就活・就職偏差値ランキングとは?21卒・22卒用で文系・理系別に紹介!

就活をしていると就活・就職偏差値という言葉を耳にすることがあると思います。就活・就職偏差値とは高校や大学の偏差値のように就活・就職の難易度を偏差値の形で表したもので、志望する企業がどれくらい人気があるのか、またどれくらい就職することが難しいのか、といったことをわかりやすく知ることのできる指標となっています。

この記事では文系・理系別の就活・就職偏差値をランキング形式で解説していきますので、自分の目指す企業がどのくらいのレベルなのか知りたい人は参考にしてみてください。

就活する企業はそれぞれに難易度が違う

就活生にとっては当たり前のことですが、企業は一社一社就活の難易度が違います。

難易度が簡単な企業であればそれこそ試験と面接を一回ずつ行ってそのまま採用、ということもありますし、難易度が高い企業であれば複数回の試験に加えて集団面接やグループワーク、更に複数回の個人面接を潜り抜けてようやく採用、ということもあります。

ですがそういった就活における難易度というものは、わかりやすい形で示されているわけではありません。

しっかりと情報収集をしていかなければあの企業は有名だから難しいだろう、あの企業は有名じゃないからそこまで難しくないだろう、といったレベルの推測しかできないため、就活における企業ごとの試験の難易度の情報を収集することは極めて重要だと言えるでしょう。

就活・就職偏差値とは

この記事で詳しく解説していく就活・就職偏差値とは、企業に入社するための難易度や企業の人気を偏差値という形でわかりやすく示したものです。

もちろんこれは公式に発表されているものではなく、飽くまでも特定の個人や団体がそれぞれの主観で出したものですので、必ずしも正しいというわけではありませんが、就活で志望する企業の難易度を推測するための一つの目安として活用することは可能です。

もしも就活・就職偏差値が高い企業を志望する場合は対策を徹底的に行わなければ内定を獲得することは難しいと言えますので、相応の覚悟を持って就活に臨むようにしてください。

【理系】就活・就職偏差値ランキング

理系の企業の就活・就職偏差値をランキング形式でわかりやすく解説していきます。

ここでは理系の企業の就活・就職偏差値を就活・就職偏差値が”59以下”の企業、就活・就職偏差値が”60-64”の企業、就活・就職偏差値が”65-69”の企業、就活・就職偏差値が”70以上”の企業という4つのランクに分類して解説していきますので、理系の就活生の人で自分の志望する企業がどのランクにあるのかを是非確認してみてください。

また自分の志望する企業が就活・就職偏差値ランキングの上位に位置するからといって、簡単に諦めてしまうことはせずにまずは情報を集め、内定を獲得するにはどのように対策を練ればいいのかを考えてみることをおすすめします。

  • 就活・就職偏差値が”59以下”の企業
  • 就活・就職偏差値が”60-64”の企業
  • 就活・就職偏差値が”65-69”の企業
  • 就活・就職偏差値が”70以上”の企業

就活・就職偏差値が”59以下”の企業

理系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”59以下”の企業について詳しく解説していきます。

就活・就職偏差値が”59以下”の企業というとそれほど有名な企業はないのではないか、と思う就活生の人もいるかと思いますが、実際はエプソン・ヤマハ発動機・ブリジストン・テルモ・ DNP・富士重工・京セラ・オリンパス・オムロン・東芝といった理系の就活生でなくても名前を聞いたことがある大企業が並んでおり、就活・就職偏差値が”59以下”の企業だからといって簡単に入社できるわけではないことがわかってもらえるかと思います。

このランクの企業であっても内定を獲得するためにはしっかりと努力していく必要がありますので、気を抜くことのないようにしてください。

就活・就職偏差値が”60-64”の企業

理系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”60-64”の企業について詳しく解説していきます。 

就活・就職偏差値が”60-64”の企業は偏差値的に高くなってくることもあり、NTT東西・HOYA・ 昭和電工・板硝子・ニコン・資生堂・JT・電源開発・JR西・日清製粉といったいわゆる誰もが知っている企業の名前が出てくるようになります。

このランクの企業は当然ながら非常に多くの就活生が志望するため、たくさんのライバルとの競争を勝ち抜いて内定を獲得するためにはそれぞれの企業に合わせた就活対策が不可欠となってきます。

自分だけの力でこのランクの企業の就活を成功させるのは非常に難しくなってきますので、就活支援サイトなど就活生をサポートしてくれるサービスを積極的に利用するとよいでしょう。

就活・就職偏差値が”65-69”の企業

理系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”65-69”の企業について詳しく解説していきます。 

就活・就職偏差値が”65-69”の企業ともなると特定の分野のトップクラスの企業ばかりとなってくるため、逆に知名度が下がってくるという現象が起きてきます。

就活・就職偏差値が”65-69”の企業にはJR東・サントリー・ドコモ(中央)・ 新日鐵住金・JXエネルギー・JR東海・NHK(放送技術)・豊田中研・鉄研・電中研・産総研といったものがあり、理系の就活生にとっては正に憧れのレベルの企業が軒を連ねていますが、当然難易度の高さは圧倒的ですので、もし就活・就職偏差値が”65-69”の企業への就職を目指しているのでしたら、まず大学選びの段階から対策を始めていく必要があると言えるでしょう。

就活・就職偏差値が”70以上”の企業

理系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”70以上”の企業について詳しく解説していきます。

就活・就職偏差値が”70以上”の企業となるともはや日本国内の企業にとどまらず、世界的な大企業の名前が出てくるようになります。

就活・就職偏差値が”70以上”の企業にはIBM(基礎研) ・Google(ソフトウェアエンジニア) ・Intel ・JAXAといったものがあり、これらの企業に就職するためには世界中のライバル達と競い合わなければならないため、就活は正に熾烈を極めるものになると考えられます。

【文系】就活・就職偏差値ランキング

文系の企業の就活・就職偏差値をランキング形式でわかりやすく解説していきます。

ここでは文系の企業の就活・就職偏差値を就活・就職偏差値が”59以下”の企業、就活・就職偏差値が”60-64”の企業、就活・就職偏差値が”65-69”の企業、就活・就職偏差値が”70以上”の企業という4つのランクに分類して解説していきますので、文系の就活生の人で自分が狙っている企業はどの程度のレベルなのか知っておきたい人は是非目を通してみてください。

  • 就活・就職偏差値が”59以下”の企業
  • 就活・就職偏差値が”60-64”の企業
  • 就活・就職偏差値が”65-69”の企業
  • 就活・就職偏差値が”70以上”の企業

就活・就職偏差値が”59以下”の企業

文系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”59以下”の企業について詳しく解説していきます。

 文系の就活・就職偏差値が”59以下”の企業の場合、JR九州・昭和電工・みずほ銀行(OP) ・あいおいニッセイ同和・SMBC・JFC・MS海上・NKSJ・産経・地電・電源開発といった企業があり、どの企業も十分に大手で決して就活で手を抜けるようなところはないことがわかります。

就活・就職偏差値が”60-64”の企業

文系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”60-64”の企業について詳しく解説していきます。

文系の就活・就職偏差値が”60-64”の企業には花王・サッポロ・アサヒ・上田八木短資・小田急・キリン・旭硝子・味の素・朝日・共同通信などがあり、日本人であれば誰もが名前を知っているような大企業も当たり前のように出てくるランクとなっているため、就活は厳しいものになることが予想されます。

就活・就職偏差値が”65-69”の企業

文系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”65-69”の企業について詳しく解説していきます。

文系の就活・就職偏差値が”65-69”の企業にはアセットマネジメント・伊藤忠商事・第一生命(FE)・大和証券(GM)・テレビ朝日・電通・東京海上(SPEC)・ドリームインキュベータ・国際協力銀行・日本銀行といったものがあり、大手総合商社やテレビ局といった就活生であれば誰もが憧れる企業が登場するランクとなっています。

就活・就職偏差値が”70以上”の企業

文系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”70以上”の企業について詳しく解説していきます。

文系の企業で就活・就職偏差値が”70以上”の企業に該当する企業は確認できませんでした。

ですが今後の就活状況の変化などによって、文系の企業で就活・就職偏差値が”70以上”の企業が出てくることも十分に考えられます。

【金融系】就活・就職偏差値ランキング

金融系の企業の就活・就職偏差値をランキング形式でわかりやすく解説していきます。

ここでは金融系の企業の就活・就職偏差値を就活・就職偏差値が”59以下”の企業、就活・就職偏差値が”60-64”の企業、就活・就職偏差値が”65-69”の企業、就活・就職偏差値が”70以上”の企業という4つのランクに分類して解説していきますので、将来金融関係の仕事に就いて華々しく活躍したい、と考えている就活生の人は是非どのランクの企業を目指すのか考える時の参考にしてみてください。

  • 就活・就職偏差値が”59以下”の企業
  • 就活・就職偏差値が”60-64”の企業
  • 就活・就職偏差値が”65-69”の企業
  • 就活・就職偏差値が”70以上”の企業

就活・就職偏差値が”59以下”の企業

金融系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”59以下”の企業について詳しく解説していきます。

金融系の就活・就職偏差値が”59以下”の企業には京都銀行・朝日生命・福岡銀行・常陽銀行・静岡銀行・千葉銀行・横浜銀行・富国生・三井住友海上・JA共済などがあり、いわゆる地方銀行が多数を占める結果となっています。

就活・就職偏差値が”60-64”の企業

金融系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”60-64”の企業について詳しく解説していきます。

金融系の就活・就職偏差値が”60-64”の企業には三菱東京UFJ銀行・東京海上日動火災保険・三菱UFJ信託・日本生命・農林中央金庫といったいわゆる大手銀行や大手生命保険会社などがあり、金融系の中でもハイレベルな銀行や銀行の名前が出てくるランクだと言えるでしょう。

就活・就職偏差値が”65-69”の企業

金融系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”65-69”の企業について詳しく解説していきます。

金融系の就活・就職偏差値が”65-69”の企業には日本証券金融・国際投信投資顧問・みずほ投信投資顧問シティグループ・AIGといったものがあり、金融業界についてきちんと情報収集をしていなければわからないレベルの企業の名前が登場してくるようになります。

就活・就職偏差値が”70以上”の企業

金融系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”70以上”の企業について詳しく解説していきます。

金融系の就活・就職偏差値が”70以上”の企業というと東京証券取引所・日本政策投資銀行・国際協力銀行・日本銀行・ドイツ銀行・UBS・メリルリンチ・クレディスイス・バークレイズ・BNPパリバといった日本以外の大手銀行や大企業の名前も出てくるようになるため、このランクの企業に就職を考えているのであれば海外の有名大学や大学院への留学も視野に入れていく必要があります。

【IT系】就活・就職偏差値ランキング

IT系の企業の就活・就職偏差値をランキング形式でわかりやすく解説していきます。

ここではIT系の企業の就活・就職偏差値を就活・就職偏差値が”59以下”の企業、就活・就職偏差値が”60-64”の企業、就活・就職偏差値が”65-69”の企業、就活・就職偏差値が”70以上”の企業という4つのランクに分類して解説していきますので、大学で学んできたITの知識を活かすことのできる企業で働きたい、と考えている就活生の人は是非就職先を選ぶ時の参考として活用してみることをおすすめします。

  • 就活・就職偏差値が”59以下”の企業
  • 就活・就職偏差値が”60-64”の企業
  • 就活・就職偏差値が”65-69”の企業
  • 就活・就職偏差値が”70以上”の企業

就活・就職偏差値が”59以下”の企業

IT系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”59以下”の企業について詳しく解説していきます。

IT系の就活・就職偏差値が”59以下”の企業にはオービック・PwC・エイチーム・日本オラクル・セイコーエプソン・セールスフォースドットコム・インテル・東京エレクトロン・日本電産といったものがあり、IT系という分野の専門性の高さもあって世間一般で知名度が高いという企業はあまりない、という状況となっています。

就活・就職偏差値が”60-64”の企業

IT系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”60-64”の企業について詳しく解説していきます。

IT系の就活・就職偏差値が”60-64”の企業には富士通・IBM・LINE・アマゾン・ソフトバンク・サイバーエージェント・Yahoo!・NTTデータ・NTTドコモ・野村総合研究所・キヤノン・アクセンチュアといったものがあり、アマゾンやYahoo!といったインターネットを利用している人であれば、誰もが知っているようなレベルの企業の名前が出てくるようになります。

就活・就職偏差値が”65-69”の企業

IT系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”65-69”の企業について詳しく解説していきます。

IT系の就活・就職偏差値が”65-69”の企業には日立製作所・楽天・ソニーといったものがあり、いわゆる日本を代表する大手IT系企業となっていますので、このレベルの企業に就職を目指すのであれば就活の対策を徹底して行うのはもちろん、IT関連の技術をひたすらに磨き上げていく必要があると言えるでしょう。

就活・就職偏差値が”70以上”の企業

IT系の企業の就活・就職偏差値ランキングで、就活・就職偏差値が”70以上”の企業について詳しく解説していきます。

IT系の就活・就職偏差値が”70以上”の企業は調査の結果、該当するものが見つかりませんでした。

ですが今後新たなIT系の就活・就職偏差値ランキングが登場した際に就活・就職偏差値が”70以上”の企業が登場する可能性があります。

就活時に大学の偏差値を考慮しなくて良い2つの理由

就活時に大学の偏差値を考慮しなくていい2つの理由について、詳しく解説していきます。

就活をしていてどうしても気になってしまうのが、自分の大学の偏差値です。

自分の大学の偏差値が低い場合、企業もそれに合わせてレベルの低いところを選ばなければいけないのではないか、と思う人もいると思いますが、たとえ大学の偏差値が低くても大手企業に入れる可能性は十分にありますので、自分から将来の可能性を狭めていくことはしないようにしてください。

理由1:企業と大学から求められる基準が違うから

就活時に大学の偏差値を考慮しなくていい理由の一つは、企業と大学から求められる基準が違うからです。

大学が求める学生とは基本的に学力が優秀な人ですが、企業が求める就活生とは必ずしも学力が優秀な人ではないのです。

もちろん学力が優秀なことに越したことはありませんが、それ以外のコミュニケーション能力や発想力といった能力が優秀であれば、それは企業にとって採用したい魅力的な人材となるのです。

理由2:大学の偏差値が低くても採用される可能性があるから

就活時に大学の偏差値を考慮しなくていい理由の一つは、大学の偏差値が低くても採用される可能性があるからです。

確かに就活において大学の偏差値が高ければ高いほど有利になるのは事実です。

ですが大学の偏差値が高かったとしても就活に必要な能力を備えていなければ内定を得ることはできませんし、逆に大学の偏差値が低くても就活に必要な能力をきちんと備えていれば、内定を獲得することは十分に可能であることを覚えておいてください。

就活・就職偏差値を知っておくと企業選びに役立つ

就活・就職偏差値は絶対に正しい指標、というわけではありませんが、志望する企業を選ぶ際の目安として気軽に使える、という点では優秀であると言えます。

まずは就活・就職偏差値を参考にして志望する企業の候補を選び、そこから情報を収集して本格的に志望する企業を選択するという形で就活を進めていけば、自分の目指したい企業の対策を効率よく進めていくことが可能になるでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事