就活のメールの返信はどこまで?失敗しないマナーや注意点も紹介!

就活でメールのやり取りをする時に気になってくる点の一つが、メールの返信はどこまですればいいのか、ということです。メールの返信をしなければもちろん報連相がしっかりできない人と見なされてしまいますし、かと言ってメールの返信をどこまですればいいのか、というラインがわからず無駄に返信をしてしまうと今度は連絡が多すぎる人と思われてしまいます。

この記事では就活のメールの返信はどこまですればいいのか、ということについて詳しく解説していきますので、就活のメールのやり取りに自信がない人は是非読んでみてください。

就活のメールの返信のタイミングが掴めない学生が多い

今や就活におけるメールはどちらかと言うとフォーマルな連絡手段となっており、就活のメールの返信のタイミングや、どこまで返信すればいいのか、ということがよくわかっていない就活生も増えています。

就活のメールのタイミングをしっかりと把握していたり、またどこまで返信するかをきちんと弁えている人は採用担当の人の評価も高くなりますので、この記事を読んで就活のメールのやり取りがきちんとできる人を目指してみてください。

就活のメール” 返信はどこまで対応するか

就活のメールの返信をどこまで対応するのか判断する時に参考にしてもらいたい3つのポイントについての詳細を紹介していきます。
就活のメールの返信をどこまで対応するのか判断する時に参考にしてもらいたいポイントには、基本は全てのメールに返信する、返信不要のメールには返信しない、要件が済んだメールには返信しないといったものがあり、これらのポイントを把握しておくことで、返信をどこまで対応するかのラインを定めることができるようになります。

  • 1.基本は全てのメールに返信する
  • 2.返信不要のメールには返信しない
  • 3.要件が済んだメールには返信しない

1.基本は全てのメールに返信する

就活のメールの返信をどこまで対応するのか考える時に参考してもらいたいポイントの一つが、基本は全てのメールに返信することです。

メールに限らず来た連絡に対し全て返答することは社会人の基本であり、これが理解できて初めて就活のメールの返信をどこまで対応するのかについて考えることのスタートラインに立つことができます。

2.返信不要のメールには返信しない

就活のメールの返信をどこまで対応するのか考える時に参考してもらいたいポイントの一つが、返信不要のメールには返信しないことです。

返す必要がないと言われているメールに対して連絡を返してしまうと、採用担当の人の手を煩わせてしまい、就活における評価を落としてしまうことに繋がりますので、返信は要らないと言われているメールには絶対に連絡を返さないようにしましょう。

3.要件が済んだメールには返信しない

就活のメールの返信をどこまで対応するのか考える時に参考してもらいたいポイントの一つが、要件が済んだメールには返信しないことです。

要件が済んだメールに返信することは厳禁なのですが、本当はメールの返信が必要なのに自分で要件が済んだと思い込んでしまっている、というケースもありますので、どこまでメールを返信するかはくれぐれも慎重に判断する必要があります。

就活のメール” やり取りで失敗しないためのマナーとは

就活のメールをどこまでやり取りするのか、ということを考える以前にやり取り自体で失敗しないための4つのマナーを詳しく解説していきます。

就活のメールのやり取りで失敗しないための4つのマナーには返信メールは基本当日中に送り返す、返信時はやり取りを引用したメールにする、正しい言葉遣いを心がける、本文は簡潔にまとめて書くといったものがあり、どこまでやり取りをするのかについて考えるより先にこれらのマナーを身に着けていないと、就活のメールのやり取りを上手く行うことができませんので、しっかりと覚えるようにしてください。

  • マナー1:返信メールは基本当日中に送り返す
  • マナー2:返信時はやり取りを引用したメールにする
  • マナー3:正しい言葉遣いを心がける
  • マナー4:本文は簡潔にまとめて書く

マナー1:返信メールは基本当日中に送り返す

就活のメールのやり取りで失敗しないための4つのマナーの一つは、返信メールは基本当日中に送り返すことです。

社会人にとって素早い連絡を心がけることは必須事項であり、メールの返信にも当然当てはまります。

メールをどこまでやり取りするか考える前に、まずはメールの返信をとにかく素早く行うことを心がけましょう。

マナー2:返信時はやり取りを引用したメールにする

就活のメールのやり取りで失敗しないための4つのマナーの一つは、返信時はやり取りを引用したメールにすることです。

やり取りを引用しておかないと言った、言わないという無駄なやり取りが発生してしまう可能性がありますので、メールを返信する時は極力やり取りを引用したものを返すようにしてください。

マナー3:正しい言葉遣いを心がける

就活のメールのやり取りで失敗しないための4つのマナーの一つは、正しい言葉遣いを心がけることです。

社会人にとって正しい言葉遣いを心がけることは基本中の基本であり、当然メールでも実践しなければなりません。

メールだからといって乱れた言葉遣いをした時点で、評価は一気に下がってしまいますのでくれぐれも注意する必要があります。

マナー4:本文は簡潔にまとめて書く

就活のメールのやり取りで失敗しないための4つのマナーの一つは、本文は簡潔にまとめて書くことです。

仕事におけるメールで一番必要なのはわかりやすいことですので、無駄に長くわかりにくい文章を書くのではなく、相手の人が読みやすい短くまとまった文章を書くことを常に意識するようにしてください。

就活のメール” やり取りする時の注意点

就活のメールをやり取りする時に気をつけてもらいたい2つの注意点について詳しく解説していきます。

就活のメールをやり取りする時に気をつけてもらいたい注意点には、気を使って余計なメールを送らない、キリが良いと感じたらメールを終わらせるといったものがあり、これらの注意点が守れていないと気の利かない人だ、と採用担当の人に思われてしまいますので、常に頭に入れておくことを心がけましょう。

  • 注意点1:気を使って余計なメールを送らない
  • 注意点2:キリが良いと感じたらメールを終わらせる

注意点1:気を使って余計なメールを送らない

就活のメールをやり取りする時に気をつけてもらいたい注意点の一つは、気を使って余計なメールを送らないことです。

必要なメールを送らないことは問題ですが、必要ないメールを送ることも問題ですので、就活でメールのやり取りをする時は自分が本当に必要だと思ったものだけを送るようにしてください。

注意点2:キリが良いと感じたらメールを終わらせる

就活のメールをやり取りする時に気をつけてもらいたい注意点の一つは、キリが良いと感じたらメールを終わらせることです。

いつまでもダラダラとやり取りを続けることはよくありませんので、必要最低限のやり取りを心がけましょう。

就活のメール”は失敗しないようマナーに気をつけて返信しよう

就活でのメールのやり取りは社会人として報連相がしっかりできるか、ということを試される場でもありますので、マナーをきちんと守れているか常に意識しながらやり取りを行うようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事