就活で成績証明書求める企業の4つの意図!封筒の送り方や間に合わない場合の対処法も紹介!

就活をしていると気になってくるのが、成績証明書は就活においてどのくらい重要なのか、ということです。成績証明書は場合によっては就活の結果にも影響を与えかねない重要な書類であり、注意して取り扱わなければなりません。

この記事では成績証明書を何故企業が重視するのかや、成績証明書を企業に提出する時の方法について詳しく解説していきますので、現在就活中の人は是非読んでみるとよいでしょう。

なぜ就活に成績証明書が必要なのか?

なぜ就活をする上で成績証明書が必要になってくるのか、ということについて詳しく解説していきます。

成績証明書は大学時代どれだけ勉強に真面目に取り組んだか、ということを示す書類であり、企業はその内容を元に就活生がどのような学生生活を送ってきたのかを判断するのです。

企業が就活に成績証明書を欲しがる4つの意図

企業が就活に成績証明書を欲しがる4つの理由について詳しく解説していきます。

企業が就活に成績証明書を欲しがる理由には、成績を確認したいから、本当に卒業できるのか知りたいから、履歴書にウソがないか知りたいから、あなたがどんな人物なのか知りたいから、といったものがあり、これらの理由を把握しておくことで成績証明書の重要性を理解することができます。

  • 成績を確認したいから
  • 本当に卒業できるのか知りたいから
  • 履歴書にウソがないか知りたいから
  • あなたがどんな人物なのか知りたいから

成績を確認したいから

企業が就活に成績証明書を欲しがる理由の一つは、成績を確認したいからです。

企業側としては大学で真面目に勉強しなかった就活生よりも真面目に勉強した就活生の方を採用したい、と考えるのは自然なことですので、学生時代どれだけ勉強に打ち込んだかを確認するために成績証明書を必要とするのです。

本当に卒業できるのか知りたいから

企業が就活に成績証明書を欲しがる理由の一つは、本当に卒業できるのか知りたいからです。

内定を出したのに単位が足りず卒業できなければ、企業側としても採用のために使ったお金が無駄になってしまいます。

よって確実に卒業できるかどうか判断するため成績証明書の提出が必要になります。

履歴書にウソがないか知りたいから

企業が就活に成績証明書を欲しがる理由の一つは、履歴書にウソがないか知りたいからです。

就活で履歴書や面接においてウソをつく人は残念ながら存在します。

そのような人達を誤って採用してしまうことがないよう、企業は成績証明書を欲しがるのです。

あなたがどんな人物なのか知りたいから

企業が就活に成績証明書を欲しがる理由の一つは、あなたがどんな人物なのか知りたいからです。

成績証明書は大学時代どれだけ勉強に打ち込んだのか、またどんな科目が得意なのかといったことがはっきりと表れますので、就活生の人物像を知るためには非常に有効な書類であると言えます。

成績証明書の封筒の送り方

成績証明書を封筒に入れて送る時に注意しなければならない3つのポイントについて詳しく解説していきます。

成績証明書を封筒に入れて送る時に注意しなければならないポイントには、封筒の表面に「成績証明書在中」と書く、送付状を用意する、成績証明書をクリアファイルに入れるといったものがあり、これらのポイントに気を配れていないと就活における評価が低くなってしまいますので気をつけましょう。

  • 封筒の表面に「成績証明書在中」と書く
  • 送付状を用意する
  • 成績証明書をクリアファイルに入れる

封筒の表面に「成績証明書在中」と書く

成績証明書を封筒に入れて送る時に注意しなければならないポイントの一つは、封筒の表面に「成績証明書在中」と書くことです。

封筒の表面に成績証明書が入っていることをはっきりと書くことによって、企業側の負担を減らすことができます。

送付状を用意する

成績証明書を封筒に入れて送る時に注意しなければならないポイントの一つは、送付状を用意することです。

送付状は絶対に必要というものではないのですが、あった方が当然好印象になりますので、必ず用意するようにしてください。

成績証明書をクリアファイルに入れる

成績証明書を封筒に入れて送る時に注意しなければならないポイントの一つは、成績証明書をクリアファイルに入れることです。

封筒とクリアファイルの二重体制で提出するのであれば、万一郵送の途中で濡れてしまったとしても、成績証明書を守ることができます。

成績証明書が間に合わない場合の対処法

成績証明書の提出が期限に間に合わない場合の2つの対処法について詳しく解説していきます。

成績証明書の提出が期限に間に合わない場合の対処法には、企業の営業時間内に電話をする、営業時間外ならメールで連絡を入れるといったものがありますが、基本は絶対に期限に間に合わせるものだということを忘れないでください。

  • 企業の営業時間内に電話をする
  • 営業時間外ならメールで連絡を入れる

企業の営業時間内に電話をする

成績証明書の提出が期限に間に合わない場合の対処法の一つは、企業の営業時間内に電話をすることです。

成績証明書に限らず必要な書類の提出期限に間に合ないというのは大問題ですので、必ず企業側に連絡して謝罪をするようにしましょう。

営業時間外ならメールで連絡を入れる

成績証明書の提出が期限に間に合わない場合の対処法の一つは、営業時間外ならメールで連絡を入れることです。

またメールだけで連絡を済ませるということはせず、後日改めて電話で連絡を入れるようにしてください。

就活での成績証明書の重要度

就活における成績証明書の重要度について3つのポイントから詳しく解説していきます。

就活における成績証明書の重要度についてのポイントとしては、単位を落としていないかが重要、外資系企業は成績(GPA)が重要、専門性がある科目の成績は重要といったものがあり、これらのポイントに自信がないという人は対策を考える必要があると言えるでしょう。

  • 単位を落としていないかが重要
  • 外資系企業は成績(GPA)が重要
  • 専門性がある科目の成績は重要

単位を落としていないかが重要

就活における成績証明書の重要度についてのポイントの一つが、単位を落としていないかです。

単位を落とすということは留年や卒業可能かどうか、ということにも関わってくる重大な問題ですので、当たり前ですが単位を落としていない方が企業側の評価は高くなります。

外資系企業は成績(GPA)が重要

就活における成績証明書の重要度についてのポイントの一つが、外資系企業は成績(GPA)が重要だということです。

将来外資系企業で働きたいと考えている場合、成績証明書の成績(GPA)がよくないと合否に大きな影響が出てしまいますので、講義をきちんと受けて成績(GPA)を上げる努力をしておく必要があります。

専門性がある科目の成績は重要

就活における成績証明書の重要度についてのポイントの一つが、専門性がある科目の成績は重要だということです。

ある特定の分野の知識が重要になってくる業界で働こうと思った場合、専門性がある科目の成績が低いと企業から問題視されてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

就活で成績証明書を提出するタイミング

就活で成績証明書を提出する2つのタイミングについて詳しく解説していきます。

就活で成績証明書を提出するタイミングには初期の選考段階で提出する場合と、内定承諾書と同時に提出する場合がありますので、どちらであっても提出期限は厳守するようにしてください。

  • 初期の選考段階で提出
  • 内定承諾書と同時に提出

初期の選考段階で提出

就活で成績証明書を提出するタイミングの一つが、初期の選考段階で提出する場合です。

企業の採用担当の人から就活の初めの段階で提出するように言われた場合、成績証明書の内容が結果に影響してくる可能性が高いと言えるでしょう。

内定承諾書と同時に提出

就活で成績証明書を提出するタイミングの一つが、内定承諾書と同時に提出する場合です。

この場合よほど成績証明書がひどい内容でない限りは、選考結果に影響が出てくる可能性は低いと言えます。

就活の成績証明書の提出方法は?手渡しor郵送

就活の成績証明書の2つの提出方法について詳しく解説していきます。

就活の成績証明書を提出する方法には手渡しで提出する場合と郵送で提出する場合があり、企業側の指示に従わず勝手に提出方法を選んでしまうと大問題になってしまいますので、絶対に自分で判断することはせず、企業側の指示に沿った方法を選ぶようにしてください。

  • 手渡しで成績証明書を提出する場合
  • 郵送で成績証明書を提出する場合

手渡しで成績証明書を提出する場合

就活の成績証明書の提出方法の一つが手渡しで提出する方法です。

企業の採用担当の人に直接手渡しできれば確実ですが、自分で企業に出向く必要があるなど手間のかかる方法でもあります。

郵送で成績証明書を提出する場合

就活の成績証明書の提出方法の一つが郵送で提出する方法です。

郵送で提出する場合は自分で企業に提出に行く手間を減らせますが、郵送の際のマナーをあらかじめ確認しておき、しっかりと守る必要があります。

成績が悪い場合の就活対処法

大学での成績が悪い場合の対処法について詳しく解説していきます。

大学の成績が悪い場合、就活においては確かにマイナスになってしまいますが、絶対に挽回できないわけではありませんので、希望を捨てることのないようにしてください。

卒業できるか怪しい場合は不利になる

大学の成績が悪い場合でもっとも問題になるのが、卒業できるかどうかが怪しい場合です。

内定を出した就活生が卒業できなければ企業にとっても大きな損失ですので、最低限卒業だけは必ずするようにしましょう。

卒業できるように単位を取る

就活を成功させる上で前提となるのが大学を卒業することです。

大学を卒業できなければたとえ優良企業から内定をもらえたとしても、全て無駄になってしまいますので、就活だけに力を入れた結果単位が足りず、大学を卒業できなかったということにならないよう注意してください。

成績が不利なら面接時にアピールすることが大切

もし大学の成績が悪いのであれば、就活では成績以外のことをできるだけアピールすることを心がけてください。

大学の成績は悪いけれどこの分野であれば自信がある、ということを堂々とアピールできれば企業も関心を持ってくれます。

成績が悪い理由を聞かれた時の対処法

成績が悪いことを面接などで聞かれた場合は、何故成績が悪くなってしまったのかについて前向きな理由を答えるようにしてください。

好きなことに打ち込んだ結果成績が悪くなってしまった、といった理由を答えられれば極端に印象が悪くなってしまうということはありません。

成績が悪くても企業が欲しがる人物

大学の成績が悪くても企業が欲しがる人物の特徴3つについて詳しく解説していきます。

大学の成績が悪くても企業が欲しがる人物の特徴にはポジティブである、会社に貢献してくれそう、真面目に勉強しているといったものがあり、これらの特徴に当てはまっているのであれば内定をもらえる希望はあると言えます。

  • ポジティブな人物
  • 会社に貢献してくれそうな人物
  • 真面目に勉強している人物

ポジティブな人物

大学の成績が悪くても企業が欲しがる人物の特徴の一つは、ポジティブであることです。

ポジティブな人は成長性が高く、また社内のムードもよくしてくれますので、企業側からすれば是非欲しい人材であると言えるでしょう。

会社に貢献してくれそうな人物

大学の成績が悪くても企業が欲しがる人物の特徴の一つは、会社に貢献してくれそうであることです。

たとえ大学の成績が悪くてもそれ以外のところで有望と思える活動をしているのであれば、企業側からすれば魅力的な人材となります。

真面目に勉強している人物

大学の成績が悪くても企業が欲しがる人物の特徴の一つは、真面目に勉強していることです。

成績が悪かったとしても単位を一切落としていないなど真面目に勉強している姿勢がわかれば、企業側の評価もそこまで低くなることはないでしょう。

就活では成績証明書よりも自己PRが大切

成績証明書は確かに就活において重要ですが、それ以上に重要なのは自分が学生時代にどんな経験をしたのかをしっかりとPRすることです。

自分が志望する企業に対しどのような利益を与えられるかをしっかりとPRできれば、多少成績が悪かったとしても内定を勝ち取ることは十分に可能だと言えます。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事