面接では面接官が就活生に対して質問するだけではなく、就活生から面接官に質問を行う場面があります。そのような場面で聞いてはいけないタブーの質問をしてしまうと内定評価に響く可能性があるんですよ。タブーの質問を知らずに聞いてしまい面接官からの評価を下げてしまったというパターンも残念ながら後を絶ちません。

そこで今回の記事では面接でタブーな質問とはどのようなものか、逆に面接で評価を上げる質問とはどのようなものかの2点について詳しく解説をしていきます。この記事を読めばもう質問でタブーなことを聞いてしまって内定がもらえないということはなくなるはずです。

面接でタブーの質問をすると内定評価に影響アリ

先ほども述べた通り、タブーの質問をしてしまうと内定評価に響く可能性があるということは面接を受ける前に理解しなければなりません。面接官から就活生に「何か質問はありますか?」と、いわゆる逆質問のタイミングで面接官に「なんてことを聞くんだ…」と失望されるようなタブーな質問を投げかけてしまうことによって結果として内定がもらえないということはあるのです。

就活生の多くは「面接では面接官から聞かれたことにしっかりと答えられれば受かる」と考えがちです。しかし面接官は就活生に「何か質問はありますか?」と逆質問の機会を与えることによって就活生の内面を見ようとしています。主に逆質問から見える就活生の内面とは、

  1. 面接内容を把握しているか
  2. 柔軟に対応できるか
  3. 興味・関心の方向性

の3つです。これらの逆質問から見える就活生の内面についても1つずつ見ていきましょう。

1面接内容を把握しているか

1つ目の逆質問から見える就活生の内面は「行ってきた面接内容をしっかりと把握する理解力があるか」ということです。

逆質問は面接を含めた企業の就活生向けのイベントの中では説明されなかったことを聞く時間です。また面接の内容に沿った質問ができているかどうかも見られています逆質問に的確に応えるためにはしっかりと面接内容を理解していなければなりません面接内ですでに話してしまったことを逆質問で聞いてしまった場合には「面接内容を理解できていないのでは?」と思われてしまうからです。

面接という緊張したシチュエーションの中でも的確に面接の内容を踏まえた質問をすることができるかといった技量を面接官は見ています。

2柔軟に対応できるか

2つ目の逆質問から見える就活生の内面は「急な逆質問の振りにも柔軟に応えることができるか」ということです。

逆質問は準備していけばうまく切り返すことができるかもしれませんが、全く予想していなかったら「何か質問はありますか?」といった面接官からの逆質問に応えることは難しいでしょう。だからこそ面接官の逆質問が急にあったとしてもしっかりと聞きたいことが聞ける力があるのかどうかという点を見られていると考えましょう。

急に振られた逆質問に対しても冷静で的確な質問を繰り出すことができれば面接官を「おっ」と思わせることができるはずです。

3興味・関心の方向性

3つ目の逆質問から見える就活生の内面は「就活生はどのようなことに興味・関心があるのか」ということです。

逆質問をした際に就活生がどのようなことを聞くのかで、就活生の興味の方向性をある程度把握することができます。例えば勤務環境についての質問をするのであれば、「しっかりと休日は取れるのか」「過酷な職場ではないか」「楽しい職場なのか」ということに対して興味があるということが伺えます。他にも仕事内容について質問をするのであれば、「自分はどの部署に所属するのか」「今からどんな準備をしておけばいいのか」といったことに興味があることが伺えます。

このように逆質問では就活生の興味の方向性や人間性が大きく現れます。そのため就活生に対して逆質問をすることが多いのです。

面接で評価されるのは就活生の内面

上記で紹介してきたように面接官から振られる逆質問によって就活生の内面が現れます。そして面接では就活生の内面が評価されます。だからこそタブーの質問をすることで就活生への評価が下がるのです。これから紹介する面接でタブーの質問・面接で評価を上げる質問を参考にしながら面接でタブーな質問を下げ面接官から好印象を得られるようにしていきましょう。

面接でタブーな質問一覧

それではこちらで面接でタブーな質問について解説をしていきます。基本的には以下のような方向性の質問は面接ではタブーです。

  1. 予習しておくことが当たり前の知識を質問する
  2. 就活生側が弱気に見える質問をする
  3. 待遇面(給与・有給取得など)についての質問をしつこくする

それでは上記3つの方向性のタブーの質問を具体的に見ていきましょう。

1予習必須の知識を質問する

1つ目の面接でタブーの質問は「面接前に予習しておくべき知識を聞いてしまう」ということです。具体的には以下のような質問が面接ではタブーとされます。

  • 「御社の企業理念を教えてください」
  • 「どのようなサービスを行なっているのですか?」
  • 「どのような企業と取引をされているのですか?」
  • 「御社の売上はどの程度あるのでしょうか?」
  • 「御社の魅力を教えてください」

上記の質問がなぜタブーなのかを見ていきましょう。

「御社の企業理念を教えてください」

企業の理念、つまり何を大切にして事業を行なっているのかということを知らずに面接を受けにきたのかと面接官から受け取られてしまうのがこちらの面接タブー質問です。

企業の理念はその企業がビジネスを行う上でも広く反映されていることが多く、ビジネスに対する企業の姿勢が現れるものです。これから新入社員として働く就活生がそのビジネスに対する企業の姿勢である経営理念を知らずに入社しようとしているということは、その企業に対して熱意を持っていないということの現れだと言えるでしょう。「その企業のどんなことも知らないとしてもせめて企業理念だけは知っておきたい」と言えるほど大切です。

特に歴史ある企業などでは特に企業理念を重んじる会社が多いため、逆質問で就活生側が聞くまでもなく面接官から問われる可能性もあるため必ずチェックしておきましょう。

「どのようなサービスを行なっているのですか?」

入社後にどのような事業に関わっていくのかということを知らずに面接を受けにきたのかと面接官から受け取られてしまうのがこちらの面接タブー質問です。

「就活は数打ちゃ当たる」と言わんばかりにたくさんの企業へエントリーしてたくさんの面接選考を受けている就活生がいるということは面接官も理解しているでしょうが、その企業のサービスのことを知らずにエントリーをしているというのはかなりマイナス評価が与えられるでしょう。なぜならこのタブー質問からは「入社できるならどこでもいい」といった就活生の気持ちが見え隠れするからです。そのようにエントリーをして面接まで受けにきている企業のビジネス自体に興味がない、調べていないような就活生を取りたいと感じる面接官はいません。

またこちらの質問も逆質問で就活生側が聞くまでもなく面接官から問われる可能性もあるため必ずチェックしておきましょう。

「どのような企業と取引をされているのですか?」

エントリーした企業がどのような企業と取引をしているのかについても事前に調べておきたい知識です。

なぜなら企業研究を行う上でその企業が出す採用情報だけではなく、その企業の周辺情報も収集をすることでエントリーした企業について深く知ることができるからです。

特に企業間取引についてはビジネス上でも非常に大きい要素。エントリーした企業の主要取引先についてはしっかりと頭に入れておきましょう

「御社の売上はどの程度あるのでしょうか?」

売上はその企業の規模を示す大切な指標です。そしてその企業の規模を知らずにエントリーをしているということが面接官からすれば「本当に入社したい意思があるのか」「企業の規模や売上高を知らずにエントリーをするなんて将来的な見通しもできなさそうだ」といったような印象を持ってしまいます。

また、企業ごとの売上についてはその企業のオフィシャルホームページや採用情報が記載されているパンフレットにも載っているものなので、ますます売上高についての質問は「予習が不足しているのでは」と思われる原因になります。

売上高に関わらず、その企業が出している公式情報・採用情報に関わる知識については予習をしておきたいところです。

「御社の魅力を教えてください」

その企業に魅力を感じたからエントリーをするというのが就活時の正しい順序ですが、この質問では「その企業の魅力は分からないけどとりあえずエントリーした」といった就活生のエントリーまでのプロセスが丸見えです。

面接官からすれば魅力も分からないのになぜエントリーをしたのか?と就活生に対しての疑念や不信感を抱いてしまう原因にもなります。前置きとして「私は御社の〇〇という点を魅力に感じていますが、〇〇様(面接官)から見て御社の魅力とはどのような点でしょうか」といった質問にすれば印象がかなり変わってきますよね。

面接官に対してエントリーした企業の魅力を聞きたいという場合には自分なりに感じているその企業の魅力を先に前置きで伝えることがおすすめです。

予習必須の知識を質問するタブーを避ける対策

面接で予習必須の知識を質問することを避けるために行うべきなのは、

  1. 企業が出している公式情報や採用情報を見る
  2. その企業の主要取引先の情報も参考にする
  3. その企業の競合他社についても分析して業界研究を行う
  4. その企業が行なっているサービスを体験してみる

といったことです。エントリーした企業1社ずつにこれらのこと全てを行うのは大変だと思いますので、最低限「企業が出している公式情報や採用情報を見る」というだけはしておき、本命の企業に対しては全ての項目の対策を行うようにしましょう。

2弱気に見える質問をする

2つ目の面接でタブーの質問は「就活生の姿勢が弱気に見えてしまう質問をする」というものです。具体的には以下のような質問が面接ではタブーとされます。

  • 「どのような研修がありますか?」
  • 「スキルがないのですが成長できますか?」
  • 「必要な知識については教えてもらえますか?」
  • 「もし設定された目標(ノルマ)が達成できなければどうなりますか?」
  • 「入社してから頑張ればなんとかなるでしょうか?」

上記の質問がなぜタブーなのかを見ていきましょう。

「どのような研修がありますか?」

この質問は就活生からその企業で働くためのスキルや知識がないから企業に入ってから勉強させてもらいたいといった就活生側の弱気な姿勢が面接で見えてしまうためタブーです。

企業としてはその就活生に対してある程度のスキルやポテンシャルを期待して面接を行なっているため、もちろん入社後にもサポートをするつもりではいるはずですが、面接で「研修はあるの?」「今、実力がないから不安」といったような気持ちが面接官に伝わってしまうことで他の就活生に押し負けてしまう可能性があります。面接官側からすれば「大丈夫です!がんばります!」という就活生と「研修で勉強できる期間がなければ不安…」という就活生では同じ能力でも前者に任せたいと感じるものです。

ちなみ研修制度については企業の採用情報の中に記載されているはずなので、面接であえて研修について聞くことは「予習不足」という意味での2重にタブーです。研修があることが分かっているのであればあまり面接で聞くということはおすすめできません。

「スキルがないのですが成長できますか?」

こちらも企業側に成長させてもらおうという受け身の姿勢が面接官に丸見えのため面接でマイナスな印象になるタブーの質問です。

企業側は社員に給与を与える以上、新入社員であっても「勉強をする」という姿勢ではなく、「企業の売り上げに貢献する」という姿勢で働いてほしいと考えています。しかし、「スキルがないのですが成長できますか?」というような質問をしてくる就活生は入社後も「まだ新入社員だから」といったように学生のような気分で働くことが多いのです。それでは新入社員が研修期間を終えるまでは企業側が一方的に社員に与え続ける関係になってしまいます。

人事として新入社員を採用する立場の面接官からすれば企業に依存する社員よりも自分で成長して企業に貢献してくれる人材を採用したいと考えるもの。「成長させてもらえますか?」といったような受け身の姿勢は面接ではタブーの質問です。

「必要な知識については教えてもらえますか?」

こちらも上記と同様で「教えてもらえますか?」といった質問が非常に受け身に見える面接でのタブー質問です。

企業としては教えてもらうという姿勢ではなくて自分で学びに行くといったアグレッシブな姿勢の就活生を採用したいと考えます。もちろん新入社員である以上、どれだけ優秀な人材であっても先輩・上司から知らないことを教えてもらうことは何も悪いことではありません。しかし、アグレッシブな姿勢の人材は「知らないことを教えてもらう」ということは当然のことで、わざわざそのような質問をすることはありません。そのようなことをわざわざ聞くことが弱気に見える要因になるのです。

ちなみにこちらのタブー質問と「スキルがないのですが成長できますか?」という先ほどの質問は実は就活生からの逆質問としてはかなり頻繁にされる質問です。なぜかというと「学ばせてください」といったスタンスが「勉強熱心」「謙虚」といったイメージを面接官に与えることができると考えている人が多いからです。しかしそれは違います。姿勢としては謙虚・勉強熱心であるということは素晴らしいことですが、勉強や成長の機会を企業に依存しているということ自体が間違っています。自分から勉強の場も成長の機会も作っていくといったマインドセットで面接には向かいましょう。

「もし設定された目標(ノルマ)が達成できなければどうなりますか?」

まだ入社しておらず、その企業の事業に関わってもいないのにすでにノルマが達成できないことを前提をした質問をすることは明らかに面接でのタブー質問です。

ノルマが達成できないということを念頭に置いた弱気な姿勢だからこそ出てくる質問であり、概してこのような質問をする人は就活生に限らず「自分はノルマ達成ができない可能性が高い」と感じており、「ノルマ達成ができなくても仕方がない」とまで考えている場合もあります。

それが現実的に可能か不可能かではなく「ノルマは絶対に達成する」といった積極的な姿勢を面接では見せるべきです。ノルマが達成できない場合のリスクを入社前に不安になる必要はありません。エントリーシートを提出して企業側がその就活生に対して「採用したい人材かもしれない」「面接をしてみる価値がある」と一定の評価をしている人材だからこそ面接をしているのです。企業側から期待されている人材として強気の姿勢を見せましょう。

「入社してから頑張ればなんとかなるでしょうか?」

こちらの質問についても企業側になんとかしてほしいといった気持ちが見え隠れしてしまうため面接ではタブーの質問です。

もちろん入社後に努力を重ねてできるだけ早く即戦力になるべきですし、企業側もそれを期待していますが、あくまでなんとかするのは自分自身ということは念頭に置いておきましょう。「入社してから頑張ればなんとかなるでしょうか?」と逆質問を面接官にして「なります」と答えられても、頑張るのは実際には自分自身。つまり「なんとかするのは自分」なのです。

弱気に見える質問をするタブーを避ける対策

基本的に企業側に面倒を見てもらいたい」「成長の機会は企業側が用意してくれるもの」といったマインドセットを持たないようにするということ面接に呼ばれているということは企業側から期待・評価をされているということを理解することの2点が大切です。入社後は即戦力として働くということを前提に面接に挑めば弱気な姿勢は出てこないはず。また意識的に弱気に見せないとようにするということも大切です。

また意欲的な姿勢を見せる質問を心がけるということもポイントです。例えば先ほどの「入社してから頑張ればなんとかなるでしょうか?」という質問は「入社までは特に何もしません」といった意思表明として伝わります。これを御社の〇〇という事業に関わりたいと考えていますが、今から取得しておくべきスキルや知識があれば教えてくださいといった質問に変えれば入社後すぐに即戦力として働ける社員になるために、今からでも自己研鑽に励みますといったアグレッシブな意思を表明することができます。強気な姿勢に見せるためにもこのような質問をしていきたいですね。

3待遇面についての質問を”しつこく”する

3つ目の面接でタブーの質問は「」というものです。具体的には以下のような質問が面接ではタブーとされます。

  • 「新卒の年収を教えてください」
  • 「ボーナスなどはどの程度いただけますか?」
  • 「残業などはどの程度あるのでしょうか?」
  • 「転勤などは避けることができますか?」
  • 「休日は1年でどれくらいあるのでしょうか?」

上記の質問がなぜタブーなのかを見ていきましょう。

「新卒の年収を教えてください」

働く上でもちろん給与面は大切なのですが、面接時にはできるだけ事業内容やどのような仕事をするのかについての質問をメインにすることを心がけましょう。

給与に関する質問をすることによって「仕事よりも給与の方に興味がありそう」「最低限の仕事だけをして帰るような社員になるかもしれない」といったネガティブなイメージを持たれてしまいます。もちろん残業をすることが前提ではありませんが、その企業の仕事が「好き」「関心がある」といった姿勢が伝わった方が確実に面接官にポジティブなイメージを与えることができるはずです。

「ボーナスなどはどの程度いただけますか?」

こちらも上記と同じで給与面に関する質問としてネガティブなイメージを持たれかねない質問です。またボーナスに関する質問としては前年度の支給実績などを聞く就活生がいますがこれもよくありません。

「残業などはどの程度あるのでしょうか?」

仕事への消極的な気持ちや明らかに「残業はしたくない」という気持ちが伝わってくるためこちらの質問もタブーです。

これは残業があることを肯定しているのではありませんが、致し方なく残業がある場合に気持ちよく働いてくれそうな就活生かイヤイヤ働きそうな就活生のどちらを企業側として採用したいかというところがポイントです。企業側としては当然前者を採用したいと思っているはずです。そのような面接官の心理的な面を察することができれば、このような質問はしないはずです。

「転勤などは避けることができますか?」

転勤を拒む社員ほど企業側が扱いにくい社員はいませんもちろん社員1人1人に様々な背景があり、転勤ができないという事情を持っている人もいるはずですが転勤がある企業である以上、その社員の将来的なキャリアパスを鑑みて転勤を依頼したいと考えている企業は多いはずです。

企業としては適材適所に社員を配置していくことで、事業を最適な人的環境ですすめたいと考えているもの。転勤をしないということは、その社員が「適所」にいないとしてもその場所に留まらせるということであり、それは企業にとっても社員にとってもプラスにはなりません。それを面接時に聞いてくる就活生であれば企業側としては採用をしないでおこうと感じるのは当然のことです。

配属地などについては希望を聞かれるタイミングが選考の後半、もしくは選考の後にあるはずですのでその時に希望を伝えるということが最もスマートでしょう。

「休日は1年でどれくらいあるのでしょうか?」

「できるだけ働きたくない」「休みたい」といった思いが見えてしまうためこちらの質問も面接ではタブーです。

このような質問は面接の場でするべきではなく、あえてするとしてもOBOG訪問のときなどでしょう。面接時にはできるだけ仕事に対して意欲的であるという印象を与える質問・発言をするべきです。

待遇面についての質問を”しつこく”するタブーを避けるための対策

待遇面について知りたい情報が採用情報やエントリーした会社の公式情報から読み取れず面接で聞いてみたいということがあるのであれば、ベストなのはOBOG訪問で情報収集をするということです。OBOG訪問の際にはある程度くだけた話をしても構いません。面接では聞けないことを思い切って聞くことができるのがOBOG訪問の良さです。もし面接官から「不安なことはありますか?」「待遇面で質問はありますか?」といったような聞かれ方をした場合には思い切って聞いてみてもいいでしょう。

タブーを避けて面接で評価を上げる質問一覧

次にタブーを避けて面接で評価を上げる質問について見てていきましょう。

1自分の得意なことをアピールできる質問一覧

1つ目の面接で評価を上げる質問は「自分の得意なことをアピールできる質問」です。

  • 私は現在〇〇というスキルを持っていますが、このスキルを活用する際に他に身につけておくべきスキルはあるでしょうか。
  • 学生時代のインターンシップで〇〇を経験しました。この経験を活かす部署はどちらになるでしょうか。

2積極性がアピールできる質問一覧

2つ目の面接で評価を上げる質問は「積極性がアピールできる質問」です。

  • 貴社の〇〇というサービスに関わりたいのですが、そちらのサービスに関わることはできるでしょうか。
  • 入社前に身につけておくべきスキルなどはあるでしょうか。
  • 例年、新入社員の方はどのような勉強を入社前に行っているのでしょうか。
  • もし採用された場合にはどのような部署に配属されるでしょうか。
  • 入社後に実際に事業に関わるためにはどのようなプロセスを踏んでいくのでしょうか。

3勤務環境を聞くことができる質問一覧

3つ目の面接で評価を上げる質問は「勤務環境を聞くことができる質問」です。

  • 1年間で言えばどの時期が最も忙しいでしょうか。またその時期にはどのような生活になるかを教えてください。
  • こちらに勤務されている社員の方々の長期休暇は平均どれくらいでしょうか。
  • 〇〇から見て会社の雰囲気を教えていただけますか。

4仕事への意識の高さや協調性をアピールできる質問一覧

4つ目の面接で評価を上げる質問は「仕事への意識の高さや協調性をアピールできる質問」です。

  • 御社の事業をする上で〇〇のようなことが大切だと考えています。その点についてはどのようにお考えでしょうか。また他にも大切な点があれば教えてください。
  • 学生時代にはサークルに所属してメンバー達とのチームワークを生み出すことによって高い生産性を出すことを心がけていたのですが、御社はどのような雰囲気を出すことを心がけていけばいいでしょうか。
  • これまで私は〇〇や〇〇といったことなどを大切にして人や仕事(アルバイト)と関わってきましたが、御社においてはどのようなことを大切にされているのでしょうか。

まとめ

今回の記事では面接でタブーな質問とはどのようなものか、逆に面接で評価を上げる質問とはどのようなものかの2点について詳しく解説をしていきました。質問をする際にも面接官の印象を良くすることと自分のその企業への熱意を伝えることを意識することができればいいですね。

またタブーの質問ほどではないですが「質問はありますか?」と聞かれた際に「ありません」とだけ答えるのもあまり印象は良くありません。できるだけ面接を受けている中でも「こんなことを聞きたい」「もう少し掘り下げたい」といったことがあれば逆質問の際に聞けるように覚えておきましょう。それでもどうしても質問がなければ「ありません」の一言ではなく「丁寧に説明をいただきましたので今回は聞きたいことはありません。御社への理解が深まりましたのでさらに入社意欲が高まりました。」といった表現をすることで好感度を高めることができますよ。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

また、2019年4月26日から「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事