StartupStockPhotos / Pixabay

これから就活に向けて動画面接という慣れない面接を控え「どうすればいいの!?」と不安になっている就活生の皆さんがこちらの記事を読んでくださっているのではないでしょうか。

確かに実際に面接官と対面して喋ることと、動画で自分の良さをフルに伝えるということは全く別物で、動画で喋る方が難しいですよね。

動画面接が増えてきている昨今、多くの就活生が動画上で喋るということに対して苦労をしているようです。なぜなら動画には動画独自のより相手に伝わる話し方や演出方法があるからです。

そこで今回の記事では、動画面接であなたをより魅力的にみせる方法を詳しく解説していきましょう。動画面接のやり方が分からないという方はぜひしっかりと読んでいてくださいね。

動画面接はあなたを100倍魅力的にみせることができる

felipeblasco / Pixabay

就活生の話を聞いていると思うのが、動画面接に対して必要以上に苦手意識を持っている人が多いということです。確かに普通に喋るよりも動画を撮って自己アピールをする機会の方が少なかったでしょうし、なかなか気が進まないという気持ちもわかります。

しかし、以下に紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法を実践してもらえれば動画面接でも怖いものはなし。あなたをより良く見せることができるはずです。

まずは動画面接のお手本となる動画を見てみましょう。

動画面接で魅力的にみせる方法1:アングルにこだわれ

Broesis / Pixabay

1つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「アングルにこだわる」ということです。動画面接をする上で写っても良いのは、証明写真で写す部分、つまり胸より上から頭のてっぺんまでです。

イメージとしてはまさに証明写真に写っている感じのアングルで撮影ができるようにしましょう。またできるだけ自然光か明るめの光が差し込んでくるようなアングルにしてください。

顔が暗ければ見た目の印象も同時に暗くなってしまうので、できるだけ明るいイメージを持ってもらうためにも真正面からで顔がよく見えるような照明となるアングルにしてください。 

動画面接で魅力的にみせる方法2:背景にこだわれ

rawpixel / Pixabay

2つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「背景にこだわる」ということです。動画撮影をする場合にはできるだけあなたの話に耳を傾けてもらうためにも背景は真っ白の壁や無地の壁を選ぶようにしましょう。

背景が柄物の壁であったり、部屋が見えていたり、人が横切ったりするようなものであればそちら側に気を取られあなたの話がなかなか耳に入らない可能性が高いです。 

動画面接で魅力的にみせる方法3:雑音を入れるな

Dieter_G / Pixabay

3つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「雑音を入れない」ということです。これも先ほどの背景の話と同じで、何かしらのノイズがあなたの話にかぶって聞こえなくなったり、集中して聞けなかったりすればあなたの魅力を半減させてしまう可能性があります。

動画撮影をするのであれば無音の場所を必ず選ぶようにしてください。また動画撮影中に車やバイクの走行音が入ったり、誰かの声、 もしくは動物の鳴き声などのノイズが入ってしまった場合には絶対に撮り直しをしましょう。

動画面接で魅力的にみせる方法4:カメラの向こうの面接官に伝えろ

4つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「カメラの向こうの面接官に伝える」ということです。 動画面接で危険なのは、対面面接と比べると伝えている雰囲気がなかなか出ないという部分です。

しかし動画面接でも対面面接でも大切なのはカメラの向こうの面接官に伝えるということです。カメラの向こうに面接官がいるとイメージして、カメラをしっかりと見据え力強くアピールをしましょう。 

動画面接で魅力的にみせる方法5:「映る部分」を200%盛れ

5つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「『映る部分』を200%盛る」ということです。動画面接で採用担当者が見ることができるのは、 もちろんですがカメラに映っている部分だけです。そのためカメラに写っている部分を200%綺麗に仕立てるように意識をしましょう。

特にスーツにシワが入っていないかどうかや、ネクタイカラーにこだわりましょう。また髪型は清潔感を感じさせるようなものにセットしてください。

また、表情は実際よりも多少大げさにつけてもいいでしょう。 喋りだけではなかなか伝わりにくいあなたの人間性を映る部分だけでしっかりと伝えられるようにしていきましょう。 

カメラに写っている部分で魅せる意識を持って、対面面接以上に身だしなみに気をつけるようにできればOKです。

動画面接で魅力的にみせる方法6:本番までに100回の練習をしろ

geralt / Pixabay

6つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「本番までに100回の練習をする」ということです。動画面接で怖いのは、面接官によるフォローの質問などがないという点にあります。

例えば自分にとっては理解のできる言葉の言い回しでも客観的に聞くとあまり意味が伝わっていないということは往々にしてあります。面接官にもし意味が伝わらなかったとしても、動画面接なので「どういう意味ですか?」と聞き返されることはありません。

何度も繰り返して練習をすることによって確実に言い回しは洗練されていきますし、違和感のある言葉遣いは修正していくことができるでしょう。100回というのは大げさではなく、それくらいの回数を繰り返すことで、より相手に気持ちを伝えることができる喋り方ができるということです。

動画面接で魅力的にみせる方法7:身振り手振りはいらない

7つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「身振り手振りはいらない」ということです。動画面接といえども面接のうちの1つなので、対面面接と同様に身振りや手ぶりをつけることは好ましくないです。

それよりも目をつぶっていても意味や人間性が伝わるような言葉遣いと喋り方を心がけることが理想的です。

動画面接で魅力的にみせる方法8:最初の10秒に全てを込めろ

SnapwireSnaps / Pixabay

8つ目にご紹介する動画面接であなたをより魅力的にみせる方法は「最初の10秒に全てを込める」ということです。人の第一印象は最初の10秒で決まると言われています。そのため、あなたの人間性・面接で伝えたいことを最初の10秒に凝縮させるという気持ちで重要度の高い情報を最初に伝えておきましょう。

このようにすれば後半で動画がダレてしまったり、採用担当者の集中力が切れてしまったりしても、あなたの人間性や面接で伝えたいことを確実に伝えることができるはずです。

まずは動画面接で喋ることを紙に書き出すなりして、重要度の高い情報を前に持っていく構成を考えていきましょう。

まとめ

今回の記事では、動画面接であなたをより魅力的にみせる方法を詳しく解説していきました。動画面接のやり方が分からないという方でも動画面接をする際のコツが分かったのではないでしょうか。

動画面接をする上で最も大切なのは、やはりカメラの向こう側にいる面接官に伝えようとする気持ちを持つということです。

普通に面接を受けるよりも緊張するかもしれませんが、うまく撮影できれば自分を何倍にもよく見せることができるのが動画面接の魅力。繰り返し練習を行ってあなたを魅力的にみせられるようにしていきましょう。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事