就活でネクタイピンは必要?いらない?付け方とおすすめのネクタイピンも紹介!

就活にはネクタイピンが必要かどうかや付ける時のマナーについて解説していきますので、就活でネクタイピンを付けようと思っている人は読んでみてください。

就活でネクタイピンっている?

就活で服装について気になることは多いと思いますが、今回は就活でネクタイピンは必要なのかということについて詳しく解説をしていきます。

ネクタイピンは男性が身に着けるものとしては広く一般に知られており、ビジネスシーンで付けていても特に問題になることはありません。

ここでは就活というビジネスシーンでもやや特殊な状況においてネクタイピンを付けることの意味や、付ける際に注意してもらいたいポイント、またおすすめのネクタイピンについても紹介していきますので、これから就活に臨む男子就活生は是非目を通してみてください。

就活にネクタイピンは必要ではない

まず結論から言ってしまいますと、就活においてネクタイピンは必要ではありません。

ただしこれは就活でネクタイピンをしてはいけないということではなく、就活でネクタイピンをしてもしなくても自由であり、自分の好みに合わせて選択することが可能である、ということです。

就活においてネクタイピンが必要でない理由にはネクタイピンを使う・使わないは自由、証明写真の場合もどちらでも良い、付け方によっては悪印象を与えるといったものがあり、これらの理由についても詳しく解説をしていきますので、ネクタイピンをしたいけど就活で問題になったら不安だと思っている男子就活生は読んでみることをおすすめします。

  • ネクタイピンを使う・使わないは自由
  • 証明写真の場合もどちらでも良い
  • 付け方によっては悪印象を与える

ネクタイピンを使う・使わないは自由

就活においてネクタイピンが必要でない理由の一つはネクタイピンを使う・使わないは自由であるということです。

就活の時の服装は基本的に自由度が低いのですが、ネクタイピンは珍しく使っても使わなくてもどちらでもいいアイテムとなっています。

ネクタイピンを付けているか付けていないかで就活の結果に影響が出ることはまずありませんが、逆に言えば自分の意志でおしゃれとしてネクタイピンを付けることができるということですので、就活の時でもちょっとしたおしゃれを楽しみたいという男子就活生はネクタイピンを付けてみることをおすすめします。

証明写真の場合もどちらでも良い

就活においてネクタイピンが必要でない理由の一つは証明写真の場合もどちらでも良いということです。

証明写真は志望する企業にまず最初に容姿を認識される機会であり、そこで悪い印象を与えてしまうと就活において後々まで悪い影響を与えてしまいますが、ネクタイピンを付けて証明写真を撮ることはプラスにもマイナスにもなりません。

ネクタイピンは就活において数少ない、自分の意志で身に着けるかどうかを自由に選べるアイテムですので、就活に息苦しさを感じた時の気晴らしとして身に着けるというのも十分に有効です。

付け方によっては悪印象を与える

就活においてネクタイピンが必要でない理由の一つは付け方によっては悪印象を与えるということです。

就活ではネクタイピンの存在は特に結果に影響を及ぼすことはありませんが、付け方が間違っている場合は話が別です。

ネクタイピンの向きが違っている、ネクタイピンの角度が大きくずれてしまっている、といった間違った付け方をしてしまうと採用担当の人の印象が一気に悪くなってしまいますので、もしネクタイピンを付けるのであれば向きの確認や角度の小まめなチェックなど、正しいネクタイピンの付け方を常に意識するように心がけてください。

就活時のネクタイピンの付け方

就活でネクタイピンを正しく付けるために守ってもらいたい3つのポイントについて詳しく解説をしていきますので、就活でネクタイピンを付けようと思っている男子就活生は是非目を通してみてください。

就活でネクタイピンを正しく付けるために守ってもらいたいポイントにはネクタイとネクタイピンのサイズ感を合わせる、付ける位置は第三ボタンと第四ボタンの間、ネクタイにボリューム感を持たせるといったものがあり、これらをきちんと守っておくことができれば採用担当の人の印象が悪くなることはないでしょう。

  • ネクタイとネクタイピンのサイズ感を合わせる
  • 付ける位置は第三ボタンと第四ボタンの間
  • ネクタイにボリューム感を持たせる

ネクタイとネクタイピンのサイズ感を合わせる

就活でネクタイピンを正しく付けるために守ってもらいたいポイントの一つは、ネクタイとネクタイピンのサイズ感を合わせるということです。

ネクタイに対してあまりにもネクタイピンが大きかったり、逆にネクタイピンがあまりにも小さかったりすると不自然な印象になってしまい、採用担当の人の注意を悪い意味で引いてしまうことになります。

また就活においては目立つことは基本的に厳禁ですので、ネクタイピンのサイズはできるだけ小さめのものを選ぶことを意識してください。

付ける位置は第三ボタンと第四ボタンの間

 

就活でネクタイピンを正しく付けるために守ってもらいたいポイントの一つは、付ける位置は第三ボタンと第四ボタンの間ということです。

ネクタイピンを付ける位置の正しいルールというのはしっかりと決まっている訳ではないのですが、就活で付けることを考えるとやはり目立つことのない程々の位置に付けるのが無難だと考えられます。

ネクタイピンを程々の位置に付けるための有効な目安になるのがシャツの第三ボタンと第四ボタンの間であり、この位置に付けておけば問題になることはまずないと言っていいでしょう。

ジャケット着用の有無でも違う

就活でネクタイピンを正しく付けるためにはジャケットを着ているかそうでないかについても意識しなければいけません。

ジャケットを着ていてもいなくても、ネクタイピンの適性な位置がシャツの第三ボタンと第四ボタンの間ということに変わりはないのですが、ジャケットを着ている場合シャツの大部分がジャケットによって隠れてしまいますので、やや高めな位置に付けるとバランスがよくなります。

逆にジャケットを着ていない場合はやや低めな位置に付けることで全体のバランスをよくすることができます。

ネクタイにボリューム感を持たせる

就活でネクタイピンを正しく付けるために守ってもらいたいポイントの一つは、ネクタイにボリューム感を持たせることです。

ネクタイを上に引き上げた状態でネクタイピンを使って固定することにより、ネクタイにボリューム感を持たせておしゃれな印象を加えることが可能になります。

ただしあまりにもボリュームを持たせすぎてしまうと悪い意味で目立ってしまいますので、このテクニックを使うのであれば志望する業界や企業の社風をしっかりと調べた上で慎重に行う必要があります。

就活向けネクタイピンの選び方

就活に相応しいネクタイピンを選ぶための3つの気をつけてもらいたいポイントについて詳しく解説をしていきますので、これから就活のためにネクタイピンを買おうとしている人はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

就活に相応しいネクタイピンを選ぶための気をつけてもらいたいポイントとしては、柄やデザインはシンプルなものを選ぶ、色はシルバーが無難、種類はわに口式かクリップ式といったものがあり、これらに注意しておけば就活の時にネクタイピンのことで採用担当の人に注意されることは避けられるでしょう。

  • 柄やデザインはシンプルなものを選ぶ
  • 色はシルバーが無難
  • 種類はわに口式かクリップ式

柄やデザインはシンプルなものを選ぶ

就活に相応しいネクタイピンを選ぶための気をつけてもらいたいポイントの一つは、柄やデザインはシンプルなものを選ぶことです。

ネクタイピンに限らず就活で目立つアイテムを身に着けることは基本的にNGです。

美容業界やアパレル業界などの外見に密接に関わる業界や企業であればあるいはOKなこともあるかもしれませんが、大多数の企業は派手な柄やデザインのネクタイピンを身に着けている就活生には悪い印象を抱きます。

面接の際に悪い印象を持たれたくないのであれば、ネクタイピンはシンプルなものを選択するようにしてください。

色はシルバーが無難

就活に相応しいネクタイピンを選ぶための気をつけてもらいたいポイントの一つは、色はシルバーが無難ということです。

ネクタイピンは確かに就活において身に着けることを自由に選択できるアイテムですが、だからといって何もかも自由にしていいという訳ではもちろんありません。

就活でネクタイピンを付けるのであれば、目立たず清潔感のあるシルバーのものを選ぶのがもっとも安全であり、間違っても赤や金のような派手で目立ってしまう色を選択することのないようにしましょう。

種類はわに口式かクリップ式

就活に相応しいネクタイピンを選ぶための気をつけてもらいたいポイントの一つは、種類はわに口式かクリップ式を選ぶということです。

ネクタイピンには付け方によって複数の種類があり、代表的なのはわに口式かクリップ式ですが、ピンをネクタイに刺して付けるタイプのものやネクタイを中心に通して付けるタイチェーンと呼ばれるものもあります。

ピンをネクタイに刺して付けるタイプのものはピンが服に引っかかってしまう場合がありますし、タイチェーンはデザインの関係上どうしても目立ってしまいますので、就活で付けるのであれば必ずわに口式かクリップ式のものを選ぶようにしてください。

就活におすすめのネクタイピンブランド

男子就活生に特におすすめしたいネクタイピンのブランド3選を紹介していきますので、ネクタイピンを初めて買うけどどのブランドのものを買えば失敗しないか知りたいという人は是非読んでみてください。

またどんなブランドを選ぶとしてもネクタイピンは必ず落ち着いたデザインのものを選ぶことを徹底するようにしましょう。

  • ポールスミス
  • バーバリー
  • カルバンクライン

ポールスミス

ポールスミスはクリップ式で使いやすいシンプルなデザインのネクタイピンを販売していることで知られるブランドです。

デザインや色自体は落ち着いていて就活向きなのですが、ロゴに明るい色が入ってしまっているため、もしも気になるのであれば他のブランドも検討してみることをおすすめします。

バーバリー

バーバリーはわに口式でシンプルなデザインのネクタイピンが高い評価を受けているブランドです。

色はシルバーで統一されているので目立ちませんし、遠くからではわかりませんが近くで見ると細かいところでデザインが工夫されていますので、おしゃれを楽しむという面でもおすすめのネクタイピンとなっています。

カルバンクライン

カルバンクラインはクリップ式の洗練されたデザインのネクタイピンが人気のブランドです。

色はシルバーとグレーを組み合わせたもので就活にはぴったりですし、デザインも落ち着いていて高級感がありますのでどんな企業の面接にも付けていくことが可能です。

就活ではネクタイにもこだわって良い印象を!

就活ではネクタイピンだけでなくネクタイにもこだわることで見た目の印象が変わってきます。

就活のためのネクタイを選ぶ時に気をつけてほしい3つのポイントについて詳しく解説をしていきますので、ネクタイ選びに自信がない男子就活生は目を通しておくとよいでしょう。

  • 就活向けのネクタイの色や柄を選ぶ
  • 就活向けのネクタイの幅は9cm
  • 就活向けのネクタイの結び方

就活向けのネクタイの色や柄を選ぶ

就活のためのネクタイを選ぶ時に気をつけてほしいポイントの一つは、できるだけ地味な色や柄を選ぶことです。

どれだけ派手な色のネクタイが好きでも就活の時は我慢して、とにかく地味なものを選ぶようにしてください。

就活向けのネクタイの幅は9cm

就活のためのネクタイを選ぶ時に気をつけてほしいポイントの一つは、ネクタイの幅が9cmのものを選ぶようにすることです。

これより太くても細くても目立ってしまう可能性がありますので、就活で使うネクタイは9cmの幅で統一するようにしましょう。

就活向けのネクタイの結び方

就活のためのネクタイを選ぶ時に気をつけてほしいポイントの一つは、特殊な結び方をしないということです。

就活でネクタイを結ぶ際は基本的にプレーンノットと呼ばれる結び方で結び、結び目が大きくなるような目立つ結び方はしないようにしてください。

就活では目立たないネクタイピンが正解

就活でネクタイピンを付けるかどうかは自由ですが、選び方や付け方を間違えれば当然採用担当の人の印象は悪くなります。

将来仕事中にネクタイピンを正しく付けられるようになるためにもネクタイピンの正しい付け方をしっかりと習得しておきましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事