就活の失敗しない靴下の7つの選び方とは?NGの長さや色の靴下も紹介!

就活において男子就活生が意外とやってしまいがちなのが、靴下にまつわる失敗です。就活では守らなければいけないルールが非常に多く、靴下くらい手を抜いてもいいだろう、と考えてしまう気持ちはよくわかりますが、面接の時に就活には相応しくない靴下が見えてしまって、内定を逃してしまったということになれば目も当てられません。

そういった事態を防ぐために、就活に相応しい靴下を選ぶための正しい選び方を解説していきますので是非確認しておいてください。

就活の靴下選びを間違うと大変なことになる

就活を行う際に守らなければならないルールは無数にありますが、その中でも特に重要視されるのが髪型や服装といった身だしなみのルールです。

この記事では就活の時に履く靴下はどんなものを選べばいいのか、ということについて詳しく解説をしていきます。

たかが靴下、と考える就活生もいると思いますが、就活においては身だしなみのルールをたった一つ守れなかっただけで就職試験に不合格になってしまう、ということも十分にあり得ます。

靴下のせいで就職試験に落ちるような目には絶対に遭いたくない、と思っている就活生は是非目を通してみてください。

就活の靴下の正しい7つの選び方

就活の時に履く靴下の正しい7つの選び方について詳しく解説をしていきます。

就活の時に履く靴下の正しい選び方としては、靴下の色は黒か紺が鉄板でありグレーは避ける、ふくらはぎが隠れる長さがベスト、自分の足のサイズにあった靴下を選ぶ、シューズと靴下の相性を考える、なるべく新調した靴下を履いていく、消臭効果がある靴下を選ぶ、靴下の素材は季節によって使い分ける、といったものがあり、これらの選び方をしっかりと把握しておくことで就活における身だしなみのルールを守れるだけでなく、快適に就活を行うことが可能になります。

  • 色は黒か紺が鉄板!グレーは避けよう!
  • ふくらはぎが隠れる長さがベスト
  • 自分の足のサイズにあった靴下を選ぼう
  • シューズとの相性を考えよう
  • なるべく新調した靴下を履いていこう
  • 消臭効果があるものを選ぼう
  • 素材は季節によって使い分けるのがコツ

色は黒か紺が鉄板!グレーは避けよう!

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、靴下の色は黒か紺が鉄板でありグレーは避けることです。

就活はビジネスの場の一つであり、身だしなみについてはできるかぎり落ち着いていて目立たないことが求められます。

就活の時に履く靴下の色として相応しいのは黒か紺であり、それ以外の色は不適当だと言えるでしょう。

またグレーであれば地味な色なので大丈夫ではないか、と考える就活生もいると思いますが、就活においてはたとえ地味な色であっても周囲と明らかに違う色のものを身に着けることはよくない印象を与えます。

よって就活の時にグレーの靴下を履くのはやめておくことをおすすめします。

ふくらはぎが隠れるの長さがベスト

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、ふくらはぎが隠れる長さがベストだということです。

靴下の長さには膝のすぐ下まで来るような長いものから、くるぶしまでしかない短いものまで様々な種類がありますが、就活の時に履く靴下の長さでベストなのはちょうどふくらはぎが隠れる程度の長さです。

また靴下が長すぎる場合はスラックスで隠れてしまうので問題になる可能性は少ないのですが、靴下が短すぎる場合面接で椅子に座った時などにすぐわかってしまいますので、くれぐれも就活では短すぎる靴下は履かないようにしてください。

自分の足のサイズにあった靴下を選ぼう

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、自分の足のサイズにあった靴下を選ぶことです。

靴下が小さすぎた場合締め付けられて血行が悪くなったり、場合によっては痛みが生じる危険性もあります。

逆に靴下が大きすぎた場合歩いていてすぐにずれてしまい、一々靴下を直す手間が出てくるなど快適に歩くことができなくなってしまいます。

靴下はある程度伸び縮みするからサイズは適当でいいだろう、と考えずに自分の足のサイズにぴったりあった靴下を選ぶようにしましょう。

シューズとの相性を考えよう

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、シューズと靴下の相性を考えることです。

就活に適した靴下は特殊なデザインというわけではありませんので、市販のものでも十分と言えば十分なのですが、もし可能であればスーツ専門店などでスーツと組み合わせることを前提に作られた靴下を購入することをおすすめします。

そういった靴下の場合長さもちょうどふくらはぎが隠れる程度で、またスーツに合う薄手の素材を使っていますので、少しでも快適に就活をしたいと考えている就活生の人は多少高くてもスーツ用の靴下を購入してみてください。

なるべく新調した靴下を履いていこう

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、なるべく新調した靴下を履いていくということです。

就活はその後の人生に大きく影響する一大イベントであり、成功させるためにはあらゆる努力を惜しまず行うべきです。

これは極端な例ですが、もしも面接で椅子に座った時にスラックスと靴の間からボロボロの靴下が見えたら、採用担当の人の印象は一気に悪くなってしまうでしょう。

そういったことが起きてしまう可能性をなくすという意味でも、就活の時はできるだけ新調した靴下を履くことをおすすめします。

消臭効果があるものを選ぼう

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、消臭効果がある靴下を選ぶことです。

就活での移動というと電車が中心になると思いますが、徒歩で移動する機会も多くあり、特に夏場はどうしても汗をかいて靴下の中がムレてしまいます

志望している企業を訪問した際に靴下の中のムレた臭いが外に漏れてしまうと、採用担当の人に不快な思いをさせてしまいますので、夏場に限らず就活の時は消臭効果がある靴下を履くようにしてください。

素材は季節によって使い分けるのがコツ

就活の時に履く靴下の正しい選び方の一つは、靴下の素材は季節によって使い分けるということです。

一般的にスーツに合わせる靴下は薄手の素材を使ったものの方がよい、とされていますが、実際のところそこまで厳密にルールが定められているわけではありません

冬の時期の就活で寒さを我慢して薄手の素材の靴下を履いて苦しい思いをするよりは、厚く保温効果の高い靴下を履いて快適に就活を行った方が面接などでも自然な態度で臨むことができ、よりよい結果に繋がるでしょう。

就活の靴下の履き方と選び方6つのNGポイント

就活の時の靴下の履き方と選び方でこれをしてはいけない、という6つのNGポイントについて詳しく解説をしていきます。

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントには白い靴下は絶対に履いてはいけない、くるぶしサイズの靴下を選んではいけない、靴下がずり落ちている状態にしていてはいけない、ワンポイントが入っている靴下は履いてはいけない、厚手生地のカジュアルな靴下を選んではいけない、夏場の靴下がニオう状態であってはいけないといったものがあり、これらのポイントに引っかからないように気をつけていれば、靴下が原因で起きる就活の問題は防ぐことができます。

  • 白い靴下は絶対にNG
  • くるぶしサイズの靴下はNG
  • ずり落ちている靴下はNG
  • ワンポイントが入っている靴下はNG
  • 厚手生地のカジュアルな靴下はNG
  • 夏場のニオう靴下はNG

白い靴下は絶対にNG

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントの一つは、白い靴下は絶対に履いてはいけないということです。

就活の時の靴下の色は黒か紺がマストであり、それ以外のどんな色であってもNGです。

特に白い靴下を履いた状態で黒いスーツや黒の革靴を履いてしまうと、靴下が悪い意味で目立ってしまい、就活の結果にも相当な悪影響を及ぼすことが考えられますので、くれぐれも就活の時に白い靴下は履かないようにしてください。

くるぶしサイズの靴下はNG

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントの一つは、くるぶしサイズの靴下を選んではいけないということです。

くるぶしサイズの靴下を履いていることがばれてしまうと、採用担当の人から一般的な常識がない人と判断されてしまいますし、またある程度の長さがある靴下と比べてずれやすく、長時間歩くこともある就活においては実用性の面でも不向きだと言えます。

くるぶしサイズの靴下は飽くまでもプライベートで履き、就活の時はある程度の長さがある靴下を履くようにしましょう。

ずり落ちている靴下はNG

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントの一つは、靴下がずり落ちている状態にしていてはいけないということです。

就活において身だしなみがきちんとしているかどうかは非常に重要なポイントであり、面接の時は髪型や服装のありとあらゆるところを徹底的にチェックされます。

そんな時に靴下がずり落ちてしまっていたら評価が一気に下がってしまうことは間違いありませんので、靴下が常に上がった状態になっているかどうか、就活中は気にしておく必要があります。

ワンポイントが入っている靴下はNG

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントの一つは、ワンポイントが入っている靴下は履いてはいけないということです。

就活の時に履く靴下はシンプルな無地のものか、リブ編みのような目立たないデザインのものが望ましく、ワンポイントのように目立ってしまうデザインのものは不向きであると言えます。

面接の時にたまたま靴下に入っていたワンポイントが見えてしまったがために内定を逃した、などということがないように就活の時は地味で目立たないデザインの靴下を履くようにしてください。

厚手生地のカジュアルな靴下はNG

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントの一つは、厚手生地のカジュアルな靴下を選んではいけないということです。

生地が厚いカジュアルなデザインの靴下を履いて就活を行うことは、どんな業界や企業であっても非常識だとみなされます。

ただし冬場の寒い時期の就活の場合、地味なデザインであれば多少厚い生地の靴下を履いていたとしても問題になることはないでしょう。

夏場のニオう靴下はNG

就活の時の靴下の履き方と選び方のNGポイントの一つは、夏場の靴下がニオう状態であってはいけないということです。

夏場はどうしても汗をかいてしまいますし、靴下がニオってしまうのもある程度は仕方がないのですが、それでも消臭機能のある靴下を履いたり、革靴のインソールを消臭機能のあるものに変えるといった対策を取ることは可能ですので、採用担当の人に靴下がニオっていると思われてしまうケースをできるだけ減らすよう、できる限りの対策を行うようにすることをおすすめします。

人事は服装を見ている!就活生の靴下に対する本音を紹介

就活で面接を受ける際、重要なのは受け答えの内容で身だしなみは直接合否に影響しない、と考えている就活生もいると思いますが、採用担当の人は想像している以上に就活生の身だしなみを見ていますし、特に足元には注目しています。

たかが靴下と考えている人は間違いなく就活で不利になりますので、今からでも靴下まで気を配って就活をするようにしてください。

内定式は足元が大事!靴下や靴に気を付けるのは就活と同じ!

無事内定を獲得し、就活を終えたとしてもまだまだ気を抜いてはいけません。

内定式に参加する際にも企業の人によって身だしなみはしっかりとチェックされています

内定式の服装ですが、もし迷ったら就活で来ていたスーツを着ていけば特に問題ありません。

また靴下も就活用の地味なデザインのものを履いていけば、悪い印象を与えてしまうことはないでしょう。

就活の靴下はネットで購入するのがおすすめ

就活用の靴下は一般の洋服店で購入してもいいのですが、通販で買うことでより安く購入することができますので、就活にかかるお金を少しでも節約したいと考えている人にはおすすめです。

また就活用の靴下を通販でかう場合、実物を確認して買うことができませんので、サイズや色、また注文してからどのくらいで届くのかを商品ページのレビューなども参考にしてチェックしておいてください。

就活の靴下選びは慎重に!

就活では身だしなみ以外にも試験対策やスケジュール管理といった様々なことに気を配らなければならず、どうしても靴下まで気が回らないという就活生も多いと思いますが、だからこそ靴下まで気を配ることのできる人の印象がよくなるのです。

就活の際はたかが靴下と馬鹿にすることなく、志望している企業の採用担当の人によい印象を持ってもらえる靴下を選んで履くようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事