就活中の非通知着信に出れなかった時の3つの対処法!企業が非通知設定の理由も!

就活の時に企業からの非通知着信に出られないか無視してしまい、トラブルになってしまったという経験をした就活生の人も多いと思います。確かに非通知着信は出た方がいいのか迷いますが、非通知だからといって企業からの電話に出ないと当然印象は悪くなり、就活の結果に影響が出てしまう危険性もあります。

この記事では企業からの非通知着信に出られなかった時の対処法や、何故企業が非通知で電話してくるのかについて詳しく解説していきますので、是非目を通してみてください。

就活する企業の中には非通知で連絡してくる所もある

就活中の電話を非通知でかけてくる企業、というのは実際多く存在します。

企業が非通知で電話をかけてくる理由はいくつか存在するのですが、かけられる立場としては非通知での電話というものはどうしても怪しい印象が強く、出るには勇気がいると言えます。

現在就活中の人は、非通知の電話で連絡をしてきそうな企業に心当たりがある場合、勇気を出して電話に出るようにするのをおすすめします。

就活中の非通知着信に出れなかった時の対処法

就活中の非通知着信に出られなかった時の3つの対処法について詳しく解説していきます。

就活中の非通知着信に出られなかった時の対処法にはメールや留守電を確認する、再度連絡が来るまで待つ、心当たりのある企業に連絡するといったものがあり、これらの対処法を適切に使い分けることによって、非通知着信に出られなかったことで発生してしまうトラブルを回避することができるでしょう。

  • 対処法1:メールや留守電を確認する
  • 対処法2:再度連絡が来るまで待つ
  • 対処法3:心当たりのある企業に連絡する

対処法1:メールや留守電を確認する

就活中の非通知着信に出られなかった時の対処法の一つは、メールや留守電を確認することです。

非通知着信に出られなかったことで、相手の企業から留守電やメールが入っているかもしれませんので、まずは留守電やメールが確認し、何も入っていなかった場合は非通知着信に出られなかった時の他の対処法を実行するようにしてください。

対処法2:再度連絡が来るまで待つ

就活中の非通知着信に出られなかった時の対処法の一つは、再度連絡が来るまで待つことです。

非通知着信で電話をしてきた企業から再度電話が来るまで待つことで、連絡を取り合うことができますが、これはどちらかというと消極的な対処法であり、いつまでも非通知着信の電話を待ち続けた結果自分の知らないところで就活のスケジュールが進んでしまい、選考そのものが駄目になってしまった、というケースもありますので注意してください。

対処法3:心当たりのある企業に連絡する

就活中の非通知着信に出られなかった時の対処法の一つは、心当たりのある企業に連絡することです。

就活中であれば自分に連絡をくれそうな企業はしっかりと把握していると思いますので、そういった企業に片っ端から連絡を取り、それでもどの企業が非通知で電話をかけてきたのかわからない場合は、改めて連絡があるまでじっくりと待ってみることをおすすめします。

就活の連絡で企業が非通知にしている理由

就活の連絡で企業が非通知にしている4つの理由について詳しく解説していきます。

就活の連絡で企業が非通知にしている理由には企業側の初期設定であるため、間違い電話のリスクを減らすため、電話の掛け直し件数を減らすため、電話業務を外部に委託しているためといったものがあり、これらの理由をきちんと把握していればどうして怪しく思える非通知で連絡してくるのか、ということについて納得が行くでしょう。

  • 理由1:企業側の初期設定であるため
  • 理由2:間違い電話のリスクを減らすため
  • 理由3:電話の掛け直し件数を減らすため
  • 理由4:電話業務を外部に委託しているため

理由1:企業側の初期設定であるため

就活の連絡で企業が非通知にしている理由の一つは、企業側の初期設定であるためです。

企業が連絡の方法を初期設定で非通知にしてしまっていると、後からそれを変えるというのは難しくなってきます。

結果いつまでも非通知での連絡が続くことになりますので、就活生側としては少々困った理由だと言えます。

理由2:間違い電話のリスクを減らすため

就活の連絡で企業が非通知にしている理由の一つは、間違い電話のリスクを減らすためです。

非通知設定にしておけば自分の会社の電話番号が知られることがありませんので、間違い電話のリスクを減らすことができます。

余計な電話の応対が増えるということはそれだけで業務上の負担が増えるということですので、そういった負担を減らすために非通知設定にしているという企業も多いです。

理由3:電話の掛け直し件数を減らすため

就活の連絡で企業が非通知にしている理由の一つは、電話の掛け直し件数を減らすためです。

非通知設定にしておけば掛け直しができないため、掛け直しの対応によって発生する労力を減らすことができます。

非通知設定はかけられる側としてはデメリットが多いのですが、かける側にはこうしたメリットも確かに存在します。

理由4:電話業務を外部に委託しているため

就活の連絡で企業が非通知にしている理由の一つは、電話業務を外部に委託しているためです。

電話業務を外部に委託している場合、掛け直しをされることを防ぐために非通知にすることはよくあります。

就活中に非通知の電話がかかってきた場合は、まず現在選考途中の企業で連絡をしてきそうなところはないか確認してみることをおすすめします。

就活中に企業からの非通知着信に備える方法

就活中に企業からの非通知着信に備える2つの方法について詳しく解説していきます。

就活中に企業からの非通知着信に備える方法には非通知着信に対応できるようにする、留守番電話サービスに加入するといったものがあり、これらの方法を実践することによって企業から非通知着信が来た場合でも焦らずに対応できるようになります。

  • 方法1:非通知着信に対応できるようにする
  • 方法2:留守番電話サービスに加入する

方法1:非通知着信に対応できるようにする

就活中に企業からの非通知着信に備える方法の一つは、非通知着信に対応できるようにすることです。

日頃から非通知での電話にも出るようにしておけば、企業から非通知着信が来たとしても焦ることはなくなります。

とはいえ非通知での電話には就活とは全く関係のないトラブルの原因になってしまうものもありますので、非通知の電話に出るのは就活の時に限定するとよいでしょう。

方法2:留守番電話サービスに加入する

就活中に企業からの非通知着信に備える方法の一つは、留守番電話サービスに加入することです。

留守番電話サービスに加入しておけば企業が非通知で電話してきた場合、留守電を入れることができますし、関係のない非通知着信の場合はそのまま切れてしまいます。

企業からの非通知着信に備えるという面以外でも留守番電話サービスは便利ですので、まだ加入していないという人は企業からの非通知着信に備えるのをきっかけとして加入してみることをおすすめします。

就活中の非通知着信は留守電サービスに加入すると安心

就活中は企業から非通知で連絡が来ることも多く、日頃非通知での電話に出ることに慣れていない人にとってはプレッシャーとなります。

非通知での電話に出るのは初めは怖いこともありますが、非通知での電話に出るのは就活中だけだと割り切って積極的に出てみるとよいでしょう。

とはいえどれだけ気をつけていても非通知での電話全てに対応することは難しいので、その時は非通知でかけてきそうな企業に自分から連絡を取ったり、留守電が残っている非通知の着信だけに対応するといったことを心がけてみてください。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事