自己PRのコミュニケーション能力でES通過率を上げる6つの書き方!例文つき!

就活のESの自己PR欄で自分のコミュニケーション能力をアピールする就活生の人は多いと思います。

今回はESの自己PR欄にコミュニケーション能力を書いて通過率を上げるための6つの書き方について詳しく解説していきます。

ESの自己PR欄でコミュニケーション能力を上手にアピールするための例文も一緒に解説していきますので、コミュニケーション能力に自信があるからESの自己PR欄を使って是非そのことを企業に知ってもらいたい、という人は読んでみることをおすすめします。

Contents

自己PRでコミュニケーション能力を推すには、ポイントがある

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力のことを書く人は多いため、ありきたりな内容でコミュニケーション能力をアピールしても効果は薄いと言えます。

採用担当者の人にコミュニケーション能力について高く評価してもらうためには、自己PR欄の書き方のポイントを押さえておかなければなりませんので、自己PRにコミュニケーション能力の高さのことを書こうと思っている人は、自分の文章を読んで魅力的な人物像が浮かんでくるかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。

自己PRでコミュニケーション能力を推す6つの書き方

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の6つの書き方について詳しく解説していきます。

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方には、コミュニケーションに関してのエピソードを書いてアピールする、おしゃべり好きなどマイナスに捉えられないように書く、コミュニケーション能力があるという表現はなるべく避ける、自分のコミュニケーション能力が企業ではどのように役に立つかを書く、志望している企業が求める人物像とマッチしているかどうかを考える、300文字程度を目安とし長々と自分をアピールしすぎないようにするといったものがあり、これらを意識して自己PR欄を書くことができれば、他の就活生のESと見比べられたとしても高い評価を勝ち取ることは十分に可能です。

  • コミュニケーションに関してのエピソードを書いてアピールする志望している企業が求める人物像とマッチしているかどうかを考える
  • おしゃべり好きなどマイナスに捉えられないように書く
  • コミュニケーション能力があるという表現はなるべく避ける
  • 自分のコミュニケーション能力が企業ではどのように役に立つかを書く
  • 志望している企業が求める人物像とマッチしているかどうかを考える
  • 300文字程度を目安とし、長々と自分をアピールしすぎないようにする

コミュニケーションに関してのエピソードを書いてアピールする

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方の一つは、コミュニケーションに関してのエピソードを書いてアピールすることです。

自己PR欄にただ自分はコミュニケーション能力が高いです、といったことを書いても説得力は生まれませんので、コミュニケーション能力の高さを活かして営業や販売系のアルバイトで大きな成果を上げ、売り上げ成績一位を獲得することができたので最終的にバイトリーダーに抜擢された、といった具体的なエピソードを自己PR欄に書くようにしてください。

おしゃべり好きなどマイナスに捉えられないように書く

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方の一つは、おしゃべり好きなどマイナスに捉えられないように書くことです。

コミュニケーション能力が高いということをプラスに捉えられた場合、業務で必要なやり取りを円滑に行えるといった印象になりますが、マイナスに捉えられた場合おしゃべりが好きで人に不必要な干渉を行う、といった印象になってしまいますので、自己PR欄にコミュニケーション能力について書く時はプラスに捉えられるような文章以外は書かないことを心がけましょう。

コミュニケーション能力があるという表現はなるべく避ける

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方の一つは、コミュニケーション能力があるという表現はなるべく避けることです。

自己PR欄でコミュニケーション能力の高さをアピールしたいのであれば直接言葉にするのではなく、コミュニケーション能力があったから大学やアルバイトで成果を残すことができた、といった具体的なエピソードによってアピールする方が採用担当者の人の評価は高くなります。

自分のコミュニケーション能力が企業ではどのように役に立つかを書く

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方の一つは、自分のコミュニケーション能力が企業ではどのように役に立つかを書くことです。

たとえどれだけ高い能力を持っていたとしても、それを企業の業務で活かせなければなんの意味もありませんので、自己PR欄には自分のコミュニケーション能力の活用方法をわかりやすく書くことを忘れないようにしてください。

志望している企業が求める人物像とマッチしているかどうかを考える

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方の一つは、志望している企業が求める人物像とマッチしているかどうかを考えることです。

基本的にどんな企業であってもコミュニケーション能力は必要不可欠ですが、自己PR欄にコミュニケーション能力のことを書いてもそこまで評価されない企業もありますので、自己PR欄に書くことの見極めはしっかり行うようにしましょう。

300文字程度を目安とし、長々と自分をアピールしすぎないようにする

就活のESの自己PR欄にコミュニケーション能力の高さを書く時の書き方の一つは、300文字程度を目安とし長々と自分をアピールしすぎないようにすることです。

自己PR欄でダラダラとコミュニケーション能力の高さをアピールしても評価が上がるわけではありませんので、むしろわかりやすく簡潔な文章でコミュニケーション能力の高さをアピールした方が高い評価が得られます。

自己PRでコミュニケーションを推す例文

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするための4つの例文について詳しく解説していきます。

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするための例文の基本となるのは具体的な強みやエピソードなどをアピールしていくことであり、この基本の重要性を理解しているのとしていないのでは、自己PRの文章の完成度に極めて大きな差が出てくると言えるでしょう。

  • 最初に「私の長所は~です」とコミュニケーションに関連した強みを書く
  • コミュニケーション能力を発揮した経験を書く
  • コミュニケーション能力を発揮して、どのように変化したかを書く
  • 社会に出てから、このコミュニケーション能力がどのように活かせるかを書く

最初に「私の長所は~です」とコミュニケーションに関連した強みを書く

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするための例文の一つは、最初に「私の長所は~です」とコミュニケーションに関連した強みを書くことです。

この場合私はコミュニケーション能力に自信があります、といったぼんやりした内容を自己PR欄に書くのではなく、初対面の人とも途切れることなくいつまでも会話が続けられるのが長所です、といった具体的な強みを書くことが採用担当者の人の高い評価に繋がっていきます。

コミュニケーション能力を発揮した経験を書く

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするための例文の一つは、コミュニケーション能力を発揮した経験を書くことです。

もし自己PRに書けるような具体的なエピソードが思いつかないという人は、多くの人と関われるようなイベントなどに参加してコミュニケーション能力を発揮できる機会を積極的に作っていくで、就活でも通用するリアルなエピソードを得ることができるでしょう。

コミュニケーション能力を発揮して、どのように変化したかを書く

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするための例文の一つは、コミュニケーション能力を発揮してどのように変化したかを書くことです。

コミュニケーション能力を発揮した事例をただ羅列するのでは他の就活生よりも優位に立てる自己PRにはなりませんので、能力を発揮したことで自分がどのように成長できたのか、また企業に入社してからはどのような方向を目指していくのかまで書くと採用担当者の人から将来大きな成長を遂げるであろう人物だと高く評価してもらうことができ、内定の獲得に繋がっていくと言えるでしょう。

社会に出てから、このコミュニケーション能力がどのように活かせるかを書く

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするための例文の一つは、社会に出てからこのコミュニケーション能力がどのように活かせるかを書くことです。

社会人として働く上でコミュニケーション能力は必須の能力ですが、だからこそ人と人とのやり取りを円滑にこなせる能力を仕事をするにあたってどう活用するのかを、自分の言葉で自己PRに書ける就活生が求められるのです。

企業が自己PRでコミュニケーション推す人に求める6つの人物像

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める6つの人物像について、詳しく解説していきます。

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像には、相手との適切な意思の疎通ができる人、コミュニケーション能力を駆使してチームで働く力がある人、相手から話を引き出す力のある人、相手の感情を推しはかれる人、意見の違う相手とでも折り合いをつけられる人、報告と連絡と相談を適切に行うことができる人といったものがありますので、これらの人物像に合致した文章を書くことを心がけてください。

  • 相手との適切な意思の疎通ができる人
  • コミュニケーション能力を駆使して、チームで働く力がある人
  • 相手から話を引き出す力のある人
  • 相手の感情を推しはかれる人
  • 意見の違う相手とでも、折り合いをつけられる人
  • 報告、連絡、相談を適切に行うことができる人

相手との適切な意思の疎通ができる人

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像の一つは、相手との適切な意思の疎通ができる人です。

自己PRに書くエピソードとしてはバイト先の同僚とすれ違いもあったが、最終的には和解していい関係を築けたといった、失敗から学んだことで成長できたというエピソードを書いていくと魅力的な自己PRになります。

コミュニケーション能力を駆使して、チームで働く力がある人

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像の一つは、コミュニケーション能力を駆使してチームで働く力がある人です。

この場合自己PRの文章から独りよがりな感じが出てしまうと問題ですので、自己主張を意識して抑えていくと自己PRの説得力がより増します。

相手から話を引き出す力のある人

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像の一つは、相手から話を引き出す力のある人です。

自己PRではバイト先のお客さんと簡単に仲良くなれる、といった強みを実際に起きた出来事も含めて自己PRの文章に書いてみることをおすすめします。

相手の感情を推しはかれる人

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像の一つは、相手の感情を推しはかれる人です。

この場合自己PRにギスギスした場を上手く和らげることができた、といった経験談を書くことで採用担当者の人に強くアピールできる自己PR文となります。

意見の違う相手とでも、折り合いをつけられる人

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像の一つは、意見の違う相手とでも折り合いをつけられる人です。

この場合自己PRに大学やバイト先などのグループの意見を上手く統一できたエピソードを書ければ、自己PRの説得力は大きく上がります。

報告、連絡、相談を適切に行うことができる人

企業が自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールしてくる人に求める人物像の一つは、報告と連絡と相談を適切に行うことができる人です。

この場合自己PRに報告、連絡、相談のことを直接書くのではなく、生真面目さがわかるエピソードを書いた自己PR文によって採用担当者の人にアピールしていった方が好ましいと言えます。

自己PRでコミュニケーション能力を推すには、企業が求める人物像を理解しよう

自己PRでコミュニケーション能力の高さをアピールするのであれば、まず企業がどういった能力を備えている人物を雇いたいのかを詳しく理解した上で、具体的なエピソードを使ってアピールすることを心がけるようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事