理系の就活はいつから?おすすめサイトやエントリー数は何社が平均かも紹介!

理系の就活生にとって重要な問題になってくるのが、就活をどのタイミングで始めるのかということです。理系の就活生は基本的に実験や課題の提出などで非常に忙しいため、気がついたら就活をしなければいけない時期になっていた、ということも珍しくありません。

今回は理系の就活はいつから始めればいいのか、ということについて詳しく解説していきますので、就活のタイミングを逃して目指していた企業で働く道が閉ざされてしまった、ということがないよう是非読んでみてください。

Contents

多忙な理系大学生は就活を始める時期に迷う

理系の就活生の大学生活は実験に次ぐ実験や大量のレポートの提出など、非常にハードであるのが一般的です。

理系の就活生の場合、大学生活をこなすのに精一杯で就活にまで手を回す余裕がなく、就活を始めなければいけない時期になったのになんの準備もできていない、という状況に陥る人も珍しくありません。

そのような状況に陥らないために、理系の就活生が就活を始めるのにおすすめの時期はいつか、ということについて詳しく解説していきますので、参考にしてみるとよいでしょう。

理系学生の就活事情について

理系の学生を取り巻く4つの就活事情について詳しく解説をしていきます。

理系の学生を取り巻く就活事情には理系学生に対する需要は増加している、理系学生は就活できる時間が文系学生に比べて少ない、理系学生は大手企業に就職することが多い、理系学生の1割は就活せず大学院に進学するといったものがあり、これらの就活事情を頭に入れておくことによって、就活に対してどう取り組んでいけばいいのかが明確になりますし、自分にとって一番いい進路を選ぶためのヒントにもなります。

  • 1.理系学生に対する需要は増加している
  • 2.理系学生は就活できる時間が文系学生に比べて少ない
  • 3.理系学生は大手企業に就職することが多い
  • 4.理系学生の1割は就活せず大学院に進学する

1.理系学生に対する需要は増加している

理系の学生を取り巻く就活事情の一つは、理系学生に対する需要は増加しているということです。

元々理系の学生は文系の学生よりも数が少なく、特に文系の女子学生と理系の女子学生の人数の差は圧倒的です。
また理系には今後も更に需要が伸びていくであろう分野が数多く存在します。

企業としても優秀な理系学生を他社よりも多く確保することができれば、それだけ将来の利益の増加に繋がるため、理系学生の就活事情は今後更に好条件になっていくことが予想されます。

2.理系学生は就活できる時間が文系学生に比べて少ない

理系の学生を取り巻く就活事情の一つは、理系学生は就活できる時間が文系学生に比べて少ないということです。

大学生というとバイトや部活、サークルなど青春を謳歌しているイメージが強いですが、それは文系の学生のイメージであり、理系の学生の大学生活は一般的な社会人よりもハードなものであることが珍しくありません。

そんな過酷な大学生活を送りつつ就活を行うのは極めてハードルが高く、必然的に文系の学生と比べて理系の学生が就活に割くことのできる時間は短くなります。

3.理系学生は大手企業に就職することが多い

理系の学生を取り巻く就活事情の一つは、理系学生は大手企業に就職することが多いことです。

理系の学生は文系の学生と比べて非常に厳しい大学生活を起こる場合が多く、そのため企業からの評価も高くなる傾向にあります。

結果として理系の学生は文系の学生よりも大手企業に就職できるケースが多く見られますので、現在理系の学生で厳しい大学生活を送っているという人は、大手企業への就職に向けてくじけず頑張ってみることをおすすめします。

4.理系学生の1割は就活せず大学院に進学する

理系の学生を取り巻く就活事情の一つは、理系学生の1割は就活せず大学院に進学することです。

理系の学生の場合、修士号や博士号を取って初めて就職を目指せる分野というものも普通に存在しています。

もちろん修士号や博士号を取得することは非常に困難な道ですので、自分が将来どの分野に進みたいのか、また大学院に進学する上でお金の問題を解決できるのかなども含めてしっかりと検討してみるとよいでしょう。

理系学生の就活はいつから始まるのか

理系の学生の就活はいつ頃から始まるのか、ということについて詳しく解説していきます。

理系の学生の就活が始まる時期は学士と修士によって大きく異なり、そのことを把握しておかないと就活の準備をするタイミングを逃してしまう、ということも十分に考えられます。

理系の学生のスケジュールは極めてタイトですが、その中でも自分の将来を明るいものにするために就活に割く時間はしっかりと確保するようにしてください。

  • 学士の場合
  • 修士の場合

学士の場合

理系の学生の就活が始まる時期について、学士の場合はどうなるのか詳しく解説をしていきます。

ここでは理系の学士の就活を就活準備期間と就活開始時期の二つに分け、両者が何学年のどのくらいの時期から始まるのかについて解説していきますので、就活をしなければいけないのはわかっているけど、いつぐらいから始めたらいいのかよくわからないという理系の学士の人は是非参考にしてみることをおすすめします。

学士の就活準備期間

理系の学士の就活準備期間についてですが、これは一般的に3年生の6月から翌年の2月までとされています。

3年生の6月というと余裕があるように思えますが、実際は理系の学士の大学生活はやることがあまりにも多いため、気がついたら3年生になっていた、というケースも多く見られます。

就活のことを何も考えず就活準備期間に突入してしまうと、その時点で他の就活生に大きな差をつけられてしまいますので、忙しい時間の中でも自分の将来の進路を考える時間を意識的に設けるようにしてください。

学士の就活開始時期

理系の学士の就活開始時期ですが、これは一般的に3年生の翌年の3月からとされています。

文系の学生の場合、この時期は既に大学でやることはあまりなく、就活に全力を注ぐことができるのですが、理系の学生は未だに大学でやることが山積みになっていることがほとんどです。

そのためわずかな時間で効率的に就活を行うことが求められ、理系の学生にとっては非常に大きな負担となりますが、その時の経験は社会に出た時に間違いなく大きな力になることでしょう。

修士の場合

理系の院生の就活が始まる時期について、修士の場合はどうなるのか詳しく解説をしていきます。

ここでは理系の修士の就活を就活準備期間と就活開始時期の二つに分け、両者が何学年のどのくらいの時期から始まるのかについて解説していきますので、就活をする間もなく院生としての生活が終わってしまった、ということのないよう理系の修士の人は是非目を通してみてください。

修士の就活準備期間

理系の修士の就活準備期間についてですが、これは一般的に1年生の6月から翌年の2月までとされています。

修士の場合、院生として過ごす時間は学士の半分しかなく、そのため気を抜いているとあっという間に就活準備期間が終わってしまってなんの対策もできていない、ということになってしまうケースもあります。

理系の修士課程に進学するのであれば、進学する以前から就活の準備を進めておくといったレベルで就活に対する意識を高めておくとよいでしょう。

修士の就活開始時期

理系の修士の就活開始時期ですが、これは一般的に1年生の翌年の3月からとされています。

理系の修士課程の場合、研究の内容も更に高度かつ複雑なものになっていきますので、結果として理系の修士課程の院生は学生の時以上に時間に追われることになります。

そんな状況下で更に就活まで行わなければいけない以上、理系の修士課程の院生には一般的な社会人以上の自己管理能力やスケジュール管理能力が求められると言えます。

理系学生の就活 人気の業界5選

理系の学生の就活において特に人気が高い業界5選について詳しく解説していきます。

理系の学生の就活において特に人気が高い業界は下から順に、化粧品業界、IT関連業界、化学薬品業界、製造メーカー業界、食品メーカー業界となっており、いずれも理系の学生が厳しい大学生で培ってきた高い能力を活かせる業界ばかりです。

これらの業界のおすすめポイントやどんな人が向いているのか、といったことについて解説していきますので目を通してみることをおすすめします。

  • 5位 化粧品業界
  • 4位 IT関連業界
  • 3位 化学薬品業界
  • 2位 製造メーカー業界
  • 1位 食品メーカー業界

5位 化粧品業界

理系の学生の就活において特に人気が高い業界の第5位が化粧品業界です。

化粧品業界は理系の学生の就職先としてはごく一般的で、業界の性質上理系の女子学生の就職先としても人気が高くなっています。

理系の学生が就活で化粧品業界を志望する場合、主に研究技術の職種や生産技術の職種を目指すことになるため、自分が大学で行ってきた研究が化粧品の研究開発や生産に活かせると考えている人は、是非進路の候補の一つとして検討してみてください。

4位 IT関連業界

理系の学生の就活において特に人気が高い業界の第4位がIT関連業界です。

IT関連業界は世界的に需要が伸び続けている成長分野であり、特に外資系のIT関連企業であれば新卒とは思えない金額の給料をもらえることも珍しくありません。

自分が大学で行ってきた研究が直接ITに関わるものでなくても、理系の分野でしっかりと研究を行ってきたというだけでIT関連業界においては高評価ですので、もしIT関連業界を志望するかどうか迷っている人は積極的に挑戦してみることをおすすめします。

3位 化学薬品業界

理系の学生の就活において特に人気が高い業界の第3位が化学薬品業界です。

化学薬品業界の中でも製薬会社の新薬開発のような、薬学についての高度な知識が求められる分野は難易度が高い分待遇面が充実しているため、現在薬学部に在籍している人は積極的に挑戦してみることを強くおすすめします。

2位 製造メーカー業界

理系の学生の就活において特に人気が高い業界の第2位が製造メーカー業界です。

製造メーカー業界は理系の学生の就職先の中でも採用数が多く、また給与も高いことで知られているため、安定した仕事に就きたいと考えている学生には圧倒的な人気を誇っています。

製造メーカー業界の就活では大学院卒業の学歴も十分に活かすことができますので、将来製造メーカー業界で働きたいと考えている人はまずは一度、大学院への進学を検討してみるとよいでしょう。

1位 食品メーカー業界

理系の学生の就活において特に人気が高い業界の第1位が食品メーカー業界です。

食品メーカー業界の場合、製品開発や生産管理といった部門で理系の学生が求められていますが、人気が非常に高いために就職する場合かなりの難関となっています。

特に研究職を目指すのであれば修士号はほぼ必須とも言えますので、食品メーカー業界で研究したいと考えている人は可能な限り学歴を高くする努力が必要です。

理系学生の就活 エントリー数の平均は

理系の学生の就活における一般的なエントリー数について詳しくチェックをしていきます。

理系の学生の就活における一般的なエントリー数を事前エントリーと本エントリーのそれぞれで見ていくと、事前エントリーの平均は20社を超える程度、本エントリーは5社を下回る結果となっており、文系の就活のそれと比べた場合相当に少ないことがわかります。

  • 一般的なプレエントリー数は20社以上
  • 一般的な選考エントリー数は5社以下

一般的なプレエントリー数は20社以上

理系の学生の就活における一般的なエントリー数は、事前エントリーの場合20社を超える程度となっています。

文系の学生の就活の場合と比べてかなり少ない数字になっていますが、これはそもそも理系の学生は就活に割ける時間が文系の学生と比べて少なく、多くの企業に事前エントリーしたとしても採用試験を受けている時間がないことが理由として考えられます。

一般的な選考エントリー数は5社以下

理系の学生の就活における一般的なエントリー数は、本エントリーの場合5社を下回る結果となっています。

これはそもそも理系の学生の就活スタイルは文系の学生の就活スタイルと違い、研究室の教授の推薦で就職先が決まってしまう、といったことも多いため、自然と本エントリーの数も少なくなることが原因として考えられます。

理系学生の就活 多数の企業にエントリーするメリット

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするメリットについて詳しく解説していきます。

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするメリットには内定の確率が上がる、企業の選択肢が増えるといったものがあり、どちらも自分の将来をより充実したものにする上で無視できませんので、是非就活では積極的にエントリーしていくことをおすすめします。

  • メリット1:内定の確率が上がる
  • メリット2:企業の選択肢が増える

メリット1:内定の確率が上がる

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするメリットの一つが、内定の確率が上がることです。

当然のことですが多くの企業にエントリーすればするほど、それだけ内定をもらえる確率は上がります。

ですが多くの企業の採用試験を受けることだけ考えてそれぞれの企業の対策をしっかり行うことを怠ってしまえば、満足できる結果は出ませんので就活の際は企業一社一社と真剣に向き合うことを心がけましょう。

メリット2:企業の選択肢が増える

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするメリットの一つが、企業の選択肢が増えることです。

多くの企業にエントリーすることで、自分でも気づいていなかった将来やりたいことが見えてくる場合もあり、その結果未来がより明るくなる可能性も十分にあります。

就活では自分の可能性を狭めるのではなく、できるだけ広げることを意識して取り組むようにしてください。

理系学生の就活 多数の企業にエントリーするデメリット

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするデメリットについて詳しく解説していきます。

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするデメリットには企業のリサーチに時間が必要である、志望度の高い企業への対策時間が少なくなるといったものがあり、このデメリットのことを考えないままエントリー数だけを増やしてしまうと、就活が失敗に終わってしまう可能性が高くなってしまいますので気をつけてください。

  • デメリット1:企業のリサーチに時間が必要である
  • デメリット2:志望度の高い企業への対策時間が少なくなる

デメリット1:企業のリサーチに時間が必要である

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするデメリットの一つは、企業のリサーチに時間が必要であることです。

就活において自分の就職先になるかもしれない企業のリサーチを徹底的に行うのは当然のことですが、理系の学生の場合元々就活に使える時間が少ないため、企業のリサーチで時間を取られてしまった結果学生生活と就活のどちらも上手くいかなくなってしまった、というケースがよく見られるので注意が必要です。

デメリット2:志望度の高い企業への対策時間が少なくなる

理系の学生の就活において多数の企業にエントリーするデメリットの一つは、志望度の高い企業への対策時間が少なくなることです。

どれだけエントリー数を増やしたところで、それで本当に自分が入社したい企業への対策がおろそかになってしまったら意味がありません。

多数の企業にエントリーすることは悪いことではありませんが、飽くまでも自分がしっかりと対策を行える範囲の数に留めておくことが重要です。

理系学生の就活 理想的なエントリー数

理系の学生の就活における理想的なエントリー数について詳しく解説していきます。

理系の学生の就活における理想的なエントリー数を第一志望の企業と第二志望の企業に分けて考えた場合、第一志望は5社、第二志望は10社から20社の範囲でエントリーするのが、丁寧な対策と視野の拡大を両立できる理想的な数であると考えられます。

  • 第一志望は5社にエントリー
  • 第二志望のエントリー数は10-20社

第一志望は5社にエントリー

理系の学生の就活における理想的なエントリー数は、第一志望の企業の場合5社となります。

5社と聞くと少なく感じる人もいるかと思いますが、理系の学生のハードな学生生活をこなしつつ就活のための徹底的な対策を行うのであれば、多く見ても5社が限界だと考えられますので、欲張って多くの企業を第一志望にすることは控えるようにしましょう。

第二志望のエントリー数は10-20社

理系の学生の就活における理想的なエントリー数は、第二志望の企業の場合10社から20社程度となります。

第二志望だからといって対策に手を抜いていいということはなく、エントリー数をただ増やすだけでは負担が増えていく一方ですので、自分のコントロールできる範囲でエントリーをするようにしてください。

理系学生の就活 応募方法に迷った時の対処法 

理系の学生の就活の応募には大きく分けて推薦応募と一般応募の二つがあり、どちらを選んだらいいのか迷う人も多いと思いますが、その場合の対処法について詳しく解説していきます。

推薦応募と一般応募では基本的に推薦応募の方が内定をもらえる確率は高くなっていますので、第一志望の企業を推薦応募、第二志望の企業を一般応募と使い分けることが効率的です。

理系学生の就活 役立つおすすめサイト8選

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト8選について詳しく解説していきます。

これから紹介する8つのサイトを上手く活用して就活を進めていけば、間違いなく内定をもらえる確率は上昇しますので、是非積極的に利用していくことをおすすめします。

サイト名 情報量
1位 理系就職エージェントneo A
2位 理系マイナビ A
3位 Offer Box B
4位 理系ナビ 2022 B
5位 unistyle B
6位 ビズリーチ・キャンパス B
7位 アカリクWEB C
8位 就活サポート ちほりけ C

8位 就活サポート ちほりけ

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第8位は就活サポート ちほりけです。
就活サポート ちほりけは名前の通り地方大学で学んでいる理系の学生の就活サポートに特化したサイトであり、地理的な問題で中々就活が上手くいかずに悩んでいる就活生の人は是非利用を検討してみることをおすすめします。
重要度 C
情報量 C
サポート力 B
役立ち度 B
得意分野 理系

7位 アカリクWEB

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第7位はアカリクWEBです。

アカリクWEBは理系の学生の就活支援サイトの中でも、大学院生やポスドクといった高学歴の人の支援に特化したサイトとなっており、自分が大学院で積み上げてきた研究の成果をしっかりと就活で活かしたいと考えている人には特におすすめのサイトとなっています。

重要度 B
情報量 C
サポート力 B
役立ち度 C
得意分野 理系

6位 ビズリーチ・キャンパス

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第6位はビズリーチ・キャンパスです。

ビズリーチ・キャンパスは理系の学生向けの企業も紹介していますが、どちらかと言うと文系の学生向けの企業が多く、利用できる場面がやや限られる場合がありますので注意しておく必要があります。

重要度 B
情報量 B
サポート力 B
役立ち度 C
得意分野 文系

5位 unistyle

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第5位はunistyleです。

unistyleは文系から理系までレベルの高い企業の情報を多数掲載しており、学歴に自信がある人や大手企業を志望している人はこのサイトを利用して積極的に情報を収集してみることをおすすめします。

重要度 C
情報量 B
サポート力 B
役立ち度 B
得意分野 文系

4位 理系ナビ 2022

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第4位は理系ナビ 2022です。

理系ナビ 2022は名前の通り理系の学生の就活支援に特化しており、インターンシップやWEBセミナーを公開するなどサービス面が充実していますのでまずは一度利用してみるとよいでしょう。

重要度 C
情報量 B
サポート力 B
役立ち度 A
得意分野 理系

3位 Offer Box

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第3位はOffer Boxです。

Offer Boxは就活生が登録することで企業からオファーが届く、という特殊なスタイルの就活支援サイトです。

理系の学生を採用したいという企業も多く登録していますので、企業からのオファーを狙うためにも利用を検討してみてください。

重要度 A
情報量 B
サポート力 C
役立ち度 B
得意分野 文系

2位 理系マイナビ

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第2位は理系マイナビです。

理系マイナビは理系の学生の就活をサポートするため、専攻学科に合った企業や就活の情報を自動で表示してくれるなど機能面が非常に充実したサイトとなっています。

自分の勉強している分野の就活情報に素早くアクセスしたいという人は是非利用してみるとよいでしょう。

重要度 A
情報量 A
サポート力 B
役立ち度 B
得意分野 理系

1位 理系就職エージェントneo

理系の学生の就活において特に役に立つおすすめサイト第1位は理系就職エージェントneoです。

理系就職エージェントneoは遠距離就活を行っている理系の学生のために独自の遠距離就活サポートを行うなど、サポート体制が非常に手厚い就活支援サイトですので、現在就活において何かしらの問題を抱えているという人は、是非理系就職エージェントneoのサポートを受けられないか確かめてみてください。

重要度 B
情報量 A
サポート力 A
役立ち度 A
得意分野 理系

理系学生の就活 成功させるためのコツ

理系の学生が就活を成功させる5つのコツについて詳しく解説していきます。

理系の学生が就活を成功させるコツには企業対策をきちんとして就活に望む、幅広い視野も持って業界や業種を選ぶ、社会人としてのマナーを持って就活する、研究を進めて早期に就活できる時間を作る、面接対策は理系特有の質問にも備えるといったものがあり、これらのコツを意識して就活を行えば、志望する企業の内定を得られる可能性は一気に高まります。

  • コツ1:企業対策をきちんとして就活に望む
  • コツ2:幅広い視野も持って業界/業種を選ぶ
  • コツ3:社会人としてのマナーを持って就活する
  • コツ4:研究を進めて早期に就活できる時間を作る
  • コツ5:面接対策は理系特有の質問にも備える

コツ1:企業対策をきちんとして就活に望む

理系の学生が就活を成功させるコツの一つは、企業対策をきちんとして就活に望むことです。

企業対策は就活における基本中の基本であり、これがきちんとできていなければどれだけ学歴が高くても内定をもらえる確率は大きく下がってしまいますので気をつけましょう。

コツ2:幅広い視野も持って業界/業種を選ぶ

理系の学生が就活を成功させるコツの一つは、幅広い視野も持って業界や業種を選ぶことです。

就活の際自分が研究してきた分野だけにこだわるのではなく、違う形で研究の成果を活かせないか考えることによって将来の可能性は大きく広がっていきます。

コツ3:社会人としてのマナーを持って就活する

理系の学生が就活を成功させるコツの一つは、社会人としてのマナーを持って就活することです。

どれだけ研究成果が優れていたとしても、社会人としてのマナーを備えていない人間を採用してくれる企業はありません。

就活の際は社会人としての基本的なマナーについてしっかりと勉強することを心がけましょう。

コツ4:研究を進めて早期に就活できる時間を作る

理系の学生が就活を成功させるコツの一つは、研究を進めて早期に就活できる時間を作ることです。

研究を素早く進めるということは並大抵のことではありませんが、それでも社会人になれば仕事の納期に追われるのが当たり前の生活になりますので、スケジュール管理の練習だと思ってできるだけ早く研究を進められるよう挑戦してみてください。

コツ5:面接対策は理系特有の質問にも備える

理系の学生が就活を成功させるコツの一つは、面接対策は理系特有の質問にも備えることです。

理系の学生の就活の場合、面接で自分が研究している内容について踏み込んだ受け答えができるかどうかを見られるケースも多々ありますので、自分の専門分野に関する質問にはしっかりと答えられるようにしておきましょう。

理系学生の就活は時間の確保とサイトの効率活用がカギ

理系の学生の就活は正に時間との戦いであり、非常にハードなものになることが多いですが、その分待遇や給料などの条件がいい大手企業に就職できるチャンスも多くなっていますので、まずは就活支援サイトを利用して、自分が目指したいと思える企業の情報を収集してみることをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事