就活の写真サイズは?サイズが合わない場合の4つの対処法やデータ化の方法も紹介!

就活で写真を撮る時に気になってくるのが、どのサイズで撮るのが正しいのか、ということです。就活で使う写真のサイズの選び方を間違えてしまうと、他の就活生の写真と比べた時に悪い意味で目立ってしまい、就職試験の合否に影響が出てしまうということも十分に考えられます。

この記事では、就活の写真のサイズが合わなかった時の対処法や写真のデータ化の方法についても詳しく解説していきますので、是非目を通してみてください。

就活で使う写真のサイズは決まっていない

就活で使う写真のサイズについてですが、実は就活で使う写真のサイズに明確な規定はありません

とはいえどんなサイズの写真を使っても問題ないか、と言えばそんなことはなく、いわゆる一般的なサイズというものがありますので、就活で写真を撮る時はこの一般的なサイズに収まるようにしてください。

就活で使う写真サイズ 一般的な大きさは

就活で使う写真の一般的なサイズについて詳しく解説していきます。

解説していくのは紙面のエントリーシートの一般サイズ、WEBエントリーの一般サイズ、転職エージェント登録時の推奨サイズの3つで、これらに使う写真をこれから撮ろうとしている人は、是非写真を撮る前に読んでおくことをおすすめします。

  • 紙面のエントリーシートの一般サイズは縦4cm横3cm
  • WEBエントリーの一般サイズは縦560px横420px
  • 転職エージェント登録時の推奨サイズは縦600px横450px

紙面のエントリーシートの一般サイズは縦4cm横3cm

紙面のエントリーシートに使う写真の一般サイズですが、これは縦4cm横3cmだと言われています。

エントリーシートの写真は絶対にこのサイズでなければいけない、ということはないのですが、恐らくほとんどの就活生が縦4cm横3cmのサイズで写真を撮る以上、これ以外のサイズで写真を撮ってしまうと非常に目立つことになってしまいますので、注意しておく必要があります。

WEBエントリーの一般サイズは縦560px横420px

WEBエントリーに使う写真の一般サイズですが、これは縦560px横420pxだと言われています。

おおらかな社風の会社であれば、多少WEBエントリーに使う写真のサイズが違っていても問題ないこともあると思いますが、厳しい社風の会社の場合、写真のサイズが1pxでも違ったらマイナスの評価になる可能性もありますので気をつけましょう。

転職エージェント登録時の推奨サイズは縦600px横450px

転職エージェント登録時に使う写真の一般サイズですが、これは縦600px横450pxだと言われています。

転職エージェントの登録の時に使う写真は就職試験で使うものと違い、そこまでサイズのことで細かく言われる心配はないと考えられますが、もしも転職エージェントの担当者からサイズが違うので写真を修整してほしいと言われた場合は、指示に従っておくことをおすすめします。

就活で使う写真 サイズが合わない時の対処法

就活で使う写真のサイズが合わなかった時に是非やってほしい2つの対処法について詳しく解説していきます。

就活で使う写真のサイズが合わなかった時の対処法には紙で提出する場合とWEBで提出する場合の二つがありますので、撮った写真のサイズが合わず困っているという人は是非試してみてください。

  • 紙で提出する場合の対処法
  • WEBで提出する場合の対処法

紙で提出する場合の対処法

就活で使う写真のサイズが合わなかった時、紙で提出する場合はどう対処すればいいのかについて詳しく解説していきます。

紙で提出する写真のサイズが合わなかった時の対処法には写真屋さんで撮り直すか焼き増しする、修正サイズにカットするといった方法がありますので、紙の写真のサイズをどう合わせればいいのかわからないという人は参考にしてみるとよいでしょう。

対処法1;写真屋さんで撮り直す/焼き増しする

紙で提出する写真のサイズが合わなかった時の対処法の一つが、写真屋さんで撮り直すか焼き増しすることです。

サイズを変えるついでに写真をもっといいものにしたいと思う場合は取り直しを、写真はそのままでサイズだけを変更したい場合は焼き増しを選ぶと効率的です。

対処法2;修正サイズにカットする

紙で提出する写真のサイズが合わなかった時の対処法の一つが、修正サイズにカットすることです。

これは撮った写真のサイズが想像していたよりも大きかった場合にのみ使える対処法であり、またカットの際に上手く切ることができず、写真を駄目にしてしまう可能性もありますので、くれぐれも慎重に行うことをおすすめします。

WEBで提出する場合の対処法

就活で使う写真のサイズが合わなかった時、WEBで提出する場合はどう対処すればいいのかについて詳しく解説していきます。

WEBで提出する写真のサイズが合わなかった時の対処法にはデータのトリミングを依頼する、フリーソフトを使って自分で加工するといった方法がありますので、就活に使うことのできるお金や自分のPCスキルを考慮した上でどちらかを選択するようにしてください。

対処法1;データのトリミングを依頼する

WEBで提出する写真のサイズが合わなかった時の対処法の一つが、データのトリミングを依頼することです。

今は写真屋さんでデータのトリミングを行ってくれるところも多く、WEBで提出する写真のサイズが合わなかったとしてもすぐに対応してもらうことが可能です。

ただし写真屋さんに頼む以上どうしてもお金がかかってしまいますので注意しましょう。

対処法2;フリーソフトを使って自分で加工する

WEBで提出する写真のサイズが合わなかった時の対処法の一つが、フリーソフトを使って自分で加工することです。

今は写真を簡単に加工できるフリーソフトも多く、それらを使うことで撮った写真のサイズを簡単に変更することができます。

ただしフリーソフトで写真のサイズを変更するには最低限のPCスキルが必要ですので、パソコンに全く自信がないという人は写真屋さんにサイズ変更を頼むことを検討してみてください。

就活で使う写真 データ化の方法は

就活で撮った写真をデータ化する方法について詳しく解説していきます。

就活で撮った写真をデータ化する方法には写真屋さんで写真撮影してデータをもらう、手持ちの証明写真をスキャンしてデータにする、スマホ等で写真撮影しデータにするといったものがあり、これらの方法で写真をデータにしておくことによって簡単にサイズを変えられるようになり、提出しようと思ったら写真のサイズが合わなかった、といったトラブルを防ぐことができるようになるでしょう。

  • 方法1:写真屋さんで写真撮影してデータをもらう
  • 方法2:手持ちの証明写真をスキャンしてデータにする
  • 方法3:スマホ等で写真撮影しデータにする

方法1:写真屋さんで写真撮影してデータをもらう

就活で撮った写真をデータ化する方法の一つが、写真屋さんで写真撮影してデータをもらうことです。

今はほぼ全ての写真屋さんで写真のデータをもらうことができ、写真のサイズ変更が必要になった場合は、もらったデータを使ってサイズを変更した写真を手に入れることができます。

方法2:手持ちの証明写真をスキャンしてデータにする

就活で撮った写真をデータ化する方法の一つが、手持ちの証明写真をスキャンしてデータにすることです。

紙の証明写真をスキャナーなどを使ってパソコンに取り込み、データにすることでいつでもサイズ変更などの加工を施すことができるようになります。

ただし丁寧に取り込み作業を行わないと写真の質が悪くなってしまいますので、注意が必要です。

方法3:スマホ等で写真撮影しデータにする

就活で撮った写真をデータ化する方法の一つが、スマホ等で写真撮影しデータにすることです。

現在のスマホのカメラは驚異的な進化を遂げており、最新機種の場合、安いデジタルカメラで撮るよりも画質がいいというケースも増えてきています。

もし高性能なカメラを搭載したスマホを持っている場合は、スマホで就活用の写真を撮影し、いつでもサイズ変更などの加工ができる状態にしておくことも選択肢の一つです。

就活で使う写真 きれいに撮れるアプリ3選

就活で使うための写真を綺麗に撮れるアプリ3選を詳しく紹介していきます。

就活で使うための写真を綺麗に撮れるアプリには美肌証明写真、証明写真BOX、履歴書カメラといったものがあり、これらのアプリを使えば美しい就活用写真が撮れるだけでなく、いつでもサイズ変更が行えますので是非使ってみることをおすすめします。

3位 美肌証明写真

就活で使うための写真を綺麗に撮れるアプリ第3位が美肌証明写真です。

美肌証明写真は名前の通り肌を美しく加工できる写真アプリで、撮った写真のサイズを変更すれば書類やWEBなどあらゆるケースに対応できますので、非常におすすめのアプリだと言えます。

販売元 handyCloset Inc.
容量 24.3MB
互換性 iOS 10.0以降が必要
対応言語 日本語、 英語
対象年齢 4+
参考価格 無料

2位 証明写真BOX

就活で使うための写真を綺麗に撮れるアプリ第2位が証明写真BOXです。

証明写真BOXは肌の調整だけでなく背景を変える機能も備えた写真アプリで、このアプリを使って就活用写真をデータの形で持っておけば、いつでもサイズを変更するといった加工が行えます。

販売元 OLD STONE LIMITED LIABILITY CO.
容量 32.5MB
互換性 iOS 8.0以降
対応言語 日本語、 英語
対象年齢 4+
参考価格 無料

1位 履歴書カメラ

就活で使うための写真を綺麗に撮れるアプリ第1位が履歴書カメラです。

履歴書カメラは簡単な操作で非常に美しい就活用写真が撮れるということで、就活生から高い人気を集めている写真アプリであり、写真のサイズの変更のことで悩まないためにも一度このアプリで就活用写真を撮ってみることをおすすめします。

販売元 Recruit Co.,Ltd.
容量 41.5MB
互換性 iOS 11.0以降
対応言語 日本語
対象年齢 4+
参考価格 無料

就活で使う写真を履歴書に添付する方法

就活で使う写真を履歴書に添付する方法について詳しく解説していきます。

紙の履歴書に写真を添付する場合、写真を一般的なサイズにした上で裏面に自分の名前を書き、絶対に剥がれないようしっかりと履歴書にのりで貼り付けます。

この時写真のサイズが多少大きいと感じる場合は、カッターを使って余分な部分をカットするようにしてください。

写真データを添付する手順

就活で使う写真のデータを添付する手順について詳しく解説していきます。

就活で使う写真のデータを添付する手順には3つのステップがあり、パソコンに写真データを取り込む、添付写真のサイズをどれくらいの大きさにすればいいのか確認する、写真をアップロードして履歴書に添付するといった工程を経て添付します。

またこの時くれぐれも写真のサイズについての確認を忘れないようにしましょう。

STEP1:パソコンに写真データを取り込む

就活で使う写真のデータを添付する第一のステップは、パソコンに写真データを取り込むことです。

パソコンに写真データを取り込むには撮影したデジタルカメラからパソコンにデータを転送する、紙の写真をスキャナーなどで取り込むといった方法がありますが、できるだけ品質のよい写真データを送れる方法を選択するようにしてください。

STEP2:添付写真サイズを応募要項で確認する

就活で使う写真のデータを添付する第二のステップは、添付写真のサイズをどれくらいの大きさにすればいいのか確認することです。

企業によっては応募の際に写真のサイズをpx単位で指定してくるところもありますので、間違えることのないよう確認はしっかりと行うことをおすすめします。

STEP3:写真をアップロードして履歴書に添付する

就活で使う写真のデータを添付する第三のステップは、写真をアップロードして履歴書に添付することです。

ここまで来れば作業は完了と言ってもいいのですが、最後にもう一度写真のサイズが合っているかどうか確認する癖をつけておくことをおすすめします。

就活で使う写真はサイズが合わなくても対処法がある

就活で使う写真を撮ったはいいけれどサイズが間違っていた、というケースはよくあります。

今は写真のサイズを簡単に変更する方法はいくつもありますので、費用や自分のPCスキルなどを考慮に入れた上で写真のサイズを変更する方法を選択してみましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事