就活に名刺は必要?メリットデメリットから作り方・マナーまで紹介!

就活生の中には就活をする上で、自分の名刺を作った方がいいのか悩む人もいると思います。就活において名刺は絶対に必要なアイテムではないのですが、上手に活用すれば自分をアピールするための武器にもなり得ます。この記事では就活で名刺を作ることのメリットやデメリット、また名刺の作り方やマナーについても詳しく解説していきますので、就活を始めるにあたって名刺を作ろうかどうか検討している人は是非参考にしてみてください。

就活で名刺を準備しておいたほうが良いって本当?名刺の必要性について

就活をしていると自分の名刺を作って持ち歩いた方がいい、という意見を聞くことも多いと思いますが、それは本当なのかどうかについて詳しく解説していきます。

学生のうちから名刺を作っても意味がないのではないかと考えている人や、せっかく名刺を作っても上手く使いこなすことができず、無駄にしてしまいそうで不安だと思っている就活生は是非目を通してみることをおすすめします。

就活で名刺は必要なのか

就活で名刺は必要なのかどうかということについて、人事担当者の意見や就活で名刺が必要だと思っている人と、名刺が必要ではないと思っている人の意見をそれぞれ取り上げて紹介していきます。

これから就活を始めるにあたって名刺を作っておいた方がいいのかどうか気になっている、という人はこれらの考えを元にした上で自分にとって就活用の名刺は必要なものなのかどうか考えてみるとよいでしょう。

  • 就活で名刺が必要と考える人事担当者は少数
  • 就活で名刺が必要・不要だと考える人の意見

就活で名刺が必要と考える人事担当者は少数

就活で名刺は必要なのかどうかということについて、人事担当者はどう思っているのかについて詳しく解説していきます。

結論から言いますと、人事担当者の多くは就活用の名刺は特に必要ではない、と考えています。

そもそも人事担当者にとって就活生とは飽くまでも外部の人間であり、しかもビジネス上の取引をしている関係でもないため、名刺をもらったとしてもどう扱ったらいいのか困ってしまう可能性があります。

就活で名刺が必要・不要だと考える人の意見

就活で名刺が必要だと考えている人の意見と、就活で名刺が必要ではないと考えている人の意見をそれぞれ紹介していきます。

就活において名刺は必要不可欠なアイテムではありませんが、だからと言って作っても一切メリットがないというものでもありませんので、名刺が必要だと考えている人の意見と名刺が必要ではないと考えている人の意見を総合して価値を判断するようにしてください。

必要派の意見

就活で名刺が必要だと考えている人の意見としては、自己紹介が簡単になる、採用担当の人の連絡先をもらいやすい、印象に残りやすいといったものがあります。

名刺は渡すだけで自分の情報を相手に伝えることができるため、自己紹介が非常に簡単になるのは大きなメリットだと言えます。

また名刺を渡せば相手からも名刺をもらいやすくなりますので、採用担当の人の連絡先を入手しやすくなりますし、名刺を渡してきた就活生ということで採用担当の人の印象に残りやすいというメリットもあります。

不要派の意見

就活で名刺が必要だと考えている人の意見としては、個人情報が流出してしまう危険がある、背伸びをしていると思われてしまう、採用担当の人がどう扱っていいか困ってしまうといったものがあります。

名刺には本名だけでなく電話番号やメールアドレスといった連絡先の情報も書いてありますので、どうしても個人情報流失の危険がつきまといます。

また就活生なのに名刺を作っているということで背伸びをしていると思われるケースもありますし、採用担当の人が就活生からの名刺をどう扱っていいかわからず困ってしまうという事態にもなり得ます。

就活で名刺を渡す2つのメリット

就活で名刺を渡すことで得られる2つのメリットについて詳しく解説していきます。

就活で名刺を渡すことで得られるメリットには担当者の印象に残りやすい、他の就活生と交流できるといったものがあり、どちらも就活を効率よく進める上で重要になってきますので、就活中だけどまだ自分の名刺を作っていないという人は改めて名刺を作った方がいいかどうか考えてみるとよいでしょう。

  • 担当者の印象に残りやすい
  • 他の就活生と交流できる

担当者の印象に残りやすい

就活で名刺を渡すことで得られるメリットの一つは、担当者の印象に残りやすいことです。

就活においては担当者に顔を覚えてもらえるかどうかが非常に重要になってきますので、他の就活生に差をつけるためにも名刺を用意して、少しでも印象に残る努力をすることは決して無駄ではないといえるでしょう。

他の就活生と交流できる

就活で名刺を渡すことで得られるメリットの一つは、他の就活生と交流できることです。

名刺は渡すだけで簡単に自分の情報を知ってもらうことができますので、他の就活生と交流する場などで名刺を渡すことによって一緒に就活を戦う仲間をどんどん増やしていくことができます。

他の就活生と交流すればそれだけモチベーションの維持や情報の共有など多くの面でメリットが生まれますので、まずは気軽に名刺を作ってみることをおすすめします。

就活用名刺を渡す2つのデメリット

就活で名刺を渡すことで生じてしまう2つのデメリットについて詳しく解説していきます。

就活で名刺を渡すことで生じてしまうデメリットには必要以上の個人情報が流出してしまう可能性がある、名刺を渡す意味があまりないといったものがあり、これらのデメリットがどうしても嫌だという人の場合、就活用の名刺を作ることはおすすめできません。

  • 必要以上の個人情報が流出してしまう可能性がある
  • 名刺を渡す意味があまりない

必要以上の個人情報が流出してしまう可能性がある

就活で名刺を渡すことで生じてしまうデメリットの一つは、必要以上の個人情報が流出してしまう可能性があることです。

名刺は個人情報の塊とも言えますので、名刺をあちこちで配ってしまうとどうしても自分の情報が流出してしまう危険性が高くなってしまいます。

自分の個人情報を絶対に悪用されたくない、という人にとっては就活用の名刺を配ることは危険な行為だと映ってしまうでしょう。

名刺を渡す意味があまりない

就活で名刺を渡すことで生じてしまうデメリットの一つは、名刺を渡す意味があまりないことです。

確かに名刺は渡すだけで個人情報を相手に伝えることができますが、例えば口頭で伝えたり、あるいはその場で連絡先を交換してしまうといったこともできます。

個人情報のやり取りはその場で十分できる、と考えている人にとっては就活用の名刺はそれほど魅力的だと思えないはずです。

就活用名刺を作成するならポイントをおさえて!

就活用の名刺を作る時におさえておきたい3つのポイントについて詳しく解説していきます。

就活用の名刺を作る時におさえておきたいポイントにはシンプルなデザインにする、個性や学校名を記載する、写真を入れてもOKであるといったものがあり、これらのポイントをおさえた名刺を作ることによって就活をより有利に進めることが可能となります。

  • シンプルなデザイン
  • 個性や学校名を記載
  • 写真を入れてもOK

シンプルなデザイン

就活用の名刺を作る時におさえておきたいポイントの一つは、シンプルなデザインにすることです。

あまり凝ったデザインや派手なデザインにしてしまうと、採用担当の人からこの人は就活を真面目にやろうという気持ちがあるのだろうか、と疑われてしまいかねませんので、就活用の名刺はできるだけシンプルなものにしてください。

個性や学校名を記載

就活用の名刺を作る時におさえておきたいポイントの一つは、個性や学校名を記載することです。

就活用の名刺の大事な役割の一つは、採用担当の人にアピールすることですので、自分がどういった人間であるかといったことや学校名など、自分をアピールすることができる要素はできるだけ多く名刺に記載することをおすすめします。

写真を入れてもOK

就活用の名刺を作る時におさえておきたいポイントの一つは、写真を入れてもOKであることです。

写真入りの名刺は非常に個性的で印象に残りやすいですし、写真と個人情報が一致することで時間が経ってもすぐに思い出してもらえる可能性が高くなります。

注意点として就活用の名刺に入れる写真は、できるだけよく撮れたものにしてください。

就活では名刺の渡し方・受け取り方が重要

就活において名刺の渡し方や受け取り方は非常に重要になってきます。

名刺の渡し方や受け取り方のマナーがしっかりできていないと、採用担当の人から就活のマナーをきちんと勉強していない人だと判断されてしまい、評価が一気に下がってしまいますので、名刺の渡し方と受け取り方を勉強する時間はしっかりと確保するようにしましょう。

名刺の渡し方のポイント

名刺の渡し方で重要になってくる3つのポイントについて詳しく解説していきます。

名刺の渡し方で重要になってくるポイントには、すぐに名刺を取り出せる準備をしておく、名刺入れの上から両手で渡す、自分から先に名刺を渡すといったものがあり、これらをきちんと守れていれば真面目にマナーを勉強した人として高い評価を受けられるでしょう。

すぐに名刺を取り出せる準備をしておく

名刺の渡し方で重要になってくるポイントの一つは、すぐに名刺を取り出せる準備をしておくことです。

名刺を渡す時に名刺入れをどこにしまったかわからず、あちこちを探してやっと名刺を渡すというのではいかにも不格好ですし、持ち物の管理がきちんとできていない人という印象になってしまいますので、名刺を渡す時はあらかじめすぐに取り出せる準備をしておくことを心がけてください。

名刺入れの上から両手で渡す

名刺の渡し方で重要になってくるポイントの一つは、名刺入れの上から両手で渡すことです。

名刺を渡す時は相手が受け取りやすく、また丁寧な所作で渡すことが重要です。

名刺入れの下から名刺を渡すのでは受け取り辛いですし、また片手で名刺を渡すのは丁寧さに欠けていますので、名刺を渡す時は動作の一つ一つに気を配ることをおすすめします。

自分から先に名刺を渡す

名刺の渡し方で重要になってくるポイントの一つは、自分から先に名刺を渡すことです。

就活に限らずビジネスの世界では立場が下の人間が先に名刺を渡すというのが基本的なマナーになりますので、就活の段階でもそのマナーをしっかりと守ることで社会に出た時も自然に正しい名刺の渡し方ができるようになります。

名刺の受け取り方のポイント

名刺の受け取り方で重要になってくる3つのポイントについて詳しく解説していきます。

名刺の受け取り方で重要になってくるポイントには、自分が先に受け取らない、相互交換の場合は左手で受けとる、受け取った名刺はしまわないといったものがあり、これらのポイントを無視してしまうと礼儀がなっていない人だと思われてしまうので、くれぐれも注意してください。

自分が先に受け取らない

名刺の受け取り方で重要になってくるポイントの一つは、自分が先に受け取らないことです。

名刺を受け取る時は必ず相手が先に受け取ったことを確認してから自分が受け取るのがマナーですので、緊張して思わず相手の名刺を先に受け取ってしまった、ということがないよう名刺のやり取りをあらかじめ練習しておくことをおすすめします。

相互交換の場合は左手で受けとる

名刺の受け取り方で重要になってくるポイントの一つは、相互交換の場合は左手で受けとることです。

就活に限らず名刺をやり取りする場合、相互交換の場面も多くあると思いますが、その際は右手で自分の名刺を渡し、左手で相手の名刺を受け取るのがマナーですので左右の手を間違うことがないようにしましょう。

受け取った名刺はしまわない

名刺の受け取り方で重要になってくるポイントの一つは、受け取った名刺はしまわないことです。

名刺を受け取ってすぐにしまった場合、礼儀に欠けていると思われてしまいますので、受け取った名刺は相手が見えなくなってから改めてしまうようにしてください。

就活では名刺を渡しても渡さなくてもどちらでも良い

就活で名刺を渡すかどうかは就活生の自由ですが、名刺を上手く使いこなすことができれば他の就活生に差をつけられますので、就活でよりよい結果を出したい、と考えている人は一度名刺を作ってみるとよいでしょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事