ニート・フリーターの就活の6つの注意点とおすすめのエージェント5選を紹介!

ニート・フリーターだった人が本格的に就活をしようと考えた場合はかなり思い切った決断をしているのではないでしょうか。

就活はかなりエネルギーが必要な活動でもあり、ニート・フリーターだった期間が長いとより難易度が高くなります。

せっかく就活をするのであれば成功させたいと考える人がほとんどです。

就活Hackではニート・フリーターの人が就活で成功できるように6つの注意点とおすすめの就活エージェントをご紹介します。

ニート・フリーターから抜け出して就職するのは難しい

ニート・フリーターの人は「就活」に対するハードルがかなり高いです。

就活を行うと決めるのは一大決心の人がほとんどですが、結論からいうと就活の難易度は他の新卒者などと比べてかなり難しいです。

しかしニート・フリーターだった場合でも、就活に成功しないというわけではありません。

ニート・フリーターの人が就活するためにはさまざまな注意点を意識してプロの人の協力を仰ぐのが好ましいです。

就活Hackではニート・フリーターの人でも就活を成功させる秘訣をご紹介していきます。

ニート・フリーターが就活する時の3つの注意点【準備編】

  • 注意点1:自分のスキル・能力を理解する
  • 注意点2:企業選びの基準を高くしすぎない
  • 注意点3:専門家の力も借りる必要がある

まずは就活をする際に気を付けていただきたい3つのポイント「準備編」をご紹介します。

ニート・フリーターの人だけに限った話ではなく多くの就活生にも当てはまるのですが、就活は一種の戦いでもあり、準備段階から勝負が始まっているといっても過言ではありません。

特にニート・フリーターの人が意識していただきたい注意点を3つ挙げますので、参考にしてください。

注意点1:自分のスキル・能力を理解する

いきなり就職先を探すのではなく、まずは自分のスキル・能力を理解するようにしましょう。

客観的に自分のことを見抜ける人であれば問題ないのですが、できれば自分のスキルや能力を理解するためにも友達や家族に客観視をしてもらうのがおすすめです。

できればメモ帳などにスキルや能力を起こすと後ほど履歴書などを書く際に楽です。

自分のスキルや能力は自分自身の大きな強みでもあり、強みを活かせるような職業を探すと就職後も長続きします。

注意点2:企業選びの基準を高くしすぎない

さらにニート・フリーターの人が行ってしまいがちなのですが、就活で企業選びを行う際には基準を高くするのは避けましょう。

基準が高い企業は競争率が高いため就活難易度が高まるとともに、新卒者や第二新卒者・中途転職者と比べられるとどうしても採用されにくいです。

就活が成功していきなり良い企業に就職できるのが理想的ですが、まずは小さな企業から社会経験を積んでより良い企業への転職を目指すのがおすすめです。

注意点3:専門家の力も借りる必要がある

さらにニート・フリーターの人は専門家の力を必ず借りるようにしてください。

就職エージェントはプロが担当についてくれるため、ヒアリングなどを行って情報の整理を行い、その人に合った就職先紹介を行ってくれます。

「人に頼るのは恥ずかしいこと」と考えてしまいがちな人も多いですが、転職希望者や新卒者・第二新卒者もエージェントの力を借りて就職先を探しています

近年は特に就職難易度が高いといわれているので、プロの力を借りて周りの人よりも一歩リードした状態で就活を行うのがおすすめです。

後述で就活におすすめのエージェントをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ニート・フリーターが就活する時の3つの注意点【実践編】

  • 注意点1:ニート期間について正直に話す
  • 注意点2:前向きな姿勢で面談/面接に望む
  • 注意点3:内定が取れなくても諦めない

次はニート・フリーターの人が就活をするときに気を付けていただきたい注意点「実践編」を3つご紹介します。

実践編では就活を行って自分が希望する就職先に面接に行く場合やエージェントと面談する場合を指します。

就活に前向きになっている人は準備編の注意点と併せて実践編の3つの注意点も参考にしてください。

注意点1:ニート期間について正直に話す

就活エージェントではヒアリングを行うために面談を行う場所がほとんどです。

ヒアリングを行う場合や面接を行うときは「ニート期間」を正直に伝えるようにしましょう。

「ニート期間」は恥ずかしいと考える人もいますが、ただ他の人よりもスタートするのが遅かっただけで、そこまで大きな問題ではありません。

逆に嘘で塗り固めた方が嘘だとバレやすい上に、信用性を無くしてしまうため採用される可能性が低いです。

ニート期間を正直に伝えても引かずに採用してくれる企業やエージェントこそ自分の可能性を見てくれているため、良い企業を探すためにも正直に話してください。

注意点2:前向きな姿勢で面談/面接に望む

ニート期間が長いとどうしても就活に対してネガティブになってしまっている人も多いです。

しかし面接や面談では就職に対する前向きな気持ちをチェックされているため、後ろ向きな姿勢は避けましょう。

就活を行う場合の面接や面談では、成功させるという強い気持ちを持って前向きに話を行うと本当に就活が成功しやすいです。

注意点3:内定が取れなくても諦めない

ニート・フリーター期間が特に長い人に注意していただきたいのが「諦めない」という点です。

就活での面接で何回も落ちてしまうと「自分は社会から必要とされていない」と落ち込んでしまう人がたくさんいます。

しかし面接で落ちやすい人はすでに気持ちが折れている可能性やアピールが十分にできていない・ご縁がなかったという可能性が挙げられます。

企業側も意欲がある人を求めているため、諦めた気持ちで就活・面接をしてしまうとより落とされる可能性が高まってしまいやすいです。

ニート・フリーターは意外と関係なく、新卒者や第二新卒者・中途転職者でも何回も面接に落ちている人が多いので、ニート・フリーターだから就職できないわけではありません。

諦めずに就活に挑んだ人が成功するので、就活の面接で数回落ちても諦めないようにしましょう。

ニート・フリーターでも就活は成功するのか

ニート・フリーターは就活が成功するのか調べる人も多いです。

前述したように結論としては就活難易度はかなり高いです。

しかし有効求人倍率は上昇傾向にあるため、職種・業種を選びすぎなければ就職できる可能性が十分にあります

就活を行い際にはさまざまな注意点を意識する必要はありますが、就活に成功したという人も多いので、諦めずに慎重に就活を行うようにしてください。

ニート・フリーター向けおすすめの就活エージェント5選

会社名 求人数 未経験求人数
キャリアスタート 非公開 常時1,000件以上保有
マイナビジョブ20’s 2,500件 900件以上
ワークポート 25,000件以上 1,000件~2,000件程度
JAIC 取引社数62,000社以上 非公開
リクナビNEXT 9,000件(時期によって大きく変動) 非公開

次は就活を行う際にぜひ利用していただきたいおすすめ就活エージェントを5つご紹介します。

複数の就活企業を利用する人もいますが、就活に慣れていくために1つの就活エージェントから利用していくのもおすすめです。

就活を成功させたいと考えている人は5つの就活エージェントをぜひチェックしてみてください。

就活エージェント:キャリアスタート

求人の質 良い
求人の量 多い(未経験求人数が特に多い)
サポート力 あり(親切丁寧な対応)
提案力 あり
得意分野 あり(未経験者の就活・転職に特化)

「キャリアスタート」は未経験求人を常時1,000件以上保有しているおすすめ就活エージェントです。

フリーター・ニート期間が特に長い人におすすめの就活エージェントで、未経験者から20代の転職・就活に特化している就活エージェントになります。

経験が浅い人を親切丁寧にサポートしてくれる就活エージェントになり、就職経験がない人を率先してサポートしている実績がかなり多いです。

そのためニート・フリーター期間が長い人でも安心して利用しやすいです。

実際にフリーターだった人が正社員に就活できたという口コミもたくさん挙がっています。

就活エージェント:マイナビジョブ20’s

求人の質 良い(若手人材に特化)
求人の量 多い
サポート力 あり(適性診断などもあり)
提案力 普通(担当によってムラがある)
得意分野 あり(20代の転職に特化)

「マイナビジョブ20’s」は20代の若手人材を積極採用中の求人企業が2,500社以上登録されている就活エージェントです。

20代の人の就活・転職に特化しており、企業側も将来に期待する成長枠を求めているためフリーター・ニートなどあまり気にせずに積極的に採用してくれやすいです。

さらに就活エージェント「マイナビジョブ20’s」では適性診断もあるため、適性診断を行って自分の強みや弱みなどを知ることができます

口コミでは担当によって希望職種とは異なる求人案件が紹介されたという声もあり、担当にはムラがあるようです。

ただし担当は変更してもらえるため、自分と合わないと感じる担当者だった場合は就活中でも運営に問い合わせて担当者の変更をしてもらいましょう。

就活エージェント:ワークポート

求人の質 普通(地域によって差があり)
求人の量 多い
サポート力 あり(スピーディーな対応)
提案力 あり(受講無料のスクールなどもあり)
得意分野 あり(IT・ゲーム業界に特化)

就活エージェントの「ワークポート」はIT・ゲーム業界に特化しています。

求人数も25,000件以上と多く、就活だけでなく新卒者・第二新卒者の転職にも強い就活エージェントとして人気です。

就活エージェントの担当者もスピーディーな対応を行ってくれる上に、受講無料のスクールなどにも通うことができるため、就活を行いながら就活のためのスキルを磨くことができます

ただし地方によっては求人案件数が少なくなるため、都心部を中心に住んでいるニート・フリーターの人におすすめです。

就活エージェント:JAIC

求人の質 普通(営業職に偏り)
求人の量 多い
サポート力 あり(研修システムやアフターフォローあり)
提案力 普通
得意分野 あり(フリーター・ニートに特化)

フリーター・ニートに特化している就活エージェントとして名前を挙げられることが多いのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAICは研修プログラムが存在し、研修・就職後にすぐに社会に馴染めるように徹底した研修が行われます。

就職後の1年間は相談なども乗ってくれるアフターフォローが存在します。

ただしJAICは研修プログラムがあるものの、研修プログラムはかなり厳しいです。

本気で自分を変えたいと考えているニート・フリーターや本気で就活を今すぐにでもしたいと考えているニート・フリーターにおすすめの就活エージェントです。

就活エージェント:リクナビNEXT

求人の質 良い(バランスが良く情報量も多い)
求人の量 多い
サポート力 あり(オファーもあり)
提案力 なし
得意分野 なし(バランスがいいため)

「リクナビNEXT」は就活だけでなく転職時に利用する人も多いです。

特にバランスが良く、情報量や質がいいためしっかりと吟味してから面接を受けることができます。

さらにアプリもある上に、シンプルな作りなので機械系が苦手な人でも利用しやすいです。

フリーター・ニートでも就職できたという声も挙がっており、グッドポイント診断を利用することで自分の強みを知ることもできます

ただし企業からのオファー・就活エージェントからのスカウトがありますが、どちらかというと就活情報サイトよりで、自分で率先して就職先を見つけたい人におすすめです。

他の就活エージェントのように担当者がついて率先して支援は受けることができないためご注意ください。

ニート・フリーター向けの就活エージェントの選び方

  • 選び方1:研修制度があるエージェントを選ぶ
  • 選び方2:未経験の求人が多いエージェントを選ぶ
  • 選び方3:未経験者のサポートに強いエージェントを選ぶ

次はフリーター・ニート向けの就活エージェントの選び方を3つご紹介します。

就活エージェント選びもかなり重要で、就職できる可能性やモチベーション維持のためにも重要なポイントといっても過言ではありません。

ニート・フリーターの人で就活エージェントを利用したことがない人は必見です。

選び方1:研修制度があるエージェントを選ぶ

ニート・フリーターの人でしっかりとサポートを受けながら就活を行いたいという人は「JAIC」などの「研修制度」がある就活エージェントを選ぶのがおすすめです。

研修制度の厳しさも就活エージェントによって異なりますが、研修を卒業して就職ができるとすぐに社会に馴染めるのが魅力的です。

ニート・フリーターの中でもとにかく自分を変えたいという人におすすめします。

選び方2:未経験の求人が多いエージェントを選ぶ

就活エージェントの中でも「マイナビジョブ20’s」のような「未経験者OK求人数が多い」場所を選ぶようにするのもおすすめです。

未経験者OKの職業だと即戦力扱いをされにくいため、フリーター・ニートの人でも他の人と同様に一から教えてもらうことができます

さらに他の人とは違ってニート・フリーターは他の企業に染まっていないので、経験がない分就職先の色に染まりやすいです。

選び方3:未経験者のサポートに強いエージェントを選ぶ

就活をとにかく成功させたいというフリーター・ニートの人は未経験者のサポートに強い就活エージェントを選びましょう。

フリーター・ニートに強い就活エージェントでは「キャリアスタート」などがおすすめです。

未経験者のサポートに強い場合は、ニート・フリーターの人のサポート実績が多いため、どのようにしたら就活が成功するのかプロセスができている場合が多いです。

不安が強い人やニート・フリーター期間が長い人は未経験者のサポートに強い就活エージェントを選んでください。

ニート・フリーターの就活はエージェントの力も借りて諦めず活動を

ニート・フリーターの人は就活エージェントの力を借りて就活を行うのがおすすめです。

ただし人によって就活エージェントも合う・合わないがあります。

自分で探したい人はオファーやスカウトなどを受けながら探せる「リクナビNEXT」などをおすすめします。

ニート・フリーターの人は諦めずに就活に挑むことが重要なので、プロの力を借りながら就活を進めていきましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事