就活生必見!面接の成功率を左右する正しいネクタイの結び方5選と選び方

男子就活生の服装で特に注意しなければならないポイントの一つが、ネクタイの結び方です。ネクタイの結び方が上手にできていないと、それだけで採用担当者の人から身なりに気をつけることのできないだらしない人だ、と判断されてしまい印象が一気に悪くなってしまいますので、内定を勝ち取るためにもネクタイの正しい結び方を身に着けておく必要があります。

この記事では正しいネクタイの結び方5選や就活向けのネクタイの選び方についても詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

ネクタイの結び方は就活の面接成功率を左右する

就活において身だしなみは極めて重要な要素であり、身だしなみをきちんと整えられるかどうかで合否の結果が変わってくる、ということも珍しくありません。

特に男子就活生の場合、ネクタイの結び方が正しいかどうかは特に注目されるポイントですので、採用担当者の人の好感度を上げるためにも正しいネクタイの結び方を徹底して身に着けておくようにしてください。

【動画付き】就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方5選

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方5選を動画付きで詳しく解説していきます。

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方には、プレーンノット、セミ・ウィンザーノット、ウィンザーノット、ダブルノット、スモールノットといったものがあり、これらの結び方を業界や企業ごとにしっかりと使い分けることができれば、採用担当者の人の印象は間違いなくよいものになるでしょう。

  • プレーンノット
  • セミ・ウィンザーノット
  • ウィンザーノット
  • ダブルノット
  • スモールノット

プレーンノット

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方の一つは、プレーンノットです。

プレーンノットはネクタイの結び方における基本中の基本とも言える結び方であり、どの結び方にしようか迷った時はとりあえずこれを選んでおけば間違いありません

結び方自体も簡単なため、真面目に練習すれば1日でマスターすることも十分可能だと言えます。

 

セミ・ウィンザーノット

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方の一つは、セミ・ウィンザーノットです。

セミ・ウィンザーノットは結び目の形が美しい逆三角形になるのが特徴で、見る人にスマートで知的な印象を与えてくれます。

結び方はプレーンノットと比較すると若干ですが難しいため、スムーズに結べるようになるためにもまとまった時間を作って練習をすることをおすすめします。

ウィンザーノット

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方の一つは、ウィンザーノットです。

ウィンザーノットは結び目が横に広がったボリュームのある逆三角形になるのが特徴で、襟が大きく開くタイプのシャツに合わせるのに適しています。

結び目のボリュームを出すために結ぶ工程が複雑になっていますので、繰り返し練習をして焦らず結べるようになっておくとよいでしょう。

 

ダブルノット

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方の一つは、ダブルノットです。

ダブルノットはプレーンノットの巻き付けを二重にしているのが特徴の結び方で、少し長めのネクタイにおすすめの結び方となっています。

慣れないと二重の巻き付けが上手くできませんので、まとまった時間を作ってしっかりと練習をしておくことをおすすめします。

スモールノット

就活生におすすめの基本的なネクタイの結び方の一つは、スモールノットです。

スモールノットは結び目が小さく仕上がるのが特徴の結び方で、身長が高い人などにおすすめの結び方となっています。

スモールノットはネクタイの結び方の中では工程がもっともシンプルなため、覚えるのに長時間の練習は必要ないと言えます。

また注意点として大きな襟のシャツの相性はよくありませんので、そういったシャツと合わせる場合は別の結び方を選ぶようにしてください。

就活の時に役立つネクタイの結び方の3つのコツ

就活の時に役に立つネクタイの結び方の3つのコツについて詳しく解説していきます

就活の時に役に立つネクタイの結び方のコツには、ネクタイの長さをチェックする、スリムなネクタイを選ぶ、ディンプルを綺麗に作るといったものがありこれらのコツを日頃から意識しておけば、ネクタイのことで採用担当者の人の好感度が下がってしまうことを防ぐことができます。

ネクタイの長さをチェックする

就活の時に役に立つネクタイの結び方のコツの一つは、ネクタイの長さをチェックすることです。

ネクタイは長さによって適した体格や結び方が変わってきてしまいますので、長身の人は長めのものを選び、小柄な人は短めのものを選ぶというように自分に適したものを選んでいく必要があります。

また結び方によってはシャツと合う、合わないといった問題が出てきてしまうこともありますので、手持ちのシャツとの相性も考えて選ぶことをおすすめします。

スリムなネクタイを選ぶ

就活の時に役に立つネクタイの結び方のコツの一つは、スリムなネクタイを選ぶことです。

就活ではできるだけ若々しい印象を前面に出していった方がいいため、落ち着きのある印象を与えられる幅の広いネクタイよりも、若々しい印象を与えられるスリムなネクタイを選ぶのがおすすめと言えます。

とはいえ幅の広いネクタイが絶対に駄目というわけではありませんので、自分自身の雰囲気なども考慮に入れた上で自分に一番合うネクタイを探すようにしてください。

ディンプルを綺麗に作る

就活の時に役に立つネクタイの結び方のコツの一つは、ディンプルを綺麗に作ることです。

ディンプルとは結び目のことで、結び目の形が歪んでいたり、きちんと襟元まで締まっていなかったりすると一気にだらしなく見えてしまいます。

ディンプルを綺麗に作るためにもネクタイの正しい結び方をしっかりと身に着けるようにしましょう。

なぜ就活生はネクタイの結び方が重要なの?

なぜ就活生はネクタイの結び方が重要なのか、という3つの理由について詳しく解説していきます。

なぜ就活生はネクタイの結び方が重要なのか、という理由には身だしなみが面接時の印象を左右する、社会適応能力・常識を見られている、書類選考の段階でも良い見栄えにできるといったものがあり、これらの理由をきちんと理解できていれば、ネクタイの結び方について軽く考えてしまうことはなくなります。

  • 身だしなみが面接時の印象を左右する
  • 社会適応能力・常識を見られている
  • 書類選考の段階でも良い見栄えにできる

身だしなみが面接時の印象を左右する

なぜ就活生はネクタイの結び方が重要なのか、という理由の一つは身だしなみが面接時の印象を左右するからです。

社会人にとって身だしなみとは極めて重要なものであり、そもそもだらしない見た目の社員がいる企業と重要な取引をしたいと考える人はいません。

就活において身だしなみが重要視されるのもそれが仕事の成否を分けるものだからであり、よってネクタイの正しい結び方についても真剣に学ばなければいけません。

社会適応能力・常識を見られている

なぜ就活生はネクタイの結び方が重要なのか、という理由の一つは社会適応能力・常識を見られているからです。

社会適応能力や常識は社会人として働く上でなくてはならない能力であり、ネクタイの正しい結び方さえ知らないような人はより重要なマナーや常識も知らない可能性が高いため、企業側からすれば採用したくない人、という判断を下されてしまいますので注意しましょう。

書類選考の段階でも良い見栄えにできる

なぜ就活生はネクタイの結び方が重要なのか、という理由の一つは書類選考の段階でも良い見栄えにできるからです。

ネクタイを正しい結び方で結んだ状態で証明写真を撮れば、書類選考の時点で採用担当者の人によい印象を与えられますので、ネクタイの正しい結び方はできれば就活が始まる以前にしっかりと身に着けておくことをおすすめします。

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の4つの注意点

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の4つの注意点について詳しく解説していきます。

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の注意点には、三角形の見栄え、きつく締めすぎない、第一ボタンが閉じていない、大剣・小剣のバランスといったものがあり、これらの点にちんと気を配れていないと見栄えがよくありませんので注意しましょう。

  • 三角形の見栄え
  • きつく締めすぎない
  • 第一ボタンが閉じていない
  • 大剣・小剣のバランス

三角形の見栄え

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の注意点の一つは、三角形の見栄えです。

ネクタイの結び方が正しければ自然と結び目の三角形は美しくなるものですが、慣れない内はどうしても三角形の形が歪んでしまいがちですので、素早く美しい三角形が作れるように練習を繰り返し行うようにしてください。

きつく締めすぎない

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の注意点の一つは、きつく締めすぎないことです。

ネクタイをきつく締めすぎてしまうとせっかく正しい結び方で結んだとしても、結び目の形が歪んでしまったり息が苦しくなったりしてしまいますので、ネクタイを締める時の力加減はだらしなく見えず、かと言って息も苦しくならないちょうどいい力加減を見つけておくようにしましょう。

第一ボタンが閉じていない

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の注意点の一つは、第一ボタンが閉じていないことです。

息苦しいからといってシャツの第一ボタンを外した状態でネクタイを結んでしまうと、たとえ正しい結び方で結んだとしてもだらしない見た目になってしまいますので、シャツの第一ボタンは絶対に閉じておくようにしてください。

大剣・小剣のバランス

就活時に気を付けるべきネクタイの結び方の注意点の一つは、大剣・小剣のバランスです。

大剣とは表側に来るネクタイの幅の広い方であり、小剣は裏側に来るネクタイの幅の狭い方です。

ネクタイの見栄えはこの大剣と小剣のバランスによって決まりますので、もし小剣が長くなりすぎて飛び出してしまった時はパンツに入れて目立たないようにすることをおすすめします。

結び方と合わせて知っておくべき就活生におすすめのネクタイの選び方

結び方と合わせて知っておくべき就活生におすすめのネクタイの選び方の3つのポイントについて、詳しく解説していきます。

結び方と合わせて知っておくべき就活生におすすめのネクタイの選び方のポイントには、ネクタイの色別の印象、ネクタイの長さ、ネクタイの柄といったものがあり、志望する業界や企業に合わせてこれらのポイントを意識できれば、内定を獲得できる可能性が高まると言えるでしょう。

  • ネクタイの色別の印象
  • ネクタイの長さ
  • ネクタイの柄

ネクタイの色別の印象

結び方と合わせて知っておくべき就活生におすすめのネクタイの選び方のポイントの一つは、ネクタイの色別の印象です。

ネクタイは色によって相手に与える印象が全く異なってきますので、真面目な印象を与えたいのであれば寒色系、明るい印象を与えたいのであれば暖色系というように自分を相手にどのように見せたいのかを考慮してネクタイの色を選ぶようにしてください。

青・紺色

青・紺色のネクタイが相手に与える印象について、詳しく解説していきます。

青・紺色のネクタイは就活においては一般的な色であり、真面目で落ち着いた印象を相手に与えてくれます。

青・紺色のネクタイを正しい結び方で結んでいれば、どんな業界であっても悪い印象を持たれることはないと言えるでしょう。

エンジ色

エンジ色のネクタイが相手に与える印象について、詳しく解説していきます。

エンジ色のネクタイは就活用のネクタイとしてはやや派手な部類の色に入り、明るい印象を相手に与えてくれます。

正しい結び方で結ぶのはもちろんですが、エンジ色の中でも明るすぎないものを選んでおいた方が無難であると言えます。

グレー系

グレー系の色のネクタイが相手に与える印象について、詳しく解説していきます。

グレー系の色のネクタイは落ち着いた印象を相手に与えてくれますが、やや堅苦しい印象も伴ってきます。

真面目な業界を志望するのであればグレー系でも問題ありませんが、アパレル業界などの華やかな業界を志望する場合、グレー系のネクタイだと場にそぐわない可能性がありますので、自分の志望する業界や企業と合っているかをあらかじめ確認しておくようにしてください。

橙・黄色

橙・黄色系の色のネクタイが相手に与える印象について、詳しく解説していきます。

橙・黄色系の色のネクタイは明るい印象を与えてくれるものの、就活用のネクタイとしてはやや派手すぎる部類であると言えます。

もし橙・黄色系の色のネクタイで就活を行いたいのであれば、できるだけ暗めのものを選ぶことでバランスを取ることが可能です。

NGの色

就活用のネクタイの色にはこの色を選ばなければならない、といった厳密な決まりはありませんが、中にはNGな色も存在します。

例として目が痛くなるような真っ赤なネクタイなどは、明らかに浮いてしまいますのでNGです。

赤以外にも鮮やかな原色系のネクタイは基本的に就活では避けた方が安全だと言えます。

ネクタイの長さ

就活用のネクタイの適切な長さについて詳しく解説していきます。

就活に限らず、ネクタイは長すぎても短すぎても不格好な見た目になってしまいますので、正しい結び方を覚えて適切な長さに調節できるようになる必要があります。

ネクタイの適切な長さの目安はネクタイの先端でベルトのバックルが隠れる程度、となっていますので確実にその長さで結べるよう練習しておくとよいでしょう。

ネクタイの柄

就活用のネクタイのおすすめの柄について詳しく解説していきます。

就活用のネクタイでおすすめの柄と言えばまず無地が挙げられます。

無地のネクタイはどんな業界や企業であっても悪い印象を持たれることがない、非常に便利な柄ですのでネクタイの柄選びに困った時は無地のものを正しい結び方で結んでおけばまず失敗することはありません。

外資系企業ではNGな柄

就活用のネクタイで外資系企業ではNGな柄について詳しく解説していきます。

就活用のネクタイで外資系企業ではNGな柄とは、即ちレジメンタル柄のことです。

レジメンタル柄とは斜めのストライプ柄のことで、ごく一般的な柄のように思えますが海外ではレジメンタル柄は学歴を示すものとして認識されており、気軽に身に着けていいものでありませんので注意するようにしましょう。

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方4選

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方4選について詳しく解説していきます。

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方には、クロスノット、トリニティノット、ブラインドフォールドノット、エルドリッジノットといったものがあり、これらの結び方を自在に使い分けることができれば社会人としての評価が一気に高まります。

  • パーティーで役立つ「クロスノット」
  • 個性的で華やかな「トリニティノット」
  • 冠婚葬祭で活躍する「ブラインドフォールドノット」
  • プライベートシーンでおしゃれに「エルドリッジノット」

パーティーで役立つ「クロスノット」

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方の一つがクロスノットです。

クロスノット結び目をあえて崩したように結ぶのが特徴の結び方であり、パーティーの時にぴったりの結び方だと言われています。

それほど堅苦しくないお酒の席などではネクタイの結び方をクロスノットにすることで、注目を集めることができるでしょう。

個性的で華やかな「トリニティノット」

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方の一つがトリニティノットです。

トリニティノットは3つ組などを意味するトリニティをネクタイに応用しているのが特徴の結び方であり、個性的かつ華やかな見た目になります。

ただしビジネスの場に合った結び方とは言い難いので、飽くまでもそれほど堅苦しくない席で使うようにしてください。

冠婚葬祭で活躍する「ブラインドフォールドノット」

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方の一つがブラインドフォールドノットです。

ブラインドフォールドノットは結び目が見えなくなるのが特徴の結び方であり、ネクタイの結び方の中でも特にフォーマルなものだと言われています。

冠婚葬祭の場に出席する時はブラインドフォールドノットを選ぶことで、その場に集まった人達にとても丁寧な人だという印象を与えることが可能となります。

ただしフォーマルな結び方だからといってビジネスの場で使うには堅苦しすぎますので、安易に使うことがないよう注意してください。

プライベートシーンでおしゃれに「エルドリッジノット」

就活後にも役立つネクタイのおすすめの結び方の一つがエルドリッジノットです。

エルドリッジノットは何重にも重なった結び目が特徴の結び方であり、考案されたのは2007年と非常に新しいネクタイの結び方であると言えます。

その個性的な結び目からプライベートシーンで使うにはぴったりの結び方ですので、気軽に参加できるパーティーなどで是非使ってみることをおすすめします。

就活時はネクタイの結び方も大切

就活時は全身の細かいところまで身だしなみをチェックされますが、特にネクタイの結び方は目立ちやすいため、きちんとできていないとすぐに減点対象となってしまいます。

ネクタイの結び方は繰り返し練習しないと美しい結び目を作ることができませんので、できるだけ就活を始める前からきちんとネクタイを結べるよう練習しておくことをおすすめします。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事