就活の内定が貰える時期は?早期内定の企業・業界とコロナによる時期の変化も解説!

就活生にとっての大きな不安の種と言えば、内定が貰える時期はいつか、ということです。内定が貰える時期が早ければ早いほど、学生生活最後の時間を安心して過ごすことができますので、内定が貰える時期を知ることは正に死活問題だと言えます。

今回の記事では内定が貰える時期が早い企業や業界、またコロナの影響による内定が貰える時期の変化についても詳しく解説していきますので、できるだけ早い時期に内定を貰って安心したいと考えている人は是非読んでみてください。

就活の内定がもらえる時期は企業や業界で違う

就活の内定がもらえる時期は企業や業界によって大きく異なっており、数ヶ月単位の違いが出ることも珍しくありません

内定がもらえる時期が遅い企業や業界を志望する場合、どうしても時間的な余裕がなくなり、結果として強いプレッシャーに苛まれ、心身に不調が出てしまう危険性もありますので、自分が目指す業界が内定がもらえる時期が遅い業界だった場合は、そのことをあらかじめ覚悟した上で就活に臨む必要があると言えるでしょう。

就活の内定がもらえる時期は

就活の内定がもらえる時期について、内々定と内定の二つに分けて詳しく解説していきます。

就活の内々定がもらえる時期は6月以降が一般的だと言われており、内定の場合は10月以降が一般的だと言われています。

10月以降というと時期的に十分余裕がありそうに思えますが、これは飽くまで一般的なケースであり、10月以降も内定をもらえない、ということも十分に考えられますので、就活は時間に余裕を持てるよう早め早めに行っていくようにしてください。

  • 内々定は6月以降が一般的
  • 内定は10月以降が一般的

内々定は6月以降が一般的

就活の内々定がもらえる時期ですが、これは6月以降が一般的とされています。

内々定と内定の違いがよくわからない、という就活生も多いと思いますが、これは簡単に言ってしまうと労働契約が成立しているかどうかの違いです。

内々定の場合労働契約が成立していない、ほとんど口約束のような状態ですので、よくも悪くも自由に変更できる状態であると言えます。

内定は10月以降が一般的

就活の内定がもらえる時期ですが、これは10月以降が一般的とされています。

内々定と違い、内定が出た時点で労働契約が成立しますので、内々定ほど気軽に変更することはできなくなります。

また就活に力を入れていないと10月を過ぎても内定が全くもらえないということは十分にあり得ますので、できるだけ早い段階で内定がもらえるよう就活には全力で取り組むようにしましょう。

”業界別”就活の内定時期の違い

業界別の内定がもらえる時期について詳しく解説していきます。

今回は就活において人気の高いIT業界、金融業界、公務員、アパレル業界の4つの業界の内定がもらえる時期について解説していきますので、これらの業界を志望しているという人は大体このくらいの時期に内定がもらえれば安心できる、という目安にしてみるとよいでしょう。

またここで紹介する時期に内定がもらえなかったからといって、簡単に諦めてしまうのは非常にもったいないことですので、最後まで粘り強く就活を戦い抜くようにしてください。

IT業界は4月以降が一般的

IT業界の内定がもらえる時期4月以降が一般的とされています。

IT業界は様々な業界の中でも特に内定がもらえる時期が早く、人によってはあっという間に就職先が決まってしまい、後は残りの学生生活をひたすら楽しむだけ、というケースも多く見られます。

できるだけ早期に内定を獲得して、社会人になる前に思い切り遊んでおきたいと考えている人にとってIT業界は魅力的な選択肢の一つであると言えます。

金融業界は5月以降が一般的

金融業界の内定がもらえる時期5月以降が一般的とされています。

金融業界の内定がもらえる時期はかなり早い部類に入り、夏休みに入る前に就職先が決まっている場合も少なくありません。

とはいえ金融業界は基本的に難関の企業が多く、しっかりと就活対策を行ってきた人とそうでない人で明暗がはっきり分かれてしまいますので、金融業界を目指している人は素早く内定を勝ち取ることを目指してみてください。

公務員の採用は8月以降が一般的

公務員の内定がもらえる時期8月以降が一般的とされています。

公務員の内定がもらえる時期は一般的な時期と比べて若干ですが早いと言えます。

公務員は安定性が非常に高いため就職先としても人気が高く、徹底した対策を行ってきた他の就活生と競って内定を勝ち取らなければなりませんので、公務員を目指しているという人はできるだけ早い段階から就活の準備を進めておくことをおすすめします。

アパレル業界は9月以降が一般的

アパレル業界の内定がもらえる時期9月以降が一般的とされています。

アパレル業界の内定がもらえる時期はほぼ平均的と言ってよく、中々内定がもらえない場合気持ちの面で焦りが出てきてしまう可能性が高くなります。

アパレル業界を目指している人は就活の対策を行うのはもちろんですが、中々成果が出なくても焦ることのないよう、メンタル面のコントロールをしっかりと行うようにするとよいでしょう。

就活を始めるのに理想的な時期は

就活を始めるのに理想的な時期について詳しく解説していきます。

ここでは就活を始めるのに理想的な時期をインターン参加、ベンチャー及び中小企業、一般企業、後期採用という4つの事例に分けて解説していきますので、少しでも早く内定がもらえるよう、それぞれの事例に合わせて就活を開始するとよいでしょう。

  • インターン参加者は期間終了後
  • ベンチャー/中小企業は3月以降
  • 一般企業は3月以降に応募
  • 後期採用なら8月以降に応募

インターン参加者は期間終了後

インターン参加の就活を始めるのに理想的な時期は、インターン期間が終了した後です。

インターン期間は企業ごとにかなりの差がありますが、一般的には比較的早い時期に通常の選考に移行する場合が多いです。

内定がもらえる時期が早い企業に就職したいと考えている人は、事前にインターン期間が短いと言われている企業を調べておき、そういった企業から優先的に志望していくことをおすすめします。

ベンチャー/中小企業は3月以降

ベンチャー及び中小企業の就活を始めるのに理想的な時期は、3月以降です。

ベンチャー及び中小企業の場合、選考が一般企業よりも早く始まるという企業も多く、内定をなるべく早い時期にもらいたい、という人にとって魅力的だと言えます。

とはいえベンチャー企業や中小企業は待遇面において大手企業に劣ってしまうケースも多いため、できるだけ福利厚生の充実した企業で働きたいと考えている人は志望するかどうか慎重に検討する必要があります。

一般企業は3月以降に応募

一般企業の就活を始めるのに理想的な時期は、3月以降です。

一般企業の場合、3月以降に応募が始まるケースが多いため、人によっては開始時期が遅いと感じてしまうこともあります。

内定をとにかく早い時期にもらいたいのであれば、IT業界や金融業界といった内定を早い時期に出してくれる業界を優先的に志望する、といった工夫が必要になってくるでしょう。

後期採用なら8月以降に応募

後期採用の就活を始めるのに理想的な時期は、8月以降です。

後期採用は名前の通り就活のスタート時期が遅く、当然ながら内定がもらえる時期も遅くなりがちです。

後期採用は飽くまでも早い時期に内定をもらえなかった場合の保険として応募するものであり、メインで応募することはおすすめできませんので、そのことをあらかじめ頭に入れておくようにしてください。

早期に内定が出る企業や業界は

早い時期に内定が貰える企業や業界を3つ紹介していきます。

早い時期に内定が貰える企業や業界には外資系企業、中小企業及びベンチャー企業、IT業界といったものがあり、これらの業界を目指せば早い時期に内定を獲得した場合、安心して残りの学生生活を過ごせますし、また内定がもらえなかったとしても別の業界に応募するだけの時間的余裕がある、といったメリットもあるため、志望する業界が具体的に決まっていない人は、とりあえずこれらの企業や業界を志望先として検討してみることをおすすめします。

  • 1.外資系企業
  • 2.中小企業/ベンチャー企業
  • 3.IT業界

1.外資系企業

早い時期に内定が貰える企業や業界の一つが、外資系企業です。

外資系企業は日系の企業と違って一般的な採用スケジュールに縛られないため、非常に早い時期に内定を出してくれる企業も存在します。

ただ外資系企業は難易度が高い企業が多いため、早い時期に就活を終わらせられる人は一握りであることを覚えておいてください。

2.中小企業/ベンチャー企業

早い時期に内定が貰える企業や業界の一つが、中小企業及びベンチャー企業です。

中小企業及びベンチャー企業には独自の採用スケジュールを組んでいるところも多く、企業によっては一般企業よりも遥かに早い時期に内定を得ることができます。

中小企業及びベンチャー企業の就活の難易度は幅が広いため一概には言えませんが、あまりにも簡単に内定がもらえるところは待遇面が悪く人が定着しない、という可能性がありますので注意してください。

3.IT業界

早い時期に内定が貰える企業や業界の一つが、IT業界です。

IT業界は業界全体の傾向として採用スケジュールが早く、一般的な企業と比べると早い時期に内定をもらえることが多いため、就活はできるだけ早く終わらせたいという人にはおすすめの業界となっています。

IT業界は業界全体の需要も高く、学生時代しっかりと勉強していれば早期に内定を勝ち取ることも十分に可能だと言えるでしょう。

コロナによって21卒22卒の就活はどう変化するか

コロナの影響によって21卒の就活生や22卒の就活生の就活はどのように変化していくか、についての3つの予測について詳しく解説していきます。

コロナの影響によって21卒の就活生や22卒の就活生の就活はどのように変化していくか、についての予測には就職活動のさらなる早期化が起きる、採用者の減少や内定率の低下が起きる、選考方法や面接のオンライン化が進むといったものがあり、これからの就活生はそういった就活の変化に素早く対応していくことが求められると言えます。

  • 就職活動のさらなる早期化
  • 採用者の減少/内定率の低下
  • 選考方法や面接のオンライン化

就職活動のさらなる早期化

コロナの影響によって21卒の就活生や22卒の就活生の就活はどのように変化していくか、についての予測の一つが就職活動のさらなる早期化が起きることです。

就職活動の早期化については批判の声も多かったのですが、コロナの影響によってこの傾向は今後さらに強まっていくことが予想されます。

状況によっては大学入学時から就活の準備を始めなければならない、といった事態になる可能性があります。

採用者の減少/内定率の低下

コロナの影響によって21卒の就活生や22卒の就活生の就活はどのように変化していくか、についての予測の一つが採用者の減少や内定率の低下が起きることです。

コロナは日本のみならず世界中の企業に壊滅的な打撃を与え続けており、それに伴って今後採用者の減少や内定率の低下が起きることはほぼ間違いないと思われます。

そういった状況下で内定を勝ち取るためにはより徹底した対策を行わなければならないため、21卒の就活生や22卒の就活生の負担はかなり大きなものになると言わざるを得ません。

選考方法や面接のオンライン化

コロナの影響によって21卒の就活生や22卒の就活生の就活はどのように変化していくか、についての予測の一つが選考方法や面接のオンライン化が進むことです。

現在世界中でコロナの感染リスクを減らすために、他者と接触する機会自体を減らす取り組みが行われており、日本の就活もオンライン化によって他者と接触することなく選考が行える方向にシフトしていくと考えられます。

就活時期は企業や業界に合わせて早期に取り組むことが内定へのカギ

就活はできるだけ早く終わらせたい、というのが就活生の本音だと思いますが、人によっては中々望んだ結果が出ず、内定をもらえない時間が長く続くこともあります。

就活を早く始めれば始めるほど内定のチャンスは増えますので、時間に余裕があると感じた時はその時間を無駄にせず、積極的に就活の対策に使うことで内定への道が開けると言えるでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事