就活に健康診断書は必要?タイミングや注意点、費用や有効期限についても解説!

就活をしていてどうしても忘れがちになってしまうのが健康診断書の存在です。就活生にとって健康診断書を書いてもらう機会は縁がない場合が多いと思いますが、就活のために健康診断を受けたら難病を早期発見できて助かった、というケースもありますので自分の体を守るためにも健康診断は必ず受けておくべきです。

この記事では就活における健康診断書の必要性や受ける際の費用、有効期限についても解説していきますので就活生の人は是非読んでみてください。

就活で健康診断書は必要?

就活には健康診断書は必要なのか、という点について詳しく解説していきます。

結論から言うと就活には健康診断書は必要不可欠です。

もしも就活をしていて健康診断書は不要だという企業を見つけた場合、たとえ内定をもらったとしても絶対に辞退するようにしてください。

健康診断書の提出は法律で義務付けられている

就活の際、就職先の企業に対して健康診断書を提出することは法律で義務付けられており、これを回避することはできません。

もしなんらかのトラブルによって健康診断書を提出することができなかった場合、働くことができなくなってしまいますので、健康診断書は絶対に書いてもらうようにしてください。

就活で健康診断書を出すタイミング

就活の際、企業からどのタイミングで健康診断書の提出を求められるのか、ということについて詳しく解説していきます。

選考がどの程度進んだ時に健康診断書就職活動の提出を求められるかですが、選考が実施されている途中や最終面接を受ける時に求められるケースがあります。

また企業で働き始めてから自分で健康診断を受けたり、企業によって決められた健康診断を受ける場合もあります。

就職活動中

就職活動をしている時に健康診断書の提出が必要になってくるケースについて詳しく解説していきます。

就職活動中の場合、選考途中で健康診断書の提出が必要とされる場合と最終面接時に提出を求められる場合に分かれており、どちらの場合も決められた日時までに提出することが重要であり、それができないと就職先の企業の印象が悪くなってしまいますので注意しておくとよいでしょう。

選考途中

企業の選考を受けている途中で健康診断書の提出を求められるケースについて詳しく解説していきます。

このケースはどちらかというと少数派ですが、それでも選考の途中でいきなり健康診断書の提出を求められたが期限までに用意できなかった、ということのないよう健康診断書はなるべく早めに用意しておくことをおすすめします。

最終面接

企業の最終面接の時に健康診断書の提出を求められるケースについて詳しく解説していきます。

このケースの方が一般的であり、最終面接の時ということで時間の余裕もあるように思えますが、思ったよりも就活が忙しくて中々健康診断を受けられず、健康診断書を書いてもらえなかったというケースも十分にあり得ますので、健康診断を受けるための時間は意識的に作ることを強くおすすめします。

入社後

選考を通過して企業に入社してから健康診断書の提出を求められるケースについて詳しく解説していきます。

企業に入社してから健康診断書を出さなければいけない場合、自分の選んだ医療機関で健康診断を受けるか、あるいは企業に指定された健康診断を受けることになります。

どちらの場合であっても健康診断の時になるべくいい結果が出るよう、日頃から健康管理には気をつけておいてください。

自分で健康診断を受ける

健康診断書の提出のために自分で健康診断を受ける場合ですが、メリットとしては健康診断を受ける医療機関を自分で自由に選べることが挙げられます。

デメリットとしては予約を自分で行わなければならず、手違いで健康診断を受けられなかったため、健康診断書も書いてもらえなかったということにならないよう注意しましょう。

会社から指定された健康診断を受ける

健康診断書の提出のために会社から指定された健康診断を受ける場合ですが、メリットとしては会社が手続きを全て行ってくれるために、トラブルが起きる可能性が少ないことが挙げられます。

デメリットとしては医療機関を自分で選択できないため、自宅から遠い位置にあったり混雑していて非常に時間がかかったりするなどの問題が起きる可能性があります。

就活で健康診断書を提出する際の注意点

就活で健康診断書を提出する時に把握しておきたい3つのポイントについて詳しく解説をしていきます。

健康診断書を提出する時のポイントとして健康診断書は原本を提出すること、健康診断書は複数枚を用意しておくこと、健康診断書の結果が合否に影響することは少ないことが挙げられますので、これらのポイントは必ず覚えておくようにしてください。

健康診断書は原本を提出すること

健康診断書を提出する時のポイントの一つが、健康診断書は原本を提出することです。

健康診断書は非常に重要な書類ですので、コピーを提出することはNGとなっています。

もしコピーを提出してしまった場合、企業から常識のない人と見なされてしまいますのでくれぐれも気をつけるようにしましょう。

健康診断書は複数枚用意しておくこと

健康診断書を提出する時のポイントの一つが、健康診断書は複数枚用意しておくことです。

健康診断書は原本を提出しなければならないため、一枚だけしか手元にないとどうしても足りなくなってしまいます。

健康診断書を書いてもらう時は、できるだけたくさんの枚数を確保するようにしてください。

診断結果は合否に影響することは少ないこと

健康診断書を提出する時のポイントの一つが、健康診断書の結果が合否に影響することは少ないことです。

健康診断の結果が多少悪かったからといって企業からの評価が下がることはまずないと言えます。

ただしあまりにも結果が悪い場合、自己管理能力が低いと判断されてしまう可能性もありますので、日頃から健康的な生活習慣を身に着けておくことをおすすめします。

就活の健康診断書で必要な項目

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目について詳しく解説していきます。

就活で企業に提出する健康診断書には絶対に必要な6つの項目がありますので、これらの項目が書かれていないことがないよう注意するようにしましょう。

既住歴および業務歴

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目の一つが既往歴及び業務歴です。

就活生の場合業務歴は基本的に問題になりませんが、もしなんらかの病気を患ったことがある場合はきちんと既往歴に記入しなければなりません。

自覚症状および他覚症状の有無の検査

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目の一つが、自覚症状および他覚症状の有無の検査です。

この検査で重大な症状が見つかった場合、合否の結果や企業での業務に影響が出てくる場合があります。

身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目の一つが、身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定です。

この検査で視力や聴力が極端に悪いなどの結果が出てしまった場合、就活だけでなく日常生活にも影響が出てくる可能性がありますので、きちんと検査してもらうようにしましょう。

胸部エックス線検査

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目の一つが、胸部エックス線検査です。

胸部エックス線検査は呼吸器系の重大な病気を見つけるためにも、受けておかなければいけない検査となっています。

血圧の測定

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目の一つが、血圧の測定です。

就活生で血圧に異常がある、という人はごくわずかだと思いますが、もし血圧に明らかな異常が見られた場合はより精密な検査を受けるようにしてください

尿検査

就活の際に企業に提出する健康診断書で書いてもらわなければいけない項目の一つが、尿検査です。

就活生であれば尿検査で異常が出る危険性は非常に低いですが、不摂生を続けていると悪い結果になってしまうことも考えられますので、できるだけ健康的な生活を送るようにしましょう。

就活の健康診断書にかかる費用

就活で必要な健康診断書を書いてもらうために必要な費用について詳しく解説していきます。

健康診断書を書いてもらう費用は証明書のみを発行する場合と新たに受信する場合、また病院か保健所かによっても違ってきますので、事前に把握しておくことをおすすめします。

証明書のみを発行する場合

健康診断書の証明書のみを発行する場合ですが、これは一通あたりおよそ数百円で発行してもらうことが可能です。

就活では複数の健康診断書が必要になるケースが多いので、もし可能であれば十通ほどまとめて発行しておくと安心です。

新たに受診する場合

健康診断書を書いてもらうために新たに受診する場合ですが、就活に必要な内容が書かれている健康診断書であれば数千円程度で発行してもらうことが可能です。

新たに受診する場合、どうしても時間がかかってしまいますので受診の手続きなどは早めに済ませることを心がけてください。

病院で受診する場合

健康診断書を書いてもらう場合、病院で健康診断を受診するのが一般的です。

費用は病院によっても変わってきますが、概ね数千円の範囲に収まります。

また病院によっては健康診断の受診に非常に時間がかかる場合がありますので、時間には余裕を持って行動しましょう。

保健所で受診する場合

就活で企業に出すための健康診断書を書いてもらう場合、保健所に行って書いてもらうことも可能です。

就活生が保健所で健康診断を受診するメリットとしては、一般の病院よりも健康診断の費用が安く済むケースが多く、就活で使うお金を節約できることが挙げられます。

就活の健康診断書の有効期限

就活で企業に出すための健康診断書の有効期限について詳しく解説していきます。

就活で使う健康診断書の有効期限は企業ごとに異なっており、企業からの指示をしっかりと守ることが重要になってきます。

基本は年度内であれば有効

就活で企業に出すための健康診断書の有効期限ですが、基本的には年度内に受診したものであれば有効となります。

体調は日々変化するものですので、健康診断を受ける時間がなかったからといって古い健康診断書を提出することはしないようにしてください。

3ヶ月以内と指定している企業もある

就活で企業に出すための健康診断書の有効期限ですが、厳しい基準を設けている企業の場合3ヵ月以内という指定をする企業もあります。

3ヵ月というと長いようにも思えますが実際にはあっという間ですので、できるだけ早めに健康診断を受診するようにしましょう。

就活における健康診断書の提出方法

就活で企業に健康診断書を提出する時の提出方法について詳しく解説していきます。

健康診断書の提出方法には面接時に手渡しをするケースと、企業に郵送するケースの二つがありますので、どちらの場合であっても提出の期限は絶対に守るようにしてください。

面接時に手渡しする場合

企業に健康診断書を手渡しで提出する場合ですが、提出をする日に健康診断書を持っていくことを忘れてしまったり、提出のために企業に向かう途中で健康診断書が汚れてしまうといったことがないようくれぐれも慎重に行動することをおすすめします。

郵送する場合

企業に健康診断書を郵送で提出する場合ですが、履歴書を企業に郵送する時と同様に添え状を付けて送ると採用担当者の印象がよくなりますので、郵送で提出する際は忘れずに付けるようにしてください。

健康診断書を受け取るまでにかかる時間

就活のための健康診断書を受け取れるまでに必要な時間ですが、短くとも数日から一週間程度はかかってしまいます

健康診断書はすぐに必要だからといって簡単に入手できるものではありませんので、必要な時に手元にないといった事態を避けるためにも早めに書いてもらうようにするとよいでしょう。

就活では事前に健康診断を受けておくことが大事

就活は時間との戦いでもありますので、受け取るまでに時間がかかってしまう健康診断書はとにかく早めに手に入れておく必要があります。

就活のためだけでなく思わぬ病気を発見するためにも重要ですので、就活生の人は是非早めに健康診断書を書いてもらうことをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事