就活をしないとどうなる?影響や進路、メリットから就活を進める理由も紹介!

もしも就活をしない場合、将来どうなってしまうのかということは就活生なら誰でも一度は考えたことがあるでしょう。就活をしないという選択肢を選んだ場合、確かにメリットもあるのですが、同時にデメリットも大きく、その後の人生が大変なことになってしまう可能性もあるのです。

この記事では就活をしない人にどういったメリットやデメリットがあるのか、また具体的な進路についても詳しく解説していきますので参考にしてください。

Contents

そもそも就活をしないという選択肢はアリ?

大学生にとって就活をするということはごく当たり前のことですが、「そもそも大学生が就活をしないという選択肢を選ぶことは有効なのかどうか知りたい」と考えている人は多いと思います。

大学生にとって就活とは一般的なものではあっても義務ではありませんので、もちろん就活をしないという選択肢を選ぶのは本人の自由です。

ただし就活をしないという選択肢を選んだ時点で、いわゆる一般的な人生のレールから外れてしまうことは間違いなく、就活をしないという選択肢を選ぶにあたっては慎重な検討が必要だと言えます。

就活しないとどうなる?

ここでは就活をしない、という選択肢を選んだ場合に起こり得る5つの問題について詳しく解説をしていきますので、就活をするかどうか迷っている就活生は是非目を通してみることをおすすめします。

就活をしないという選択肢を選んだ場合に起こり得る問題としては、安定した職に就きにくくなる、社会的信用を得にくくなる、経済的に自立するのが難しくなる、キャリア形成に影響が出る、収入を安定させるのが難しくなるといったものがあり、どれもその後の人生に大きな影響をもたらしかねないものばかりです。

就活をしないという選択肢を選択肢を検討している人は、これらの問題に対処しなければならなくなる、ということを考慮に入れた上で改めてよく考えるようにしてください。

  • 安定した職に就きにくくなる
  • 社会的信用を得にくくなる
  • 経済的に自立するのが難しくなる
  • キャリア形成に影響が出る
  • 収入を安定させるのが難しくなる

安定した職に就きにくくなる

就活をしないという選択肢を選んだ場合に起こり得る問題の一つは、安定した職に就きにくくなることです。

就活をしないまま大学を卒業してしまうといわゆる新卒枠での応募ができなくなり、もし企業に就職したいと思っても不利な条件で応募することになってしまい、中々選考を通過できないという事態も考えられます。

就活をしなかったがために安定した職に就けず、将来の見通しが立たないまま年齢を重ねていってますます安定した職に就きにくくなる、という最悪のケースもありますので、この問題はしっかりと頭に入れておくことをおすすめします。

社会的信用を得にくくなる

就活をしないという選択肢を選んだ場合に起こり得る問題の一つは、社会的信用を得にくくなることです。

就活の時期になっても就活をしていないと、周囲からの印象はどうしても遊んでばかりで将来のことを考えていない人、といったものになってしまいます。

もちろん就活をすることが絶対に正しいというわけではありませんが、就活をしないという選択肢は飽くまでも少数派であり、まだまだ世間一般からは受け入れられていない、ということをあらかじめ把握した上でそれでも就活をしないことを選ぶのか考えるようにしましょう。

経済的に自立するのが難しくなる

就活をしないという選択肢を選んだ場合に起こり得る問題の一つは、経済的に自立するのが難しくなることです。

大学生のうちは家族から経済的支援を受けるのは一般的なことですが、大学を卒業しても家族から経済的支援を受け続けている場合、どうしても周囲の目は冷ややかになります。

また家族から直接これ以上経済的支援を続けるのは難しいと言われる場合もあり、大学を卒業した後はどうしても経済的に自立せざるを得なくなってきます。

就活をしていないと安定して収入を得る方法がなく、経済的に自立することができないというケースになりがちですので、就活をしないという選択肢を選ぶのであれば、あらかじめ経済的に自立する手段を確保した上で選ぶことをおすすめします。

キャリア形成に影響が出る

就活をしないという選択肢を選んだ場合に起こり得る問題の一つは、キャリア形成に影響が出ることです。

企業で働く場合、給与は基本的に勤続年数が長くなればなるほど上がっていきます。

就活をしないということはその時点で勤続年数が短くなってしまうということであり、余程実力主義の業界や会社でもない限りは新卒で入社した人と待遇面で明確な差が生まれてしまいます。

もしもしっかりとしたキャリア形成を行っていきたいと考えているのであれば、就活をしないという選択肢は選ばないようにするとよいでしょう。

収入を安定させるのが難しくなる

就活をしないという選択肢を選んだ場合に起こり得る問題の一つは、収入を安定させるのが難しくなることです。

就活をしないということは正社員という収入や立場の面で非常に安定しているポジションへ向かう道から外れるということであり、当然収入は不安定になってしまいます。

人生におけるトラブルのほとんどはお金に関係するものだと言えますので、就活をしないことで安定した収入が得られない場合、就活をして安定した収入を得ている人には降りかかってこなかった大量のトラブルの対処をしなければならないということです。

将来お金に関する苦労は絶対にしたくない、という大学生の人は就活をしないという選択肢を選ばないようにするとよいでしょう。

就活しない人の進路は?

就活をしないという選択肢を選んだ人の具体的な6つの進路について詳しく解説をしていきますので、現在就活をしようかどうか真剣に悩んでいる人は参考にしてみるとよいでしょう。

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路には進学する、海外留学する、起業する、フリーターとして生計を立てる、資格を取得する、旅行に行くといったものがあり、これら全てに共通しているのは就活をして正社員になる道よりも圧倒的に不安定だということです。

どの進路を選ぶにしても気軽な気持ちで選んでいいものではありませんので、就活をしないという選択肢を選ぶ時は、一生不安定な生活をするかもしれないという覚悟をした上で選ぶようにしてください。

  • 進学する
  • 海外留学する
  • 起業する
  • フリーターとして生計を立てる
  • 資格を取得する
  • 旅行に行く

進学する

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路の一つは進学することです。

大学を卒業してから更に進学する場合、進学先は一般的に大学院となります。

大学院には修士課程と博士課程の二つの課程が存在し、卒業することによってそれぞれ修士号と博士号という学位を取得することが可能です。

特に理系の大学院の修士号や博士号は企業に就職するにあたって強力な武器になることも多く、現在理系の大学に通っていて将来的に大企業に就職したいと考えているのであれば、大学院への進学はむしろ有効な選択肢であると言えるでしょう。

海外留学する

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路の一つは海外留学することです。

海外に留学することでより高い学歴を得られるだけでなく、外国語を習得したり他の国の文化を理解できるといった様々なメリットがあります。

とはいえ海外留学には多額の費用がかかりますし、慣れない海外での生活で精神的に追い詰められてしまい、結局日本に帰ってきてしまうというケースもありますので、もし就活をしないという選択肢を選んだ上で海外留学をするのであれば、家族ともしっかりと話し合った上で決めるようにしてください。

起業する

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路の一つは起業することです。

起業して事業が軌道に乗れば莫大な利益を得ることが可能ですが、まず起業する手続きを行うだけでも数十万円ほどの資金が必要ですし、事業を行う上で必要な人材や設備の確保のことを考えた場合、安易な気持ちで事業を成功させることはまず不可能であると言えます。

もしも就活をしないで起業をするのであれば、なるべく早いうちに起業してしまい、大学を卒業する時点で経済的に自立できるだけの成功を収めていた場合のみ、就活をしないようにすることを強くおすすめします。

フリーターとして生計を立てる

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路の一つはフリーターとして生計を立てることです。

確かにフリーターであれば仕事は簡単に見つけることができますが、給与や待遇に関しては正社員と比べた場合、圧倒的に劣っており、また社会的な信用に関しても正社員の方がフリーターよりも遥かに高いのが現実です。

また年齢が若いうちはまだしも、年齢が上がるにつれて働くことができるアルバイトはどんどん減っていきますので、将来のことを考えた場合、フリーターとして生計を立てるから就活はしない、という選択はおすすめできません。

資格を取得する

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路の一つは資格を取得することです。

たとえば就活をしないで勉強に打ち込み、司法試験や公認会計士といった難関の国家資格を取得できた場合、安定した職業に就くことは十分に可能です。

とはいえ働きながらでも資格の勉強をすることは可能ですし、資格が取得できなかった際のリスクもありますので、資格の勉強に集中したいから就活をしないという選択肢を選ぶ前に、本当に働きながら資格の取得の勉強を続けることは不可能なのかを改めて考え直してみるとよいでしょう。

旅行に行く

就活をしないという選択肢を選んだ人の進路の一つは旅行に行くことです。

海外などの今まで暮らしていたところとは全く違う場所に旅行に行くことによって、今まで関わることのなかった人達と関わったり、完全な未知の体験をすることができ、結果視野が広がって自分が本当にやりたいことや自分の目指すべき進路が見つかるということも考えられます。

ただし旅行に行って遊んできただけで終わってしまう可能性も十分にありますので、就活をしないから時間があるしとりあえず旅行に行く、といった易きに流れるような行動は慎むようにしてください。

就活しないメリット

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られる5つのメリットについて詳しく解説をしていきますので、就活をするかしないか中々決められないという就活生の人は是非読んでみてください。

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られるメリットには就活が上手く行かずに悩まなくて済む、自由な時間が増える、自分のやりたいことができる、起業するチャンスになる

、自分に向いている仕事をじっくり探せるといったものがあり、もしこれらのメリットに強い魅力を感じるという人は周囲の人に相談した上で、就活をしないという選択肢を選ぶかどうか考えてみるとよいでしょう。

  • メリット1: 就活が上手く行かずに悩まなくて済む
  • メリット2: 自由な時間が増える
  • メリット3: 自分のやりたいことができる
  • メリット4: 起業するチャンスになる
  • メリット5: 自分に向いている仕事をじっくり探せる

メリット1: 就活が上手く行かずに悩まなくて済む

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られるメリットの一つは、就活が上手く行かずに悩まなくて済むことです。

就活はその後の人生を左右してしまうほどの重要なイベントであり、就活生が就活に失敗してしまったことで悩み、最終的に自殺をしてしまったというケースもあります。

確かに就活が人生に与える影響が大きいのは事実ですが、だからといって就活が人生の全てではありません。

もしも就活のことで悩み、自ら命を絶ってしまうくらいなら自分から就活をしないという選択肢を選び、就活をせずに人生を豊かなものにする方法を模索する方が遥かに健全だと言えるでしょう。

メリット2: 自由な時間が増える

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られるメリットの一つは、自由な時間が増えることです。

就活をしないのであれば就活に使うはずだった時間を自由に使うことができますので、その点についてはメリットがあると言えます。

ただし自由な時間が増えたからといって自分の好きなことだけをして他のことを何もしないでいると、将来の選択肢が確実に狭まっていってしまいますので、就活をしないことで増えた自由な時間は自分の可能性を最大限に広げるために使うようにしてください。

メリット3: 自分のやりたいことができる

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られるメリットの一つは、自分のやりたいことができるということです。

たとえば今夢中になっていることがあり、若いうちにそれを徹底的に突き詰めてみたいと考えているのであれば、あるいは就活をしない場合の方が就活をした場合よりも人生が充実するという可能性もあります。

とはいえこれは大変なリスクを伴う選択ですので、もし就活をしないで自分のやりたいことを徹底的にやるという選択をするのであれば、家族や親しい友人といった周囲の人にきちんと相談した上でしっかりと検討するようにしましょう。

メリット4: 起業するチャンスになる

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られるメリットの一つは、起業するチャンスになることです。

もし大学在学中に明確な事業の構想が練れていた場合、就活をしないで起業することで、社会人を経てから起業する人達よりも先に事業を開始できるというメリットが得られます。

ですがどれだけしっかりとした事業の構想が練れていたとしても、それを形にして軌道に乗せることは就活を成功させるよりも遥かに困難ですので、もし就活をしないで起業するという選択肢を選ぶのであれば相応の覚悟が求められることになります。

メリット5: 自分に向いている仕事をじっくり探せる

就活をしないという選択肢を選ぶことによって得られるメリットの一つは、自分に向いている仕事をじっくり探せることです。

焦って就活をせずに自分に合った仕事を時間をかけて探すことによって、その後の人生が豊かになるということもありますが、基本的に就活は年齢を重ねれば重ねるほど難易度が上がっていくものですので、自分に合う仕事がなさそうだから就活をしない、といった適当な態度で就活をしないことを選択してしまうと、将来の可能性を狭めてしまうだけですので、自分に向いている仕事を探すのであれば一生の仕事を見つけ出す、という覚悟をした上で探すことをおすすめします。

就活をしない人必見!就活を進める理由

この記事を読んでいる人の中には既に就活をしないという選択肢を選ぶと決めてしまった人もいるかと思いますが、そういった人達も是非もう一度だけ本当に就活をしないでいいのか考えてもらいたいと思います。

大学生が就活をすることが一般的なのは、それだけ就活をすることに大きなメリットがあるからです。

そのメリットを捨ててまで就活をしないという選択肢を選ぶには、やはりなんらかの特別な理由が必要になります。

就活を進めることによって得られるメリットには社会的な信用を得やすくなる、安定した収入を得られる、就職してから起業することも可能、人間的に成長するチャンスになる、新卒就活は企業の幅が広いといったものがあり、どれも手放してしまうには惜しいものばかりですので、就活をしないという選択肢を選ぼうとしている人は改めてそれが本当に自分の人生において正しい選択であるかどうか考えるようにしてみてください。

  • 社会的な信用を得やすくなる
  • 安定した収入を得られる
  • 就職してから起業することも可能
  • 人間的に成長するチャンスになる
  • 新卒就活は企業の幅が広い

社会的な信用を得やすくなる

就活を進めることによって得られるメリットの一つは、社会的な信用を得やすくなることです。

就活を頑張っていると言えばそれだけで周囲の人から応援してもらえますし、家族も就活のためであれば積極的に経済的な支援をしてくれることでしょう。

もちろん就活を成功させなければいけないプレッシャーは存在しますが、就活をしないことによる社会的なプレッシャーと比較した場合、就活を成功させなければいけないプレッシャーの方が小さくなるケースが多いと考えられます。

安定した収入を得られる

就活を進めることによって得られるメリットの一つは、安定した収入を得られることです。

就活を成功させて正社員になることができれば、毎月安定した収入を得ることができ、しかも勤続年数が長くなるに従って収入は上がっていきます。

現代社会においてお金がないことで発生する問題はもっとも対処が困難な問題の一つですので、苦労の少ない安定した人生を送りたいと考えている人は、就活をしないという選択肢を選ばないことによって、安定した人生を送れる可能性が高まると言えます。

就職してから起業することも可能

就活を進めることによって得られるメリットの一つは、就職してから起業することも可能だということです。

確かに就活をしないで起業することによってより早く事業を開始できるというメリットは存在しますが、社会人としての経験がないまま起業した場合、事業が失敗してしまう可能性も高くなります。

就職して社会人としての経験を積み、仕事をしていく中で有力なコネクションを築き上げた状態で起業をすれば、事業が軌道に乗る確率は間違いなく上昇することでしょう。

人間的に成長するチャンスになる

就活を進めることによって得られるメリットの一つは、人間的に成長するチャンスになることです。

就活は確かに困難なことも多いですが、それらに立ち向かうことによって人間的に大きく成長できるという面もあります。

就活をしないという選択肢を選んでしまうと、就活をすることによって得られたはずの人間的に成長するチャンスを失ってしまい、自分の可能性に蓋をしてしまうことにもなりかねません。

自分にどれだけのことができるのか確かめてみたいと考えている人は、是非就活をすることによって自分の能力の限界を広げていってもらいたいと思います。

新卒就活は企業の幅が広い

就活を進めることによって得られるメリットの一つは、新卒就活は企業の幅が広いということです。

就活は企業にとっては新入社員を獲得するための一大イベントであり、そのため非常に多くの企業が参加することになります。

参加する企業が多いということはそれだけ就職の機会も増えるということですので、なんとしてでも正社員として就職したいと考えている人は、就職をするのに非常に有利な条件がそろっている就活を必ず行うことをおすすめします。

就活をしない理由には何がある?

もし就活をしないという選択肢を選ぶ場合に考えられる4つの理由について詳しく解説をしていきます。

就活をしないという選択肢を選ぶ場合に考えられる理由としては自分に向いている仕事が分からない、一企業に就職する以外の選択肢を探している、就活してみたものの上手く行かない

、就職したいけれど就活を窮屈に感じているといったものがあり、これらの理由で悩んでいる人も多いと思いますので、もし就活をするかどうか真剣に悩んでいる場合は一人で抱え込まずに積極的に周囲の人に相談するようにしてください。

  • 理由1: 自分に向いている仕事が分からない
  • 理由2: 一企業に就職する以外の選択肢を探している
  • 理由3: 就活してみたものの上手く行かない
  • 理由4: 就職したいけれど就活を窮屈に感じている

理由1: 自分に向いている仕事が分からない

就活をしないという選択肢を選ぶ場合に考えられる理由の一つは、自分に向いている仕事が分からないことです。

将来自分がどんな仕事をして生きていきたいのか、という問題について考えた場合、どんな仕事も自分に合っているように思えず、自信をなくしてしまうという人は多いと思います。

ですが自分がどんな仕事に向いているのかはそう簡単にわかることではありません。

実際に働いてみて初めてわかることもたくさんありますので、自分がどんな仕事に向いているのか知りたいという人は、まずどんな業界でもいいので飛び込んでみることをおすすめします。

理由2: 一企業に就職する以外の選択肢を探している

就活をしないという選択肢を選ぶ場合に考えられる理由の一つは、一企業に就職する以外の選択肢を探していることです。

生きていけるだけの収入が得られれば、正社員として働くことも、フリーターとして働くことも、事業の経営者として働くことも個人の自由です。

もしも企業に就職する以外の道で生きていけるだけの収入が得られるのであれば、あとはどちらの生き方の方がより幸福に生きられるかを基準として判断するとよいでしょう。

理由3: 就活してみたものの上手く行かない

就活をしないという選択肢を選ぶ場合に考えられる理由の一つは、就活してみたものの上手く行かないことです。

就活はたくさんの就活生と内定を巡って競い合わなければならず、どうしても上手く行く人と上手く行かない人に分かれてしまいます。

ですが上手く行かないからといって安易に就活をしないという選択肢を選んでしまうことはおすすめできません。

就活が上手く行かないのであれば、まずは自分の就活のやり方に問題はないか、徹底的に見直すことから始めてみてください。

理由4: 就職したいけれど就活を窮屈に感じている

就活をしないという選択肢を選ぶ場合に考えられる理由の一つは、就職したいけれど就活を窮屈に感じていることです。

日本の就活はどうしても個性を殺して画一的になることを強制されるところがありますので、それを窮屈に感じる人も少なからずいると思います。

もし日本の個性を出し辛い就活が合わないと感じている人は、思い切って海外で就活を行うことも視野に入れてみることで自分の将来に新たな展望が開ける可能性がありますので、是非積極的に挑戦してみることをおすすめします。

就活したくない人が行うと良いこと

就活をどうしてもしたくないと考えている人に是非実行してもらいたい4つの行動について詳しく解説をしていきます。

就活をどうしてもしたくないと考えている人に是非実行してもらいたい行動には徹底的に自己分析する、企業に就職する以外の選択肢をじっくり考慮する、先輩から話を聞く、将来の自分の姿を思い描くといったものがあり、これらを行うことで自分の将来をよりよいものにする選択肢を選ぶことが可能になりますので、是非実践してみてください。

徹底的に自己分析する

就活をどうしてもしたくないと考えている人に是非実行してもらいたい行動の一つは、徹底的に自己分析することです。

自己分析は就活に限らず自分自身をより深く知るために必要な行為であり、自己分析の結果から自分に適した仕事を見つけ出すことも可能になります。

自分が社会人として働いている姿がどうしても見えてこないという人は、最初のステップとして自己分析に集中して取り組むようにするとよいでしょう。

企業に就職する以外の選択肢をじっくり考慮する

就活をどうしてもしたくないと考えている人に是非実行してもらいたい行動の一つは、企業に就職する以外の選択肢をじっくり考慮することです。

確かに就活をして企業に就職し、正社員になるというのは社会人として一般的なルートですが、とはいえ一般的だからと言って誰もが通りやすいというわけではありません。

もしも就職をするのではなくフリーランスとして働いたり、あるいは起業して働くことの方が向いていると心から思えるのであれば、自分に適した働き方を選んだ方が幸せになれる確率は大きく上がります。

先輩から話を聞く

就活をどうしてもしたくないと考えている人に是非実行してもらいたい行動の一つは、先輩から話を聞くことです。

実際に就活を体験した先輩から話を聞くことで就活を詳細にイメージすることができ、不安を軽減しつつモチベーションを高めることが可能になります。

将来の自分の姿を思い描く

就活をどうしてもしたくないと考えている人に是非実行してもらいたい行動の一つは、将来の自分の姿を思い描くことです。

自分が将来どんな生活をしたいのか、社会人としてどういう風に働きたいのかを詳しくイメージすることによって、自分が本当にすべきことがなんなのか判断できるようになるでしょう。

就活しないという選択肢にはメリットがあるもののデメリットが多い!

就活をしないという選択肢を選ぶのは自由ですが、それによって生じるデメリットはメリットよりも大きい場合が多く、安易にすすめることはできません。

ですが就活をしないことによって初めて見えてくるものもまたありますので、自分の人生をよりよいものにできると確信しているのであれば、どうか勇気を出して就活をしないという選択を貫き通してみてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事