就活の一般常識テストとは?内容や対策方法、おすすめの本なども紹介!

就活の一般常識テストの出題内容やおすすめの対策本等について解説していきますので、就活の一般常識テストに自信がない人は読んでみてください。

就活の一般常識テストは勉強が必要?

就活の試験において今や当たり前になった一般常識テストですが、しっかりと時間を割いて対策をした方がいいかどうか悩む就活生は多いと思います。

ここでは就活の一般常識テストは真剣に対策を行うべきなのか、また対策をするのにおすすめの本やアプリについても詳しく解説していきますので参考にしてみてください。

就活の一般常識テストとは?

就活における一般常識テストとは、就活生が世間一般と言われるレベルの常識や教養をしっかりと身に着けているかどうかを試すために行われるテストです。

就活で広く実施されるテストというとSPIや玉手箱が思い浮かぶ人も多いと思いますが、SPIや玉手箱は就活生の能力や性格を知るために行われるテストですので、一般常識テストとは目的が異なっています。

一般常識・社会常識を図るためのもの

社会人として仕事に取り組む場合、社内社外問わず多くの人と交流を持つ必要があります。

その際に世間一般の常識や教養が身に着いていないと当然コミュニケーションは上手くいきません。

だからこそ就活の際に一般常識テストを就活生に受けさせることによって、社会人としてコミュニケーションに必要な最低限の一般常識や教養を身に着けているか確かめているのです。

記述式/マークシートの両方のテストがある

就活の一般常識テストの形式ですが、企業にもよりますが基本的にはマークシート式のものが多いようです。

ただし一般常識テストはマークシート式だから大丈夫だろうと思って油断していると、記述式の問題が出題されてピンチになることも十分あり得ます。

企業によっては選挙に行ったかどうかを書かせた後でその理由について記述させる、といった高度な問題が出題される場合もありますので注意してください。

SPIや玉手箱との違いは?

就活の一般常識テストとSPIや玉手箱との違いですが、まずなんのために行われるのかという点が違います。

一般常識テストは名前の通り就活生に世間一般の常識的な知識があるかどうかを試すためのテストであり、一方SPIや玉手箱は就活生の思考能力やどういった傾向の性格なのかを知るために行われるテストとなっています。

一般常識テストの結果が悪かったらどうなる

就活で一般常識テストの結果が悪かったら即不合格になってしまうのか、と不安に思っている就活生も多いと思います。

結論から言うと一般常識テストの結果が悪かったからといって即不合格にはなりません

一般常識テストは飽くまでも選考基準の一つでしかなく、たとえ結果が悪くても他の要素で挽回することは十分に可能です。

就活の一般常識テストの出題内容

就活の一般常識テストで出題される基本的な4つの内容について詳しく解説をしていきます。

就活の一般常識テストで出題される内容には5教科、文化問題、時事問題、ビジネスマナーといったものがあり、どれもあらかじめ勉強しておけば高得点が狙えるものばかりですので、時間を作って勉強しておくことをおすすめします。

  • 5教科
  • 文化問題
  • 時事問題
  • ビジネスマナー

5教科

就活の一般常識テストで出題される内容の一つは5教科です。

5教科は名前の通り小学校から高校レベルの国語、数学、英語、理科、社会の問題が出題されます。

どれも学校の勉強にきちんと取り組んでいれば十分答えられる問題ですが、もし不安があるという人は改めて復習しておくとよいでしょう。

国語

就活の一般常識テストの国語の出題内容ですが、漢字や対義語、敬語の使い方といった基本的な言語能力を問う問題が出題されます。

特に敬語の使い方に関してはビジネスマナーと関連することもあって重要になってきますので、ビジネスマナーの勉強も兼ねてしっかりと復習しておくことをおすすめします。

数学

就活の一般常識テストの数学の出題内容ですが、四則演算や因数分解、関数といった数学の基本的な知識を問う問題が出題されます。

問題のレベルは大学生であれば十分答えられるレベルですが、もし数学に自信がないという人は高校までの数学の内容をおさらいする時間を作るようにしてください。

英語

就活の一般常識テストの英語の出題内容ですが、単語や文法、時事英語といった基本的な英語の内容が中心となっています。

また日常会話や作文などの問題が出題されることもありますので、英語が苦手という人はこれを機に本格的に英語の勉強を始めてみると、就活において非常に有利になります。

理科

就活の一般常識テストの理科の出題内容ですが、科学や地学、物理といった基本的な理科の知識を問う問題になります。

高校生時にあまり勉強していなかった分野の問題が出た場合、答えられないということもあり得ますので高校までに習う理科の内容を確認しておくことをおすすめします。

社会

就活の一般常識テストの社会の出題内容ですが、政治や地理、世界経済といった非常に幅広い分野から問題が出題されます。

特に国際機関の名前を答えさせるような問題の場合、事前に勉強をしておかないと答えられないこともありますので他の教科以上に力を入れて勉強しておくとよいでしょう。

文化問題

就活の一般常識テストで出題される内容の一つは文化問題です。

一般常識テストの文化問題の特徴としては問題が非常に広範囲であり、国語や社会の分野と被ることもあるということです。

国語や社会が得意な人であればそれほど苦にはならないと思いますが、そうでない人はまとまった時間を割いて勉強しておいた方が無難です。

時事問題

就活の一般常識テストで出題される内容の一つは時事問題です。

一般常識テストの時事問題で出題される内容は、新聞やテレビのニュースなどで取り上げられる政治や社会についての話題が中心です。

対策として日頃からニュースに触れる機会を増やし、またその内容を自分の頭の中で整理しておくことが挙げられます。

ビジネスマナー

就活の一般常識テストで出題される内容の一つはビジネスマナーです。

一般常識テストのビジネスマナーで出題される内容は敬語や電話の対応の仕方といった基本的なものが中心ですが、中にはエレベーターの乗り方といったやや難しい問題を出してくる企業もあるので注意が必要です。

就活の一般常識テストの対策方法

就活の一般常識テストの対策をする上で有効な3つの方法について詳しく解説をしていきます。

就活の一般常識テストの対策方法としては新聞やニュースをチェックする、問題集やアプリ、単語帳などで演習をする、就活仲間と問題を出し合うといったものがあり、これらの対策をしっかりと行えば一般常識テストで高得点を取ることが可能になります。

  • 新聞・ニュースをチェック
  • 問題集・アプリ・単語帳などで演習する
  • 問題を出し合う

新聞・ニュースをチェック

就活の一般常識テストの対策方法の一つは新聞やニュースをチェックすることです。

就活の一般常識テストでは時事問題に関する内容が出題されることが多く、企業がそういった問題に対して感度が高い就活生を求めていることがわかります。

時事問題についてしっかりと勉強しておけば面接の時の会話でも活用できますので、新聞やニュースにはしっかりと目を通すようにしてください。

問題集・アプリ・単語帳などで演習する

就活の一般常識テストの対策方法の一つは問題集やアプリ、単語帳などで演習をすることです。

就活の一般常識テストのための問題集や単語帳は非常にたくさんの種類が販売されており、またアプリも複数配信されています。

特にアプリの場合スマホさえあればどこでも一般常識テストの勉強ができるので、就活が始まったらすぐにダウンロードしておくことをおすすめします。

問題を出し合う

就活の一般常識テストの対策方法の一つは就活仲間と問題を出し合うことです。

お互いに一般常識テストの問題を出し合い、またわからないところを教え合うことで問題に対する理解は加速度的に深まっていきます。

また就活仲間と協力し合うことで深まった絆は間違いなく人生の宝になるでしょう。

就活の一般常識対策におすすめの本5選

就活の一般常識テストの対策本の中でも特におすすめの本5選について詳しく紹介をしていきます。

就活の一般常識テストの対策本が欲しいけど、種類がありすぎてどれを買ったらいいのかわからないという人は是非目を通してみてください。

カンタン総まとめ 就活の一般常識&時事 2021年度

カンタン総まとめ 就活の一般常識&時事 2021年度は持ち運びがしやすい大きさで、どこでも就活の一般常識テストの対策が行えるのが特徴の本です。

中身はカラーページも多く見やすさを重視して書かれていますので、手軽に一般常識テストの勉強ができる本が欲しいという人には特におすすめとなっています。

一般常識&最新時事[一問一答]頻出1500問 2021年度版

一般常識&最新時事[一問一答]頻出1500問 2021年度版はこれ一冊で時事問題についての幅広い内容を勉強することができるのが特徴の本です。

中に記載されている学生の平均正答率を使うことで自分の現在の知識レベルを判定することもできますので、自分の知識レベルが気になる人は是非購入してみてください。

2021最新版 史上最強 一般常識+時事 一問一答問題集 (史上最強 就職シリーズ)

2021最新版 史上最強 一般常識+時事 一問一答問題集 (史上最強 就職シリーズ)は政治や経済に関しての時事問題や国語についての問題など多くの企業が出題している内容を徹底的に対策しているのが特徴の本です。

参考書のように赤シートが付属しますので、ちょっとした時間に一般常識テストの対策をすることが可能になります。

朝日キーワード就職2021 最新時事用語&一般常識

朝日キーワード就職2021 最新時事用語&一般常識は、日本を代表する新聞社の一つである朝日新聞が出版している就活の一般常識テストの対策本です。

朝日新聞が出版しているだけあって、話題になった最新のニュースが非常にわかりやすく解説されています。

業界・企業研究にも使える 図解でわかる 時事重要テーマ100 2021年度版 (日経就職シリーズ)

業界・企業研究にも使える 図解でわかる 時事重要テーマ100 2021年度版 (日経就職シリーズ)は時事問題を把握する上で重要な100個のテーマについて、たくさんのイラストや図を使って解説しているのが特徴の本です。

本自体もコンパクトで持ち運びがしやすいため、就活の合間に取り出して時事問題の勉強ができます。

就活の一般常識対策におすすめのアプリ3選

就活の一般常識テストの対策に使えるおすすめのアプリ3選について詳しく紹介をしていきます。

スマホを使ってちょっとした空き時間を一般常識テストの対策のために有効活用したい、と考えている就活生は読んでみることをおすすめします。

時事問題・一般常識2020・2021

時事問題・一般常識2020・2021はダウンロードに時間がかからない、問題数が豊富、全ての問題に解説がついているといった、非常に多くのメリットがある一般常識テストの対策アプリです。

暗記モードによって最後の追い込みもできるなど痒い所に手が届くアプリですので、是非ダウンロードしてみるとよいでしょう。

就活対策 200問 一般常識・SPI

就活対策 200問 一般常識・SPIは問題構成のバランスがいい、問題数が充実している、無料で利用することができるといったメリットがある、人気の一般常識テストの対策アプリです。

空いた時間を就活のためにもっと有効活用したいという就活生はダウンロードしてみてください。

就活NEWS

就活NEWSは自分の志望する企業のニュースが見られる、就活に役に立つ記事が読める、説明会などのスケジュールがわかる、といった長所がある優秀な一般常識テストの対策アプリです。

就活の情報を効率よく収集したいという就活生は利用してみることをおすすめします。

就活の一般常識は早めに対策をはじめましょう

就活の一般常識テストは簡単な問題も多いですが、だからといって油断していると点数が取れず他の就活生よりも不利な立場になってしまいます。

集中して取り組めば短い時間でも点数を上げることは可能ですので、一般常識テストの対策のための時間を意識して作るようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事