就活中のバイトを両立させる4つの方法!両立する際の4つの注意点と選び方も紹介!

今や就活中であってもバイトをして、生活費や就活費用を稼ぐのは当たり前のことになっています。しかし就活中にバイトをして就活のための時間が足りなくなり、内定がもらえなくなってしまったらその後の人生に与える影響は計り知れません。

この記事では就活中にバイトする場合、どうすれば両立させることができるのかということについて解説していきますので、現在就活中の人で上手くバイトとの両立ができていないという人は読んでみることをおすすめします。

就活中にバイトを続けても良い?

就活中にバイトをしていてもいいのか、ということについて悩んでいる就活生の人は多いと思います。

結論から言いますと、就活中にバイトをしていてもそれ自体は問題ありません。

問題となってくるのはバイトによって精神と肉体に負担がかかり、就活が上手くいかなくなってしまうことです。

この記事では就活中であっても上手にバイトを両立させられる方法について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみることをおすすめします。

就活とバイトを両立させる4つの方法

就活中にバイトを両立させる4つの方法について詳しく解説していきます。

就活中にバイトを両立させる4つの方法には、バイトの時間帯を見直す、就活に理解があるバイト先で働く、就活の出費に備えて貯蓄を始める、余裕を持って就活の予定を組むといったものがあり、これらの方法を実践することによって心身ともに余裕をもった状態で就活を行うことができますので、就活中にバイトも行わなければならず余裕が全くない、という人は読んでみてください。

  • ①バイトの時間帯を見直す
  • ②就活に理解があるバイト先で働く
  • ③就活の出費に備えて貯蓄を始める
  • ④余裕を持って就活の予定を組む

①バイトの時間帯を見直す

就活中にバイトを両立させる4つの方法の一つは、バイトの時間帯を見直すことです。

たとえば時給がいいからといって就活中に深夜帯のバイトをしている場合、どうしても眠る時間が不規則になってしまい、体調不良が起きる確率が高くなってしまいます。

就活中にバイトをするのであれば、多少時給が低くなってしまったとしても、生活のリズムが乱れることのない日勤帯のバイトを探して働くことを強くおすすめします。

②就活に理解があるバイト先で働く

就活中にバイトを両立させる4つの方法の一つは、就活に理解があるバイト先で働くことです。

就活があるのでバイトを休みたい、と言ったらバイト先の責任者に嫌な顔をされた、というのはよく聞く話です。

確かにきちんとバイトで働くことも大事ですが、人生に与える影響を考えた場合就活を優先するのは当然のことだと言えます。

就活中にバイトをするのであれば、できるだけ就活に理解があるバイト先で働き、もし理解してもらえないようであればバイト先を変えることも検討してみましょう。

③就活の出費に備えて貯蓄を始める

就活中にバイトを両立させる4つの方法の一つは、就活の出費に備えて貯蓄を始めることです。

そもそも就活中にバイトをする目的は生活費や就活にかかる費用を工面するためです。

就活が始まる前にバイトをして、その給料を就活の出費に備えて貯金しておけば、就活中にバイトをする必要はなくなりますし、もし貯金が足りなくなったとしてもバイトの頻度を就活に影響が出ないレベルにまで下げることができます。

④余裕を持って就活の予定を組む

就活中にバイトを両立させる4つの方法の一つは、余裕を持って就活の予定を組むことです。

就活は基本的に時間との戦いになりますので、予定をぎっしりと詰め込んでしまうと面接の予定をすっぽかしてしまったり、バイトに遅刻してしまったりといった問題が発生するリスクが高まります。

就活中の予定は可能な限り余裕を持たせるようにして、ここぞという時のチャンスに自分の全力を出せるようにしておけば内定をもらえる確率は間違いなく上昇すると言えます。

就活中にバイトをする時の4つの注意点

就活中にバイトをする時に是非気をつけてもらいたい4つの注意点について詳しく解説していきます。

就活中にバイトをする時に是非気をつけてもらいたい4つの注意点には就活かバイトか優先順位を決める、スケジュール管理をきちんとする、体調を整えておく、金銭管理をきちんとするといったものがあり、これを守れるかどうかで就活中のバイトの両立が上手くいくかどうかが決まってきますので、可能な限り意識をするようにしてください。

  • 1.就活かバイトか優先順位を決める
  • 2.スケジュール管理をきちんとする
  • 3.体調を整えておく
  • 4.金銭管理をきちんとする

1.就活かバイトか優先順位を決める

就活中にバイトをする時に是非気をつけてもらいたい4つの注意点の一つは、就活かバイトか優先順位を決めることです。

人間は二つのことを同時にこなそうとした場合、どうしてもエネルギーが分散してしまいますので、結果として両方上手くいかなくなってしまうといったことが多々あります。

就活中にバイトをするのであれば、できるだけエネルギーは就活に回し、バイトは適度に力を抜いて取り組むことをおすすめします。

2.スケジュール管理をきちんとする

就活中にバイトをする時に是非気をつけてもらいたい4つの注意点の一つは、スケジュール管理をきちんとすることです。

スケジュール管理がきちんとできなければ就活のイベントに参加できなかったり、面接の時間に間に合わないといった様々なトラブルに見舞われますので、社会人には必須であるスケジュール管理の能力を身に着ける練習という意味でも、就活中のスケジュール管理はきちんと行うように心がけましょう。

3.体調を整えておく

就活中にバイトをする時に是非気をつけてもらいたい4つの注意点の一つは、体調を整えておくことです。

就活中に限らず体調は全ての基本であり、就活であってもバイトであっても体調が悪ければそれだけ上手くいく確率は下がっていきます。

就活生の場合、まだ若いから無理ができると考えている人が多いと思いますので、自分の若さを過信しすぎることなく、体調不良のせいで大事なチャンスを逃さないよう健康管理をしっかり行うようにしてください。

4.金銭管理をきちんとする

就活中にバイトをする時に是非気をつけてもらいたい4つの注意点の一つは、金銭管理をきちんとすることです。

就活は交通費やスーツなどの身に着けるものの費用、またカフェで休憩する時の利用料など、とにかくお金がかかります。

家族から就活にかかるお金を援助してもらえるという人も、それに甘えすぎることなく、就活にかかるお金をきちんと管理することを心がけることで、社会人になっても通用する金銭感覚を培うことが可能になります。

就活中のバイトの選び方

就活中にバイトを選ぶ際に参考してもらいたい3つの選び方について詳しく解説をしていきます。

就活中にバイトを選ぶ際に参考してもらいたい3つの選び方には、必要な収入からバイトを選ぶ、頻度や時間からバイトを選ぶ、通いやすさからバイトを選ぶといったものがあり、これらの基準をしっかりと意識して就活中のバイトを選ぶことで、就活とバイトの両立が格段にやりやすくなりますので、是非参考にしてみることをおすすめします。

  • ①必要な収入からバイトを選ぶ
  • ②頻度や時間からバイトを選ぶ
  • ③通いやすさからバイトを選ぶ

①必要な収入からバイトを選ぶ

就活中にバイトを選ぶ際に参考してもらいたい3つの選び方の一つは、必要な収入からバイトを選ぶことです。

あらかじめ生活費や就活に必要なお金がきちんと把握できていれば、必要以上にバイトをする必要もなくなり、就活中のバイトの両立が非常にやりやすくなります。

バイトのしすぎで就活が失敗した、ということにならないよう、家計簿をつけるなどしてどれだけの収入があればいいのかしっかりと把握しておくようにしてください。

②頻度や時間からバイトを選ぶ

就活中にバイトを選ぶ際に参考してもらいたい3つの選び方の一つは、頻度や時間からバイトを選ぶことです。

就活中にバイトをする際に特に重要になってくるのがどのくらいの頻度で働かなければいけないのか、そしてどの時間に働かなければいけないのか、ということです。

時間が早すぎても遅すぎても生活リズムの乱れの原因になりますので、できるだけ日中に働けるアルバイトを選ぶようにすると、就活中のバイトの両立が上手くいく可能性が高くなります。

③通いやすさからバイトを選ぶ

就活中にバイトを選ぶ際に参考してもらいたい3つの選び方の一つは、通いやすさからバイトを選ぶことです。

バイトをする際、通勤時間が長くなればなるほど体にかかる負担は大きくなります。

就活中はとにかく体力を使いますので、少しでも就活に使える体力を残しておけるよう、もしリモートワークができるバイトがあれば積極的に応募して、働けるチャンスを逃さないようにしましょう。

就活中におすすめの3つのバイト

就活中におすすめの3つのバイトについて詳しく解説していきます。

就活中におすすめの3つのバイトには高収入のバイト、短期や単発のバイト、オフィスワークのバイトといったものがあり、これらの特徴に当てはまるバイトを見つけて働くことができれば、就活との両立をする難易度がかなり下がりますので、もし就活中にバイトをしなければならない人は、多少時間をかけてでもこれらのバイトを探してみることをおすすめします。

  • 1.高収入のバイト
  • 2.短期や単発のバイト
  • 3.オフィスワークのバイト

1.高収入のバイト

就活中におすすめの3つのバイトの一つは高収入のバイトです。

バイトというとどうしても収入が低いものや強い負荷のかかる肉体労働のようなものが多くなりがちですが、中には家庭教師のような高額な時給をもらえるものも存在します。

家庭教師の場合肉体労働ではないため、体にかかる負担を減らすという点でも特におすすめですので、もし可能であれば家庭教師のバイトを積極的に探すことを心がけてください。

2.短期や単発のバイト

就活中におすすめの3つのバイトの一つは短期や単発のバイトです。

長期間継続的に働かなければいけないバイトの場合、どうしても就活中バイトとの両立が難しくなってしまいますが、短期や単発のバイトであればその心配はいりません。

ただし短期や単発のバイトの場合、時給や交通費などの待遇の面が悪いものが多くなりがちですので、しっかりと給料がもらえるバイトを選ぶことを忘れないようにしましょう。

3.オフィスワークのバイト

就活中におすすめの3つのバイトの一つはオフィスワークのバイトです。

オフィスワークのバイトの場合、肉体労働系のバイトと比べて時給が高いことが多く、また体にかかる負担も少ないため就活中にするバイトとしてはうってつけだと言えます。

ただしオフィスワークのバイトは非常に人気が高い上に数も少なく、採用してもらうことは簡単ではありませんので、もし働けそうなチャンスがあったら絶対に逃がさないようにしてください。

就活中にバイトをするメリットとデメリット

就活中にバイトをすることのメリットとデメリットについて紹介していきます。

就活中にバイトをすることのメリットには社会人として働くことが意識できる、就活でバイト経験をアピールできる、金銭的に余裕が生まれるといったものがあり、またデメリットには体力的にきつくなる、時間に余裕がなくなるといったものがありますので、メリットとデメリットのバランスをきちんと考えてバイトを選ぶことを心がけましょう。

メリット デメリット
1.社会人として働くことが意識できる 1.体力的にきつくなる
2.就活でバイト経験をアピールできる 2.時間に余裕がなくなる
3.金銭的に余裕が生まれる

就活中にバイトをする3つのメリット

就活中にバイトをすることで得られる3つのメリットについて詳しく解説していきます。

就活中にバイトをすることで得られる3つのメリットには社会人として働くことが意識できる、就活でバイト経験をアピールできる、金銭的に余裕が生まれるといったものがあり、どれも就活を行うにあたって非常に有益なものばかりですので、就活に支障をきたさない範囲でバイトは積極的に行うことを強くおすすめします。

1.社会人として働くことが意識できる

就活中にバイトをすることで得られる3つのメリットの一つは、社会人として働くことが意識できることです。

バイトをすれば職場という学校とはまったく違う世界を知ることができ、その経験は社会人として働く時に極めて有効に働きます。

社会人になる前に働くということについて知っておきたい、という人は是非就活中にバイトをして働くとはどういうことか、自分自身で確かめてみるとよいでしょう。

2.就活でバイト経験をアピールできる

就活中にバイトをすることで得られる3つのメリットの一つは、就活でバイト経験をアピールできることです。

就活中にバイトを両立した経験を採用担当の人にアピールすることで、スケジュール管理や健康管理といった管理能力がしっかりしている人だという印象を与えることができます。

ただしあまりバイトのことをアピールしすぎてしまうと、それ以外話すことがない人なのかと思われてしまう危険性もありますので注意してください。

3.金銭的に余裕が生まれる

就活中にバイトをすることで得られる3つのメリットの一つは、金銭的に余裕が生まれることです。

お金がないとどうしても精神的な余裕がなくなり、そのことが外見に出てしまうと就活の面接でもいい結果を残し辛くなってしまいます。

就活中のバイトは金銭面での精神的な負担を和らげるという点でも、やる意味は十分にあると言えるでしょう。

就活中にバイトをするの2つのデメリット

就活中にバイトをすることで生じる2つのデメリットについて詳しく解説していきます。

就活中にバイトをすることで生じる2つのデメリットには体力的にきつくなる、時間に余裕がなくなるといったものがあり、就活を成功させるためには決して無視するわけにはいかないものばかりですので、就活中にバイトをするのであればこれらのデメリットを常に頭に入れた上でバイトをするようにしてください。

1.体力的にきつくなる

就活中にバイトをすることで生じる2つのデメリットの一つは、体力的にきつくなることです。

たとえ体力に自信がある人であっても、就活とバイトを同時にこなすというのは想像を超えて体力を消耗します。

体力の消耗は外見に表れるだけでなく、スケジュール調整のミスや突然の病気など様々なトラブルとなって降りかかってきますので、就活中のバイトの両立は自分の体力の限界をしっかり把握した上で行いましょう。

2.時間に余裕がなくなる

就活中にバイトをすることで生じる2つのデメリットの一つは、時間に余裕がなくなることです。

就活中にバイトをしてしまうと時間が一気に削られてしまい、ストレス解消のためのプライベートの時間が持てず精神的に落ち込んでしまうというリスクもあります。

就活中にバイトを両立するのであれば、モチベーションを向上させるためのプライベートの時間は絶対に確保することをおすすめします。

就活とバイトを両立させるコツ

就活中にバイトを両立する2つのコツについて詳しく解説していきます。

就活中にバイトを両立する2つのコツにはバイトは土日を中心に入れる、忙しい時期はバイトを休むといったものがあり、これらのコツを常に意識しておくことによって、就活とバイトの両立という辛い生活を乗り切れる可能性が高まりますので、現在就活とバイトを両立している人は是非参考にしてみるとよいでしょう。

  • コツ1:バイトは土日を中心に入れる
  • コツ2:忙しい時期はバイトを休む

コツ1:バイトは土日を中心に入れる

就活中にバイトを両立する2つのコツの一つは、バイトを土日を中心に入れることです。

基本的に採用活動を行っている企業は土日が休みのため、当然就活も平日を中心に行うことが多くなります。

そのため土日を中心にバイトを行うことによって、就活のスケジュールと被ってしまう可能性を減らすことができ、スケジュールの管理がしやすくなります。

コツ2:忙しい時期はバイトを休む

就活中にバイトを両立する2つのコツの一つは、忙しい時期はバイトを休むことです。

もしもいそがしい時期に無理して就活とバイトを両立した場合、最終的に体力を消耗しすぎて体調を崩し、どちらもこなせなくなってしまうという可能性は十分に考えられます。

就活とバイトであれば優先すべきなのは間違いなく就活ですので、体力的に厳しいと思った時はバイト先の責任者の人に事情を相談して休ませてもらい、もしも応じてもらえない場合はバイト先の変更を検討することで、体調を崩してしまうリスクを減らすことが可能です。

就活中のバイトは体調管理や時間管理ができれば両立できる

就活中のバイトの両立は体力やスケジュールといった様々なものを管理しなければならず、非常に大変ですが、それを乗り越えることができれば社会人として働く上で大いに役に立つ能力が身に着くことは間違いありません。

バイトをすることによって金銭的に安定するというメリットもありますので、就活生の人は無理をしない範囲で就活とバイトを両立してみるとよいでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事