TG-WEBとは何?2つの対策法と導入企業、対策本も紹介!【22卒必見】

就活をしていてもTG-WEBという言葉を聞いたことがない、という人は多いと思います。TG-WEBはSPIや玉手箱といった適性テストの一種であり、一般的な適性テストと比べて難易度が高いためTG-WEB専用の対策を行わなければ高得点を取ることは難しくなっています。

この記事ではTG-WEBの対策方法やどういった企業がTG-WEBを導入しているのか、またおすすめのTG-WEBの対策本も紹介していきますので、TG-WEBの対策についてしっかりと知識をつけたいという人は読んでみてください。

採用試験でTG-WEBテストが出題されることもある

企業の採用試験では選考の一つとしてTG-WEBテストが出されることもあります。

TG-WEBテストは一般的な適性テストと比べると難しいために、いわゆる大企業や外資系企業といった、入社するのが非常に難しい企業が優秀な就活生を採用するために実施するケースが多いです。

【22卒必見】TG-WEBテストとは

TG-WEBテストの概要について詳しく解説していきます。

TG-WEBテストはヒューマネージ社という企業が販売しているWEB上で受けられる就活の適性テストであり、その難しさからしっかりとした対策を行わなければ高得点を取ることは困難なことで知られています。

【22卒必見】TG-WEBテストの問題内容は

TG-WEBテストの問題内容について詳しく解説していきます。

TG-WEBテストの中心となる問題は言語、計数、英語、の3つであり、他の適性テストでは出されないような変わった問題が出題されることもあるため、まとまった時間を対策のために割かなければ突破は難しいと言えるでしょう。

  • 問題1:言語について
  • 問題2:計数について
  • 問題3:英語について

問題1:言語について

TG-WEBテストの問題内容の一つは言語についてです。

TG-WEBテストの言語の問題は、空欄を補充したり文字を並び替えるといったよく見られるような内容ですが、時間の制限が厳しいため解く速さが要求されます

問題2:計数について

TG-WEBテストの問題内容の一つは計数についてです。

TG-WEBテストの計数の問題は一般的な適性テストに似ているものもありますが、そうではない問題の方が難しく、対策が難しくなっていますので注意してください。

問題3:英語について

TG-WEBテストの問題内容の一つは英語についてです。

TG-WEBテストの英語は長文を読ませる内容となっており、制限時間のことを考えると辞書を引かなくても全体の内容を把握できるレベルの英語力を身に着けておく必要があります。

【22卒必見】TG-WEBテストの導入企業6社

TG-WEBテストを導入している企業6社について詳しく解説していきます。

採用試験の過程でTG-WEBテストを受けなければならない企業には、就活生に大人気の国内の大手銀行や外資系の大企業などが軒を連ねており、適性テストとしての信頼性の高さが伺えます。

  • 1.デロイト トーマツ コンサルティング
  • 2.モルガン・スタンレー
  • 3.三菱UFJ銀行
  • 4.JT(日本たばこ産業)
  • 5.キリンホールディングス
  • 6.三井物産

1.デロイト トーマツ コンサルティング

TG-WEBテストを導入している企業の一つは、デロイト トーマツ コンサルティングです。

デロイト トーマツ コンサルティングはTG-WEBテストを自分の家で受けることができ、科目は性格を含めた4科目となっています。

2.モルガン・スタンレー

TG-WEBテストを導入している企業の一つは、モルガン・スタンレーです。

モルガン・スタンレーは会場でTG-WEBテストを受けなければならず、科目は3科目となっています。

3.三菱UFJ銀行

TG-WEBテストを導入している企業の一つは、三菱UFJ銀行です。

三菱UFJ銀行は自分の家でTG-WEBテストを受けることが可能で、科目は一般的な3科目だけで性格は含まれていません。

4.JT(日本たばこ産業)

TG-WEBテストを導入している企業の一つは、JT(日本たばこ産業)です。

JT(日本たばこ産業)はTG-WEBテストを自宅で受けられ、科目は言語や性格が中心となっています。

5.キリンホールディングス

TG-WEBテストを導入している企業の一つは、キリンホールディングスです。

キリンホールディングスはTG-WEBテストを自分の家で受けることができるため、わざわざ会場まで出向く必要がありません。
科目は言語、非言語、性格の3科目となっています。

6.三井物産

TG-WEBテストを導入している企業の一つは、三井物産です。

三井物産はインターン選考の時にTG-WEBテストを受ける必要があります。

科目は言語、非言語、性格の3つです。

【22卒必見】TG-WEBテストの2つの対策法

TG-WEBテストの2つの対策法について詳しく解説していきます。

TG-WEBテストの対策法には、過去問や練習問題を解き傾向に慣れる、時間配分を考えながら解く練習をするといったものがあり、基本的なことですがだからこそおろそかにしてはいけません。

  • 対策法1:過去問や練習問題を解き傾向に慣れる
  • 対策法2:時間配分を考えながら解く練習をする

対策法1:過去問や練習問題を解き傾向に慣れる

TG-WEBテストの対策法の一つは、過去問や練習問題を解き傾向に慣れることです。

TG-WEBテストは一般的な適性テストとは出される問題の傾向が違いますので、特に過去問は長期間遡って解くことを強くおすすめします。

対策法2:時間配分を考えながら解く練習をする

TG-WEBテストの対策法の一つは、時間配分を考えながら解く練習をすることです。

TG-WEBテストは1問辺り1~2分程度の時間しか使えないことで知られているため、時間をどう配分していくかの練習は必須だと言えるでしょう。

【22卒必見】TG-WEBテスト用おすすめの対策本

TG-WEBテスト用のおすすめ対策本2冊について詳しく解説していきます。

TG-WEBテスト用のおすすめ対策本には、これが本当のWebテストだ! 2022年度版、8割が落とされる「Webテスト」完全突破法 2021年度版といったものがありますので、可能であれば両方とも買って読んでみることをおすすめします。

  • 対策本1:これが本当のWebテストだ! 2022年度版
  • 対策本2:8割が落とされる「Webテスト」完全突破法 2021年度版

対策本1:これが本当のWebテストだ! 2022年度版

TG-WEBテスト用のおすすめ対策本の一つは、これが本当のWebテストだ! 2022年度版です。

TG-WEBテストの本番でも出題されるような問題が多数収録されているなど、テストの突破を目指す就活生にとって極めて有用な内容であるのが特徴です。

対策本2:8割が落とされる「Webテスト」完全突破法 2021年度版

TG-WEBテスト用のおすすめ対策本の一つは、8割が落とされる「Webテスト」完全突破法 2021年度版です。

TG-WEBの対策に的を絞った初の対策本であるのが特徴です。

TG-WEBテストは英語の問題もあるので対策必須

TG-WEBテストは計数の問題が一般的な適性テストと比べて特殊なだけでなく、制限時間が非常に短かったり英語の問題もあるなど対策が困難なテストとなっています。

とはいえTG-WEBテストを突破できなければ人気企業への就職の道は絶たれてしまいますので、徹底した対策を行って突破を目指してみてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事