就活の髪型はボブが良い6つの理由!注意点や面接・写真時のヘアスタイルも紹介!

就活の時の髪型にはボブがおすすめな6つの理由を解説していきますので、就活で髪型をボブにするメリットが知りたい人は読んでみてください。

就活の髪型はボブがおすすめ!

女子就活生が就活をする上で非常に大きな問題になってくるのが、髪型をどんなものにするのかということです。

今回は女子就活生に是非おすすめしたい髪型であるボブについて詳しく解説をしていきます。

何故就活でボブがおすすめなのかという6つの理由や、ボブで就活をする時の注意点、またボブで証明写真を撮る時に要注意な点についても解説をしていきますので、髪型をまだ決められていない女子就活生は是非読んでみてください。

就活の髪型にボブがおすすめな6つの理由

女子就活生の髪型でボブがおすすめな6つの理由についてしっかりと解説をしていきます。

ボブがおすすめな理由には個性がだせる、真面目な印象を与える、明るい印象を与える、清潔感がある、アレンジで印象が変わる、アレンジが簡単といったものがあり、就活において非常にたくさんのメリットがある髪型となっています。

もしも髪は絶対に長くないと嫌だというこだわりがないのであれば、就活の時に髪型をボブにしてみることをおすすめします。

  • 理由①個性がだせる
  • 理由②真面目な印象を与える
  • 理由③明るい印象を与える
  • 理由④清潔感がある
  • 理由⑤アレンジで印象が変わる
  • 理由⑥アレンジが簡単

理由①個性がだせる

女子就活生の髪型でボブがおすすめな理由の一つは個性がだせることです。

女子就活生の髪型で一般的なのは髪をしっかりとまとめたスタイルであり、ボブはどちらかというと少数派です。

髪型を丁寧に整えられたボブにすることによって、採用担当の人から好印象を得つつも自分の個性をしっかりと出していくことが可能となり、他の就活生よりも良い意味で目立つことが可能になります。

理由②真面目な印象を与える

女子就活生の髪型でボブがおすすめな理由の一つは真面目な印象を与えることです。

女性の髪型でボブのような短いものは明るく真面目な印象を相手に与えることができますので、就活の時の髪型としては理想的だと言えます。

ただし髪の手入れやセットができていなかったり、髪をだらしなく伸ばしていたりすると途端に印象が悪くなってしまいますので、髪型をボブにする際はメンテナンスをしっかりと行うよう注意してください。

理由③明るい印象を与える

女子就活生の髪型でボブがおすすめな理由の一つは明るい印象を与えることです。

ボブはしっかりとセットすることでおでこをはっきりと見せることができ、それによって明るくフレッシュな印象を持ってもらうことが可能になります。

また表情がはっきり見えることで面接のやり取りもスムーズになりますので、女子就活生が髪型をボブにすることは就活においては非常に有利だと言えるでしょう。

理由④清潔感がある

女子就活生の髪型でボブがおすすめな理由の一つは清潔感があることです。

しっかりと手入れがされた髪をボブにすることで清潔感がある就活生に相応しい人物であると思ってもらうことができます。

ただし手入れが不十分だと途端にだらしない人物という印象に変わってしまいますので、ボブで就活をするのであれば就活のスケジュールをしっかりと調整して、美容室に行く時間を確保するようにしてください。

理由⑤アレンジで印象が変わる

女子就活生の髪型でボブがおすすめな理由の一つはアレンジで印象が変わることです。

ボブはアレンジの仕方によって華やかなものから真面目なものまで印象を自由に変えることができます。

就活をする時は真面目な印象を与えられるアレンジ、プライベートは華やかな印象を与えられるアレンジ、という風に使い分けることによって生活にメリハリをつけることができ、就活のモチベーションを高いまま維持することが可能になります。

理由⑥アレンジが簡単

女子就活生の髪型でボブがおすすめな理由の一つはアレンジが簡単なことです。

長い髪をアレンジする場合、縛ったりまとめたりするのにどうしても手間がかかってしまいますが、ボブであれば元々の髪が短いためにアレンジの手間もそこまで必要ではありません。

就活の時はどうしてもハードスケジュールになりがちですので、すこしでも時間に余裕を持たせるためにアレンジが簡単なボブを強くおすすめします。

ボブの女性が就活で気を付けたい3つのこと

女子就活生が髪型をボブにする時に注意してもらいたい3つのポイントについて詳しく解説をしていきます。

髪型をボブにする時に注意してもらいたいポイントには派手なカラーやパーマはNG、耳を出してスッキリさせる、長い前髪は斜めに流す&オン眉は避けるといったものがあり、ボブで就活をするのであればこれらをしっかりと守らなければいけません。

逆に言えばこれらを守って就活ができれば採用担当の人からは好印象を持ってもらえますので、きちんと確認しておくようにしてください。

  • 派手なカラーやパーマはNG
  • 耳を出してスッキリさせる
  • 長い前髪は斜めに流す&オン眉は避ける

派手なカラーやパーマはNG

髪型をボブにする時に注意してもらいたいポイントの一つは派手なカラーやパーマはNGだということです。

就活において派手な格好をすることは余程開けた業界や企業でもなければほぼ確実にマイナスとなります。

そうならないためにも髪型をボブにするのであれば派手なカラーやパーマはせず、女子就活生らしい落ち着いた清潔感のあるボブで就活に臨むようにしてください。

耳を出してスッキリさせる

髪型をボブにする時に注意してもらいたいポイントの一つは耳を出してスッキリさせることです。

就活においては清潔感を出すことが第一ですので、髪が耳にかかってしまっているだけでも身だしなみを整えることができないだらしない人、という印象を持たれてしまいます。

特にボブは髪が耳にかかってしまいやすい髪型でもありますので、志望する企業を訪問する際は鏡を使ってだらしない髪型になっていないか小まめにチェックすることをおすすめします。

長い前髪は斜めに流す&オン眉は避ける

髪型をボブにする時に注意してもらいたいポイントの一つは長い前髪は斜めに流す&オン眉は避けることです。

まず前髪を長くしてしまうと表情が見えず暗い印象を与えてしまいますし、面接でのやり取りにも支障をきたします。

前髪を短くする場合も眉にかかってしまうような長さではややだらしなく見えてしまいますので、短くする場合は眉にかからないおでこをはっきり見せることができる長さにするとよいでしょう。

就活ボブのアレンジスタイル

女子就活生が髪型をボブにする時に使えるアレンジスタイルについて詳しく解説をしていきますので、これから髪型をボブにする予定があるという人は是非目を通してみることをおすすめします。

今回紹介するアレンジスタイルはボブが結べない場合と、長めのミディアムボブを結ぶ場合の二つのケースを想定していますので、自分の髪の長さや訪問する企業の社風などを考慮に入れた上でどうアレンジするかを選択してください。

  • ボブが結べない場合
  • 長めのミディアムボブを結ぶ場合

ボブが結べない場合

ボブが結べない場合に試してもらいたい2つのアレンジスタイルについて詳しく解説をしていきます。

髪が短く結べないとどうしてもアレンジスタイルは限られてきてしまいますが、それでもちょっとした工夫によって印象を変えることは可能です。

ボブが結べない場合のアレンジスタイルには耳にかけてピンでとめる、片耳でなく両耳にかけるといったものがありますので、自分の好みや志望する企業の社風に合わせて使い分けてみることをおすすめします。

耳にかけてピンでとめる

ボブが結べない場合のアレンジスタイルの一つは耳にかけてピンでとめるものです。

耳にかけてピンでとめることによって明るい印象になるだけでなく、可愛らしさをアピールすることもできます。

耳にかけてピンでとめるスタイルの注意点として、ピンはできるだけ目立たない落ち着いたデザインのものを選ぶようにしてください。

もしも目立つデザインのピンを使ってしまうとTPOを弁えられない人であると判断される危険性が高くなってしまいます。

片耳でなく両耳にかける

ボブが結べない場合のアレンジスタイルの一つは片耳でなく両耳にかけるものです。

髪を片耳でなく両耳にかけることによって、しっかりした大人っぽい印象を採用担当の人に与えることができますので、自立した大人の女性に見られたいという人には特におすすめのアレンジスタイルとなっています。

片耳でなく両耳にかけるの注意点として髪型が崩れやすいことが挙げられます。

しっかりと固定されていない以上どうしても髪型が崩れる機会が多くなってしまいますので、髪型のチェックは欠かさないようにしましょう。

長めのミディアムボブを結ぶ場合

長めのミディアムボブを結ぶ場合ですが、是非試してもらいたいアレンジスタイルであるハーフアップについて詳しく解説をしていきます。

ハーフアップは女性らしく上品な印象を見る人に与えてくれますので、就活においても非常に有効な髪形だと言えます。

またハーフアップにする時に注意しなければならないポイントについても解説をしていきますので、長めのミディアムボブをアレンジしたいと考えている人は参考にしてください。

ハーフアップのやり方

ハーフアップには結ぶものやねじるものなど様々なスタイルがありますが、ここでは簡単なおだんご式のものを解説していきます。

まず耳の上の髪を後ろでまとめて結んでから、適度にほぐします。

ほぐした髪の先端をねじりながら丸め、おだんごを作ってピンで固定します。

最後におだんごをだらしなくならない程度にほぐし、下の髪をアイロンで軽く巻いて完成です。

このハーフアップの注意点ですが、就活の時はプライベートよりもおだんごをほぐす加減を抑えるとちょうどいいでしょう。

ハーフアップのコツ

就活でハーフアップをする時のコツですが、もっとも重要なのはだらしなく見えないようにすることです。

ハーフアップは短い髪をまとめるスタイルのため、セットが甘いとどうしてもだらしなく見えてしまいますので、特に面接の時などは時間に余裕を持ってしっかりとセットを行うようにしてください。

ボブで就活写真を撮るときの注意点

ボブで就活写真を撮る時に気をつけてもらいたいポイントに注意してもらいたいポイントについて詳しく解説をしていきます。

ボブで就活写真を撮る場合、もっとも気をつけなければいけないのは髪の乱れです。

長い髪と違って短い髪はどうしても簡単に乱れてしまいますので、就活写真を撮る時は自分で確認するだけでなく、カメラマンの人にもしっかりと確認してもらうことをおすすめします。

就活におすすめできないボブスタイルもある

ボブの中には就活にはおすすめできないスタイルも存在します。

就活にはおすすめできないボブスタイルである子供っぽいorボーイッシュすぎるボブとお洒落すぎるボブを紹介していきますので、もしこれらのボブスタイルで就活を行おうとしているのであれば、できるだけ早急にヘアスタイルを別のものに変えることを強くおすすめします。

  • 子供っぽいorボーイッシュすぎるボブ
  • お洒落すぎるボブ

子供っぽいorボーイッシュすぎるボブ

就活にはおすすめできないボブスタイルの一つは子供っぽいorボーイッシュすぎるボブです。

子供っぽいボブは当然ながら就活には不向きですし、ボーイッシュすぎるボブも外見に適度な女性らしさが要求される就活には適していません。

もしこういったスタイルが好きだとしても就活の時は我慢すべきです。

お洒落すぎるボブ

就活にはおすすめできないボブスタイルの一つはお洒落すぎるボブです。

就活における髪型はできるだけシンプルで目立たないものにすることが基本です。

あまりお洒落すぎる髪型はそれだけでマイナスの印象になってしまいますので、就活の時のボブスタイルはちょっと地味かなと思うくらいのものにしておきましょう。

ボブスタイルに似合う就活メイク

ボブスタイルに似合う就活メイクですが、ボブスタイルだからといって特別なメイクをする必要はありません。

ただしボブスタイルは顔の肌が多く見えるヘアスタイルですので、肌が明るく見えるメイクを意識すると採用担当の人の印象もアップすると考えられます。

就活は好印象ボブで挑もう!

ボブは明るく清潔感のある印象を与えられるなど就活においては多くのメリットがありますが、その分しっかりとしたメンテナンスが求められる髪型ですので、ボブで就活をする場合は髪の手入れにしっかりと時間を割くことをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事