就活の小論文の失敗しない8つの書き方とは?例文テーマ6選や注意点も紹介!

文章を書くのが苦手な就活生にとって、大きな壁になるのが小論文です。就活の小論文は社会人にとって必要不可欠な文章力を測るために行われるものであり、小論文の書き方がきちんと身に着けられていないと企業から文章を使ったコミュニケーション能力が低いとみなされ、不合格になってしまうという可能性も十分にあります。

この記事では就活の小論文で失敗しないための書き方を詳しく解説していきますので、小論文が苦手な就活生は是非目を通してみてください。

Contents

小論文を制するものは就活を制す

小論文は就職試験の中でも大きなウェイトを占めており、得意な人と苦手な人で明暗がはっきり分かれることも珍しくありません。

文章を書く能力は生まれつきどうしても差がありますが、それでも小論文を書くための基本的な書き方をしっかりと勉強すれば、就活を突破できるだけの文章力は必ず身に着きますので、自分は文章が苦手だから努力しても小論文は上手く書けない、と諦めることのないようにしてください。

絶対失敗しない小論文の書き方8選

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方8選について詳しく解説していきます。

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方には序論・本論・結論の3つを意識する、5W1Hに沿って書く、一貫性のある文章にする、根拠を明確にする、具体性のある表現を意識する、テーマから脱線しないようにする、指定文字数の9割以上は書く、誤字脱字がないかチェックするといったものがあり、小論文に苦手意識を持っている就活生はまずこれらの書き方をおさらいするところから始めてみてください。

  • 序論・本論・結論の3つを意識する
  • 5W1Hに沿って書く
  • 一貫性のある文章にする
  • 根拠を明確にする
  • 具体性のある表現を意識する
  • テーマから脱線しないようにする
  • 指定文字数の9割以上は書く
  • 誤字脱字がないかチェックする

序論・本論・結論の3つを意識する

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは序論・本論・結論の3つを意識することです。

序論・本論・結論とは小論文に限らず、あらゆる文章を書く上での基本となる文章の組み立て方のことであり、まず文章の導入部分を書いてから自分の述べたい意見について書き、最終的な結論は文章の最後に書く、といった内容になります。

この序論・本論・結論は小論文の書き方の中でも特に基本的でかつ重要なものですので、必ず意識するようにしましょう。

5W1Hに沿って書く

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは5W1Hに沿って書くことです。

5W1Hとはいつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、何故(Why)、どのように(How)の略で、わかりやすい文章を書くために必要な要素が全て含まれています。

小論文を書く際に5W1Hに沿った書き方をすることは就活において絶対に必要だと言えます。

一貫性のある文章にする

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは一貫性のある文章にすることです。

文章中で意見がころころと変わってしまうような小論文の場合、それを読んだ採用担当の人は一貫した意見を述べることができない人が書いた小論文だ、という印象を持ってしまいます。

一貫性のある文章の書き方が身に着いていないと内定をもらえる確率も大きく下がってしまいますので、就活を機にしっかりと身に着けておくことをおすすめします。

根拠を明確にする

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは根拠を明確にすることです。

根拠を明確にした文章の書き方をすることによって、文章に説得力が生まれ、読んだ人に自分の意見を受け入れてもらえる可能性が高くなります。

ただし小論文を書く時に根拠について思い出せなければ、根拠を明確にした文章の書き方はできませんので、自分の意見の根拠となる事柄については日頃からしっかりと記憶しておく癖をつけるようにしてください。

具体性のある表現を意識する

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは具体性のある表現を意識することです。

具体性のある表現を意識した文章の書き方をすることによって、読んだ人が文章の内容をイメージしやすくなり、自分の意見をより明確に伝えることができます。

小論文を書く時に具体性のある表現を使えるようになるには、日頃からの練習が欠かせませんので、ちょっとした文章でも具体性のある表現を使って書くように意識するとよいでしょう。

テーマから脱線しないようにする

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つはテーマから脱線しないようにすることです。

小論文を書く時にテーマから脱線してしまうと、それを読んだ採用担当の人は指示をきちんと守ることができない人だ、という印象を受けてしまいます。

テーマから脱線しないことは小論文の書き方の中では基本ですが、油断していると忘れてしまうことも多いので、常に意識することを心がけてください。

指定文字数の9割以上は書く

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは指定文字数の9割以上は書くことです。

小論文の書き方において指定文字数の何割以上書けばいいのか、ということについては複数の意見がありますが、就活における内定獲得率を少しでも高めるためには指定文字数の9割以上を書いておくことをおすすめします。

小論文の文字数の調整に関しては練習を繰り返すことでどんどんテクニックがついていきますので、指定文字数の9割以上をしっかりと書けるよう地道に努力を重ねることが重要だと言えるでしょう。

誤字脱字がないかチェックする

就活で絶対に失敗しない小論文の書き方の一つは誤字脱字がないかチェックすることです。

どれだけ小論文の正しい書き方ができていたとしても、誤字脱字があるとそれだけで採用担当の人からの評価は大きく下がってしまいます。

小論文を書き終わったら制限時間一杯まで、徹底的に誤字脱字のチェックをするようにしてください。

就活の小論文の例文テーマ6選

就活で小論文を書く時に使える例文テーマ6選について詳しく解説していきます。

就活で小論文を書く時に使える例文テーマには自分の将来についてのこと、学生自身についてのこと、過去の経験についてのこと、時事問題についてのこと、一般論についてのこと、志望企業についてのことなどがあり、これらのテーマの中から小論文の題材を選び、正しい書き方を実践できれば高評価を得られる確率は一気に高まると言えるでしょう。

  • 自分の将来について
  • 学生自身について
  • 過去の経験について
  • 時事問題について
  • 一般論について
  • 志望企業について

自分の将来について

就活で小論文を書く時に使える例文テーマの一つは自分の将来についてのことです。

自分の将来についてのことは就活というイベントにも非常にマッチした例文テーマですし、今正に自分の将来をつかみ取ろうとしている就活生にとっては特に書きやすい例文テーマであると言えます。

もし自分の将来についてのことで小論文を書く際は、具体的なキャリアプランなどを内容に盛り込んだ書き方をするとより高い評価を得ることができます。

学生自身について

就活で小論文を書く時に使える例文テーマの一つは学生自身についてのことです。

このテーマで小論文を書くことは自分という人間について採用担当の人に知ってもらう機会を作るということでもありますし、自分の内面を詳細に書くことで深い共感を得られるケースもあります。

注意点としてはあまりにも自分中心の内容だと外の世界に目を向けることができない人、という印象になってしまいますので、できるだけ自分と世界を関連付ける書き方を意識するのがおすすめです。

過去の経験について

就活で小論文を書く時に使える例文テーマの一つは過去の経験についてのことです。

過去の経験についてのことは自分の実体験に基づいた小論文の書き方ができるテーマのため、具体的な描写がしやすく読みやすい小論文になることが多いです。

注意点としては視点が小さくまとまってしまいがちですので、過去の体験から得られた新たな視点によって世界の見え方が変わった、といった流れで小論文を組み立てていくとよいでしょう。

時事問題について

就活で小論文を書く時に使える例文テーマの一つは時事問題についてのことです。

時事問題についてのことというテーマで小論文を書くことによって、世の中の動きにしっかりとアンテナを張っているという印象を採用担当の人に与えることができます。

このテーマで小論文を書く時は文章中で取り上げる時事問題について、しっかりとした知識を持っておかないと完成度が下がってしまいますので小論文の書き方だけでなく時事問題についての知識もしっかりと勉強しておくようにしてください。

一般論について

就活で小論文を書く時に使える例文テーマの一つは一般論についてのことです。

小論文のテーマで一般論についてのことを選ぶ場合、まず主題となる一般論を取り上げてからそれに対する自分の意見を述べる、という形で組み立てていく必要があります。

書き方の注意点としては就活の小論文はあまりにも極端な意見はNGになることが多いので、一般論に対して適度に新しい視点の意見を述べることをおすすめします。

志望企業について

就活で小論文を書く時に使える例文テーマの一つは志望企業についてのことです。

小論文のテーマに志望企業についての内容を選ぶことによって、自分は志望企業に対して非常に強い関心を持っていると採用担当の人にアピールすることができます。

このテーマで小論文を書く時の注意点ですが、志望企業に関する情報が間違っていると大きなマイナスポイントになってしまいますので、あらかじめしっかりと覚えておくようにしてください。

就活の小論文を書く時の注意点6つ

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい6つの注意点について詳しく解説していきます。

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点には字数制限を守る、文末はしっかり統一する、なるべく丁寧に書く、一人称は「私」を使う、「思う」を多用しない、問題文を理解するといったものがあり、これらを守ることができないと小論文の評価は大きく下がってしまいますので、気をつけるようにしましょう。

  • 字数制限を守る
  • 文末はしっかり統一する
  • なるべく丁寧に書く
  • 一人称は「私」
  • 「思う」を多用しない
  • 問題文を理解する

字数制限を守る

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点の一つは字数制限を守ることです。

就活で小論文を書く時に字数制限を守ることができないと、採用担当の人の評価は一気に下がってしまいます。

字数制限を守れないよりは字数が少なすぎる方がまだ評価は高くなりますので、小論文を書く時には文字数を少なくする癖を意識的につけておくことを強くおすすめします。

文末はしっかり統一する

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点の一つは文末はしっかり統一することです。

小論文の文末は「です・ます調」か「だ・である調」のどちらかしかありませんが、この二つの文末が混ざってしまっていると就活担当の人の評価が大きく下がってしまうことは免れません。

文末をしっかり統一するコツとしては、日頃から文章を書く時は「です・ます調」か「だ・である調」のどちらか一方しか使わないようにしておくと文末の統一がしやすくなります。

なるべく丁寧に書く

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点の一つは文末はなるべく丁寧に書くことです。

就活の小論文は日常で書く文章とは違い、就職試験の課題の一つですので、可能な限り丁寧な文章を書くことが求められます。

丁寧な文章を書くのに慣れていないという就活生は、丁寧な文章で小論文を書く練習のためのまとまった時間を作り、しっかりと対策しておくとよいでしょう。

一人称は「私」

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点の一つは一人称は「私」を使うことです。

女子就活生であれば特に対策の必要はないかと思いますが、男子就活生の場合「私」という一人称を使うことに慣れておらず、つい「俺」や「僕」といった一人称を間違って使ってしまう危険性があります。

この問題の対策としてはとにかく「私」という一人称を使った文章を書くことに慣れることが重要ですので、ちょっとした時間でも構いませんから「私」という一人称を使った文章を書く時間を積極的に作ることをおすすめします。

「思う」を多用しない

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点の一つは「思う」を多用しないことです。

小論文を書く時に「思う」を多用することの問題についてですが、「思う」を使った文章とは飽くまでも自分自身の意見を述べているだけであり、そこには客観的な事実が含まれていません。

小論文は主観的内容と客観的内容の両方が含まれていることが重要ですので、自分の意見が中心の内容になってしまわないよう気をつけるようにしてください。

問題文を理解する

就活で小論文を書く時に必ず守ってもらいたい注意点の一つは問題文を理解することです。

小論文という課題で問われる能力には筋道の通った正しい文章を書くことができるかどうかだけでなく、提示された課題をきちんと読み取ることができているかどうかも含まれます。

問題文をきちんと理解せずに的外れな内容の小論文を書いてしまうと、採用担当の人に提示された課題をきちんと読み取ることができない人だと思われてしまいますので、注意するようにしましょう。

企業が就活の小論文を課す目的4つ

企業が就活の小論文を課す4つの理由について詳しく解説していきます。

企業が就活で小論文を課す理由には本人の人物像を判断する、社会人としての基礎力を測る、文章力・論理的思考力を見る、面接が苦手な人の救済措置とする、といったものがあり、何故企業が就活生に小論文を課すのかを理解しておくことで、企業に評価してもらえる小論文を書くためにはどうすればいいかが理解しやすくなります。

  • 本人の人物像を判断する
  • 社会人としての基礎力を測る
  • 文章力・論理的思考力を見る
  • 面接が苦手な人の救済

本人の人物像を判断する

 

企業が就活で小論文を課す理由の一つは本人の人物像を判断するためです。

企業は就職試験で様々な課題を就活生に課して人物像を判断しようとしますが、小論文もその一環であると言えます。

就活で小論文を書く場合、企業の求める人物像に合った内容を書くのももちろん重要ですが、就活生本人の個性が見えてこない文章はあまり高く評価されませんので、常識の範囲内で自分の個性を表現していくことも大事になってきます。

社会人としての基礎力を測る

企業が就活で小論文を課す理由の一つは社会人としての基礎力を測るためです。

文章の作成は社会人に求められる能力としては基礎中の基礎であり、これが満足にできなければそれ以外の業務を任せてもらうことも当然難しくなってしまいます。

そんな社会で働くための基本的な能力を判断するための試験として、企業は就活生に小論文を課すのです。

文章力・論理的思考力を見る

企業が就活で小論文を課す理由の一つは文章力・論理的思考力を見るためです。

文章力と論理的思考力はどちらも社会人として働く上でなくてはならない能力であり、逆に言えば就活生の段階でこの二つの能力をきちんと身に着けている人は優秀な社員になってくれる可能性が高いということでもあります。

志望する企業に自分の将来性を示すためにも、小論文の対策は徹底して行うことをおすすめします。

面接が苦手な人の救済

企業が就活で小論文を課す理由の一つは面接が苦手な人の救済措置とするためです。

人にはどうしても得手不得手がありますので、面接は苦手だけどそれ以外の能力は優れている、という就活生も多く存在します。

そういった就活生を面接の結果だけで不合格にするのではなく、小論文という面接とは違った能力を発揮できる機会を与えることで、優秀な人材をより多く獲得しようとしているのです。

就活の小論文に向けて準備すべきこと

就活の小論文に向けて準備すべき5つのことについて詳しく解説していきます。

就活の小論文に向けて準備すべきことには自分で小論文を書いてみる、自分が小論文を書き終えられる時間を知る、小論文を第三者に見せて評価してもらう、時事問題やニュースについて理解する、自分の考えを持っておくといったものがあり、これらの準備をおろそかにして就活に臨んだ場合、満足の行く結果を得ることは難しいでしょう。

  • 自分で小論文を書いてみる
  • 自分が小論文を書き終えられる時間を知る
  • 小論文を第三者に見せて評価してもらう
  • 時事問題やニュースについて理解する
  • 自分の考えを持っておく

自分で小論文を書いてみる

就活の小論文に向けて準備すべきことの一つは自分で小論文を書いてみることです。

就活の小論文のもっとも有効な練習方法は自分で小論文を書くことです。

最初は文章を書くのが苦手だったとしても、繰り返し書くことで自然と読みやすい文章を書くためのコツが身に着いてきますし、文章を書き慣れることで書く速度もどんどん上がっていきます。

小論文に苦手意識を持っている人はどんな内容でもいいのでとりあえず文章を書いてみることをおすすめします。

自分が小論文を書き終えられる時間を知る

就活の小論文に向けて準備すべきことの一つは自分が小論文を書き終えられる時間を知ることです。

小論文には制限時間があり、その時間までに書き終えることができなければ当然最低ランクの評価になってしまいます。

日頃から時間を測って小論文を書く練習をしておくことで、自分はどのくらいの長さの小論文をどの程度の時間があれば完成させることができるのか、という感覚を掴むことができるでしょう。

小論文を第三者に見せて評価してもらう

就活の小論文に向けて準備すべきことの一つは小論文を第三者に見せて評価してもらうことです。

小論文に限らず、自分で作った物の出来を自分自身で正確に評価することは極めて難しいことです。

小論文を第三者に見せて評価を聞くことで、自分に足りなかったものがわかり、より優れた小論文を書くことが可能になります。

時事問題やニュースについて理解する

就活の小論文に向けて準備すべきことの一つは時事問題やニュースについて理解することです。

就活においては世間で起きている問題について広くアンテナを張っている人物が高く評価されますので、時事問題やニュースについてきちんと理解し、その内容を小論文に落とし込むことができれば採用担当の人の評価は一気に上がります。

就活中はどうしても時間の余裕がなくなりがちですが、それでも合間を縫って新聞やテレビのニュースなどに目を通すようにしてください。

自分の考えを持っておく

就活の小論文に向けて準備すべきことの一つは自分の考えを持っておくことです。

大学を卒業して社会人になった場合、一人の大人として確固たる意見を持つことを求められるようになります。

その点就活の小論文は自分の意見を確立するための絶好の機会とも言えますので、小論文の練習も兼ねて是非自分だけの確かな意見を確立することを目指してみることをおすすめします。

就活のための小論文対策本5選

就活の小論文対策をするのに是非おすすめしたい小論文対策本5選を詳しく紹介していきます。

今回おすすめしたい小論文対策本5選は採点者の心を掴む 合格する小論文、小論文これだけ!―超基礎編、マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術、何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55、文藝春秋オピニオンの5冊で、これらの本を読めば小論文を書く能力は間違いなく向上することでしょう。

  • 採点者の心を掴む 合格する小論文
  • 小論文これだけ!―超基礎編
  • マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術
  • 何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55
  • 文藝春秋オピニオン

採点者の心を掴む 合格する小論文

採点者の心を掴む 合格する小論文は今回おすすめしたい小論文対策本の中の一冊です。

出版社はかんき出版で、価格は1,100円となっています。

採点者の心を掴む 合格する小論文の口コミについて調査したところ、少ない文章で小論文を書くための重要なポイントをしっかりと解説してくれている本だった、という意見が目立っていました。

わかりやすく読めました
文章量自体は少ないのですが、その分的確にポイントを押さえているという感じで非常に参考になりました。例文を使って自分の文章の書き方が合っているかどうか確認しながら進められるので、とても実用的な本だと感じました。
20代前半 男性

小論文これだけ!―超基礎編

小論文これだけ!―超基礎編は今回おすすめしたい小論文対策本の中の一冊です。

出版社は東洋経済新報社で、価格は1,100円となっています。

小論文これだけ!―超基礎編の口コミについて調査したところ、小論文に対してずっと苦手な意識を持っていたが、この本を読んだおかげで何が苦手だったのかを理解することができ、小論文を書く力が一気に上がった、という意見が目立っていました。

基本を掴むのにいいです
以前から小論文が苦手だったのですが、この本を読んだおかげで苦手意識を持っていたのは本当に基本的なことが分かっていなかったからだということに気づけました。どうして小論文が苦手なのかもわからないレベルの人は読んでみるといいと思います。
20代前半 女性

マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術

マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術は今回おすすめしたい小論文対策本の中の一冊です。

出版社は大和書房で、価格は1,430円となっています。

マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術の口コミについて調査したところ、文章を書くための基本的な技術を解説した本だと思っていたら就活対策にかなりのウェイトが割かれていたので就活生に特におすすめできる、といった意見が目立っていました。

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55は今回おすすめしたい小論文対策本の中の一冊です。

出版社は中経出版で、価格は2,980円となっています。

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55の口コミについて調査したところ、就活の小論文に限らず文章を書く機会がある全ての人に読んでもらいたい素晴らしい本だ、という意見が目立っていました。

文藝春秋オピニオン

文藝春秋オピニオンは今回おすすめしたい小論文対策本の中の一冊です。

出版社は文藝春秋で、価格は1,650円です。

文藝春秋オピニオンについて調査したところ、様々なテーマについての有識者の意見が書かれているので小論文のネタを確保するための本として非常に役に立つ、という意見が目立っていました。

いいネタがたくさん書いてあります
100人もの執筆者さんが色んな課題について論じているので、とても勉強になりますし、小論文のネタを確保するための本としてはかなりレベルが高いと思います。この本のおかげで小論文を書く時も内容がスムーズに浮かぶようになりました。
20代前半 男性

就活の小論文のための書き方を知ろう

文章を書くことに苦手意識を持っている就活生にとって、小論文は高い壁となります。

ですがその壁を乗り越えることによって社会人に必要な文章力や論理的思考力を身に着けることができますので、是非努力して優れた小論文を書けるようになることをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事