就活のオフィスカジュアルの私服との違いは?失敗しないアイテムの選び方を男女別に紹介!

最近は就活の際に私服OKな企業も増えてきましたが、就活における私服とは一般的な私服とは違い、いわゆるオフィスカジュアルと言われるものです。

私服OKだからといってオフィスカジュアルではない服装で就活をしてしまうと採用担当者の人の評価は間違いなく下がってしまいますので、私服で就活をするのであればオフィスカジュアルについてしっかりと勉強しておく必要があります。

この記事ではオフィスカジュアルと一般の私服の違いについて詳しく解説していきますので、私服で就活をしたい人は是非読んでみてください。

Contents

就活で私服OKの説明会や面接はオフィスカジュアルがベスト!

私服で就活をするのがOKな企業は確実に増えていますが、そういった企業の説明会や面接に行くのであれば服装はオフィスカジュアルにするのがベストです。

オフィスカジュアルという言葉は聞いたことがあるけど、具体的にどういった服装をすればいいのかよくわからないという就活生の人は、オフィスカジュアルについて勉強するためのまとまった時間を作ってみることをおすすめします。

オフィスカジュアルと私服の違いと基準について 

オフィスカジュアルと一般の私服の違いと基準について詳しく解説していきます。

オフィスカジュアルと一般の私服の違いとはビジネスの場にふさわしいかどうかであり、まずは自分自身でビジネスの場に服装かどうかを判断してみることが重要です。

もし自分自身の判断に自信が持てない場合は、インターネットなどを使ってオフィスカジュアルの服装例を調べ、自分の判断基準をより正確なものにしていくとよいでしょう。

  • オフィスカジュアルと私服の違いはビジネスの場にふさわしいかどうか
  • 「きちんと見えるか」「清潔感」「似合ってるか」を基準に選べばOK

オフィスカジュアルと私服の違いはビジネスの場にふさわしいかどうか

オフィスカジュアルと一般の私服の最大の違いは、私服でありながらビジネスの場にふさわしいものになっているかどうかです。

就活で私服OKだからといってどんな私服でも許容してしまえば、ビジネスの場における秩序がなくなってしまいますので、採用担当者の人やそれ以外の社内の人にビジネスの場にふさわしい服装だと認められるものを着なければなりません。

「きちんと見えるか」「清潔感」「似合ってるか」を基準に選べばOK

オフィスカジュアルの服装を選ぶ時の3つの基準について詳しく解説していきます。

オフィスカジュアルの服装を選ぶ時の基準には、きちんと見えるか、清潔感、似合っているか、といったものがあり、これらの基準を満たしている服装を選んで身に着ければ採用担当者の人の評価が下がることはまずないと言えます。

とはいえ自分のオフィスカジュアルの服装を選ぶ時の基準が世間の基準とズレている可能性もありますので、世間一般におけるオフィスカジュアルの服装についての勉強は怠らないようにしてください。

【女性編】オフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方について詳しく解説していきます。

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方には、トップス、パンツ、スカート、ジャケット、小物、靴、カバン、髪型といった8つのポイントがありますので、これらのポイントについて正しい基準を身に着けておくことが私服での就活では必要になってきます。

  • 【トップス】無地で派手すぎないブラウス
  • 【パンツ】派手すぎないスラックス
  • 【スカート】短すぎず派手すぎないスカート
  • 【ジャケット】夏はジャケット無しでOK 色味は派手すぎないものを
  • 【小物】ヒールの高すぎないパンプスとシンプルなカバン
  • 【靴】ヒールの高すぎないパンプス
  • 【カバン】シンプルなものを選ぶ
  • 【髪型】派手すぎない髪色で顔に髪がかからないように

【トップス】無地で派手すぎないブラウス

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは、トップスについてです。

オフィスカジュアルにおけるトップスは、基本的に無地で派手すぎないものが基本になってきます。

業界によっては多少派手な色や柄でも許容される可能性はありますが、採用担当者の人の評価を下げてしまう可能性を考えるとそういったものは選ばない方が無難です。

【パンツ】派手すぎないスラックス 

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは、パンツについてです。

オフィスカジュアルにおけるパンツは、派手すぎず目立たないデザインのスラックスを選ぶのがおすすめです

パンツスタイルのオフィスカジュアルの場合、パンツの幅が太すぎても細すぎても問題ですので、ちょうど自分にあったサイズのパンツを選ぶことを心がけてください。

【スカート】短すぎず派手すぎないスカート

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは、スカートについてです。

オフィスカジュアルにおけるスカートは、短すぎず派手すぎないものを選ぶのが重要になってきます。

万が一にも服装のことで評価を下げたくない、と考えている女子就活生の人は自分の基準よりも更に長めのスカートを選べば安全だと言えるでしょう。

【ジャケット】夏はジャケット無しでOK 色味は派手すぎないものを

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは、ジャケットについてです。

オフィスカジュアルにおけるジャケットは、派手すぎない色味のものを選んでおく必要があります。

女子就活生の中にはオフィスカジュアルの場合ジャケットは必須だと考えている人もいるかと思いますが、決してそんなことはなく暑い夏場であればジャケットなしでもOKですので、季節や気温に合わせた服装をすることを心がけてください。

【小物】ヒールの高すぎないパンプスとシンプルなカバン

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは小物についてです。

オフィスカジュアルにおける小物は、ヒールの高すぎないパンプスとシンプルなデザインのカバンを用意する必要があります。

就活をする上でパンプスとカバンは必要不可欠なアイテムですので、可能であれば就活が始まる前から選んでおくと時間にも余裕が持てるのでおすすめです。

【靴】ヒールの高すぎないパンプス

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは靴についてです。

オフィスカジュアルにおける靴は、ヒールの高すぎないパンプスを選ぶようにしてください。

私服OKな就活だからといってスニーカーを履いて説明会や面接に行ってしまうと、高い確率で採用担当者の人から白い目で見られてしまいますのでくれぐれもスニーカーを履いていくことのないようにしましょう。

【カバン】シンプルなものを選ぶ

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つはカバンについてです。

オフィスカジュアルにおけるカバンは、とにかくシンプルなデザインと目立たない色のものを選ぶのが重要です。

私服OKな就活であっても極力目立たないことが重要という就活の基本は変わりませんので、服だけでなくカバンも目立たないものを使うようにしてください。

【髪型】派手すぎない髪色で顔に髪がかからないように

女子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは髪型についてです。

オフィスカジュアルにおける髪型は、派手すぎない髪色で顔に髪がかからないように整えておく必要があります。

今は就活であっても派手すぎなければ髪を染めるのも問題ありませんが、業界によってはよく思われない可能性がありますので、自分が志望する業界や企業が服装に厳しいかどうかを事前に調べておくことをおすすめします。

【男性編】就活のオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方について詳しく解説していきます。

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方には、トップス、パンツ、ジャケット、靴、カバン、髪型といった6つのポイントがありますので、これらのポイントを厳格に守った服装で就活を行えるかどうかが評価に大きく関わってきます。

  • 【トップス】無地で派手すぎない王道のシャツ
  • 【パンツ】ベーシックカラー(黒・茶など)のスラックスやチノパン
  • 【ジャケット】夏はジャケット無しでOK かっちりめのテーラードジャケットがおすすめ
  • 【靴】革靴やカジュアルすぎないスニーカー
  • 【カバン】シンプルなものを選ぶ
  • 【髪型】派手すぎない髪色で眉毛が見える髪型がベスト

【トップス】無地で派手すぎない王道のシャツ

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つはトップスについてです。

オフィスカジュアルにおけるトップスは、無地で派手すぎない王道と言えるようなデザインのシャツを選んでおくことをおすすめします。

私服での就活で無理に個性を出そうとしても、評価が高くなることはほとんどありませんので、できるだけ無難な服装で就活に臨むようにしてください。

【パンツ】ベーシックカラー(黒・茶など)のスラックスやチノパン

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つはパンツについてです。

オフィスカジュアルにおけるパンツは、黒や茶色などのベーシックカラーと呼ばれる色のスラックスやチノパンを履くようにしてください。

私服OKな就活だからといってデニムやダボダボのパンツを履いてしまうと、その時点で内定獲得は限りなく難しくなってしまうということを頭に入れておいてください。

【ジャケット】夏はジャケット無しでOK かっちりめのテーラードジャケットがおすすめ

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つはジャケットについてです。

オフィスカジュアルにおけるジャケットは、かっちりめのテーラードジャケットを選んでおけば安全です。

私服OKの就活の場合、男子就活生だからといって常にジャケットを着ていなければいけないということはありませんので、暑い夏場は熱中症対策のためにもジャケットなしで就活をするようにしてください。

【靴】革靴やカジュアルすぎないスニーカー

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは靴についてです。

オフィスカジュアルにおける靴は、革靴やカジュアルすぎないデザインのスニーカーを履くのがおすすめです。

私服OKの就活の場合、業界や企業によってはスニーカーでもOKな場合がありますが、もし靴で評価が下がってしまうことが不安なのであれば革靴を履くのが安全だと言えるでしょう。

【カバン】シンプルなものを選ぶ

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つはカバンについてです。

オフィスカジュアルにおけるカバンは、シンプルなデザインと落ち着いた色のものを選べば問題ありません。

私服OKな就活で使うカバンを選ぶ際は色やデザインももちろんですが、容量や耐久性といった実用面が優れているかどうかも確認した上で購入するようにしてください。

【髪型】派手すぎない髪色で眉毛が見える髪型がベスト

男子就活生のためのオフィスカジュアルの失敗しない身だしなみの選び方のポイントの一つは髪型についてです。

オフィスカジュアルにおける髪型は、派手すぎない髪色で眉毛がしっかりと見えるものがベストだと言えます。

私服OKだからといってあまり派手な髪形や髪色にしてしまうと悪い意味で他の就活生よりも目立ってしまいますので、なるべく無難な髪形にするようにしましょう。

就活のオフィスカジュアルアイテムを安く買えるショップ2選!

就活のオフィスカジュアルアイテムを安く買えるショップ2選について、詳しく解説していきます。

就活のオフィスカジュアルアイテムを安く買えるショップにはユニクロ、GUといったものがあり、どちらも安くて高品質な洋服やアイテムが買えることで知られているお店です。

ユニクロとGUでは服やアイテムのデザインの方向性が異なりますので、自分の好みに合わせてどちらを利用するか選んでみてください。

  • ユニクロ
  • GU

ユニクロ

就活のオフィスカジュアルアイテムを安く買えるショップの一つは、ユニクロです。

ユニクロはメンズとレディースの両方のオフィスカジュアルアイテムが充実しており、しかも価格が安いため就活にかかるお金を節約するのにも役立ちます。

特にシャツやブラウスは安くて高機能なものが揃っていますので、一々買う手間を省くためにまとめ買いをしてしまうのもおすすめです。

GU

就活のオフィスカジュアルアイテムを安く買えるショップの一つは、GUです。

GUはオフィスカジュアルアイテムの中でもカジュアル寄りのものが充実していますので、それほど服装について厳しくない業界や企業での就活を行う時に利用するとよいでしょう。

また自分が志望する業界や企業が服装にどの程度厳しいかわからない、といった場合は自分の基準よりもかっちりめの服装を選んでおくと安全です。

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める4つの理由

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める4つの理由について詳しく解説していきます。

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める理由には、緊張しすぎずリラックスしてもらうため、その人らしさを見るため、TPOに合った服装ができるかどうか見るため、アパレル業界の場合はファッションセンスを見るためといったものがあり、これらの理由を理解していれば自然と就活に適したオフィスカジュアルの服装をすることができるでしょう。

  • ①緊張しすぎずリラックスしてもらうため
  • ②その人らしさを見るため
  • ③TPOに合った服装ができるかどうか見るため
  • ④アパレル業界の場合はファッションセンスを見るため

①緊張しすぎずリラックスしてもらうため

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める理由の一つは、緊張しすぎずリラックスしてもらうためです。

面接や説明会で緊張しすぎていると就活生の本来の性格が見えなくなってしまいますので、就活生が本来どういった人物なのかを把握するためにオフィスカジュアルで就活を行えるようにしている企業は多いです。

とはいえあまりにもリラックスしすぎてだらしない態度を取ってしまうようなことは絶対に避けてください。

②その人らしさを見るため

 

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める理由の一つは、その人らしさを見るためです。

オフィスカジュアルで就活をすることによって就活生の個性というものをより正確に把握することができ、就活生が業界や企業に適性があるかを判断しやすくなります。

オフィスカジュアルで就活をする際は、失礼にならない範囲で自分の個性をアピールしていくことをおすすめします。

③TPOに合った服装ができるかどうか見るため

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める理由の一つは、TPOに合った服装ができるかどうか見るためです。

社会人にとってTPOに合った服装ができる能力というのは必要不可欠なものですので、就活生の時点でこの能力がきちんと備わっている人は企業としては当然魅力的です。

採用担当者の人にTPOをきちんと弁えられる人だと思われるためにも、オフィスカジュアルの勉強は積極的に行うようにしてください。

④アパレル業界の場合はファッションセンスを見るため

企業が就活生にオフィスカジュアルを求める理由の一つは、アパレル業界の場合はファッションセンスを見るためです。

洋服やファッションアイテムを取り扱うアパレル業界の場合、就活生にファッションセンスがあるかどうかは非常に重要な問題ですので、就活の服装をオフィスカジュアルにすることでファッションセンスのあるなしを一目で判断できるようにしている場合があります。

アパレル業界を志望している人の場合は、採用担当者の人に不快に思われずに個性をアピールできる服装を研究していかなければなりません。

就活のオフィスカジュアルで迷ったらスーツでもOK

オフィスカジュアルでどういう服装をすればいいのか全くわからない、という人の場合はスーツで就活をするのが一番安全な解決策だと言えます。

私服OKの就活は決して私服で就活をしなければいけない、ということではありませんので、もしも正しいオフィスカジュアルの服装ができるか自信がないのであればスーツで就活をしてしまうことをおすすめします。

「自分らしさ」を伝えられるTPOに合ったオフィスカジュアルで就活に挑もう

オフィスカジュアルでの就活はリラックスして就活に臨めるだけでなく、自分の個性を採用担当者の人に伝えることも可能ですので、私服OKの就活では積極的にオフィスカジュアルに挑戦してみるとよいでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事