳しく解説をしていきますので、就活浪人をする際にどういったトラブルが発生するのか知りたいという人は読んでみることをおすすめします。

就活浪人をする際の注意点としては金銭的な負担を知っておく、企業担当者の目は厳しくなる、同じ企業への挑戦は難しい、生活が不規則になるといったものがありますので、これらに対してあらかじめどう対応するかを考えておく必要があります。

  • 金銭的な負担を知っておく
  • 企業担当者の目は厳しくなる
  • 同じ企業への挑戦は難しい
  • 生活が不規則になる

金銭的な負担を知っておく

就活浪人をする上で知っておきたい注意点の一つは金銭的な負担を知っておくことです。

就活浪人をするということは収入がないまま就職活動を継続するということですので、就活のための費用や生活費といったお金がかかってきます。

もしもアルバイト等の収入でそれらの費用が賄えないのであれば、家族に頼るしかありませんので、就活浪人をするのであれば必ず家族としっかり話し合い、その上で決める必要があります。

企業担当者の目は厳しくなる

就活浪人をする上で知っておきたい注意点の一つは企業担当者の目は厳しくなるということです。

もしも就活浪人をした人と就活浪人をしなかった人の能力が同じだった場合、後者を採用したくなるのは当然のことだと言えます。

就活浪人をするのであれば企業担当者に就活浪人をしたことで成長できたということをはっきりと示す必要がありますので、そのことを踏まえた上で就活浪人をするようにしてください。

同じ企業への挑戦は難しい

就活浪人をする上で知っておきたい注意点の一つは同じ企業への挑戦は難しいということです。

就職試験を受けて不合格になってしまった人のデータも企業にはしっかりと残っていますので、就活浪人をして同じ企業に再度挑戦しても内定を取れる可能性は非常に低いと言えます。

就活浪人をするのであればむしろ自分が目を向けてこなかった新たな分野の企業に挑戦するくらいでなければ結果を出すことは難しいでしょう。

生活が不規則になる

就活浪人をする上で知っておきたい注意点の一つは生活が不規則になるということです。

就職活動は実際に企業を訪問するだけでなく、試験や面接の対策といった準備にも多くの時間や労力を割かなければならず、非常にハードなイベントだと言えます。

しかも就活浪人の場合は、全てのエネルギーを就活に使う必要がありますので、体調面や精神面の管理はしっかりと行わなければなりません。

就職浪人を成功させる5つのコツ

就活浪人を成功させるために必要な5つのコツについて詳しく解説をしていきますので、これから就活浪人を始めるけど絶対に失敗したくないという人は読んでみてください。

就活浪人を成功させるためのコツには原因をさぐり対策を考える、早めに就活をスタートさせる、企業研究を徹底する、インターンシップに参加する、資格取得など空いた時間を有効に活用するといったものがありますので、きちんと実践できるようにしておくとよいでしょう。

  • 原因をさぐり対策を考える
  • 早めに就活をスタートさせる
  • 企業研究を徹底する
  • インターンシップに参加する
  • 資格取得など空いた時間を有効に活用する

原因をさぐり対策を考える

就活浪人を成功させるためのコツの一つは過去の自分の就活がどうして失敗したのかについての原因をさぐり対策を考えることです。

何故自分が就活を失敗してしまったのか、どういったところに問題があったのかということをきちんと考えることで失敗の原因がわかり、それによって対策を練ることが可能になりますので、過去の自分の就活をしっかりと振り返るようにするのをおすすめします。

早めに就活をスタートさせる

就活浪人を成功させるためのコツの一つは早めに就活をスタートさせることです。

就活は時間があればあるほど有利になりますので、早めに就活をスタートさせることでそれだけ他の人よりも優位に立つことができます。

ただし就活を早めにスタートさせることで就活が長期化し、その分負担が増大することも考えられますので就活中も休息はしっかりと取るようにしましょう。

企業研究を徹底する

就活浪人を成功させるためのコツの一つは企業研究を徹底することです。

就活において志望する企業の研究はやってやりすぎるということはありませんし、企業の研究を行えば行うほどそれだけ内定獲得に近づくと言えます。

就活浪人をする場合、時間はしっかりと確保できると思いますので確保した時間をなるべく企業の研究に割くようにしてください。

インターンシップに参加する

就活浪人を成功させるためのコツの一つはインターンシップに参加することです。

インターンシップに参加することで志望する企業の雰囲気がわかるだけでなく、社内の人との繋がりができることで就活において有利になります。

ただしインターンシップの時にインターン中に知り得た情報を漏らしてしまう、遅刻などのミスをしてしまうと逆効果になってしまいますので、なるべくミスをしないよう真剣に取り組む必要があります。

資格取得など空いた時間を有効に活用する

就活浪人を成功させるためのコツの一つは資格取得など空いた時間を有効に活用することです。

就活浪人中に頑張って勉強し難関資格を取得することができればきちんと努力ができる人だとみなされ、採用担当の人の印象もよくなります。

とはいえ資格取得のための勉強にかかりきりになって就活がおろそかになってしまったら本末転倒ですので、資格取得は飽くまでも就活の一環として行うようにしましょう。

就活浪人についてツッコまれたときの対処法

面接の際に就活浪人について企業の採用担当の人からツッコまれたときの5つの対処法を詳しく解説していきますので、就活浪人についてツッコまれた時にきちんと回答できるか自信がないという人は参考にしてみるとよいでしょう。

就活浪人についてツッコまれた時の対処法には正直に話すことが大切、就活浪人の理由をポジティブに説明する、就活浪人で得たことを説明する、就活浪人だからこそのアピールポイントを説明する、自信がない素振りを見せないといったものがありますので、面接の際はこれらの対処法をしっかりと実行できるように練習しておいてください。

  • 正直に話すことが大切
  • 就活浪人の理由をポジティブに説明する
  • 就活浪人で得たことを説明する
  • 就活浪人だからこそのアピールポイントを説明する
  • 自信がない素振りを見せない

正直に話すことが大切

就活浪人についてツッコまれた時の対処法の一つは正直に話すことが大切だということです。

もしも就活浪人についてツッコまれた時に嘘をついた場合、追求されればされるほど嘘を重ねることになりますし、ふとしたことでボロが出てしまうということも十分考えられます。

就活浪人についてツッコまれた時は正直に就活のために浪人することを決意しましたと答えるようにしましょう。

就活浪人の理由をポジティブに説明する

就活浪人についてツッコまれた時の対処法の一つは就活浪人の理由をポジティブに説明することです。

内定が取れなかったので就活浪人をすることに決めましたという理由では採用担当の人の印象をよくすることは難しいので、もっと自分の能力を磨いた上で就活に再挑戦したいと思い就活浪人をすることに決めましたというようなポジティブな説明をすることを心がける必要があります。

就活浪人で得たことを説明する

就活浪人についてツッコまれた時の対処法の一つは就活浪人で得たことを説明することです。

就活浪人をした人はその時点で新卒の人よりも不利になってしまいますので、就活浪人をしていた期間にどのような努力をしたのか、そしてその結果どういった成果を得られたのかについてきちんと説明できるようにしておく必要があります。

またこのことを具体的に説明することができれば、採用担当の人の印象は一気によくなることでしょう。

就活浪人だからこそのアピールポイントを説明する

就活浪人についてツッコまれた時の対処法の一つは就活浪人だからこそのアピールポイントを説明することです。

就活浪人は基本的に就活において不利な要素ですが、同時に新卒の人がしていない経験をしているということでもあります。

その経験が志望する企業で働く上でどのように活かせるかをしっかりと説明することができれば内定獲得の可能性は一気に上がると言えます。

自信がない素振りを見せない

就活浪人についてツッコまれた時の対処法の一つは自信がない素振りを見せないことです。

もしも自信がない素振りを見せてしまうと就活浪人をしたにも関わらず未だに就活に苦手意識を持っているとみなされ、大きなマイナスポイントとなってしまいます。

それを防ぐためにも就活浪人についてツッコまれた時に堂々とした振る舞いができるよう練習を重ねておく必要があります。

就活浪人と就活留年はどう違うの?

就活浪人と就活留年にはどういった違いがあるのかについて詳しく解説していきますので、この二つの違いがよくわからないという人は目を通してみることをおすすめします。

また就活浪人と就活留年にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、もしどちらかを選択しなければならない場合は自分にとってどちらがよりメリットが大きいかを基準にして慎重に選択するようにしなければなりません。

就活浪人と就活留年の違い

就活浪人と就活留年はどういったところが違うのかよくわからない人も多いと思いますが、最大の違いは大学に在籍しているか在籍していないかの違いです。

就活浪人は大学卒業後就活に専念することを指し、就活留年はあえて大学を卒業しないで翌年に新卒として再度就活を行うことを指します。

就活留年のメリットとしては新卒としての就活をもう一度行えるという点が挙げられます。

就活留年は学費が掛かるなどのデメリットもある

就活留年には新卒としての就活を再度行えるというメリットもありますが、同時に大学に在籍しているために学費がかかるといったデメリットも存在します。

特に学費に関しては私立の場合年間で100万円を超える場合もありますので、もしも金銭的に余裕がないのであれば就活留年ではなく就活浪人を選択することをおすすめします。

就活浪人しても3年以内なら新卒枠での応募が可能

就活浪人の最大のデメリットと言えるのがいわゆる新卒枠を失ってしまうことですが、現在は就活浪人をしても3年以内であれば新卒枠として就職試験を受けさせてくれる企業も多いです。

とはいえまだまだ全ての企業が新卒枠として就職試験を受けさせてくれるわけではありませんので、自分の志望する企業が新卒枠で就職試験を受けさせてくれるかどうか確認しておくようにしてください。

厚労省の青少年雇用機会確保指針で示されている

就活浪人しても3年以内なら新卒枠での応募が可能というのは厚労省が定めた方針であり、大学を卒業して3年以内の既卒者を雇用した企業には国からの支援が行われることになっています。

就活浪人をしたことで自分が想像していたよりもレベルが高い企業に入社することができたというケースもありますので、就活浪人だからといって内定がもらいやすそうな企業ばかりを志望するのではなく、難しいと思われる企業にも積極的に挑戦するようにするとよいでしょう。

企業としては浪人より新卒がほしい本音もある

採用する企業としてはやはり就活浪人よりも新卒が欲しいというのが本当のところだと思われます。

だからこそ就活浪人をした人は新卒よりも採用したいと思ってもらえる人材になれるよう努力する必要があります。

既卒向けの枠を狙った方がいい

就活浪人をした人が新卒の枠で応募するとどうしても就活浪人をしていない人と比較されてしまいますので、

あえて既卒向けの枠に応募して若さをアピールすることで内定獲得を狙うといった方法もあります。

就活浪人はモチベーションを維持することが大切

就活浪人中はとにかく就活に集中しなければならないというプレッシャーもあり、

成果が出ないとモチベーションが下がってきてしまいますので時には息抜きをして就活を戦い抜けるコンディションを保つようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事