NHK(日本放送協会)の就活の特徴は?倍率や面接で聞かれることや対策を紹介!

NHK(日本放送協会)は日本人であれば誰もが知っている特殊法人であり、就活生にとっても超難関の就職先として広く知られています。NHK(日本放送協会)を志望する就活生は極めて多く、しかも優秀な人ばかりが応募しますので、人並み外れた努力をしなければ内定を勝ち取ることは難しいでしょう。

この記事ではそんなNHK(日本放送協会)の就活について詳しく解説をしていきますので、NHK(日本放送協会)で働くことを目指そうと思っている人は是非読んでみてください。

NHK(日本放送協会)への就職は難しい?

NHK(日本放送協会)で働くための就活の難易度はどのくらい高いのか、ということについて詳しく解説していきます。

NHK(日本放送協会)の就活の難易度は日本の企業や特殊法人の中でもトップクラスに高い、ということで知られており、一般的な対策をしていては内定を得ることは難しいと言えます。

もしNHK(日本放送協会)で働くことを希望しているのなら、この記事を読んで対策の方針を練ることをおすすめします。

NHK(日本放送協会)の採用について

NHK(日本放送協会)の就職試験で行われる3つの内容に詳しく解説していきます。

NHK(日本放送協会)の就職試験で行われる3つの内容には、エントリーシートの形式や内容、筆記試験の形式や内容、面接の形式や内容といったものがあり、これらについて事前にチェックしておくことで、就職試験が行われる前に対策の方向性を決めることができ、採用される確率を上げることが可能となります。

  • 1.エントリーシートの形式や内容
  • 2.筆記試験の形式や内容
  • 3.面接の形式や内容

1.エントリーシートの形式や内容

NHK(日本放送協会)の就職試験で行われる3つの内容の一つが、エントリーシートの形式や内容です。

エントリーシートは就活の最初のステップであり、まずここをクリアしなければ道は開けません。

NHK(日本放送協会)の場合、エントリーシートで書く内容は志望理由や最近気になるニュースといった一般的な内容が多いという情報がありました。

2.筆記試験の形式や内容

NHK(日本放送協会)の就職試験で行われる3つの内容の一つが、筆記試験の形式や内容です

NHK(日本放送協会)の筆記試験はSPIや一般教養といった基本的なものから、英語の問題や論文など高度なものまで幅広い能力を問われるものとなっており、

事前に徹底して対策を行っておかなければ通過することは難しくなっています。

3.面接の形式や内容

NHK(日本放送協会)の就職試験で行われる3つの内容の一つが、面接の形式や内容です。

大手企業などの場合、面接の回数が非常に多くなるというのは就活生の間ではよく知られていますが、NHK(日本放送協会)の面接の回数は3回程度となっており、それほど多いという印象は受けません。

ですがその分1回ごとの比重が大きいとも言えますので、全身全霊で臨まなければ突破することは困難でしょう。

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれること

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれる4つの内容について詳しく解説していきます。

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれる4つの内容には、職務でやり遂げたいことについて、好きな番組について、NHKの問題点について、NHKの公共性について、といったものがあり、これらの内容について自分自身の確固たる意見を持っていなければ面接を通過することは難しくなっていますので、日頃からしっかりとした意見を持てるよう幅広いテーマについて考える癖をつけておくことをおすすめします。

  • ①職務でやり遂げたいことについて
  • ②好きな番組について
  • ③NHKの問題点について
  • ④NHKの公共性について

①職務でやり遂げたいことについて

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれる4つの内容の一つが、職務でやり遂げたいことについてです。

職務でやり遂げたいことを聞くことによって、就活生がどれだけNHK(日本放送協会)の業務というものを理解しているのか、また仕事に対してどれだけの情熱を持っているのかを知ることができるため、NHK(日本放送協会)側としても就活生を評価する上で大きな比重を置いている内容だと言えます。

②好きな番組について

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれる4つの内容の一つが、好きな番組についてです。

この内容についての答え方ですが、もちろん○○という番組が好きです、といった発言だけで終わってしまっては間違いなく合格は不可能です。

最低限何故その番組が好きなのか、またその番組をより面白くするための改善案や、番組の構造自体に存在する問題等を指摘できれば採用担当の人の評価は大きく上がることでしょう。

③NHKの問題点について

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれる4つの内容の一つが、NHKの問題点についてです。

NHK(日本放送協会)はほとんど全国民が知っていると言っても過言ではない特殊法人であり、当然様々な批判にさらされています。

NHK(日本放送協会)について感情に任せた批判を行うのでなく、組織の体制上の問題などを指摘した上でその改善案を提案できれば評価は一気に高まります。

④NHKの公共性について

NHK(日本放送協会)の面接で聞かれる4つの内容の一つが、NHKの公共性についてです。

NHK(日本放送協会)は企業ではなく特殊法人であり、視聴者から公平な報道を行うことを求められています。

日本国民の利益になる報道をするためには、どのような方向性で業務を行っていけばいいのか、ということについてのしっかりとした意見を準備しておくことを強くおすすめします。

NHK(日本放送協会)の面接の特徴

NHK(日本放送協会)の面接に見られる3つの特徴について詳しく解説していきます。

NHK(日本放送協会)の面接に見られる3つの特徴には、一次試験から個人面接である、親身に話を聞いてくれる雰囲気である、面接官によって質問速度が違うといったものがあり、これらの特徴を事前に把握しておかないと他の企業や特殊法人の面接との違いに面食らってしまい、実力を発揮できずに終わってしまうということもあり得ますので、しっかりと頭に入れておくようにしてください。

  • 特徴1:一次試験から個人面接である
  • 特徴2:親身に話を聞いてくれる雰囲気である
  • 特徴3:面接官によって質問速度が違う

特徴1:一次試験から個人面接である

NHK(日本放送協会)の面接に見られる3つの特徴の一つは一次試験から個人面接であるということです。

現在の就活における面接はまずグループ面接を行ってから、それを通過した人だけに個人面接を行うといった形式が一般的ですが、NHK(日本放送協会)の場合、就活生一人一人をしっかりと評価するために一次試験から個人面接を行っています。

特徴2:親身に話を聞いてくれる雰囲気である

NHK(日本放送協会)の面接に見られる3つの特徴の一つは、親身に話を聞いてくれる雰囲気であることです。

大手企業などの面接の場合、いわゆる圧迫面接のように採用担当の人から高圧的な態度を取られることも珍しくありませんが、NHK(日本放送協会)の場合は実際に面接を受けた多くの人がとても優しく、親身に接してもらったという感想を述べています。

特徴3:面接官によって質問速度が違う

NHK(日本放送協会)の面接に見られる3つの特徴の一つは、面接官によって質問速度が違うことです。

NHK(日本放送協会)の面接の場合、面接官の役職によって質問速度が大きく違うという特徴があり、特に人事部長からの質問は非常にテンポが早かったという情報がありますので、これからNHK(日本放送協会)の面接を受けるという人は注意してください。

NHK(日本放送協会)の就活 3つの対策方法

NHK(日本放送協会)の就活を突破するための3つの対策方法について詳しく解説していきます。

NHK(日本放送協会)の就活を突破するための3つの対策方法には、新聞/ニュースをチェックし自分の考えをもつ、職務で達成したいことについて明確にしておく、NHKの問題や公共性について自分なりの考えをもつといったものあり、これらの対策を徹底的に行うことで他の就活生に差をつけることが可能となります。

  • 対策1:新聞/ニュースをチェックし自分の考えをもつ
  • 対策2:職務で達成したいことについて明確にしておく
  • 対策3:NHKの問題や公共性について自分なりの考えをもつ

対策1:新聞/ニュースをチェックし自分の考えをもつ

NHK(日本放送協会)の就活を突破するための3つの対策方法の一つは、新聞/ニュースをチェックし自分の考えをもつことです。

NHK(日本放送協会)で働くのであれば、新聞やニュースなどで報道される様々なイベントに対して高い感度を持っておくことは絶対に必要ですので、複数の新聞やニュースなどに触れた上でそこから得られた情報に対し、自分がどのような考えを持ったかについてきちんと説明できるようにしておきましょう。

対策2:職務で達成したいことについて明確にしておく

NHK(日本放送協会)の就活を突破するための3つの対策方法の一つは、職務で達成したいことについて明確にしておくことです。

ただ社会的なステータスが高いからNHK(日本放送協会)で働きたい、といった考えを持つのではなく、日本国民の力になるためにNHK(日本放送協会)で達成しなければならないことは何か、ということを常に考えるようにしてください。

対策3:NHKの問題や公共性について自分なりの考えをもつ

NHK(日本放送協会)の就活を突破するための3つの対策方法の一つは、NHKの問題や公共性について自分なりの考えをもつことです。

NHK(日本放送協会)は広く日本国民の利益になる報道を行わなければならず、それを達成するためには何が問題になるのか、またその解決方法を日頃から考えておくことをおすすめします。

NHK(日本放送協会)の面接を通過した人の声

NHK(日本放送協会)の面接を実際に通過した人の口コミの中から、特に参考になるものを3つピックアップして紹介していきます。

これからNHK(日本放送協会)の面接を受けるという人は、是非これらの意見を読んだ上で対策を練るようにしましょう。

  • 連絡が非常に早い
  • 丁寧な態度で面接してくれる
  • インターンやOB訪問はやっておくべき

連絡が非常に早い

NHK(日本放送協会)の面接を実際に通過した人の口コミでは、流石NHKだけあって面接の日程が終わったらすぐに連絡をくれるなど、報連相がしっかりしていて素晴らしかったという意見が目立っていました。

連絡がすごく早かったです
面接の日程を終えたら、次の日にはもう結果の連絡が来るという感じで流石NHKだけあってしっかりしているなという感じでした。面接の時も気になる質問にしっかりと答えてもらって非常に好印象を持ちました。
20代前半 男性

丁寧な態度で面接してくれる

NHK(日本放送協会)の面接を実際に通過した人の口コミでは、他の企業の面接で感じるような圧迫感がなく、とてもアットホームな雰囲気の中で面接が受けられたため、自分の言いたいことを全て言うことができ、とても気分がよかったという意見が目立っていました。

圧迫感がなかった
他の企業の面接だと圧迫感を感じるようなこともあったのですが、励ましの言葉やお褒めの言葉をいただいてとても心地よく面接に臨むことができました。素晴らしい対応をしていただいたと思います。
20代前半 女性

インターンやOB訪問はやっておくべき

NHK(日本放送協会)の面接を実際に通過した人の口コミでは、インターンやOB訪問は就活に対するモチベーションが大きく上がるので、時間を割いてでも是非やった方がいいという意見が目立っていました。

みんないい人ばかりでした
人事担当の人がみんないい人達ばかりで感動しました。特に優遇があるわけではないですが、インターンやOB訪問はモチベーションが上がるのでなるべくやっておいた方がいいと思います。
20代前半 男性

NHK(日本放送協会)の面接は聞かれることについて対策が必須

NHK(日本放送協会)は日本の就活において最難関に位置する特殊法人のため、内定を得るためには不断の努力が求められます。

特に面接に関しては個人面接で徹底的に能力を判断されますので、常日頃から自分の意見をわかりやすく言葉で表現できるよう練習しておくことを強くおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事