コンサルティング営業とは?営業との違いや本当にきついのか調査してみた!

コンサルティング(コンサルタント)営業の業務内容について解説しますのでコンサルティング(コンサルタント)営業の仕事に就きたいと思っている人は読んでみてください。

コンサルティング(コンサルタント)営業について知りたい!

コンサルティング(コンサルタント)営業という言葉は聞いたことがあっても通常の営業とコンサルティング(コンサルタント)営業の違いについてはっきりと答えられる人は就活生でも少ないと思います。

ここではそんなコンサルティング(コンサルタント)営業の業務の内容や通常の営業とどういったところが違うのかについて詳しく解説していきますので、将来営業の仕事に就きたいのでコンサルティング(コンサルタント)営業も気になっているという人は是非読んでみることをおすすめします。

コンサルティング(コンサルタント)営業とは?

ここではコンサルティング(コンサルタント)営業という職業の概要や業務の内容、また実際に営業をする時の流れなどについて詳しく解説をしていきます。

ハイレベルな営業職に就いてみたいと考えている人はこの機会にコンサルティング(コンサルタント)営業という職業についてしっかりとした知識をつけておくことをおすすめします。

コンサルティング(コンサルタント)営業の概要

コンサルティング(コンサルタント)営業とは一言で言ってしまうと営業職における一つの手法であり、クライアントに問題を提起した上でそれを解決する方法を提示する営業スタイルとなります。

コンサルティング(コンサルタント)営業は時代の流れに伴って進化した営業スタイルとも言われており、このスタイルの営業を行うには非常に高い能力が要求されます。

コンサルティング(コンサルタント)営業の仕事内容

コンサルティング(コンサルタント)営業の主な仕事の内容について詳しく解説をしていきますので、コンサルティング(コンサルタント)営業の世界で働くことを目指している人は目を通しておくとよいでしょう。

コンサルティング(コンサルタント)営業の仕事はまずヒアリングによってクライアントの抱えている業務上の問題を提起し、解決策を提示した上で自分の会社の製品をすすめるというのが基本になります。

コンサルティング(コンサルタント)営業の仕事の流れ

コンサルティング(コンサルタント)営業の実際の仕事の流れについて詳しく紹介していきますので、コンサルティング(コンサルタント)営業はどのように仕事をしているのか具体的なことが知りたいという人は参考にしてみてください。

特にこれからコンサルティング(コンサルタント)営業を目指すけれど仕事をきちんとこなせるかどうか不安だという人はこれを読んで具体的な仕事のイメージを膨らませておくとよいでしょう。

顧客と接触する

コンサルティング(コンサルタント)営業の業務における最初のステップは顧客と接触することです。

これはコンサルティング(コンサルタント)営業に限らずあらゆる営業職の基本となってきますので、いかにして顧客と接点を持つかや顧客と接点を持った後どのように信頼してもらうかといったテクニックを常に学習し続けることを意識していください。

課題を認識する

顧客との接触の次にコンサルティング(コンサルタント)営業が行うことは顧客の抱えている業務上の課題を認識することです。

これは顧客が意識している業務上の課題に限らず、顧客が意識すらしていなかった問題を探り当てた上で営業できて初めて優秀なコンサルティング(コンサルタント)営業として認められることになるでしょう。

解決策を確認する

顧客の抱えている業務上の課題を認識したコンサルティング(コンサルタント)営業が次にやらなければいけないのが解決策を確認することです。

コンサルティング(コンサルタント)営業はそれまで培ってきた知識や経験に基づいて顧客の抱えている業務上の課題を解決できる適切な解決策を考え、それがしっかりと機能するかどうか確認しておかなければなりません。

これができなければ顧客からの信頼を得ることはできませんので、コンサルティング(コンサルタント)営業の業務の中でも特に重要だと言えます。

解決策を提案する

解決策が確認できた場合、コンサルティング(コンサルタント)営業の業務は顧客に解決策を提案するステップに入ります。

ここで顧客の抱えている業務上の課題を解決するための策を提案すると共に自分の会社の製品を顧客にすすめるのです。

もしここまでの段階で顧客との信頼関係を築けていればコンサルティング(コンサルタント)営業の業務はほぼ成功したと言っていいでしょう。

アフターフォロー

自分の会社の製品を顧客に営業することに成功したとしてもコンサルティング(コンサルタント)営業の業務は終わりではありません。

もし顧客の抱えている業務上の課題が解決されなかったり、自分の会社の製品にトラブルが起きてしまったら顧客との信頼関係が崩れてしまいます。

そういった場合迅速に対応することで信頼を取り戻せる場合もありますのでコンサルティング(コンサルタント)営業の業務には徹底してスピードが求められます。

コンサルティング(コンサルタント)営業と営業は違うの?

コンサルティング(コンサルタント)営業と一般の営業はどういった点が違うのかについて詳しく解説をしていきます。

まずコンサルティング(コンサルタント)営業は営業の一手法であり、職業そのものが違うわけではありません。

またコンサルティング(コンサルタント)営業には高度な知識やスキルが求められることから一般の営業よりも年収や待遇が充実しているケースが多いと言えます。

コンサルティング(コンサルタント)営業は仕事がきつい?

コンサルティング(コンサルタント)営業の業務についてよく言われているのが仕事がきついということです。

そもそもコンサルティング(コンサルタント)営業に限らず営業職はハードな仕事であると言われていますが、コンサルティング(コンサルタント)営業はそれに加えて高度な専門知識の習得や顧客とのヒアリング及び打ち合わせの手間などがあるため仕事がきついというのは概ね事実であると言えます。

コンサルティング(コンサルタント)営業の良い・悪い口コミ

コンサルティング(コンサルタント)営業のネット上の良い口コミと悪い口コミについて調査し、その中で特に参考になるものを3つずつピックアップしました。

コンサルティング(コンサルタント)営業として働いている人達のリアルな意見を就活の参考にしたいという人は是非目を通してみることをおすすめします。

良い口コミ

コンサルティング(コンサルタント)営業のネット上の良い口コミの中から特に参考になるものを3つ紹介していきます。

コンサルティング(コンサルタント)営業として働いている人はコンサルティング(コンサルタント)営業の仕事のどんなところに魅力を感じているのか知りたいという人は目を通してみるとよいでしょう。

やりがい・達成感がある

コンサルティング(コンサルタント)営業の良い口コミの中で目立っていた意見がやりがいや達成感があることです。

コンサルティング(コンサルタント)営業は同じ会社の人達と連携して仕事をしなければならない機会も多く、結果として社内の人達の間に絆が結ばれます。

そんな仲間との絆がコンサルティング(コンサルタント)営業における最大の魅力であるという意見が多く見られました。

一般的な会社員より給与が高い

コンサルティング(コンサルタント)営業の良い口コミの中で目立っていた意見が一般的な会社員よりも給料が高いことです。

コンサルティング(コンサルタント)営業は高度な知識や能力を要求される営業職であり、業務内容もハードと言えますが、それに見合うだけの給与や充実した待遇を得ることが可能となっています。

顧客との距離が近い

コンサルティング(コンサルタント)営業の良い口コミの中で目立っていた意見が一般的な営業よりも顧客との距離が近いということです。

コンサルティング(コンサルタント)営業は顧客の抱えている業務上の課題を解決することを通して顧客が目指すべき未来の姿も提示することができますので、結果として顧客から寄せられる信頼は一般的な営業と比べた場合非常に大きなものになります。

悪い口コミ

コンサルティング(コンサルタント)営業のネット上の悪い口コミの中から特に参考になるものを3つ紹介していきます。

コンサルティング(コンサルタント)営業を目指してみたいけど自分が果たして向いているのかどうかわからないという人はこれらの悪い口コミを読んだ上で検討してみることをおすすめします。

手間と時間がかかる

コンサルティング(コンサルタント)営業の悪い口コミの中で目立っていた意見がとにかく手間と時間がかかるということです。

コンサルティング(コンサルタント)営業はその手法の性質上、顧客の抱えている業務上の問題を解決するための膨大な専門知識の習得や顧客との頻繁なやり取りなど非常に多くの手間と時間がかかります。

このことが大きな負担になっているという意見がネット上で多く見られました。

必要な勉強量が半端ない
とにかく毎日勉強勉強勉強です。担当する企業が変わる度に必要な知識もごっそり変わるので。手を抜いた時点で仕事にならなくなるので常に全力でマラソンをしている気分です。心の底から勉強するのが好きという人でもないときついと思います。
30代前半 男性

残業・休日出勤になることもある

コンサルティング(コンサルタント)営業の悪い口コミの中で目立っていた意見が残業や休日出勤が頻繁にあるということです。

一般的な営業でもハードなところでは勤務が長時間になりがちですが、コンサルティング(コンサルタント)営業はその傾向が更に強いと言えます。

仕事のためであればある程度プライベートは犠牲にできるという人でなければコンサルティング(コンサルタント)営業を続けることは難しいでしょう。

高い知識・ノウハウが求められる

コンサルティング(コンサルタント)営業の悪い口コミの中で目立っていた意見が高度な知識やノウハウを求められることです。

コンサルティング(コンサルタント)営業は確かに一般的な会社員よりも待遇はいいが、要求される能力に見合ったものかと言われるとそうは思えないという人も多いようです。

コンサルティング(コンサルタント)営業に必要なスキル

コンサルティング(コンサルタント)営業に必要だとされている3つのスキルについて詳しく解説をしていきますので、これらのスキルについて自信がないという人は目を通した上でどうすればスキルを磨くことができるのか考えてみることをおすすめします。

  • ヒアリング力
  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力

ヒアリング力

コンサルティング(コンサルタント)営業に必要不可欠なスキルの一つはヒアリング力です。

顧客がまだ気づいてもいないような業務上の問題を探り当てるためには顧客から様々な情報を引き出すヒアリング力は正に必須の能力だと言えるでしょう。

コミュニケーション力

コンサルティング(コンサルタント)営業に必要不可欠なスキルの一つはコミュニケーション力です。

コンサルティング(コンサルタント)営業はその業務上顧客だけでなく社内の人とも積極的に連携して業務を遂行しなければなりませんので、コミュニケーション力がない場合活躍することは極めて困難です。

プレゼンテーション力

コンサルティング(コンサルタント)営業に必要不可欠なスキルの一つはプレゼンテーション力です。

顧客に対してはもちろん社内の人に対しても優れたプレゼンテーションができればコンサルティング(コンサルタント)営業としての評価は一気に高まりますので、是が非でも身に着けておく必要があります。

コンサルティング(コンサルタント)営業に必要な知識

コンサルティング(コンサルタント)営業に絶対に必要とされている2つの知識について詳しく解説をしていきます。

もし将来コンサルティング(コンサルタント)営業として働くことを希望しているのであればこの2つの知識が絶対に必要になってくることを是非覚えておいてください。

  • 顧客に関する知識
  • 自社や業界に関する知識

顧客に関する知識

コンサルティング(コンサルタント)営業に絶対必要な知識の一つは顧客に関する知識です。

コンサルティング(コンサルタント)営業において最重要とされるのが顧客からの信頼を勝ち取ることであり、そのために顧客に関するありとあらゆる知識を収集するのは当然のことだと言えるでしょう。

自社や業界に関する知識

コンサルティング(コンサルタント)営業に絶対必要な知識の一つは自社や業界に関する知識です。

顧客に対して問題の解決策を提案した時、自社の製品の仕様についての質問に答えられなかったり業界の人間なら当たり前のことを知らなければ顧客からの信頼が一気に損なわれてしまいますので、自社や業界に関するありとあらゆる知識を勉強することはコンサルティング(コンサルタント)営業にとって必須となっています。

コンサルティング(コンサルタント)営業の年収

コンサルティング(コンサルタント)営業を目指す上で特に気になってくる点が年収についてです。

コンサルティング(コンサルタント)営業の年収の相場やどういった会社が年収が高いのかについて調査しましたので将来なるべく待遇のいい会社で働きたいという人は読んでみてください。

コンサルティング営業の年収の相場は?

コンサルティング(コンサルタント)営業の年収の相場について調査したところ、約500万円という結果になりました。

日本における全ての職種の年収の相場が約450万円ですので、コンサルティング(コンサルタント)営業の年収の相場は高い傾向にあると言えます。

年収の高いコンサルティング(コンサルタント)会社は?

コンサルティング(コンサルタント)営業の会社の中でも特に年収の相場が高い会社3選を紹介していきます。

コンサルティング(コンサルタント)営業として働くのであればとにかく年収が大事だという人はこれらの会社を就職先として検討してみることをおすめします。

株式会社ネオ・コーポレーション

株式会社ネオ・コーポレーションはコンサルティング(コンサルタント)営業の会社の中でもトップクラスの年収を誇り、その平均年収は1,820万円となっています。

ただし業務もそれに見合った極めてハードな内容になることが予想されますので、もし志望するのであればしっかりと検討するようにしてください。

オートデスク株式会社

オートデスク株式会社の平均年収は1,800万円と株式会社ネオ・コーポレーションとほぼ互角の水準となっています。

こちらも業務内容がハードであることはもちろん、就職の難易度も非常に高いことが予想されますので就活の際は徹底的に情報を集めることを強くおすすめします。

カタリナマーケティングジャパン株式会社

カタリナマーケティングジャパン株式会社の平均年収も1,700万円と非常に高くなっています。

コンサルティング(コンサルタント)営業の中でもトップクラスの会社で働きたいという人は目標にしてみるとよいでしょう。

コンサルティング(コンサルタント)営業の仕事はやりがいがある

コンサルティング(コンサルタント)営業は高度な知識と能力が要求される非常にハードな営業職ですが、能力次第では2,000万円近い年収を得ることも夢ではありません。

自分の能力がどこまで通用するか試したいという人は是非挑戦してみてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事