コンサルタントに必要な資格を業界ごとに紹介!取得方法や難易度、学歴も解説!

コンサルタント(コンサルティング)業界で働く上で、どんな資格が必要なのか、またどんな資格を持っていれば有利になるのかがわからず悩んでいる就活生は多いと思います。実はコンサルタント(コンサルティング)業界で働く時に役に立つ資格はたくさんあり、しかもそれらはコンサルタント(コンサルティング)業界以外で働く時にも重宝するものばかりなのです。

そんなコンサルタント(コンサルティング)業界において役に立つ資格について、詳しく解説していきますので、将来一流のコンサルタントとして活躍したいと考えている就活生は読んでみることをおすすめします。

コンサルタントにはどのような資格が必要なのか?徹底解説!

コンサルタント(コンサルティング)業界を目指す就活生の中には、優秀なコンサルタントになるには実力が全てで資格なんか関係ない、と思っている人も多いと思いますが、実はこの資格を持っておけばコンサルタント(コンサルティング)業界で絶対に有利になる、という資格はいくつもあるのです。

今回はコンサルタント(コンサルティング)業界の就活において有利になったり、実際にコンサルタントとして働いた時に使える資格にはどういったものがあるのか、ということについて詳しく解説をしていきます。

またコンサルタント(コンサルティング)業界の中でも、花形といっていい経営コンサルタントの業務内容や取得しておいた方がいい資格、またコンサルタント(コンサルティング)業界を目指す際に有利になる大学の学部についても解説していきますので、もしコンサルタント(コンサルティング)業界を志望していて、就活を有利にするためになんらかの資格取得を目指したいと考えている人は読んでみることをおすすめします。

経営コンサルタントとは?どのような仕事なのか?

コンサルタント(コンサルティング)業界には経営コンサルタント、戦略コンサルタント、農業経営コンサルタント、ITコンサルタント、医療経営コンサルタント、M&Aコンサルタント、労働衛生コンサルタントといった様々なコンサルタント(コンサルティング)の分野があります。

これらのコンサルタント(コンサルティング)の分野の中でも、特に高い知名度を誇っているのが経営コンサルタントです。

コンサルタント(コンサルティング)の分野の中には特定の国家資格が必須であったり、必須ではないにしても顧客からの信頼を得るために特定の資格を取得することが強く推奨されるものがあります。

ここでは経営コンサルタントの年収はどのくらいもらえるのかや、経営コンサルタントにはどういった種類があるのか、また経営コンサルタントとして働く上で持っておいた方がいい資格について詳しく解説をしていきますので、経営コンサルタントとして働きたいけどなんの資格も持っていないから不安だ、と思っている就活生の人は是非参考にしてみてください。

経営コンサルタントとは?

経営コンサルタントの具体的な業務内容について、すぐにイメージできる就活生はほとんどいないと思います。

大多数の就活生は経営コンサルタントと聞いた場合なんとなくかっこいいけど仕事が大変そう、といった漠然としたイメージを抱いていることでしょう。

経営コンサルタントの業務内容の大まかな流れとしては、まずクライアントとなる個人や企業からの依頼を受けることから始まり、経営がどういった状態なのかを調査した上で分析し、その結果を元にして経営者により効率のいい経営をするためのアイデアや計画を提案する、というものになります。

提案したアイデアや計画が上手く機能し、実際に経営状態がよくなれば問題ありませんが、当然上手くいかないケースも存在します。

そういった場合は提案したアイデアや計画が上手く機能しない原因を改めて調査し、再度経営改善のためのアイデアや計画を提案することになります。

経営コンサルタントは自分の提案によって、クライアントとなる個人や企業の経営状態を目に見える形で好転させなければならず、大きなプレッシャーがかかると共にやりがいも非常に大きい職業であると言えるでしょう。

経営コンサルタントのクライアントとは?

経営コンサルタントのクライアントとなるのは個人事業から中小企業、更には大企業までありとあらゆる事業の経営者です。

経営コンサルタントに求められるのは、極論を言ってしまえば経営状態を改善させることだけなのですが、もちろんそう簡単に経営状態を改善させることができたら苦労はしません。

経営コンサルタントにはビジネスにおける非常に幅広い分野の知識が要求されますので、そういった知識をきちんと備えていることを証明するためにも特定の資格を取得しておいた方がいいケースが存在します。

経営者側の心理としてもなんの資格も持っていない経営コンサルタントよりは、難関と言われる資格をいくつも取得している経営コンサルタントの言葉を信用したくなるのは自然なことです。

もちろん難関の資格を取得しているからといって、それがそのまま経営コンサルタントとしての能力に直結するわけではないのですが、クライアントに信頼してもらうこともまた経営コンサルタントの重要な業務の一つである以上、特定の資格を持っていれば経営コンサルタントの業務を行う上で間違いなくプラスになると考えられます。

経営コンサルタントには資格の有無は関係ない!

経営コンサルタントになるにあたって、必須となる資格は存在しません

それこそ自分は経営コンサルタントだと名乗ってしまえば、その時点で経営コンサルタントになることができるのです。

とはいえ経営コンサルタントになれることと、生きていくのに十分な給料や報酬を経営コンサルタントの仕事によってもらうことは全く別の問題です。なんの資格も実績もなく、ただ経営コンサルタントだと自称している人間を信用してくれるクライアントは皆無です。

そのためクライアントに信用してもらえる経営コンサルタントになるためには、コンサルタント(コンサルティング)会社で働いたり難関の資格を取得したりすることで、クライアントから信用してもらえる実績や資格を手に入れる必要があります。

クライアントに信用してもらえるだけの実績や資格はもちろん簡単に手に入るものではありませんが、努力を積み重ねてそういった実績や資格を獲得できればコンサルタント(コンサルティング)業界で華々しく活躍することが可能になります。

経営コンサルタントには資格はあった方がよい!

経営コンサルタントにはこの資格を持っていなかったらそもそも仕事ができない、といったものは存在しません。 

ですが経営コンサルタントの業務において資格というものは非常に大きな意味を持ちます

何故ならば、経営コンサルタントの業務においてクライアントから信用されるというのは特に優先度の高い事項であり、それを達成するためには特定の資格を持っているかどうかが非常に重要になってくるのです。

経営コンサルタントとしてクライアントから信用してもらうためには実際に数多くのクライアントの経営状態を改善してきた、という実績があれば一番いいのですが、誰しもがそのような実績を持てるわけではありません。

そのため経営コンサルタントがクライアントから信用してもらう一般的な方法としては有名なコンサルタント(コンサルティング)会社に勤める、経営コンサルタントの業務を行う上で有利になるであろう資格を取得する、といったものが使われます。

経営コンサルタントの年収の目安は?

経営コンサルタントの年収は非常に多くの要因によって決まってきます。

経営コンサルタントの年収を決める要因としてはまず独立しているか、それともコンサルタント(コンサルティング)会社に勤めているかが挙げられます。

他にも勤めているコンサルタント(コンサルティング)会社の規模やコンサルタント(コンサルティング)会社が国内の企業か、それとも外資系企業かによっても変わってきますし、特定の資格を取得することで勤めているコンサルタント(コンサルティング)会社の中での評価が上がり、それによって年収がアップするという例もあります。

経営コンサルタントの平均年収について調査した結果、666万円というデータが見つかりました。これは日本のサラリーマンの平均年収と比較した場合200万円以上も高く、経営コンサルタントが高収入な職業であるというイメージは事実であると考えられます。

またコンサルタント(コンサルティング)会社で多くの実績を積み、難関の資格を複数取得することによって個人でクライアントからの信用を得られれば経営コンサルタントとして独立し、数千万円の年収を得ることも可能となっています。

経営コンサルタントの種類

経営コンサルタントと一口に言っても、実際には様々な種類が存在します。

経営コンサルタントの種類には戦略コンサルタント、農業経営コンサルタント、ITコンサルタント、医療経営コンサルタント、M&Aコンサルタントといったものがあり、ビジネス全般の知識に精通しているのは前提として、更に特定の分野に関する深い知識や資格を持っていて初めて満足な業務が行える、非常に厳しい世界となっています。

経営コンサルタントの中でも需要が拡大し続けているものとしてITコンサルタントがあります

ITコンサルタントはクライアントが抱えている業務上の問題をITを活用することで解決することが主な業務であり、ITコンサルタントとして活躍するためにはビジネスとITの両分野において専門家レベルの知識を持っていなければならず、またクライアントから信用してもらうために勤めているコンサルタント(コンサルティング)会社から、IT分野のトップクラスの資格を取得することを要求されることも多々あります。

経営コンサルタントで持っていたい資格とは?国家資格編

経営コンサルタントとして働く上で是非取得しておきたい3つの国家資格について詳しく解説をしていきます。

経営コンサルタントの業務において役に立つ国家資格には公認会計士、税理士、中小企業診断士といったものがあり、どれも取得しておけばクライアントからの信用度が上がるだけでなく、勤めているコンサルタント(コンサルティング)会社からの評価も上がるものばかりです。

またどういった立場のクライアントのコンサルティングを行うかによって有効な国家資格は変わってきます。

もし中小企業のコンサルティングを多く行うのであれば税理士や中小企業診断士の資格が非常に役に立ちますし、大企業のコンサルティングを多く行う場合公認会計士の資格を取得していればクライアントの信用は一気に増すことになるでしょう。

またもし経営コンサルタントという仕事から離れることになったとしても、国家資格は取得しておけば一生使える資格であり、人生における重要な財産となります。

経営コンサルタントの業務に役立つからというだけでなく、自分の人生をよりよいものにするために是非国家資格の取得を目指してみてください。

公認会計士

経営コンサルタントの業務において役に立つ国家資格の一つとして、公認会計士が挙げられます。

公認会計士は様々な国家資格の中でも取得難易度はトップクラスであり、その難しさは国家資格の頂点とも言える司法試験や医師国家試験にも匹敵します。

公認会計士の最終合格率は10%前後で最難関の国家資格に相応しい、非常に低い数字となっています。

公認会計士の取得にかかる費用についてですが、受験料自体は合計で4万円程度と高額でありませんが、受験の対策のために専門学校に通うのが一般的となっており、受講料は専門学校によって差が大きいですが平均して80万円程度になります。

公認会計士を取得して得られる知識には会計や財務、企業経営といった経営コンサルタントの業務を行う上で非常に役に立つ内容が多数含まれていますので、いずれは経営コンサルタントして独立したいと考えている就活生は、公認会計士の取得も視野に入れておくことを強くおすすめします。

税理士

経営コンサルタントの業務において役に立つ国家資格の一つとして、税理士が挙げられます。

税理士は経営コンサルタントの直接関係する資格、というわけではないのですが、その業務上中小企業の会計や税務をサポートする機会が多く、結果として経営についてのコンサルティングを求められるという流れになっています。

税理士として働く場合、一般的には会計事務所に勤務することになり、その場合の年収は特に高額というわけではありません。

ですが税理士としてきちんと実績を積み、個人でクライアントを獲得することができるようになれば、一千万円を超える年収を得ることも十分に可能です。

税理士の取得難易度ですが、国家資格におけるトップクラスではないにしろ決して簡単に取得できるものではありません。

税理士の試験は指定された5つの科目を受験しなければならず、それらの平均合格率は20%以下とかなりの難関であることがわかります。

中小企業診断士

経営コンサルタントの業務において役に立つ国家資格の一つとして、中小企業診断士が挙げられます。

中小企業診断士とは中小企業が抱えている経営上の問題を診断し、適切なアドバイスを与えるための国家資格で、中小企業のコンサルティングを多く行うのであれば是非取得しておきたい資格となっています。

中小企業診断士の資格を取るための勉強では論理的な思考能力が培われるだけでなく、経営コンサルタントの業務に必要不可欠なヒト・モノ・カネについての基本的な知識を身に着けられるため、一人前の経営コンサルタントになりたいのであれば持っておいて損はありません。

中小企業診断士の合格率ですが、トップクラスの国家資格ほどではないものの最終的な合格率は20%程度と簡単に合格できるわけではありません。

中小企業診断士の取得を目指すのであれば、まとまった時間を作るか、あるいは専門学校に通うなどしてしっかりと試験対策を行うことが重要です。

幅広く使える資格。MBA

国家資格ではないものの経営コンサルタントとして働く上で持っておいて損はない資格の一つにMBAがあります。

MBAとはMaster of Business Administration(マスターオブビジネスアドミニストレーション)の略で、日本語に直すと経営学修士となります。

日本でMBAを取得するには経営学の大学院修士課程を修了する必要がありますが、海外の経営学の大学院修士課程を修了した場合も同様にMBAが取得できます。

MBAは直接経営コンサルタントに必要な資格というわけではありませんが、この資格を持っていることで事業経営に関する幅広い知識を修めているとみなされますので、クライアントからの信用を得るためには役に立つ資格だと言えます。

MBAは資格を所持していることも重要ですが、どの大学でMBAを取得したかが非常に重要になってくる資格ですので、経営コンサルタントを目指していて自分の学力に自信があるという人は、できるだけハイレベルな大学でMBAを取得することをおすすめします。

経営コンサルタントで持っていたい資格。民間資格編

経営コンサルタントとして働く上で持っておくと有利になる民間の資格を3つ紹介していきます。

経営コンサルタントとして働く上で持っておくと有利になる民間の資格にはTOEIC、TOEFL、WEB/ITがあり、これらの資格は直接経営コンサルタントの業務に関わるわけではありませんが、持っておけば間違いなく役に立つ場面がある資格であると言えます。

特に海外とのクライアントの取引が多いコンサルタント(コンサルティング)会社で勤務する場合や、ITコンサルタントとしてコンサルタント(コンサルティング)会社に勤務する場合は是非これらの資格を取得しておくことをおすすめします。

またこれらの資格は学生の内から取得することもできますので、将来経営コンサルタントになることを目指していて就活を少しでも有利にしたいと考えている学生の人は、是非大学在学中にこれらの資格の取得に挑戦してみるとよいでしょう。

TOEIC

経営コンサルタントとして働く上で持っておくと有利になる民間の資格の一つにTOEICが挙げられます。

TOEICはTest of English for International Communication(テストオブイングリッシュフォーインターナショナルコミュニケーション)の略で、英語を使ったコミュニケーション能力を測定するための非常に権威ある試験です。

TOEICの得点を採用基準の一つにしている企業は非常に多く、企業によってはTOEICが一定の点数以下の場合そもそも採用しないこともあるほどです。

コンサルタント(コンサルティング)会社もその例に漏れず、特に海外のクライアントを多く抱えているコンサルタント(コンサルティング)会社ではTOEICで高得点を取ることが必須となっている場合もあります。

また国内のクライアントを中心にコンサルティングを行っているコンサルタント(コンサルティング)会社でも、TOEICを取得しておいて損になるということはまずありませんので、可能であれば学生の内から高得点取得のための勉強をすすめておくことをおすすめします。

TOEFL

経営コンサルタントとして働く上で持っておくと有利になる民間の資格の一つにTOEFLが挙げられます。

TOEFLはTest of English as a Foreign Language(テストオブイングリッシュアズアフォーリンランゲージ)の略で、外国語としての英語の能力を測るための試験として広く知られています。

TOEFLですが、英語の能力を示すための資格としての権威は、ややTOEICと比べると劣るところがあります。

とはいえ取得しても役に立たない資格なのかと言えばそんなことはなく、英語のスキルを重視するコンサルタント(コンサルティング)会社を目指すのであればこの資格を持っていれば間違いなく就活の時に有利になります。

またTOEICとTOEFLでは試験の傾向が違いますので、この2つで高得点を取ることによってコンサルタント(コンサルティング)会社から、英語を使って幅広いコミュニケーションを取ることが可能な人物という評価を受けることが可能です。

WEB/IT

経営コンサルタントとして働く上で持っておくと有利になる民間の資格の一つにWEB/ITが挙げられます。

これはインターネットやITに関する専門的な知識や技術を持っていることを示すための資格で、一例を挙げると国家失格である情報処理安全確保支援士があります。

この資格は国家資格でしかもIT系の資格の中で唯一の独立資格という非常に権威あるもので、合格率も20%程度とかなりの難関ですが、この資格を持っていればITコンサルタントとしてコンサルタント(コンサルティング)会社で働く際に極めて有利になることは間違いありません。

またITコンサルタントとしてコンサルタント(コンサルティング)会社で働きながら実績を積み重ね、クライアントからの信用を得ることでITコンサルタントとして独立し、高収入を目指すということも十分に可能となっています。

自分のインターネットやITの知識を活かしてコンサルタント(コンサルティング)業界で働きたいと考えている人は、是非情報処理安全確保支援士の資格取得を目指して努力してみてください。

経営コンサルタントになるための学歴

経営コンサルタントとして働くにはどのくらいの学歴があればいいのか、ということについて詳しく解説をしていきます。

まず経営コンサルタントになるのに絶対に必要な学歴というものは存在しませんし、特定の資格を取得していなければなることができないわけでもありません。

しかし経営コンサルタントはクライアントとなる経営者から信用されることによって、初めて仕事が成立する職業ですので、クライアントからの信用を得るための手段として学歴や資格が必要になってくるのです。

経営コンサルタントとしてクライアントから信用してもらうためには、学歴は高ければ高いほど有利です。そして難関と言われる資格を持っていれば持っているほど信用の度合いも上がっていきます。

どんな学歴であっても経営コンサルタントになることはできますが、一流の経営コンサルタントになりたいのであれば、学歴と資格を高めるための努力は誰よりも積極的に行うべきです

高卒からでもなれる経営コンサルタント

経営コンサルタントとして働く上で学歴が高ければ高いほど有利なのは事実ですが、高卒だから経営コンサルタントとして働けないということはありません。

高卒で経営コンサルタントとして働くのであれば、まずは資格の取得をおすすめします。

専門学校に通って会計士や税理士の資格を取得し、監査法人や税理士事務所で実務経験を積むことによって、資格と実績という経営コンサルタントとしてクライアントから信用を得るために必要な二つの要素を手に入れることができます。

その上でコンサルティングの業務に積極的に携わっていけば、コンサルタント(コンサルティング)会社への転職や、経営コンサルタントとして独立するという道も見えてきます。

自分には学歴がないから経営コンサルタントとして働くことは無理だ、と諦めてしまっている人は是非経営コンサルタントの業務に役立つ資格を取得し、経営コンサルタントとして働くことに挑戦してみることをおすすめします。

有利な学部とは?

経営コンサルタントとして働く場合、どういった大学の学部を卒業していれば有利なのかということについて詳しく解説をしていきます。

経営コンサルタントは一定の学歴がなければなれない、または特定の資格を取得していなければなれないといったことはありません。

ですがコンサルタント(コンサルティング)会社の就活などで有利になる大学の学部というのは確かに存在します。

ここでは経営コンサルタントとして働く際に有利になる大学の学部を3つ紹介していきますので、もし将来経営コンサルタントとして働きたいと考えている人は、どういった学部を卒業していれば働く上で有利になるのかということも考えて受験する大学を選ぶとよいでしょう。

商学部

経営コンサルタントとして働く際に有利になる大学の学部の一つは商学部です。

商学というとやや漠然としていてイメージが掴み辛いところがありますが、一言で言ってしまうとビジネスの流れを学ぶための学部です。

経営コンサルタントはクライアントが経営している事業の問題を解決することが仕事ですので、ビジネスの流れを学べる商学部は正に経営コンサルタントを目指す人にぴったりの学部であると言えます。

また大学によっては商学部の学生に将来働く上で有利になる資格の取得を積極的に促しているところも多く、公認会計士や税理士といった経営コンサルタントとして働く上で非常に役に立つ資格を在学中に取得できる場合もあります。

商学部であれば4年間という長い期間を、経営コンサルタントとして働くために必要な知識や資格の取得に使えますので、将来経営コンサルタントを目指している人は商学部への進学を検討してみてください。

経営学部

経営コンサルタントとして働く際に有利になる大学の学部の一つは経営学部です。

経営学部は経済学部と混同されがちですが、経済学部が社会全体の経済の仕組みを中心に勉強するのに対し、経営学部は企業や組織などの運営の方法といったより実践的な内容を学ぶといった違いがあります。

経営コンサルタントとして働くのであれば、企業や組織などの運営の方法が学べる経営学部で勉強することができれば非常に有利ですし、大学卒業後にそのまま経営学の大学院に進学してMBAの資格取得を目指すこともできます

将来経営コンサルタントとして活躍したいのであれば、是非経営学部への進学を視野に入れてみることをおすすめします。

法学部

経営コンサルタントとして働く際に有利になる大学の学部の一つは法学部です。

法学部は一見経営コンサルタントにはあまり関係がないように見えますが、事業を経営する上で法律の知識は必要不可欠であり、そのため法律に明るい経営コンサルタントはどんな業界のクライアントからも重宝されます。

また法学部は基本的に文系の学部の中では最難関であり、法学部に合格できた時点で知識の習得のために努力ができる人間であることが保証されていると言えます。

法学部で勉強しているけど経営コンサルタントの道も興味があるという人は、自分の法律の知識を活かせるコンサルタント(コンサルティング)の分野がないか、積極的に探してみるとよいでしょう。

有利な資格を取って経営コンサルタントを目指そう!

経営コンサルタントとして働くために絶対に必要な資格というものは存在しませんが、経営コンサルタントの業務を有利にしてくれる資格は複数存在します。

そういった資格を取得すればするほど高度な案件を任されたり、年収のアップにも繋がってきますので資格取得のための努力は惜しまないようにしましょう

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事