カメラのキタムラの就活写真の評判はどう?金額と特徴も解説!

「安く早く気軽に撮影」で大人気のカメラのキタムラについて紹介します。カメラのキタムラの証明写真はなぜ人気なのか、サービス内容や料金に焦点を当てて解説します。

カメラのキタムラでプロに就活写真を任せる


写真は、ボックスの機械で撮るのとプロのカメラマンに依頼するのとで、仕上がりに雲泥の差があります。

カメラのキタムラは、機械ではなくプロのカメラマンに写真を撮影してもらえます。

就活写真は、就活において人間の第一印象を決める大切なものです。

撮影をプロのカメラマンに任せて、良い仕上がりの写真を使いましょう。

カメラのキタムラの就活写真の評判

カメラのキタムラは、就活写真を多数撮影してきた実績があり、就活で好印象を与える身だしなみをアドバイスをしてくれたり、プロフェッショナルな撮影技術・加工技術でひとりひとりの魅力を最大限引き出してくれます。

カメラのキタムラで就活写真を撮影した人からの評判を、解説します。

  • 安いけどプロが撮ってくれるから安心
  • 写真の撮り直しができてうれしい
  • 印刷用もWEB用データも作れて便利

安いけどプロが撮ってくれるから安心

カメラのキタムラでは、「4.5×3.5cm未満4枚/4.5×3.5cm以上2枚」から証明写真を依頼できます。

スタンダード仕上げでは1,600円、プレミアム仕上げなら2,100円と、プロのカメラマンに依頼できる価格としては非常に安いです。

さらに、カメラのキタムラには就活応援パックがあり、就活生の写真は割引が適応されるなど、様々なサービスも充実しています。

写真の撮り直しができてうれしい

カメラのキタムラでは、写真の撮り直しができます。

目を閉じてしまったり、緊張で顔が強張ってしまっていたり、いきなり良い証明写真を撮るのは難しいです。

一度の撮影で納得いく写真ができることはほとんど無いと、プロのカメラマンの方できちんとわかってくれているので、良い写真ができるまで丁寧にアドバイスをして撮り直しをしてくれます。

何度か撮影のチャンスがあるので、就活生もリラックスして撮影に臨めます。

印刷用もWEB用データも作れて便利

カメラのキタムラは、履歴書などに使う印刷用の写真はもちろん、ウェブエントリーに使えるデータ写真を作ることもできます。

店舗撮影の後にもらえる撮影控えチケットの期限内なら、カメラのキタムラのネット証明写真サービスを通して、WEB申請用データの購入やダウンロードが行えます。

焼き増しの注文をネットででき、外出自粛に合わせて宅配もしてくれるので、気に入った写真を何枚でも手軽に受け取れます。

カメラのキタムラの就活写真の金額と特徴


カメラのキタムラには、就活生を応援する料金設定やサービス内容が揃っています。

カメラのキタムラの金額と特徴を紹介します。

  • 就活応援パックは5,200円(税抜き)から撮影できる
  • 肌色美肌調整が料金内
  • スマホやPCで撮影データをダウンロード可能

就活応援パックは5,200円(税抜き)から撮影できる

カメラのキタムラには就活応援パックがあります。

就活応援パックを利用すれば、プレミアム仕上げ、WEB申請用のデータ加工、スマホやPCでの画像ダウンロード、上品なマット仕上げなどの各種サービスがついて、写真10枚で5,200円、20枚なら8,500円、30枚なら11,500円です。

肌色美肌調整が料金内

就活支援パックは、肌色・美肌調整のサービスがついています。

追加料金が発生しないままに、美しい仕上がりの写真を撮ることができます。

スマホやPCで撮影データをダウンロード可能

エントリーシートをインターネット上で提出できる、ウェブエントリーが多くなってきています。

それに合わせて、カメラのキタムラでは就活写真をウェブエントリーに対応させるための各種サービスが豊富になっています。

データをウェブ用の容量に調節したり、写真をピクセル数に応じてリサイズしてもらえたりします。

カメラのキタムラでは、ウェブ対応に調整した写真のデータを、スマホやPC、タブレット端末からダウンロードすることができます。

各種サービスの申請や受け取りもネット上でやり取りが可能なの場合があるので、いつでも手軽に、手元の端末から注文・購入が行えます。

合否に関係?就活写真が大切な理由

就活写真は、人の第一印象を決める大切な写真です。

就活写真は採用にどんなふうに影響することがあるのか、解説していきます。

第一印象で「この人に会いたい」かが決まる

就活において、企業へ提出する写真は、自身の評価を左右する大事な要素になります。

写真のサイズや提出の様式を守ることはもちろん、表情や髪型、服装からも、人柄はにじみ出てしまいます。

就活写真は、第一印象を決める重要なものとなります。

就職先への向き不向きを決められてしまう

就職先への向き不向きを、就活写真から判断されることもあります。

とくに接客などの人と人とが対面して行う仕事では、おとなしそうに見えてしまうと「暗い人だ」と思われてしまう可能性もあります。

逆に、顔が明るくて第一印象が好印象な場合は、その後も良い評価につながりやすいです。

業界の雰囲気に合わせた表情で写真を撮ることは、とても重要です。

カメラのキタムラで好印象な就活写真を撮る2つのコツ


就活写真で良い印象を与えるためには、表情と服装・髪型に注意すべきポイントがあります。

ふたつのポイントについて、それぞれ箇条書きでまとめ、詳しく解説していきます。

明るい表情で撮影するコツ

  • 口角を上げる
  • 目でも表情をつくる
  • 正しい姿勢を意識する

就活用の写真撮影では、口角を上げて晴れやかな表情を演出することが大切です。

男性も女性も、緊張で強張った顔つきよりも、リラックスして微笑んだ表情の方がポジティブな印象になります。

とはいえ就活用の写真では思い出作りの時のような満面の笑みではなく、凛々しい顔つきを意識して、少しだけ微笑むようにしましょう。

口だけで笑うのではなく、目も表情に合わせて少しだけ動かしましょう。

また、写真撮影の時は顔だけではなく、姿勢にも注意をしましょう。

背筋が曲がっていたり、足を投げ出していたりすると、例え上半身だけしか写らない写真でも、どこかだらしのない印象になってしまいます。

カメラの正面に体を向けて胸を張り、少し顎を引きましょう。

服装と髪型のコツ

  • 服装はスーツが無難
  • 髪の毛は顔にかからないようにする
  • ピアスなどの装飾品は外す

就活らしくない場違いな服装や髪型などで撮影した写真では、どんなに表情が素敵でも合否に関わってしまうこともありえます。

スーツはきちんとシワをとり、清潔感と真面目で誠実な印象を与えられる様な着こなしを目指しましょう。

就活写真の撮影時は、髪型にも注意が必要です。

前髪が目にかからないようにし、顔のサイドの毛が長い場合は、耳にかけるかピンで留めましょう。

髪の毛の長い人は束ねましょう。

染色やパーマなどが残っている人は、企業のイメージに合わない場合は、黒染めやストパーなど何らかの対応をしてから写真を撮影した方が良いとされています。

また、就活写真のときはピアスなどの装飾品は身に着けないようにしましょう。

カメラのキタムラで就活写真を撮って就活を有利にしよう

写真は就活生の第一印象を左右する大事なものです。

カメラのキタムラでプロのカメラマンに写真を撮影してもらい、就活に好印象な顔を作り上げましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事