コンサルティング(コンサルタント)業界最新ランキング20選!平均年収なども比較!

コンサルティング(コンサルタント)業界を目指す就活生にとって、どのコンサルティング(コンサルタント)会社を選ぶのか、というのは極めて重大な問題となってきます。もし会社選びに失敗してしまうと希望する年収が得られなかったり、自分の望む働き方ができないといった問題が起きるだけでなく、自分の将来に関わるキャリア形成のための時間すら失ってしまうのです。

今回はコンサルティング(コンサルタント)会社の最新ランキング20選を紹介していきますので、どのように会社を選んでいいかわからない就活生は是非このランキングを参考にしてみてください。

Contents

コンサルティング業界の人気分野の企業を、平均年収順にランキング

コンサルティング(コンサルタント)業界の中でも特に人気が高い分野の企業20社を平均年収によるランキングの形で詳しく解説していきますので、将来的にコンサルティング(コンサルタント)業界で活躍したいと考えている就活生はこのランキングに目を通しておくことをおすすめします。

今回紹介するコンサルティング(コンサルタント)業界の人気分野は経営戦略(外資系)、経営戦略(国内)、IT(外資系)、IT(国内)となっていますので、コンサルティング(コンサルタント)業界の中でもこれらの分野に強い関心がある人は読んでみるとよいでしょう。

【年収別】経営戦略コンサルティング(外資系)ランキング5選!

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業の中でも特に年収が高い上位5社をランキング形式で詳しく解説していきます。

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業のランキングは上からマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストンコンサルティンググループ、ベイン・アンド・カンパニー、アーサー・D・リトル・ジャパン、プライスウォーターハウスクーパースとなっており、もしこれらの経営コンサルティング(コンサルタント)企業を目指して就活をしているという就活生は是非参考にしてみてください。

会社名 年収
1位 マッキンゼー・アンド・カンパニー 平均年収925万円
2位 ボストンコンサルティンググループ 平均年収900万円
3位 ベイン・アンド・カンパニー 平均年収800万円
4位 アーサー・D・リトル・ジャパン 平均年収675万円
5位 プライスウォーターハウスクーパース 平均年収575万円

5位【平均年収575万円】プライスウォーターハウスクーパース

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第5位はプライスウォーターハウスクーパースです。

プライスウォーターハウスクーパースの平均年収は575万円で、経営コンサルティング(コンサルタント)企業の平均年収とされている502万円を上回っています。

ですがランキング第5位ということでランキングが上の企業と比べるとやや物足りないところがありますので、経営コンサルティング(コンサルタント)企業で年収をどんどんアップさせていきたいと考えている就活生は注意が必要です。

4位【平均年収675万円】アーサー・D・リトル・ジャパン

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第4位はアーサー・D・リトル・ジャパンです。

アーサー・D・リトル・ジャパンの平均年収は675万円で、ランキング第5位だったプライスウォーターハウスクーパースと比較すると一気に100万円も上がっています。

とはいえそれでもまだまだ上がある、といった平均年収ですので外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業だから年収もすごくいいだろうと考えている就活生は過度な期待をしないようにしておくとよいでしょう。

3位【平均年収800万円】ベイン・アンド・カンパニー

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第3位はベイン・アンド・カンパニーです。

ベイン・アンド・カンパニーの平均年収は800万円で、この辺りまで来ると高収入というイメージが強くなってきます。

またベイン・アンド・カンパニーは徹底した実力主義の社風でも知られており、実力次第では若くして1,000万円を超える年収を得ることも可能ですので、自分の経営コンサルティング(コンサルタント)の能力に自信があるという人は是非目指してみることをおすすめします。

2位【平均年収900万円】ボストンコンサルティンググループ

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第2位はボストンコンサルティンググループです。

ボストンコンサルティンググループの平均年収は900万円となっており、いよいよ高収入の一つの目安とも言える1,000万円の大台に迫っています。

ただボストンコンサルティンググループは高い年収に伴って残業時間が非常に多く、激務だという情報もありますので、ワークライフバランスを重視する就活生は志望する際にしっかりと検討するようにしてください。

1位【平均年収925万円】マッキンゼー・アンド・カンパニー

外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第1位はマッキンゼー・アンド・カンパニーです。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収は925万円となっており、かなりの高額となっています。

またコンサルティング(コンサルタント)業界についてはよく知らないけど、マッキンゼーの名前は知っている、という就活生がいるほどにマッキンゼー・アンド・カンパニーの知名度は高く、就職する会社のネームバリューを重視する就活生にとっては特におすすめの外資系の経営コンサルティング(コンサルタント)企業だと言えるでしょう。

【年収別】経営戦略コンサルティング(国内)ランキング5選!

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業の中でも特に年収が高い上位5社をランキング形式で詳しく解説していきます。

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業ランキングは上からドリームインキュベータ、アイ・アールジャパンホールディングス、ベイカレント・コンサルティング、マネジメントソリューションズ、タナベ経営となっており、就活生で国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業を志望しているという人は、是非このランキングを参考にして志望する企業を選択してみてください。

会社名 年収
1位 ドリームインキュベータ 平均年収1,150万円
2位 アイ・アールジャパンホールディングス 平均年収1.067万円
3位 ベイカレント・コンサルティング 平均年収933万円
4位 マネジメントソリューションズ 平均年収741万円
5位 タナベ経営 平均年収695万円

5位【平均年収695万円】タナベ経営

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第5位はタナベ経営です。

タナベ経営の平均年収は695万円となっており、今回紹介する国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキングの中で一番低い年収でありながら、中々の高水準であると言えます。

タナベ経営は実に60年以上の歴史を持ち、国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業としては老舗といっていい企業ですので、歴史と実績を積み重ねてきた企業に惹かれるという就活生は就職先の一つとして検討する価値があります。

4位【平均年収741万円】マネジメントソリューションズ

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第5位はマネジメントソリューションズです。

マネジメントソリューションズの平均年収は平均年収741万円と世間的には高収入と判断される水準となっています。

マネジメントソリューションズはプロジェクトの成功のためなら、コンサルティング(コンサルタント)を行う社員自ら現場に入ると公言している企業であり、クライアントと密接に関われる企業で働きたいと考えている就活生には打ってつけの企業と言えるでしょう。

3位【平均年収933万円】ベイカレント・コンサルティング

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第3位はベイカレント・コンサルティングです。

ベイカレント・コンサルティングの平均年収は933万円とかなり高く、就職先を選ぶ条件で年収を重視する就活生にとっても魅力的に映る年収となっています。

ベイカレント・コンサルティングは社員を採用する際の基準として、諦めないことや最後までやり遂げる能力を極めて重視していますので、根性には絶対の自信があるという就活生は是非目指してみることをおすすめします。

2位【平均年収1067万円】アイ・アールジャパンホールディングス

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第2位はアイ・アールジャパンホールディングスです。

アイ・アールジャパンホールディングスの平均年収は1,067万円となっており、高収入の一つの目安である年収1,000万円のラインを超えています。

アイ・アールジャパンホールディングスの強みとして、大手の証券会社などに属さない独立系の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業であることがクライアントからの信頼に繋がっているという点が挙げられます。

1位【平均年収1150万円】ドリームインキュベータ

国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第1位はドリームインキュベータです。

ドリームインキュベータの平均年収は1,150万円となっており、国内の経営戦略コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第1位に相応しい高い平均年収となっています。

とはいえそれだけの年収に見合った高度な業務や成果を求められますので、ドリームインキュベータを志望するのであればそれ相応の覚悟を持って就活に臨む必要があると言えるでしょう。

【年収別】IT系コンサルティング(外資系)ランキング5選!

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング上位5社について詳しく解説していきます。

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキングは上からデロイト トーマツコンサルティング、PwCコンサルティング、アクセンチュア、KPMGコンサルティング、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングとなっており、自分の培ってきたITの技術や知識を使って海外のクライアントのビジネス上の問題を解決したい、と考えている就活生は是非志望先として検討してみることをおすすめします。

会社名 年収
1位 デロイト トーマツコンサルティング 平均年収924万円
2位 PwCコンサルティング 平均年収887万円
3位 アクセンチュア 平均年収860万円
4位 KPMGコンサルティング 平均年収854万円
5位 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 平均年収787万円

5位【平均年収787万円】EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第5位はEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングです。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの平均年収は787万円となっており、外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第5位でありながら、かなり高い水準となっています。

また外資系ということで海外での業務の実績も積むことが可能ですので、コンサルティング(コンサルタント)業界で国際的に活躍したいと考えている人にはぴったりの企業と言えます。

4位【平均年収854万円】KPMGコンサルティング

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第4位はKPMGコンサルティングです。

KPMGコンサルティングの平均年収は854万円となっており、コンサルティング(コンサルタント)業界の中でも上位の年収と言えます。

KPMGコンサルティングはワークライフバランスにも力を入れており、場合によっては土日が完全にオフになる働き方もできますので、キャリアを充実させつつプライベートもしっかりと楽しみたいと思っている就活生は志望先の候補として検討してみることをおすすめします。

3位【平均年収860万円】アクセンチュア

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第3位はアクセンチュアです。

アクセンチュアの平均年収は860万円となっており、900万円に迫るなどかなりの高水準となっています。

アクセンチュアは外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業の中でも高い知名度を誇る企業ですので、年収だけでなく自分の将来のキャリア形成において有効なコンサルティング(コンサルタント)企業で働きたいと思っている就活生は志望してみるとよいでしょう。

2位【平均年収887万円】PwCコンサルティング

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第2位はPwCコンサルティングです。

PwCコンサルティングの平均年収は、外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第2位ということもあって887万円と高額です。

PwCコンサルティングで求められる人物像として、他者との違いを肯定的に受け入れられるチームワーク重視の人物というものが挙げられていますので、コミュニケーション能力に自信があるという人は検討してみることをおすすめします。

1位【平均年収924万円】デロイト トーマツコンサルティング

外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング第1位はデロイト トーマツコンサルティングです。

デロイト トーマツコンサルティングの平均年収は、外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキングのトップに相応しく、924万円と1,000万円の大台に迫っています。

デロイト トーマツコンサルティングではハーバードビジネススクールと連携してチームを結成するなど、非常に挑戦的な試みを行っており、チャレンジが大好きという就活生にとっては特におすすめのコンサルティング(コンサルタント)企業となっています。

【年収別】IT系コンサルティング(国内)ランキング5選!

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング上位5社について詳しく解説していきます。

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキングは上からシグマクシス、フューチャー、エクスモーション、ビジネスブレイン太田昭和、 ITbookとなっており、外資系のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキングと比較すると年収の幅が広いのが特徴となっています。

特に1位のシグマクシスは平均年収が1,000万円を超えていますので、ITの知識や技術を活かせる高収入の企業を探している就活生は是非参考にしてみてください。

会社名 年収
1位 シグマクシス 平均年収1,167万円
2位 フューチャー 平均年収822万円
3位 エクスモーション 平均年収773万円
4位 ビジネスブレイン太田昭和 平均年収653万円
5位 ITbook 平均年収627万円

5位【平均年収627万円】ITbook

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング5位はITbookです。

ITbookの平均年収は627万円で、ランキング5位ということもあってコンサルティング(コンサルタント)業界の平均は超えていますが、特に突出しているわけではありません。

ITbookの特徴として成果を重視し、目に見える形で成果を出していれば働き方は社員がある程度自由に決めることができるといった点が挙げられます。

4位【平均年収653万円】ビジネスブレイン太田昭和

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング4位はビジネスブレイン太田昭和です。

ビジネスブレイン太田昭和の平均年収は653万円となっており、ランキング5位のITbookと比べてそこまで大きな差はありません。

ビジネスブレイン太田昭和の特徴としてクライアントとの距離が近く、担当したサービスの利用者から直接お礼を言われる機会もあるため、人から感謝されることが好きだったり仕事にやりがいを強く求める就活生にはおすすめのIT系コンサルティング(コンサルタント)企業だと言えます。

3位【平均年収773万円】エクスモーション

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング3位はエクスモーションです。

エクスモーションの平均年収は773万円となっており、IT系コンサルティング(コンサルタント)企業の中でも高い部類に入ります。

エクスモーションはコンサルティング(コンサルタント)業務だけでなくシステム開発の能力を向上させるセミナーも開催しており、様々な形でクライアントのビジネス上の課題を解決するサポートを行っています。

2位【平均年収822万円】フューチャー

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング2位はフューチャーです。

フューチャーの平均年収は822万円となっており、国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング2位に相応しい水準であると言えます。

フューチャーの特徴として若手の社員に積極的に実務経験を積ませるという文化があり、想像していたよりも遥かに責任のある仕事を早期に任せられる機会も多々ありますので、実務経験をどんどん積み上げていきたいと考えている就活生は、就職先の候補として検討してみるとよいでしょう。

1位【平均年収1167万円】シグマクシス

国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング1位はシグマクシスです。

シグマクシスの平均年収は1,167万円と国内のIT系コンサルティング(コンサルタント)企業のランキング1位に位置するに値する年収となっています。

シグマクシスの特徴として給与体系が年俸制であり、ボーナスも含めた年収を12に分割したものが毎月支払われる、という特殊なシステムになっていますので、能力次第では同期であっても年収に大きな差が表れてしまいます。

とはいえ逆に言えば能力さえあればより高い年収にどんどんステップアップできるということですので、ひたすら努力して成果を出し続けるのが好きだという就活生には適しているIT系コンサルティング(コンサルタント)企業だと言えます。

コンサルティングファームの選び方

これからコンサルタント(コンサルティング)業界で働こうと考えている就活生に向けて、コンサルティングファームの選び方について詳しく解説していきます。

コンサルティングファームを選ぶ場合、大きく二つの要素があり、一つ目はどの業種のコンサルティングファームにするか、二つ目は外資系か日系のどちらのコンサルティングファームにするかとなっています。

どちらもコンサルティングファームを選ぶ上で非常に重要な要素ですので、自分が大学で学んできた内容や自分自身のキャリアプランも考慮に入れた上で選択するようにしてください。

業種で選ぶ

この記事では経営戦略とITの二つの分野のコンサルティングファームに絞って紹介をしてきました。

分野を経営戦略とITに絞った理由として、コンサルティングファームには非常に多くの分野があり、一つの記事ではそれら全てを紹介することは到底不可能であることと、経営戦略とITの分野はコンサルタント(コンサルティング)業界において人気と知名度が共に高く、今後も需要が上がり続ける分野であることが挙げられます。

外資系か日系で選ぶ

コンサルティングファームを選ぶ際に注目しておかなければならないのが、外資系なのか日系なのか、ということです。

外資系のコンサルティングファームと日系のコンサルティングファームでは働き方から年収まで、様々な点が違いますし、自分が将来コンサルタント(コンサルティング)業界でどのようなキャリアを築いていきたいのかによっても選択すべきコンサルティングファームは変わってきます。

コンサルティングファームごとのメリット・デメリット

ここでは外資系のコンサルティングファームと日系のコンサルティングファームのメリットとデメリットを、それぞれ二つずつ取り上げて解説していきます。

外資系のコンサルティングファームと日系のコンサルティングファームのどちらで働こうか迷っている就活生は、まずそれぞれのメリットとデメリットをしっかり把握した上で改めて検討してみるとよいでしょう。

外資系企業のメリット・デメリット

外資系のコンサルティングファームで働くメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

外資系のコンサルティングファームで働くメリットには平均年収が高い企業が多い、海外の案件に携わることができるといったものがあり、一方デメリットには高い英語能力を要求される、頻繁に海外へ移動する必要があるといったものがあります。

海外で活躍できるコンサルタントになりたい、と考えている就活生にとっては外資系のコンサルティングファームで働くことは大きなプラスになると言えます。

メリット デメリット
平均年収が高い企業が多い 高い英語能力を要求される
海外の案件に携わることができる 頻繁に海外へ移動する必要がある

外資系企業の2つメリット

  • 平均年収が高い企業が多い
  • 海外の案件に携わることができる

外資系のコンサルティングファームで働くメリットですが、まず平均年収が高い企業が多いことが挙げられます。

また外資系ということで海外の案件に携わる機会も多く、コンサルタントとして国際的に活躍する上で必要不可欠な経験をする機会に恵まれていると言えるでしょう。

外資系企業の2つデメリット

  • 高い英語能力を要求される
  • 頻繁に海外へ移動する必要がある

外資系のコンサルティングファームで働くデメリットですが、まず当然ながら高い英語能力を要求されます。

外資系のコンサルティングファームの場合、仕事で海外に赴く機会が多いだけでなく、社内で働いている外国人の社員とコミュニケーションを取らなければならないため、高い英語能力は必要不可欠となります。

また海外へ頻繁に移動する必要があるため、時差ボケや国内と海外との気候や文化の差によって、場合によっては体調を崩してしまうリスクもあります。

日系企業のメリット・デメリット

日系のコンサルティングファームで働くメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

日系のコンサルティングファームで働くメリットには国内を中心に業務が行える、コミュニケーションが取りやすいといったものがあり、一方デメリットには平均年収が高くない企業もある、海外での業務経験が積みにくいといったものがあります。

日系のコンサルティングファームの場合、外資系のコンサルティングファームよりも業務が進めやすいという特徴がありますので、そこに魅力を感じる就活生にはおすすめとなっています。

メリット デメリット
国内を中心に業務が行える 平均年収が高くない企業もある
コミュニケーションが取りやすい 海外での業務経験が積みにくい

日系企業の2つメリット

  • 国内を中心に業務が行える
  • コミュニケーションが取りやすい

日系のコンサルティングファームで働くメリットですが、まず国内を中心に業務が行えることが挙げられます。

国内での業務ということでまず英語を使う機会が少なくなり、また文化についても地域による差はあっても日本国内という共通の土台がありますので、相互理解が海外と比べて非常にしやすくなります

コンサルタント(コンサルティング)業務においてコミュニケーションが取りやすい、というのは極めて大きなメリットですので、なるべく仕事を快適に進めたいと考えている就活生は

日系のコンサルティングファームを目指してみてください。

日系企業の2つデメリット

  • 平均年収が高くない企業もある
  • 海外での業務経験が積みにくい

日系のコンサルティングファームで働くデメリットですが、外資系のコンサルティングファームと比べると平均年収が低い場合が多々あります。

また海外での業務経験が積みにくいため、上のポジションに行くために必要な経験が不足してしまうリスクがあると言えるでしょう。

コンサルティングファームは、形成したいキャリアを考えて選ぼう

コンサルティングファームは日系か外資系かによって年収からその後のキャリアまで、あらゆることが変わってきます

自分がコンサルタントとしてどう成長していきたいかを真剣に考えた上で、日系と外資系のどちらのコンサルティングファームで働くかを選択するようにしてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事