就活の交通費は支給される?もらい方ともらう際の注意点と準備するものを紹介!

就活にかかるお金の中でも人によっては大きな負担になってくるのが交通費です。自分の住んでいる地域で就活ができる人であればいいのですが、地方から都心部に出てきて就活を行う場合、交通費がかかりすぎて生活が苦しくなってしまうというケースも珍しくありません。

この記事では就活で交通費が支給されるケースについて詳しく解説していきますので、もらう際の注意点や何を準備しておけばいいのか確認するためにも、是非目を通してみてください。

就活先の中には交通費がもらえる企業もある

就活で企業を訪問する場合、交通費は就活生が負担するのが一般的ですが、中には交通費を企業側が負担してくれる場合も少数ですが存在します。

今回はそんな交通費を企業側が負担してくれる場合について詳しく解説していきますので、交通費の負担が厳しく就活どころか日常生活も金銭的に厳しくなってしまっている、という人は是非この記事を参考にして、少しでも就活の交通費の負担を減らしてみることをおすすめします。

就活で交通費が支給される条件

就活で企業を訪問する際、交通費が支給される条件について詳しく解説していきます。

就活で企業を訪問する際、交通費が支給される条件には優秀な学生を積極的に採用する場合、遠方の学生を積極的に採用する場合、最終面接に進んだ場合といったものがあり、これらの条件に当てはまれば当てはまるほど就活の交通費が支給される確率は高くなりますので、就活の交通費を節約したい場合はあらかじめこれらの条件を頭に入れた上で就活先を検討するようにしてみてください。

  • 条件1:優秀な学生を積極的に採用する場合
  • 条件2:遠方の学生を積極的に採用する場合
  • 条件3:最終面接に進んだ場合

条件1:優秀な学生を積極的に採用する場合

就活で企業を訪問する際、交通費が支給される条件の一つは優秀な学生を積極的に採用する場合です。

この条件における優秀な学生とは、ある特定の分野で優れた結果を出している人や、高度な資格を在学中に取得しているなど高いスキルを持っている人などのことを指します。

もちろん学歴が高い人も当てはまりますので、就活において高く評価される人ほど交通費を節約できる傾向にあると言えます。

条件2:遠方の学生を積極的に採用する場合

就活で企業を訪問する際、交通費が支給される条件の一つは遠方の学生を積極的に採用する場合です。

企業の方針として遠方の学生を積極的に採用している場合、企業側も就活生にとって交通費の負担が大きいことは把握していますので、交通費を支給してくれるケースが多くなります。

ただし交通費を支給するからにはそれだけ優秀な学生を採用したい、と企業側が考えるのは自然なことですので、採用の難易度は高いものになることを覚悟しておく必要があるでしょう。

条件3:最終面接に進んだ場合

就活で企業を訪問する際、交通費が支給される条件の一つは最終面接に進んだ場合です。

就活で最終面接に進むということは企業側が真剣に採用するかどうか検討する段階に入ったということであり、当然就活生への対応もよいものになっていきます。

大手企業であれば最終面接まで進んだ就活生に交通費を支給する、ということも珍しいことではありませんので、就活の交通費を節約したいという人は大手企業を中心に訪問するのも一つの方法だと言えます。

就活で企業から交通費をもらうためには

就活で訪問した企業から交通費をもらうための3つのステップについて詳しく解説していきます。

就活で訪問した企業から交通費をもらうためには会場に必要なものを持っていく、会合の後で請求手続きをする、当日に現金支給か後日銀行に振込されるという3つの段階を踏まなければいけませんので、就活にかかるお金を節約するためにも企業から交通費をもらうための手続きでミスをしてしまわないよう、くれぐれも注意して対応するようにしてください。

  • STEP1:会場に必要なものを持っていく
  • STEP2:会合の後、請求手続きをする
  • STEP3:当日に現金支給か後日銀行に振込される

STEP1:会場に必要なものを持っていく

就活で訪問した企業から交通費をもらうための最初のステップは、会場に必要なものを持っていくことです。

就活で交通費をもらうために必要なものは企業ごとに違いますが、企業から用意しておくものの指示は受けているはずですので、指示通りに準備をしておけば問題ありません。

またここで指示にあったものを準備できていないと交通費がもらえないどころか就活の結果にも悪影響が出てしまいますので、気をつけるようにしましょう。

STEP2:会合の後、請求手続きをする

就活で訪問した企業から交通費をもらうための第二のステップは、会合の後で請求手続きをすることです。

交通費の請求手続きに関しては会合の後できちんと案内がされると思いますが、もしも案内がなかった場合は積極的に採用担当の人に聞きにいくことをおすすめします。

交通費の請求手続きについてわからないまま無視してしまうと交通費が節約できないだけでなく、対応能力に欠ける人という印象になってしまいますので注意してください。

STEP3:当日に現金支給か後日銀行に振込される

就活で訪問した企業から交通費をもらうための第三のステップは、当日に現金支給か後日銀行に振込されることです。

就活の交通費の支給方法は企業によって異なりますが、基本的には少額になりますので当日に現金支給されるというケースも珍しくありません。

また後日銀行に振込される場合、予定された時期を過ぎても振込が確認できなかった場合は問い合わせをしても失礼には当たりませんので、積極的に確認することをおすすめします。

就活で交通費をもらう時に準備するもの

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に準備する2つのものについて詳しく解説していきます。

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に準備しなければいけないものには領収書と印鑑があり、この二つのうちどちらかが欠けても問題になってしまいますので、就活で交通費をもらう場合はこれらの準備は確実に行うようにしてください。

またもしなんらかの事情で準備ができなくなってしまった際は、速やかに採用担当の人に相談するようにしましょう。

  • 準備するもの1:領収書
  • 準備するもの2:印鑑

準備するもの1:領収書

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に準備しなければいけないものの一つが領収書です。

就活生の場合そもそも領収書をもらうということ自体に慣れておらず、つい領収書をもらうのを忘れてしまったということになりがちですので、特に注意が必要です。

また新幹線や飛行機といった高額な交通費がかかる移動手段で就活をしている場合、領収書がないと大問題になってしまいますので絶対にもらうようにしてください。

準備するもの2:印鑑

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に準備しなければいけないものの一つが印鑑です。

印鑑は交通費をもらう時だけでなく、それ以外の書類に押印する場合でも使用しますので、就活の時には常に持ち歩いておくのが基本のアイテムです。

たまたま印鑑を忘れてしまって交通費を請求する手続きが上手くいかなかった、ということのないように就活の時は常に印鑑を持ち歩く癖をつけておくことをおすすめします。

交通費をICカードで支払いした場合の対処法

就活で訪問した企業から交通費をもらう場合、ICカードで交通費を支払った時はどうすればいいのかということについて詳しく解説していきます。

ICカードで交通費を支払った時ですが、駅の券売機にはICカードの利用履歴を印字する機能がついていますので、その機能を使って履歴を印字したものを領収書の代わりに提出すれば問題なく交通費をもらう手続きを進めることができます。

就活で交通費をもらう時の注意点

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に注意しなければならない3つの点について詳しく解説していきます。

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に注意しなければならない点には請求額は水増しせず申請する、必ず申請した通りの経路で行く申請通りの交通機関で会場へ向かう、といったものがあり、全て基本的なことではありますがどれか一つでも守れなかった場合、交通費をもらえないだけでなく内定獲得を逃してしまうことにも繋がりますので、くれぐれも気をつけてください。

  • 注意点1:請求額は水増しせず申請する
  • 注意点2:必ず申請した通りの経路で行く
  • 注意点3:申請通りの交通機関で会場へ向かう

注意点1:請求額は水増しせず申請する

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に注意しなければならない点の一つは、請求額は水増しせず申請することです。

就活生の中にはごく少数ですが、訪問した企業に交通費を水増しして請求しようと考える人もいます。

これは言語道断の行いであり、もしこのことが企業側にばれてしまえば確実に内定はもらえませんので、たとえどれだけお金に困っていたとしても絶対にしないようにしてください。

注意点2:必ず申請した通りの経路で行く

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に注意しなければならない点の一つは、必ず申請した通りの経路で行くことです。

交通費を水増し請求する手口の一つとして、わざと遠回りになる経路で企業を訪問するというものがありますが、当然ながらもしこれをやっていることがばれてしまった場合、就職試験は確実に不合格になります。

企業を訪問する場合は必ず最短経路で訪問し、また申請の際に経路を間違えることがないよう注意しましょう。

注意点3:申請通りの交通機関で会場へ向かう

就活で訪問した企業から交通費をもらう時に注意しなければならない点の一つは、申請通りの交通機関で会場へ向かうことです。

これに関しては、電車で企業に向かおうとしたものの間に合わず、仕方なくタクシーを使って向かったといったケースが考えられます。

このような場合は必ず申請通りの交通費だけを請求し、余計にかかってしまった交通費は自分で負担するようにしてください。

就活の交通費の負担を軽くする方法

就活で企業を訪問する時の交通費の負担を減らすための二つの方法について詳しく解説していきます。

就活で企業を訪問する時の交通費の負担を減らすための方法にはバイトを増やしてお金を貯める、無料シェアハウスを利用するといったものがあり、就活にかかるお金のことで悩んでいる就活生の人は是非これらの方法を実践してみることをおすすめします。

方法1:バイトを増やしてお金を貯める

就活で企業を訪問する時の交通費の負担を減らすための方法の一つは、バイトを増やしてお金を貯めることです。

バイトを増やすことは手持ちのお金を増やす一番シンプルな方法であり、確実性が高いことがメリットと言えますが、バイトを増やしたことで負担が増え、就活が上手くいかなくなってしまう危険性もありますので気をつけましょう。

方法2:無料シェアハウスを利用する

就活で企業を訪問する時の交通費の負担を減らすための方法の一つは、無料シェアハウスを利用することです。

就活生向けの無料シェアハウスを運営しているサイトには地方のミカタやジョーカツがあり、これらの就活支援サイトを活用することによって交通費の負担を減らし、就活をより効率的に行うことができるようになります。

1.地方のミカタ

交通費を節約できる就活生向けの無料シェアハウスを運営しているサイトの一つが地方のミカタです。

地方のミカタは地方の就活生と企業を繋げる活動を実施しているサイトであり、地方の就活生にとって大きな問題となる高額な交通費を節約可能な無料シェアハウスや無料就活カフェといった施設を利用することが可能です。

2.ジョーカツ

交通費を節約できる就活生向けの無料シェアハウスを運営しているサイトの一つがジョーカツです。

ジョーカツは都心部に出てきて就活を行う地方の就活生のための就活支援サイトであり、無料シェアハウスだけでなく東京までの交通費を直接補助するといった、地方の就活生にとって極めて便利なサービスを多数実施しているのが特徴となっています。

就活の交通費が支給される時は正しく申請しよう

就活の際の交通費の請求はお金が関わる分、トラブルも起きやすいですので、交通費の請求のトラブルが原因で内定を逃してしまったといったことがないよう、交通費の申請の際は徹底して注意することを心がけましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事