コンサルタントの意味とは?コンサルティングとの違いや仕事内容まで解説!

コンサルタントという職業の持つ社会的な意味や特徴について解説していきますので、まずコンサルタントという言葉の意味を知らない人やどんな職業か知りたい人は参考にしてください。

コンサルタントって何をするの?

就活をしていてコンサルタントという職業のことを聞く機会は多いと思いますが、コンサルタントという言葉の意味や実際の業務の内容がわかるかと人から聞かれてすぐに頭に思い浮かぶという人は少ないと思います。

ここではそんなコンサルタントという職業の社会における意味やコンサルタントとコンサルティングの違い、また具体的な仕事内容等について詳しく解説をしていきますので、将来就いてみたい職業としてコンサルタントを視野に入れているという人は是非参考にしてみることをおすすめします。

コンサルタントとは?意味やコンサルティングとの違い

今現在就職活動をしている人であってもコンサルタントとはどういう意味か、と聞かれた場合その意味を誰にでもわかりやすく、しかもはっきりと答えることは難しいと思います。

ここでは英語におけるコンサルタントという単語の意味やそこから日本におけるコンサルタントという職業にどう繋がっていくのか、またコンサルタントとコンサルティングの二つの言葉の意味の違いについても詳しく解説をしていきますので、コンサルタントになるための就職活動をする前にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

コンサルタントの意味

コンサルタントは英語では『consultant』となり、相談する人や専門的な相談相手、相談役や顧問といった意味を持つ英単語となっています。

英語における『consultant』は例えば今晩の食事をどんなものにすればいいか、外に遊びに出かけるのにどんな洋服を着ればいいか、といった気軽な相談をする相手ではなく法律や技術、ビジネスといった高度な専門分野における相談をすることが可能な専門家といった意味合いを持っています。

そのような英語における意味合いから日本におけるコンサルタントとは高度な専門知識を持ち、それに基づいた的確な助言や提案を行える専門家のことを指します。

コンサルタントとコンサルティングの違い

就職活動をしているとコンサルタントやコンサルティングといった言葉は自然と耳にする機会が多いと思いますが、その二つの言葉の具体的な意味やどのように使い分けを行えばいいのかわからないという人も多いでしょう。

コンサルタントとコンサルティングの意味の違いは実のところ非常に単純で、コンサルタントは高度な専門分野における相談をすることが可能な専門家のことを指し、コンサルティングは高度な専門分野における相談をすることが可能な専門家の業務自体を指します。

もしも二つの言葉の使い分けについて混乱してしまうのであればコンサルタントは人、コンサルティングは仕事という風に覚えてみてください。

コンサルタントの仕事内容は?経営戦略を考えサポートする!

コンサルタントの業務内容は非常に多岐に渡りますが、その根本にある目的とはとてもシンプルで、即ち顧客に目標としている利益を達成させることです。

コンサルタントの業務で代表的なものを紹介していきますと、経営再建のための経営戦略の立案、経営計画書の作成に営業力の向上や強化のための提案、人事制度の改善及び改革、財務や税務、法務などの様々な専門分野でのサポート、チームマネジメントや組織力の強化、更には社内でのIT活用などの専門業務サポートなど顧客の利益のためにありとあらゆる手段を用いてサポートを行います。

こういった多様なサポートによって顧客に利益をもたらすことがコンサルタントの役割となります。

コンサルタントの役職と年収

コンサルタントを目指して就活をしているという人であればコンサルタントにはどういった役職があるのか、また年収はどれくらいのかということは当然気になってくるかと思います。

ここではコンサルタントとして働いていく上で就くことになる各種の役職の持つ意味や役割、役職ごとに年収はどれくらい違ってくるのか、またコンサルタントという職業全体の年収についても詳しく解説をしていきますので、将来コンサルタントになって活躍してみたいと思っている人は目を通してみることをおすすめします。

コンサルタントの役職

コンサルタントという職業にはいくつもの役職がありますが、それらを大きく四つに分類し、それぞれの役職の特徴や年収について詳しく解説をしていきますので、自分が将来コンサルタントとして就くことになるであろう役職について具体的にイメージしておきたいという人は参考にしてみるとよいでしょう。

またコンサルタントという職業全体の収入事情についても解説していきますので、コンサルタントになった場合どのくらいのレベルの生活が送れるのか知っておきたいという人は是非読んでみてください。

パートナー・プリンシパル

コンサルタントという職業において最上位の役職となるのがパートナー・プリンシパルです。

この役職が持つ意味や役割は非常に大きく、顧客となる企業の経営における意思決定に明確に関与し、担当するコンサルティングのプロジェクトの最終的な責任者という極めて重大な責任を負う立場となります。

パートナー・プリンシパルは非常に高い能力を求められ、かつ周囲からのプレッシャーも大変大きいものとなりますが、その分収入に関しては恵まれており、パートナー・プリンシパルになった時点の年齢が32歳から45歳だとして平均年収は1,700万から2,500万円となっています。

マネジャー・プロジェクトマネジャー

コンサルタントという職業において上から二番目の役職となるのがマネジャー・プロジェクトマネジャーです。

この役職が持つ意味や役割としては担当するコンサルティングのプロジェクトのマネジメントにおける責任者、つまり担当業務の運営面における責任者という立場となります。

またそれ以外にも人材の採用や教育、評価といった人材育成における業務や内部管理、更には新規顧客開拓や知財開発という高度かつ専門的な業務を担当しなければならず、コンサルタントという職業において大きな意味を持つ役職だと言えるでしょう。

マネジャー・プロジェクトマネジャーの年収はなった時点の28歳から40歳だとして平均1,400万から2,000万円となっており、やはり非常に恵まれた年収となっています。

アソシエイト・コンサルタント

コンサルタントという職業において上から三番目の役職となるのがアソシエイト・コンサルタントです。

この役職が持つ意味や役割としてはパートナー・プリンシパル、マネジャー・プロジェクトマネジャーといった役職の指示の下で担当するプロジェクトを成功させるために必要な情報の収集、分析を行い顧客に対してコンサルティングのための提言を実際に行う立場となります。

アソシエイト・コンサルタントの年収ですが、なった時点の年齢が25歳から35歳だとして平均900万から1,300万円となっており同年代の平均と比較すると非常に高いと言える年収になっています。

アナリスト・ジュニアコンサルタント

コンサルタントという職業において上から四番目の役職となるのがアナリスト・ジュニアコンサルタントです。

この役職が持つ意味や役割としてはマネジャー・プロジェクトマネジャーやアソシエイト・コンサルタントの指示の下で担当するプロジェクトを問題なく遂行するためのリサーチや提言を行うスタッフという立場となります。

アナリスト・ジュニアコンサルタントの年収ですが、なった時点の年齢が22歳から28歳だとして平均500万から800万円となっており新卒で入社する人もいることを考えるとかなりの高額となっています。

コンサルタントの年収

コンサルタントという職業全体の平均年収についてですが、国内のコンサルティング会社に勤務しているコンサルタントの平均年収は500万から800万円程度であるというデータがあります。

これは国内の大手企業に勤務するサラリーマンとほぼ同程度の水準で、一般的に見て高い年収ではあるものの突出しているとは言えない印象です。

しかし外資系のコンサルティング会社に勤務しているコンサルタントの場合平均年収が20代で1,000万円を超えるというデータもあり、就活における志望する会社の選択において非常に大きな意味を持つと言えます。

コンサルタントの種類

コンサルタントには非常に多くの分野があり、その全てを紹介することはとてもできません。

そんな数多くのコンサルタントの分野の中から特に代表的なものをピックアップし、それらの特徴や社会における意味等について詳しく解説をしていきます。

コンサルタントには興味があるけど自分の能力がどの分野のコンサルティングに活かすことができるのか、また自分が学んできたことはコンサルタントになる上で意味はあるのかどうか知りたいという人は是非目を通すことをおすすめします。

コンサルタントの種類一覧

  • ITコンサルタント
  • システムコンサルタント
  • カラーコンサルタント
  • 環境コンサルタント
  • 上下水道コンサルタント
  • 開発コンサルタント
  • 森林コンサルタント
  • 品質コンサルタント
  • 建築コンサルタント
  • 建設コンサルタント
  • イベントコンサルタント
  • ライフスタイルコンサルタント
  • イメージコンサルタント

日本におけるコンサルタントの中でも特に代表的なものを箇条書きで紹介していきます。

もちろんここで紹介したものはコンサルタントにおけるごく一部の分野でしかなく、これら以外にも社会的に重要な意味を持つコンサルタントの分野は多数存在します。

もし将来コンサルタントとして働きたいというのであれば自分が学んで培ってきたものを活かせる分野は必ず存在しますので、自分自身の個性や人生設計等も合わせてしっかりと検討してみるとよいでしょう。

コンサルタントの一部をご紹介

コンサルタントには様々な分野が存在しますが、その中でも特に代表的なビジネスコンサルタント、ITコンサルタント、労働衛生コンサルタントの三つの分野の持つ社会的な意味や役割、またそれぞれの分野の特徴について詳しく解説をしていきます。

社会における需要が非常に大きい分野ばかりですので、もしコンサルタントのどの分野に行けばいいか迷っているという人はまずこの三つの分野の中から自分が目指したいと思うものはないか検討してみることを強くおすすめします。

ビジネスコンサルタント

コンサルタントの中でも特に代表的な分野と言えるのがビジネスコンサルタントです。

ビジネスコンサルタントが持つ役割と意味とは顧客となる企業の経営上の問題を調査と分析によって具体化した上でそれを解決するための解決策を提示し、顧客がより多くの利益を得られるようサポートを行うことになります。

企業の経営上の問題は企業内部の人間ではどうしても客観的に見ることができませんので、そのためビジネスコンサルタントという外部から客観視した的確な経営状態改善のための助言を行ってくれる専門家が重要な意味を持つのです。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとはコンサルタント業界において近年ますます存在感を増している分野です。

ITコンサルタントが持つ役割と意味とは顧客となる企業の経営上の問題をITによって解決することを目指し、そのための調査と分析を行った上でどのようなシステムを用いれば問題が解決できるのかを提示することで顧客がより効率よく業務を行えるようサポートすることになります。

ITコンサルタントは顧客との業務上における密接な信頼関係を築くことも重要ですが、それ以上にITにおけるプロフェッショルとしてシステムの仕様に関する高度な質問に対してもしっかりと回答できるだけの高度な知識が要求されます。

労働衛生コンサルタント

労働衛生コンサルタントは最近の社会における働き方改革の広がりを受けて需要が急上昇しているコンサルタントの分野です。

労働衛生コンサルタントが持つ役割と意味とは働いている人達を劣悪な労働環境から守るため、事業所等の労働環境をプロフェッショナルの視点から調査し評価した上でもし問題があればそれを改善するための提言を行い、実際にその提言によって労働環境上の問題が改善されたか監査を行うことになります。

労働衛生コンサルタントの需要は現在著しく高まっており、また今後もその傾向が続くと考えられますので安定して需要のある分野で働きたいという人にはおすすめです。

コンサルタントに向いている人

コンサルタントという職業に適性がある人というのはどういった人なのかについて具体的に解説を行っていきますので、もしコンサルタントを目指したいけど自分にその適性があるかどうか心配だという人は参考にしてみてください。

またもし自分には適性がないと思っても決して落ち込む必要はありません。

コンサルタントに必要な能力は努力によって十分獲得可能なものですので、ここで解説しているコンサルタントという職業に必要な適性を把握した上でそれを得るための適切な努力を実践すればきっとコンサルタントへの道が開けることでしょう。

論理的な思考ができる人

コンサルタントという職業においてまず大事になってくるのが論理的な思考ができるかどうかということです。

コンサルタントは顧客の抱えている業務上の問題を解決するために具体的なデータを元として明確な解決策を提示しなければなりません。

そのためには業務上の問題をしっかりと分析、把握して得られたデータを土台とした上で有効な解決策を組み立てることができる高度な論理的思考能力が必要になってくるのです。

コミュニケーションが得意な人

コンサルタントという職業において必要不可欠になってくるのが顧客との間に業務上の密接な信頼関係を築けるだけの高度なコミュニケーション能力です。

たとえコンサルタントがどれだけ有効な問題の解決策を提案したとしても、コンサルタントと顧客との間に信頼関係がなければなんの意味もありません。

またコンサルタントはその業務上社内の様々な人間と連携することが求められますので、高度なコミュニケーション能力がなければ業務をスムーズに遂行することはまず不可能だと言えます。

コンサルタントになるには?

将来の職業としてコンサルタントを志望した場合、どのようにすればコンサルタントとして就職できるのかについて詳しく解説をしていきますので、自分も是非コンサルタント業界の一員になってみたいという人は読んでみることをおすすめします。

またコンサルタントとして就職する上で必要な能力やこれを持っておけば有利になるという資格についても紹介していきますので、コンサルタントとして活躍するのに必要な勉強をあらかじめしておきたいという人は目を通しておくとよいでしょう。

大学卒業時に就職する人が多い

コンサルタントになる人は一般的に大学卒業時に新卒として就職する場合が多いです。

とはいえ他の分野で社会人としての経験を積んでからコンサルタント業界に転職する人や医療系や技術系といった高度な専門分野の資格と実務経験を持った人がコンサルタント業界で更にキャリアを積むという場合もありますので、自分の思い描くキャリアプランに合わせて就職に挑戦してみることをおすすめします。

資格はいらないがある方が有利

コンサルタントとして就職するのに必要な資格は基本的にありませんが、例えばITコンサルタントの場合高度なITの資格を持っていればそれだけ就職に有利になることは間違いありません。

また例外として労働衛生コンサルタントの場合、厳しい受験資格を満たした上で高難易度の試験に合格しなければ取得できない国家資格を所持していなければ業務が行えませんので、コンサルタントを目指すのであればどんな分野であってもその分野のプロフェッショナルになるという覚悟が求められるでしょう。

 

英語が求められる分野もある

コンサルタントはその業務の特性上外資系の企業を顧客とすることや、また自分自身が外資系のコンサルティング会社で働くということも十分考えられます。

そういった時に英語ができなければコミュニケーションを円滑に取ることができず、業務の遂行において大きな問題となってくるでしょう。

コンサルタント業界に就職するのを目標としている人は英語の学習は徹底的に行っておくことを強くおすすめします。

コンサルタントの仕事はきつい?

コンサルタント業界についてよく言われているのがコンサルタントという職業はとてつもない激務であるということです。

このことについて調査を行った結果、コンサルタントの業務が激務であるという情報は概ね正しいという結論に達しました。

特に外資系のコンサルティング会社の業務はその傾向が強いと言われていますので、平均年収が高額だからといって軽い気持ちで志望することはおすすめできません。

コンサルタントの意味を押さえて就活に活かす

コンサルタントという単語には専門家という意味が強く込められており、職業としてのコンサルタントには顧客に対して専門家としての高度な知識に基づいた有効な助言や提案をすることが求められています。

その性質上業務の内容は基本的に高度かつ困難なものになってきますが、それに見合うだけの充実した待遇や高い収入が得られることもまた事実ですので専門家としての高度な業務に挑戦してみたいという人は就職を検討してみることをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事