コンサルティング会社の種類一覧!大手の人気会社ランキングを年収も入れて紹介!

コンサルティング(コンサルタント)会社を目指している就活生の中には、コンサルティング(コンサルタント)会社にさえ入れればどんな会社であっても構わない、と考えている人もいると思いますが、そういった考えはおすすめできません。

コンサルティング(コンサルタント)会社にはたくさんの分野があり、入社したコンサルティング(コンサルタント)会社の分野によっては大学で学んできたことを仕事で全く活かせず、無駄になってしまうというケースもあるのです。

今回は大手でかつ人気の高いコンサルティング(コンサルタント)会社を分野別にランキング形式で紹介していきますので、コンサルティング(コンサルタント)会社を志望している就活生は是非目を通してみることをおすすめします。

Contents

そもそもコンサルティング(コンサルタント)会社とは?

まず最初にコンサルティング(コンサルタント)会社とはどんな仕事をして利益を出している会社なのか、ということについて詳しく解説していきます。

コンサルティング(コンサルタント)会社が行っている仕事というのは、簡単に言ってしまうと業務上の問題を解決することになります。

コンサルティング(コンサルタント)会社には専門知識を備えたプロフェッショナルと呼べる人材が多数在籍しており、クライアントが抱えている業務上の問題に対し適切な助言や提案を行い、問題を解決することによって利益を得ているのです。

コンサルティング(コンサルタント)会社の種類

コンサルティング(コンサルタント)会社にはとてもたくさんの種類があり、一度に全てを紹介することはとてもできませんので、ここでは特に知名度の高い5つの分野に関して解説していきます。

コンサルティング(コンサルタント)会社の代表的な分野としては戦略系コンサルティング、総合系コンサルティング、シンクタンク系コンサルティング、IT系コンサルティング、企業・再生事業系コンサルティングといったものがあり、分野ごとの特色はあってもクライアントの問題を解決することが業務の中心になっていることは共通しています。

戦略系コンサルティング

コンサルティング(コンサルタント)会社の代表的な分野の一つが戦略系コンサルティングです。

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社がどういった特徴を持っているのかについてですが、名前の通り企業の経営戦略における問題を調査、分析し解決のための適切な助言や提案をすることが業務の中心となっています。

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社はコンサルティング(コンサルタント)業界の中でも非常によく知られている上に人気も高いため、当然志望する就活生の数も多く、競争率が高くなっています。

総合系コンサルティング

コンサルティング(コンサルタント)会社の代表的な分野の一つが総合系コンサルティングです。

総合系のコンサルティング(コンサルタント)会社がどういった特徴を持っているかについてですが、クライアントとなる会社が抱えている特定の問題を解決するのではなく、クライアントとなる会社の業務全体をサポートするのが主な業務内容となっています。

業務内容の性質上プロジェクトは大規模になることが多いため、規模の大きな仕事に積極的に挑戦してみたいという就活生には特におすすめの分野と言えるでしょう。

シンクタンク系コンサルティング

コンサルティング(コンサルタント)会社の代表的な分野の一つがシンクタンク系コンサルティングです。

シンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社がどういった特徴を持っているのかについてですが、一番の特徴はクライアントが企業ではなく公的な機関であることです。

またシンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社は企業でありながら研究機関としての側面も強く、研究が大好きで就活しても是非研究を続けていきたいと考えている就活生には魅力的な分野となっています。

IT系コンサルティング

コンサルティング(コンサルタント)会社の代表的な分野の一つがIT系コンサルティングです。

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社がどういった特徴を持っているのかについてですが、主な業務はITを使うことでクライアントの抱えている業務上の問題を解決することになります。

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社で働くためには高度なITの知識と高いコミュニケーション能力を兼ね備える必要がありますので、どちらにも自信があるという人は是非挑戦してみてください。

企業・再生事業系コンサルティング

コンサルティング(コンサルタント)会社の代表的な分野の一つが企業・再生事業系コンサルティングです。

企業・再生事業系のコンサルティング(コンサルタント)会社がどういった特徴を持っているのかについてですが、主な業務内容は危機的な状況にある企業や事業の抱えている問題を解決することによって再び軌道に乗せることです。

危機的な状況にある企業や事業を再生させるという非常に困難な業務を行う関係上、社員には極めて高い能力とどんな困難にも負けない精神力が要求されます。

戦略系コンサルティング(コンサルタント)会社TOP3

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中でも特に人気が高いランキング上位3社について詳しく解説していきます。

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社の上位3社は3位がベイン・アンド・カンパニー、2位がボストン・コンサルティング・グループ、そして1位がマッキンゼー・アンド・カンパニーとなっており、外資系が圧倒的な強さを見せています。

また3社全てが平均年収2,000万円に迫るなど、収入面においてもランキングのトップに相応しいと言えるでしょう。

会社名 種類 年収
1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー 外資系 平均1,800万円
2位:ボストン・コンサルティング・グループ 外資系 平均1,860万円
3位:ベイン・アンド・カンパニー 外資系 平均1,920万円

3位:ベイン・アンド・カンパニー

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第3位がベイン・アンド・カンパニーです。

ベイン・アンド・カンパニーは外資系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中でも高い知名度と人気を持ち、特に年収面では今回紹介するコンサルティング(コンサルタント)会社の中でもトップとなる、平均年収1,920万円という数字を叩き出しています。

とはいえ就職難易度も業務の過酷さも高い年収に見合ったハードなものとなっており、口コミでもベイン・アンド・カンパニーで働くことの厳しさに関する内容が散見されます。

2位:ボストン・コンサルティング・グループ

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第2位がボストン・コンサルティング・グループです。

ボストン・コンサルティング・グループは設立されてから既に半世紀以上が経過している、歴史ある外資系コンサルティング(コンサルタント)会社であり、平均年収も1,860万円と極めて高い水準となっています。

ボストン・コンサルティング・グループの口コミを調査したところ、やはり就職試験がハイレベルであるという内容が多く見られましたので、就職試験を通過するためには相当な努力を要求されることは間違いありません。

1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第1位がマッキンゼー・アンド・カンパニーです。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの人気と知名度は外資系コンサルティング(コンサルタント)会社の中でもトップに位置し、一流企業で働きたいと考えている就活生にとって憧れの対象となっています。

平均年収も1,800万円と極めて高く、また入社のためのあらゆる試験がとてつもない高難易度である、という意見が目立っていました。

総合系コンサルティング(コンサルタント)会社TOP3

総合系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中でも特に人気が高いランキング上位3社について詳しく解説していきます。

戦略系のコンサルティング(コンサルタント)会社の上位3社は3位がプライスウォーターハウスクーパース、2位がデロイト トーマツ コンサルティング、1位がアクセンチュアとなっており、上位3社のうち2社が外資系とやはり外資系のコンサルティング(コンサルタント)会社の強さが見える結果となりました。

平均年収ですが上位3社とも平均年収が1,000万円前後となっており、コンサルティング(コンサルタント)業界全体の平均年収から考えても高い水準となっています。

会社名 種類 年収
1位:アクセンチュア 外資系 平均900万円
2位:デロイト トーマツ コンサルティング 日系 平均1,100万円
3位:プライスウォーターハウスクーパース 外資系 平均997万円

3位:プライスウォーターハウスクーパース

総合系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第3位がプライスウォーターハウスクーパースです。

プライスウォーターハウスクーパースは優れた実績を多数残している外資系の総合コンサルティング(コンサルタント)会社として、コンサルティング(コンサルタント)業界では高く評価されています。

平均年収は997万円とほぼ平均年収1,000万円と言ってよく、将来高い年収がもらえる仕事に就きたいと考えている就活生にも十分におすすめできます。

転職してよかったです
転職者を受け入れる体制が整っているので、スムーズに新しい業務に馴染むことができました。スキルアップのサポートも非常に手厚く、福利厚生もしっかりしているので非常に働きやすいと感じています。
30代後半 男性

2位:デロイト トーマツ コンサルティング

総合系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第2位がデロイト トーマツ コンサルティングです。

デロイト トーマツ コンサルティングは名前からすると外資系のコンサルティング(コンサルタント)会社に思えますが、歴とした日系のコンサルティング(コンサルタント)会社です。

平均年収は1,100万円と1,000万円の大台を超えており、就活生からの人気も高い会社であるため、デロイト トーマツ コンサルティングへの就職を目指したけど上手くいかなかった、という口コミが多数見られました。

1位:アクセンチュア

総合系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第1位がアクセンチュアです。

アクセンチュアは社員が自社のことを高く評価していることで知られており、口コミを調査した際も自分の会社に対して好意的な意見を述べている口コミが多く見られました。

平均年収は900万円と今回紹介した総合系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中では低いのですが、収入だけでなく実際に働く環境も重視したいと思っている就活生は是非志望してみてください。

シンクタンク系コンサルティング(コンサルタント)会社TOP3

シンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中でも特に人気が高いランキング上位3社について詳しく解説していきます。

シンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社の上位3社は3位が建設技術研究所、2位が三菱総合研究所、1位が野村総合研究所となっており、日系のシンクタンク系コンサルティング(コンサルタント)会社が圧倒的な強さを見せています。

また平均年収に関しても1,000万円を超える会社もありますので、かなり高い水準にあると言えます。

会社名 種類 年収
1位:野村総合研究所 日系 平均1,222万円
2位:三菱総合研究所 日系 平均942万円
3位:建設技術研究所 日系 平均839万円

3位:建設技術研究所

シンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第3位が建設技術研究所です。

建設技術研究所の口コミを調査したところ、大手のシンクタンク系コンサルティング(コンサルタント)会社だけあって、残業すればするほど残業代を出してくれるのでお金を貯めやすいといった意見が目立っていました。

平均年収は839万円となっており、コンサルティング(コンサルタント)業界のトップ層には届かないものの、十分高い数字だと言えるでしょう。

残業代はしっかり出ます
大手だけあって残業手当などはしっかりしている印象です。15分単位でつくので20分くらいしか残業していない時でも積もり積もって結構な額になり、ありがたいです。
40代前半 女性

2位:三菱総合研究所

シンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第2位が三菱総合研究所です。

三菱総合研究所の口コミについて調査したところ、会社内で流行していたゲームをそのまま入社試験の問題に採用するなど、非常に自由な社風であることがわかる口コミが目立っていました。

三菱総合研究所の平均年収は942万円で、1,000万円に近い高額な年収となっています。

1位:野村総合研究所

シンクタンク系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第1位が野村総合研究所です。

野村総合研究所は日系のシンクタンク系コンサルティング(コンサルタント)会社の中ではトップの人気を誇り、平均年収も1,222万円と外資系のコンサルティング(コンサルタント)会社に負けない数字となっています。

またそれに伴って新卒での入社はもちろん、中途での採用も非常に難しくなっているため入社するためには徹底した対策が必要になるでしょう。

IT系コンサルティング(コンサルタント)会社TOP3

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中でも特に人気が高いランキング上位3社について詳しく解説していきます。

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社の上位3社は3位がアビームコンサルティング、2位がKPMGコンサルティング、1位がEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングとなっており、上から2社が外資系という外資系のコンサルティング(コンサルタント)会社の強さが目立つ結果となりました。

平均年収ですが上位2社が共に1,000万円となっており、水準はかなり高いと言えます。

会社名 種類 年収
1位:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 外資系 平均1,000万円
2位:KPMGコンサルティング 外資系 平均1,000万円
3位:アビームコンサルティング 日系 平均850万円

3位:アビームコンサルティング

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第3位がアビームコンサルティングです。

アビームコンサルティングは日系のIT系コンサルティング(コンサルタント)会社としては非常に高い人気があり、選考会の予約ができなかった、といった内容の口コミが多数見られました。

平均年収は850万円と日系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中では上位に位置します。

2位:KPMGコンサルティング

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第2位がKPMGコンサルティングです。

KPMGコンサルティングは外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)会社の中では知名度こそあまり高くありませんが、社員の能力の高さに関しては業界でも一目置かれています

平均年収も1,000万円と非常に高い数字となっています。

人材のレベルが高い
他社のように人員を大量に採用してとりあえず頭数を揃えるのではなく、本当に優秀な人間だけを採用して社員一人一人の質を高めていくという姿勢の会社です。社風もかなり自由ですし、自分には非常に合っていると感じています。
30代前半 男性

1位:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

IT系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第1位がEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングです。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)会社の中では、評価と年収が共にトップクラスであり、そのため就職試験が極めて難しく対策のための情報も多数公開されていました。

企業・事業再生系コンサルティング(コンサルタント)会社TOP3

企業・事業再生系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中でも特に人気が高いランキング上位3社について詳しく解説していきます。

I企業・事業再生系のコンサルティング(コンサルタント)会社の上位3社は3位がフロンティアマネジメント、2位が山田コンサルティンググループ、1位がアリックスパートナーズとなっており、下から2社が日系という日系のコンサルティング(コンサルタント)会社の健闘が確認できる結果となりました。

平均年収ですがもっとも低い会社ともっとも高い会社の間に倍以上の差があるという極端な結果となっています。

会社名 種類 年収
1位:アリックスパートナーズ 外資系 平均1,000万円
2位:山田コンサルティンググループ 日系 平均637万円
3位:フロンティアマネジメント 日系 平均1,398万円

3位:フロンティアマネジメント

企業・事業再生系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第3位がフロンティアマネジメントです。

フロンティアマネジメントは若手の社員が経験を積みやすい社風で知られており、コンサルタントとして経験を積みたい人にはぴったりの会社となっています。

また平均年収は1,398万円と日系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中ではトップです。

どんどん仕事がもらえます
再生系のコンサルティングファームとしては有名なので案件は大量にあり、これがやりたいですと言えば普通にやらせてもらえるような環境です。ガンガン経験を積んでいきたい若手の人にはいい環境ではないかと思います。
30代後半 男性

2位:山田コンサルティンググループ

企業・事業再生系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第2位が山田コンサルティンググループです。

山田コンサルティンググループの平均年収は637万円となっており、コンサルティング(コンサルタント)業界において一般的な水準となっています。

社員を応援してくれる会社だと思う
社風からして社員の成長や挑戦を好ましいと捉える会社なので、やる気があればどんどんチャレンジする機会を与えてもらえるのは素晴らしいと思います。また良心を大事にする会社でもあるので、お客様のためにならない仕事をしなくて済むのが嬉しいです。
30代前半 男性

1位:アリックスパートナーズ

企業・事業再生系のコンサルティング(コンサルタント)会社のランキング第1位がアリックスパートナーズです。

アリックスパートナーズの平均年収は1,000万円で、外資系ということもあり企業・事業再生系のコンサルティング(コンサルタント)会社の中ではトップクラスの数字です。

厳しい会社です
確かに年収や待遇はいいのですが、常にお客様の利益を最大化できたかどうか、目に見える形の成果を求められるためプレッシャーとの戦いになります。退職する同僚も多く、安易な気持ちで入社するのはおすすめできません。
30代前半 男性

コンサルティング(コンサルタント)会社の将来性

コンサルティング(コンサルタント)会社の将来性についてですが、まずコンサルティング(コンサルタント)業界の業界規模は年々拡大しています。

また業務のデジタル化の需要がこれから更に高まっていくのに伴って、コンサルティング(コンサルタント)会社が必要とされる機会も多くなっていくと考えられますので、コンサルティング(コンサルタント)会社は非常に将来性のある会社であると言えます。

コンサルティング(コンサルタント)会社の採用状況

コンサルティング(コンサルタント)会社の採用について把握しておきたい3つのポイントについて詳しく解説していきます。

これらのポイントをきちんと理解した上で就活に臨めば、内定を得られる確率は確実に上がると言えるでしょう。

IT経験者は積極的に採用

コンサルティング(コンサルタント)会社の採用における第一のポイントはIT経験者が優遇されるということです。

IT系に限らずどんな分野のコンサルティング(コンサルタント)会社であっても、ITの高度な知識を持つ人材は高く評価されますので、コンサルティング(コンサルタント)業界で働くことを希望している就活生は、ITの知識を積極的に身に着けることをおすすめします。

新卒はポテンシャル採用

コンサルティング(コンサルタント)会社の採用における第二のポイントはポテンシャル採用にも積極的にチャレンジすることです。

ポテンシャル採用は一般の就職試験よりも書類の通過率が高い代わりに試験の内容がハイレベルになるといった特徴があり、自分の能力に自信のある人にはおすすめの採用制度となっています。

第二新卒はハードル高め

コンサルティング(コンサルタント)会社の採用における第三のポイントは第二新卒のハードルは高めであるというです。

第二新卒の場合どうしても新卒と比べられてしまい、不利な点もあるのですが会社からすると一般の中途採用よりは育てやすいというメリットもありますので、第二新卒だから諦めるといったことはしないようにしてください。

自分に合ったコンサルティング(コンサルタント)会社を選びましょう

コンサルティング(コンサルタント)会社を選ぶ上で一番大事なのは、どの会社であれば一番自分の能力を発揮できるのかということです。

コンサルティング(コンサルタント)会社ならどこでもいい、ではなく絶対に自分が一番輝けるコンサルティング(コンサルタント)会社で働くという思いを忘れないようにしましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事