1次面接で落ちる人の4つの理由と対策!落ちる人の特徴や改善ポイント8つも紹介

就活をしていて1次面接で落ちることが続き、就活に対するモチベーションを保つことが難しくなっている就活生の人は多いと思います。

この記事では1次面接で落ちる人の4つの理由や対策について詳しく解説していきます。

また1次面接で落ちる人の特徴と8つの改善ポイントについても解説していきますので、1次面接で落ちることが多いけど何故落ちるのかどうしてもわからないという人や、次の1次面接はなんとしても落ちることなく突破したいという人は是非目を通してみることをおすすめします。

Contents

1次面接に落ちたらその理由を考えるべき

1次面接で落ちる人がまず最初にやらなければいけないのは、自分が何故1次面接で落ちるのか考えることです。

就活における1次面接の役割とは必要最低限のことができていない人を落とすことであり、そこで落ちる人には就活を戦っていく上で明らかに欠けているものがあると言えます。

1次面接で落ちる人はマナーや態度などで、他の就活生と比べて明らかに不出来な点はないかどうかを再確認してみることを強くおすすめします。

1次面接に落ちる理由4つ

1次面接に落ちる時の4つの理由について詳しく解説していきます。

1次面接に落ちる時の理由には、マナーでマイナス評価を受けたから、身だしなみの印象がよくなかったから、志望動機に説得力がなかったから、受け答えの反応がよくなかったからといったものがあり、逆に言えばこれらのポイントさえしっかりと押さえておけば1次面接に落ちるということはそうそうありませんので、1次面接に落ちることがよくある、という人は自分が本当にこれらのポイントを押さえられているかどうか、徹底してチェックするようにしましょう。

  • 理由1:マナーでマイナス評価を受けたから
  • 理由2:身だしなみの印象がよくなかったから
  • 理由3:志望動機に説得力がなかったから
  • 理由4:受け答えの反応がよくなかったから

理由1:マナーでマイナス評価を受けたから

1次面接に落ちる時の理由の一つは、マナーでマイナス評価を受けたからです。

1次面接に限らず就活は守らなければいけない細かなマナーの塊と言ってもよく、ちょっとしたマナーのミスによって1次面接に落ちる、ということもごく当たり前にあります。

何度やっても1次面接に落ちるという人は、まず服装や話し方のマナーを改めて見直し、もし可能であれば就活についてきちんと相談できる人に自分の就活のマナーが間違っていないかどうかを確かめてもらってください。

理由2:身だしなみの印象がよくなかったから

1次面接に落ちる時の理由の一つは、身だしなみの印象がよくなかったからです。

1次面接は企業の採用担当者の人と初めて直接会う機会となることも多く、そこで身だしなみの印象がよくなければ当然落ちることも十分に考えられます。

1次面接によく落ちる人はまずスーツに汚れやしわなどがついていないかをしっかりと確認し、また可能であればシャツ及びネクタイとスーツの組み合わせについても注意を払うことで身だしなみの印象をよくすることが可能となります。

理由3:志望動機に説得力がなかったから

1次面接に落ちる時の理由の一つは、志望動機に説得力がなかったからです。

1次面接で志望動機を聞かれることはごく一般的であり、そこで説得力のある志望動機を話せないと面接官からこの人は就活対策を真面目にしていない人だと思われてしまい、落ちる機会も増えてしまいます。

1次面接に落ちる可能性を減らしたいのであれば、前向きかつ自分の体験に基づいた志望動機を話すことで面接官にプラスの印象を与えることができるでしょう。

理由4:受け答えの反応がよくなかったから

1次面接に落ちる時の理由の一つは、受け答えの反応がよくなかったからです。

1次面接では面接官の質問に対して好意的な反応を返せるかどうかも評価の対象になりますので、リアクションが薄かったり的外れな回答をしてしまうと落ちる危険性は一気に高くなってしまいます。

面接の受け答えが苦手で1次面接を落ちることが多い、という人は就活のことを相談できる人と一緒に面接の対策を繰り返し行うことをおすすめします。

1次面接に落ちる時の5つの対策

1次面接に落ちる時の5つの対策について詳しく解説していきます

1次面接に落ちる時の対策には、基本的なビジネスマナーを振り返る、面接に行く身だしなみを確認する、企業研究をしっかりする、人前で面接の受け答えを練習する、面接診断を利用して強み・弱みを知るといったものがあり、どれも基本的なことだからこそこれらの対策がしっかりと実行できているかどうかで、1次面接に落ちるかどうかが決まると言えるでしょう。

またもしこれらの対策を行っているにも関わらず1次面接に落ちるという人は、自分では気づけない問題を抱えている可能性が高いので信頼できる人にチェックをお願いしてみるとよいでしょう。

  • 対策1:基本的なビジネスマナーを振り返る
  • 対策2:面接に行く身だしなみを確認する
  • 対策3:企業研究をしっかりする
  • 対策4:人前で面接の受け答えを練習する
  • 対策5:面接診断を利用して強み・弱みを知る

対策1:基本的なビジネスマナーを振り返る

1次面接に落ちる時の対策の一つは、基本的なビジネスマナーを振り返ることです。

1次面接は就活における基本ができていない人が落ちる面接ですので、もしも1次面接に繰り返し落ちる、という人は基本的なビジネスマナーに重大な抜けがある可能性が高いと言えます。

自分ではしっかりできていると思ったビジネスマナーも人から見たら問題がある可能性がありますので、可能であれば就活仲間などと一緒にビジネスマナーをチェックし合ってみてください。

対策2:面接に行く身だしなみを確認する

1次面接に落ちる時の対策の一つは、面接に行く身だしなみを確認することです。

1次面接だから身だしなみをそこまで厳しくチェックはされないだろう、と油断している人が1次面接に落ちることになりますので、1次面接だからこそ絶対に落ちることのないように2次面接や最終面接などと同レベルの意識で身だしなみをチェックする必要があります。

またもし可能であれば就活における身だしなみについて相談できる人からアドバイスをもらうのもおすすめです。

対策3:企業研究をしっかりする

1次面接に落ちる時の対策の一つは、企業研究をしっかりすることです。

たとえば1次面接で面接官から企業についての基本的な質問をされた際、答えられなければその時点で1次面接に落ちる可能性は極めて大きくなってしまいます。

1次面接は油断をしている人が落ちる面接であると言えますので、面接を受ける企業の基本的なことは瞬時に答えられるレベルまで企業研究を行っておくのが重要です。

対策4:人前で面接の受け答えを練習する

1次面接に落ちる時の対策の一つは、人前で面接の受け答えを練習することです。

面接の上手い下手は1次面接の時点ではっきりと表に出るものですので、当然下手な人から順に落ちることになります。

1次面接で落ちるようではそもそも面接の受け答えが十分なレベルに達していないと言えますので、実戦的な人前での面接の受け答えを繰り返し行うことで面接の通過率は確実に上昇することでしょう。

対策5:面接診断を利用して強み・弱みを知る

1次面接に落ちる時の対策の一つは、面接診断を利用して強み・弱みを知ることです。

面接診断は就活支援サイトが行っている面接力を測るための診断であり、1次面接に落ちる確率を減らす上で非常に有効だと言えます。

1次面接に落ちる人は面接において何か決定的な弱みを抱えている可能性が高いため、面接診断をすることで何が落ちる原因となっているかを特定できれば、面接の通過率を上げるための具体的な対策が取れるようになります。

1次面接に落ちる人のための面接診断サイト3選

1次面接に落ちる人のための面接診断サイト3選について詳しく解説していきます。

1次面接に落ちる人のための面接診断サイトには、キャリアパーク面接力診断、Workin.jp面接力診断、Create転職面接力診断といったものがあり、いずれも何故1次面接で落ちるのかという原因を突き止めるために有効なサイトばかりです。

これらの面接診断サイトを使って、自分は面接のどういったところが苦手なのかを突き止めることができれば、あとはその苦手な点を克服するための対策をひたすら反復していくだけとなります。

  • 面接診断サイト1:キャリアパーク面接力診断
  • 面接診断サイト2:Workin.jp面接力診断
  • 面接診断サイト3:Create転職面接力診断

面接診断サイト1:キャリアパーク面接力診断

1次面接に落ちる人のための面接診断サイトの一つは、キャリアパーク面接力診断です。

キャリアパーク面接力診断は面接を突破するために必要な能力を6つに分類し、それぞれの能力を点数というわかりやすい形で表示してくれるため、1次面接で落ちる理由を知りたい人にはうってつけの面接診断サイトだと言えます。

またキャリアパーク面接力診断は無料で利用できるため、1次面接に落ちる理由を知りたいけど就活にかかるお金は極力節約したい、という人に特におすすめとなっています。

面接診断サイト2:Workin.jp面接力診断

1次面接に落ちる人のための面接診断サイトの一つは、Workin.jp面接力診断です。

Workin.jp面接力診断は面接を攻略するために必要な三大能力を測定できるという面接診断サイトで、1次面接によく落ちる人は是非やっておきたいサイトとなっています。

Workin.jp面接力診断の回答時間の目安は約10分となっているため、忙しい就活の合間であっても気軽に診断を受けることができ、1次面接に落ちる理由の特定に役立ちます。

面接診断サイト3:Create転職面接力診断

1次面接に落ちる人のための面接診断サイトの一つは、Create転職面接力診断です。

Create転職面接力診断は面接の時の外見に重点を置いた面接診断サイトであり、1次面接に落ちる人が自分で気づけない外見の問題に気づくために是非活用したいサイトだと言えます。

1次面接に限らず面接を通過するためには身だしなみを整えることが必要不可欠ですので、面接に落ちる理由がどうしてもわからないという人は一度Create転職面接力診断で診断を行ってみるとよいでしょう。

1次面接に落ちる人の8つの特徴

1次面接に落ちる人の8つの特徴について詳しく解説していきます。

1次面接に落ちる人の特徴には、姿勢が悪く元気がない、声が小さい、話にまとまりがない、結論から話を進めていない、自己PRの印象が弱い、志望動機が弱い、逆質問の内容が一般的すぎる、面接後のお礼メールを送っていないといったものがあり、もし1次面接に落ちるばかりで2次面接やそれ以降の面接に進むことができない、という人は自分がこれらの特徴に当てはまっていないか、徹底的に確認してみることをおすすめします。

  • 特徴1:姿勢が悪く元気がない
  • 特徴2:声が小さい
  • 特徴3:話にまとまりがない
  • 特徴4:結論から話を進めていない
  • 特徴5:自己PRの印象が弱い
  • 特徴6:志望動機が弱い
  • 特徴7:逆質問の内容が一般的すぎる
  • 特徴8:面接後のお礼メールを送っていない

特徴1:姿勢が悪く元気がない

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、姿勢が悪く元気がないことです。

企業が就活生に対して求める人物像とは、明るく元気で人と積極的にコミュニケーションが取れる人であり、姿勢が悪く元気がないと当然そのような人物像からは外れてしまいますので、1次面接で落ちる可能性も高くなってしまいます。

姿勢の悪さや元気のなさは姿勢を改善するためのトレーニングを行ったり、体力をつけるといったことで改善できますので、1次面接に落ちることが多いという人は対策としてまず体力作りから始めてみるとよいでしょう。

特徴2:声が小さい

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、声が小さいことです。

声が小さいとどうしても元気がない、という印象になってしまいますし話している内容が上手く聞き取れず会話が円滑に進められない、ということで面接官からの評価はマイナスになってしまいます。

1次面接によく落ちる人は自分で思っているよりも声が小さい可能性が高いので、自分の声の大きさが適正かどうかを信用できる人にチェックしてもらうことで1次面接に落ちる可能性を減らすことができます。

特徴3:話にまとまりがない

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、話にまとまりがないことです。

面接中に一貫性のない話をしてしまったり、話の内容があちこちに飛んでしまってわかり辛かったりすると面接官の評価が下がってしまい、1次面接に落ちる可能性が高くなってしまいます。

1次面接に落ちることなく先に進みたいのであれば、一つのテーマに沿ったわかりやすく簡潔な話し方をすることで面接官の印象をよいものにすることが可能です。

特徴4:結論から話を進めていない

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、結論から話を進めていないことです。

結論から話を進めるというのは話をわかりやすくするために有効なテクニックの一つであり、1次面接に落ちる人はこれができていないことが多いです。

結論から話を進めるテクニックは1次面接に限らずどんな面接でも使えますので、面接に落ちることが多くどうすれば突破できるのかわからない、という人はまず自分が面接の時の会話で結論から話を進めているかどうかをチェックしてみてください。

特徴5:自己PRの印象が弱い

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、自己PRの印象が弱いことです。

1次面接は基本的に目立った問題がある人を落とすためのものであり、もし自己PRが原因で1次面接に落ちる場合、余程型通りの自己PRしか書けていないことになります。

1次面接ではそこまで積極的に自分の個性をアピールする必要はありませんが、どこかの就活支援サイトの例文をそのまま書いたような自己PRの場合当然落ちる可能性は高くなってしまいますので注意してください。

特徴6:志望動機が弱い

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、志望動機が弱いことです。

もし志望動機が原因で1次面接に落ちるのであれば、それは志望する企業の研究があまりにも足りなすぎることを意味しています。

1次面接で要求される志望動機の水準はそこまで高いものではありませんので、もし1次面接に落ちる原因が志望動機であると考えられる場合は、企業一社一社に対してもっと真剣に向き合うことを強くおすすめします。

特徴7:逆質問の内容が一般的すぎる

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、逆質問の内容が一般的すぎることです。

逆質問は面接において絶対に必要なものではありませんが、だからこそ鋭い逆質問を面接官にできる人は印象に残りやすくなります。

1次面接に落ちる人に多いケースとして面接官にアピールしようとして逆質問をしたものの、内容が一般的すぎて落胆させてしまう、といったものがありますので、1次面接に落ちることが多い人は無理に自分をアピールしようとしていないかどうか見直してみてください。

特徴8:面接後のお礼メールを送っていない

1次面接に落ちる人の特徴の一つは、面接後のお礼メールを送っていないことです。

1次面接後のお礼メールは必須ではありませんが、送っておいた方が印象がよくなることは言うまでもありません。

1次面接でよく落ちる人はお礼メールを送っていないだけでなく、落ちる原因となる様々なビジネスマナーの抜けがある可能性がありますので、信頼できる人と一緒にビジネスマナーを再点検してみるとよいでしょう。

1次面接に落ちる人のための4つの改善ポイント【面接マナー編】

1次面接に落ちる人のための面接マナーの4つの改善ポイントについて、詳しく解説していきます。

1次面接に落ちる人のための面接マナーの改善ポイントには、身だしなみに清潔感があるか、ハキハキ質問に答えられているか、笑顔で素直に対応できているか、面接後にお礼メールを送っているかといったものがあり、これらのポイントを改善した上でそれでも1次面接に落ちるのであれば、ほぼ確実に自分では気づくことのできない見落としがありますので、可能であれば就活についてのしっかりとした知識を持った人に面接マナーがちゃんとできているかどうか確認してもらうことをおすすめします。

  • ポイント1:身だしなみに清潔感があるか
  • ポイント2:ハキハキ質問に答えられているか
  • ポイント3:笑顔で素直に対応できているか
  • ポイント4::面接後にお礼メールを送っているか

ポイント1:身だしなみに清潔感があるか

1次面接に落ちる人のための面接マナーの改善ポイントの一つは、身だしなみに清潔感があるかです。

1次面接に落ちる人の場合、スーツに目立った汚れがあったり、シャツが明らかにしわだらけといったわかりやすい身だしなみのミスを犯していることが多く、逆に言えばそれだけ改善しやすいということでもあります。

もし可能であれば面接に行く前に目立った身だしなみのミスがないかを人に確認してもらうことで、1次面接に落ちる可能性を大きく下げることができるでしょう。

ポイント2:ハキハキ質問に答えられているか

1次面接に落ちる人のための面接マナーの改善ポイントの一つは、ハキハキ質問に答えられているかです。

面接官は質問に答えるレスポンスの速さも評価対象としていますので、1次面接に落ちる原因はテンポよく質問に答えられていないからではないか、と考えている人は繰り返し面接の応答練習を行って素早く質問に答えられるようになれば、1次面接に落ちる回数は目に見えて減っていくと考えられます。

ポイント3:笑顔で素直に対応できているか

1次面接に落ちる人のための面接マナーの改善ポイントの一つは、笑顔で素直に対応できているかです。

面接官も人間ですので、自分の質問に笑顔で答えてくれる就活生と不機嫌な表情で答える就活生のどちらかを選べと言われれば、当然笑顔で答えてくれる就活生を選びます。

1次面接に落ちる人は笑顔が足りていない可能性が高いので、人と話す時に笑顔を積極的に出す練習をしっかりと積めば1次面接で落ちることも少なくなります。

ポイント4::面接後にお礼メールを送っているか

1次面接に落ちる人のための面接マナーの改善ポイントの一つは、面接後にお礼メールを送っているかです。

1次面接にお礼メールを送るというのは一見些細なことのように思えますが、仕事をする上で細かなことまで気を配れる人というのは優秀な人材の証です。

1次面接に落ちる回数を減らしたいのであればきちんと面接後にお礼メールを送り、しかも文面も丁寧なものにすることができれば面接に落ちる可能性を大きく減らせます。

1次面接に落ちる人のための4つの改善ポイント【面接内容編】

1次面接に落ちる人のための面接内容の4つの改善ポイントについて、詳しく解説していきます。

1次面接に落ちる人のための面接内容の改善ポイントには、自己分析で自分の強みが分かっているか、自己PR”で主体性をアピールできているか、”志望動機”が企業のニーズにマッチしているか、”逆質問”は印象に残るものかといったものがあり、これらのポイントをしっかりと意識して面接内容を改善していくことができれば、1次面接を突破することは十分可能だと言えます。

  • ポイント1:自己分析で自分の強みが分かっているか
  • ポイント2:”自己PR”で主体性をアピールできているか
  • ポイント3:”志望動機”が企業のニーズにマッチしているか
  • ポイント4:”逆質問”は印象に残るものか

ポイント1:自己分析で自分の強みが分かっているか

1次面接に落ちる人のための面接内容の改善ポイントの一つは、自己分析で自分の強みが分かっているかです。

自己分析で自分の適性や性格をきちんと把握することができれば、面接官から自分に対する質問をされた時も具体的な回答を返すことができますので、自然と印象がよくなります。

また自己分析は企業が本当に自分にあっているかどうかを知るのにも役立ちますので、是非受けることをおすすめします。

ポイント2:”自己PR”で主体性をアピールできているか

1次面接に落ちる人のための面接内容の改善ポイントの一つは、自己PR”で主体性をアピールできているかです。

企業は自分から積極的に行動できる人材を常に求めているため、自己PRで主体性をしっかりとアピールすることは非常に重要だと言えます。

逆に言えばもし1次面接で落とされてしまうようなら、主体性のアピールが上手くいっていないということですので、アピールの方法を再検討してみることがよい結果に繋がるでしょう。

ポイント3:”志望動機”が企業のニーズにマッチしているか

1次面接に落ちる人のための面接内容の改善ポイントの一つは、”志望動機”が企業のニーズにマッチしているかです。

企業が自社の社風に合った就活生を採用したい、というのは当然のことですので、志望動機が企業のニーズにマッチしているかは非常に重要な要素だと言えます。

志望動機を企業のニーズに合わせるためには徹底した企業研究と志望動機を書く練習を繰り返し行うことが重要ですので、たとえ忙しくてもそれらを怠ることのないようにしてください。

ポイント4:”逆質問”は印象に残るものか

1次面接に落ちる人のための面接内容の改善ポイントの一つは、”逆質問”は印象に残るものかです。

1次面接の時点では逆質問でアピールする必要性はそれほどありませんが、だからと言って何も逆質問をしないのでは決してよい印象にはなりません。

面接官に対して的確な逆質問を行えることは間違いなくプラスに働きますので、逆質問ができそうな機会があればそれを逃さないようにしましょう。

1次面接に落ちる人のための効果的な練習方法3つ

1次面接に落ちる人のための効果的な練習方法3つについて、詳しく解説していきます。

1次面接に落ちる人のための効果的な練習方法には、時間を測って話す練習をする、練習風景をビデオ録画して確認する、身近な人に面接の練習を見てもらうといったものがあり、これらの練習を繰り返し行っていけば、間違いなく1次面接だけでなくそれ以降の面接を突破するのに十分な実力をつけることができます。

またこれらの練習に加えて、就活の面接についてしっかりとした知識のある人にアドバイスをもらえれば万全です。

  • 方法1:時間を測って話す練習をする
  • 方法2:練習風景をビデオ録画して確認する
  • 方法3:身近な人に面接の練習を見てもらう

方法1:時間を測って話す練習をする

1次面接に落ちる人のための効果的な練習方法の一つは、時間を測って話す練習をすることです。

面接での会話は時間が制限されていますので、限られた時間の中で話す練習というものがどうしても必要になってきます。

日頃から時間を測って話す練習を積んでおくことで、面接の時でも残り時間に焦ることなく必要なことを話すことが可能となります。

方法2:練習風景をビデオ録画して確認する

1次面接に落ちる人のための効果的な練習方法の一つは、練習風景をビデオ録画して確認することです。

基本的に人間は自分で思っているほど物事を上手く行えてはいないものですので、練習風景をビデオ録画したものを確認することで、面接の時に自分がどのように振る舞っているのかを客観的な視点で見ることができます。

そうすることで自分では気づいていない様々な問題を知ることができ、結果として面接能力の向上に繋がります。

方法3:身近な人に面接の練習を見てもらう

1次面接に落ちる人のための効果的な練習方法の一つは、身近な人に面接の練習を見てもらうことです。

信頼できる人に自分の面接の練習を見てもらうことで、人から見た面接の時の自分の印象というものを知ることができます。

その印象を元にしてどうやったらよりよい印象を面接官に与えられるかを検討し、改善策を実行することによって面接の通過率を格段に向上させることができるでしょう。

1次面接に落ちる時は理由を振り返り次の面接に備えよう

1次面接に落ちてしまう人には必ず明確な理由が存在します。

それは身だしなみのミスで会ったり、ビジネスマナーのミスであったりと人によって異なりますが、共通しているのはきちんと対策を行えば必ず改善できるものである、ということですので、1次面接に繰り返し落ちてしまう人は自分一人で解決しようとするのではなく、身近な人に面接の時の自分にどのような問題があるかを確認してもらうことで、1次面接を突破するための方法を見つけ出すことができます。

就活メンターズで「就活で成功した先輩」に相談してみよう!

就活メンターズとは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への推薦をもらうことができるサービスです。

全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。

就活真っ最中の34年生だけでなく、12年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。

「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中!

ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事