1次面接に受かるための対策5つを就活ライターが紹介!【面接前夜に確認!】

1次面接は書類選考を通過した就活生に立ちはだかる最初の壁であり、この1次面接を突破できなければ内定を勝ち取ることは夢のまた夢だと言えます。

この記事では1次面接を突破するための5つの対策について詳しく解説していきますので、書類選考は突破できるけど1次面接が中々突破できない、という人は是非参考にしてみてください。

また1次面接の前夜にこれらの対策を確認しておくことで、よりリラックスした状態で1次面接に臨むことができるでしょう。

1次面接は、社会人となる基礎力を見られている

就活の選考試験における1次面接の目的とは、就活生の社会人としての基礎力を見極めることであると言えます。

1次面接に臨む上で重要なのはとにかく悪い意味で目立たないことであり、乱れた服装で1次面接に参加したり、1次面接の時に指定された持ち物を持ってこなかったりするとそれだけで評価は一気に下がってしまいますので、くれぐれも注意してください。

1次面接とは?

就活の1次面接について把握しておきたい5つのポイントについて、詳しく解説していきます

就活の1次面接について把握しておきたいポイントには、1次面接は落とす人を決める面接といわれている、マネジメントを行う社員や若手社員が担当をする、集団面接である場合が多い、一貫性のある回答ができているかを見られる、企業研究を経て企業に志望する気持ちがあるかどうかを見ている、といったものがありますのでこれから1次面接に参加する予定がある人は、少なくとも1次面接の前日までにこれらのポイントを頭に入れておくようにしてください。

  • 1次面接は、落とす人を決める面接といわれている
  • マネジメントを行う社員や若手社員が担当をする
  • 集団面接である場合が多い
  • 一貫性のある回答ができているかを見られる
  • 企業研究を経て、企業に志望する気持ちがあるかどうかを見ている

1次面接は、落とす人を決める面接といわれている

就活の1次面接について把握しておきたいポイントの一つは、1次面接は落とす人を決める面接といわれていることです。

1次面接は大学入試で言うところの足切りを行うための面接であり、長所を見せることよりも短所を見せないことが重要になってくるのが1次面接だと言えます。

1次面接を受ける時は、とにかく悪目立ちすることを避けることを意識してください。

マネジメントを行う社員や若手社員が担当をする

就活の1次面接について把握しておきたいポイントの一つは、マネジメントを行う社員や若手社員が担当をすることです。

1次面接では場合によっては若手社員が担当になるため、2次以上の面接よりもチェック基準が甘くなる可能性があります。

だからといって1次面接で手を抜いてしまうと、最悪そのまま落ちてしまうことも十分あり得ますので、1次面接の時点で気を抜くことのないようにしましょう。

集団面接である場合が多い

就活の1次面接について把握しておきたいポイントの一つは、集団面接である場合が多いことです。

1次面接の時点で個人面接を行う企業は非常に少ないため、1次面接の対策と言えばそのまま集団面接の対策になることが普通です。

1次面接では常に他の就活生と比較され続けるということを頭に入れておくことで、身だしなみや態度のどこに気をつければいいのかを判断しやすくなります。

一貫性のある回答ができているかを見られる

就活の1次面接について把握しておきたいポイントの一つは、一貫性のある回答ができているかを見られることです。

1次面接に限らず面接官の質問に対して場当たり的な解答ばかりしている人は、絶対に高い評価を得られませんので1次面接の段階で常に筋道の通った回答をすることを心がけることで、1次面接を突破した後の面接で面接官から多少ひねった質問をされたとしても堂々と回答することができ、それが高い評価に繋がっていくことになるでしょう。

企業研究を経て、企業に志望する気持ちがあるかどうかを見ている

就活の1次面接について把握しておきたいポイントの一つは、企業研究を経て企業に志望する気持ちがあるかどうかを見ていることです。

1次面接ではまずどれだけの熱意を持って志望しているのか、ということをチェックされますので、1次面接の時はとにかく企業に対する熱意を積極的にアピールするようにしてください。

ただし1次面接で目立ちすぎてしまうと場合によっては協調性がない人、と判断されてしまう可能性もありますので、アピールは常識の範囲内で行うことをおすすめします。

1次面接に受かるための5つの対策

1次面接に受かるための5つの対策について、詳しく解説していきます

1次面接に受かるための対策には、身だしなみを整える、礼儀やマナーを大切にする、よく聞かれる質問への回答を用意しておく、企業を志望しているという強い熱意をアピールする、第一印象が大切なので印象を良くするといったものがあり、これらの対策を1次面接の前に完璧に行って初めて、1次面接突破への道が開かれると言えます。

1次面接を絶対に突破したいという人は、日頃からこれらの対策を自然に行えるようになるまで練習しておくことをおすすめします。

  • 身だしなみを整える
  • 礼儀やマナーを大切にする
  • よく聞かれる質問への回答を用意しておく
  • 企業を志望しているという強い熱意をアピールする
  • 第一印象が大切なので、印象を良くする

身だしなみを整える

1次面接に受かるための対策の一つは、身だしなみを整えることです。

1次面接に限らず就活で身だしなみを整えることは必要不可欠だと言えますが、特に1次面接の場合は他の就活生と比較してどこか身だしなみに乱れはないか、徹底的にチェックされることが予想されますので、1次面接を通過したいのであれば、やりすぎと思われるレベルで身だしなみを整えるくらいでちょうどいいと言えるでしょう。

礼儀やマナーを大切にする

1次面接に受かるための対策の一つは、礼儀やマナーを大切にすることです。

就活において礼儀やマナーを大切にすることは極めて重要であり、もちろん1次面接も例外ではありません。

1次面接の場合、集団面接になるケースが多いため特に集団の和を乱してしまうようなマナー違反をすると、その時点で採用担当者の人の評価が一気に下がってしまうことが考えられますので、くれぐれも1次面接では自分勝手な振る舞いは慎むようにしてください。

よく聞かれる質問への回答を用意しておく

 

1次面接に受かるための対策の一つは、よく聞かれる質問への回答を用意しておくことです。

1次面接は採用試験におけるいわゆる足切りであり、聞かれる質問は特殊なものではなく一般的なものが多いです。

1次面接で求められる回答とは個性的で目立つものではなく、無難で好印象なものですので、1次面接で面接官の質問に回答する時は常にそのことを頭に入れておくようにしてください。

企業を志望しているという強い熱意をアピールする

1次面接に受かるための対策の一つは、企業を志望しているという強い熱意をアピールすることです。

1次面接では基本的にそれほど目立つ必要はありませんが、企業を志望しているという熱意に関しては他の就活生よりもアピールできた方が有利になります。

1次面接の面接官が不快にならない範囲で強い熱意をアピールすることによって、1次面接を突破できる確率は上がると言えるでしょう。

第一印象が大切なので、印象を良くする

1次面接に受かるための対策の一つは、第一印象が大切なので印象を良くすることです。

1次面接は志望する企業の人間と直接やり取りをする最初の機会になることも多いので、第一印象をよくするための工夫はやってやりすぎるということはありません。

また1次面接で第一印象をよくできれば、その先の面接でも自然と印象のよい服装や態度で臨めますので、1次面接を受ける段階で印象をよくする方法を徹底して身に着けておくようにしてください。

1次面接の自己紹介の答え方の6つのコツ

1次面接の自己紹介の答え方の6つのコツについて、詳しく解説していきます。

1次面接の自己紹介の答え方のコツには、自己紹介は時間が決められる場合があるので時間別で文を用意しておく、エントリーシートの内容と食い違いがないようにする、明るく元気よく話す、面接でアピールしたい内容について触れるように話す、自己紹介と自己PRの違いを意識して自己紹介を話す、マニュアル通りに聞こえないように自分の事を話すといったものがあり、これらのコツをしっかりと理解した上で1次面接の自己紹介を行えれば、1次面接に参加した他の就活生よりも一歩抜きん出ることができるでしょう。

  • 自己紹介は時間が決められる場合があるので、時間別で文を用意しておく
  • エントリーシートの内容と食い違いがないようにする
  • 明るく元気よく話す
  • 面接でアピールしたい内容について触れるように話す
  • 自己紹介と自己PRの違いを意識して、自己紹介を話す
  • マニュアル通りに聞こえないように自分の事を話す

自己紹介は時間が決められる場合があるので、時間別で文を用意しておく

1次面接の自己紹介の答え方のコツの一つは、自己紹介は時間が決められる場合があるので時間別で文を用意しておくことです。

1次面接は集団面接が多いために、自然と自己紹介の時間が設定されることも多くなります。

その時に自己紹介の文章を一つしか用意していないと、1次面接で設定された自己紹介の時間が想定と違った場合に対応できなくなってしまう危険性がありますので、1次面接の自己紹介の文章は複数の時間を想定して用意しておくことをおすすめします。

エントリーシートの内容と食い違いがないようにする

1次面接の自己紹介の答え方のコツの一つは、エントリーシートの内容と食い違いがないようにすることです。

1次面接に限らず面接では事前に提出したエントリーシートや履歴書に基づいた質問が出されますので、うっかりエントリーシートに書いた内容とは違う回答をしてしまうと面接官に不信感を与えてしまいます。

1次面接に臨む時はあらかじめエントリーシートに書いた内容を全て暗記しておき、1次面接の面接官からどんな質問が来てもすぐに回答できるレベルにしておくとよいでしょう。

明るく元気よく話す

1次面接の自己紹介の答え方のコツの一つは、明るく元気よく話すことです。

1次面接は企業が採用したくない人を落とすための面接ですので、自分が採用したくない人にならないように心がける必要があります。

暗くてはっきり喋れない人は1次面接で真っ先に落とされる対象になりますので、1次面接を受ける時はとにかく明るく元気に話すことを意識してください。

面接でアピールしたい内容について触れるように話す

1次面接の自己紹介の答え方のコツの一つは、面接でアピールしたい内容について触れるように話すことです。

1次面接は他の就活生と一緒に面接が行われるケースが多いために、一人当たりの自己紹介の時間もあらかじめ設定されていることが多いです。

限られた時間の中でアピールするためには1次面接でアピールしたい内容を重点的に話すのがもっとも効率的であるため、1次面接の自己紹介の答え方を練習するのであれば自分の話したい内容を限られた時間内で話し切ることを意識して行うことをおすすめします。

自己紹介と自己PRの違いを意識して、自己紹介を話す

1次面接の自己紹介の答え方のコツの一つは、自己紹介と自己PRの違いを意識して自己紹介を話すことです。

1次面接では自己紹介と自己PRの違いを意識して話せているかも評価の対象となります。

自己紹介は自分のことを簡潔に紹介することであり、自己PRは自分の強みをある程度掘り下げて紹介することですので、1次面接の時点でその違いを理解していないと、1次面接の面接官から無駄にアピールばかりする人だという印象を持たれてしまいますので注意してください。

マニュアル通りに聞こえないように自分の事を話す

1次面接の自己紹介の答え方のコツの一つは、マニュアル通りに聞こえないように自分の事を話すことです。

1次面接で目立ちすぎるのは確かによくないのですが、だからと言ってあまりにもマニュアル通りの自己紹介をしてしまうと1次面接の面接官に自分がない人だ、と思われてしまいます。

1次面接では周囲の人に不快に思われない範囲で自分を出していくことも必要です。

1次面接は自分をアピールして、2次面接へ進もう

1次面接は他の就活生と協調できているかやマナーがきちんと守れているかを重点的に見られますが、その中でもアピールできる機会を積極的に見つけて逃さないようにすることが、1次面接を通過できる確率を上げることに繋がっていきます。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事